LINEのトークが消えた? 考えられる原因と復元方法まとめ

LINEのトークが消えた? 考えられる原因と復元方法まとめ

LINE(ライン)のトークが突然消えてしまったけれど、原因がよくわからない。でも元通りに復元したい──。本記事では、LINEのトーク履歴・トークルームが消えたときに考えられる原因を挙げ、それぞれのケースにおける復元・対処方法をわかりやすく紹介します。

LINEの「トーク履歴」が消えたときに考えられる原因と復元方法

そもそもLINEのトーク履歴は、どれだけ古いものであっても「勝手に」消えることはありません。消えてしまった場合は、何らかの原因があるはずです。

LINEの「トーク履歴」が消えた原因として、以下の4つが考えられます。

原因1:機種変更前にトーク履歴をバックアップしていなかった

LINE トーク 消えた

LINEのトーク履歴が消える原因としては、「機種変更」を起因とするものが多く挙げられます。なかでも目立つのが、単純に「トーク履歴をバックアップしていなかった」ことを要因とするトーク履歴の消失です。

トーク履歴は、端末にインストールされているLINEアプリ内に保存される仕様です。機種変更後に復元するには、事前に旧端末でiCloudやGoogleドライブにバックアップしておく必要があります。

【対処法】旧端末のLINEアプリでバックアップをとれるか試す

旧端末が手元にあり、かつバックアップの存在に気づいたのがアカウントの引き継ぎ中もしくは引き継ぎ直後なら、バックアップに間に合う可能性が高いです。

旧端末のLINEアプリを操作してトーク履歴のバックアップをとることで、新端末で元通りに復元させられます。詳しい手順は、以下の記事を参照ください。

原因2:異なるOSのスマホに機種変更した(iOS⇄Android)

LINE トーク 消えた

LINEのトーク履歴は、同じOS間(iOS同士/Android同士)の機種変更の場合だと新端末に引き継げますが、異なるOS間の機種変更では新端末に引き継げません。

それぞれのOSで利用しているデータの保存サービスが異なるため、「Googleドライブ」に保存したトーク履歴のデータを「iCloud」を使って復元することはできないのです(逆もしかり)。

【対処法】テキストデータやスクショを友だちに送ってもらう

異なるOS間での機種変更をする場合、トーク履歴を復元する方法はありません。

次善の策として、絶対に残しておきたいトークは、テキストファイルやトークスクショといった形で残しておくことが可能です。すでにLINEアプリが使えなくなっている場合は、必要部分を友だちに送ってもらいましょう。

原因3:LINEアプリをアンインストール(削除)した

LINE トーク 消えた

LINEアプリをアンインストールすると、トーク履歴はすべて消えてしまいます。機種変更時と同じく、バックアップをとっていない限りはトーク履歴を復元できません。

【対処法】バックアップをしている場合は復元可能

LINE トーク 消えた LINE トーク 消えた

左:iOS版LINEでトーク履歴を復元できるのはログイン過程のタイミングだけ右:Android版LINEは「設定」→「トーク」→「バックアップと復元」の順に進んだ画面で復元できる

トーク履歴のバックアップがあるなら、トーク履歴を復元できます。トーク履歴の復元は、Android版LINEは「設定」からいつでも可能ですが、iOS版LINEはアプリインストール直後のログイン過程でしかおこなえません。

また、そもそもバックアップが存在しない場合、残念ながら消えたトークは復元できません。相手側のLINEでトークが消えていないのであれば、必要部分のテキストデータを送信してもらうなどして対処しましょう。

原因4:アップデートなどで不具合が発生している

LINE トーク 消えた

先にも述べたように、本来、LINEのトーク履歴が勝手に消えることはありません。

しかし、直前に機種変更やアンインストール、トーク履歴の手動削除などをしていないのにもかかわらず、トーク履歴全体が消えたり、特定の1人とのトーク履歴だけが消えたりしたのであれば、LINEアプリに何らかの問題が生じているおそれもあります。

実際、過去にもOSやアプリのアップデート時に「友だち」や「トーク」などが消える現象が時折生じています。

iPhoneユーザーは要注意、LINEで友だち・トークが消える現象が発生中 iOS・アプリのアップデートが原因か

【対処法】LINEに問い合わせる

状況を整理した上で、LINEに問題を報告しましょう。問い合わせフォームのほか、LINEの公式アカウント「LINEかんたんヘルプ」などからもおこなえます。

原因5:第三者により手動でトーク履歴を消去された

LINE トーク 消えた

トーク履歴は手動で削除できます。もし機種変更やアンインストールなどをおこなっていないのに勝手にトークが消えてしまった場合、第三者の故意・過失によってトークが手動削除されてしまった可能性も最悪考えられます。

対処法:パスコードを設定・変更する

心当たりがある場合は、LINEにパスコードを設定することをおすすめします。

パスコードを設定しておけば、LINEアプリ起動時に設定したパスコードの入力が求められるので、第三者にLINEを閲覧・操作されるのを防ぐことができます。また念のため、スマホ自体のパスコードやパターンも変更しておくといいでしょう。

LINEの「トークルーム」が消える原因と復活方法

トーク履歴以前に「トークルーム」ごと消えてしまったという場合もあるでしょう。その場合に考えられる主な原因は以下の3つです。

原因1:トークルームを非表示にした

LINE トーク 消えた

トークリストは、一時的に「非表示」にできます。iOS版では右スワイプで簡単におこなえるので、なにかの拍子に非表示にしてしまったということも考えられます。

「非表示」になるとトークルームが削除されたかのような印象を受けますが、トーク履歴を含めトークルームのデータは完全に残っており、簡単に再表示できます。

対処法:トークルームを再表示する

LINE トーク 消えた LINE トーク 消えた

「ホーム」タブの設定ボタン[]→[トーク]→[非表示リスト]へ進みます。非表示中のトークルームの[編集]ボタンをタップすると、トークルームを再表示できます。

そのほか、新規メッセージを受信することでもトークルームは復活します。

原因2:トークルームを削除した

LINE トーク 消えた

個々のトークルームを削除することも可能です。ただし非表示にした場合と違い、トークルームを削除するとやりとりしたメッセージ(トーク履歴)はすべて削除されてしまうので注意が必要です。

対処法:友だちリストでトークルームを復元させる

「ホーム」タブの友だちリストで削除してしまった友だちやグループを選択→[トーク]とタップするか、メッセージを受信することで、トークルーム自体は復活させられます。

しかし、消えてしまったトーク履歴は戻りません。バックアップをとっていない限り、復元するのは難しいでしょう。

原因3:グループ・複数人トークから退会した/退会させられた

グループ・複数人トークから自分で退会するか、誰かに退会させられると、グループトークがトークリストに表示されなくなります。

対処法:LINEグループに招待してもらい参加しなおす

退会したLINEグループに招待してもらって参加し直せば、グループトークルーム自体は復活します。

ただし、トーク履歴は削除された状態となり、バックアップをとっていない限り復元はできません。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.0、Android版10.14.3

EDITED BY MOEGI