【LINE】削除したトークを復元する方法──バックアップなしの場合の対処法も

【LINE】削除したトークを復元する方法──バックアップなしの場合の対処法も

LINE(ライン)で友だちとのトークを誤って消してしまい、トーク履歴を復元できないかと考えたことがある人は少なくないでしょう。

Android版LINEの場合、バックアップさえとっていれば設定からトークを削除前の状態に復元できます。また、iOS版LINEの設定には復元メニューが存在しないため、LINEアプリを再インストールすることになりますが、バックアップの取得タイミングなどにより、他のトーク履歴に影響を及ぼす可能性があります。

ここでは、削除してしまったLINEトークをバックアップから復元する方法に加えて、バックアップがない場合の次善の策についても紹介します。

基本:削除したトークの復元にはバックアップが必要

【LINE】トークを削除する【LINE】トークを削除する

トークルームを削除する方法 左:Android版LINE右:iOS版LINE

友だちとのトークルームを削除すると、トーク履歴(トーク内で交わしたメッセージやスタンプ、写真など)はすべて削除されてしまいます。一度消してしまったトークを取り戻す手段は、バックアップから復元する以外ありません。

トークを削除してしまっても、そのトークで保存していた「アルバム」「ノート」の内容が消えることはなく、トークを再開すればそれらの写真などにアクセスできます。

バックアップをとっていないと思っても、実際には自動バックアップなどで意図せず取得できている可能性もないわけではありません。一度はバックアップの項目を確認すべきでしょう。なお、Android版LINEとiOS版LINEでは、バックアップからトーク履歴を復元する仕組みが異なります。

バックアップがなくて復元できないけれど、トークの一部でも取り戻したいという場合には、後述する代替案を検討してみてください。

トーク履歴のバックアップがある場合の復元

トーク履歴のバックアップがとれている場合に、削除したトークルームを復元する方法を紹介します。Android版LINEとiOS版LINEでそれぞれ操作方法が異なります。

【Android】トーク履歴を復元する

Android版LINEの設定には復元メニューが備わっているので、トークを削除する前の時点でバックアップがとれていれば、そこから削除したトークを復元可能です。トーク削除前の状態に戻って、当該トークが再び表示されます。

【LINE】トークを復元する(Android)

「トーク削除前の状態に戻る」といっても、バックアップ〜トーク復元までの間にやりとりしたトークが消えることはありません。削除していないトークには影響を及ぼさない仕様になっているようです。

トーク履歴を復元する場合、トークの削除後にバックアップしないように注意してください。削除したトークを復元できなくなってしまいます。「トークを削除」→「バックアップ」→「トークを復元」と操作してしまうと、バックアップが“トーク削除後のデータ”になってしまうからです。

【LINE】トークを復元する(Android)【LINE】トークを復元する(Android)【LINE】トークを復元する(Android)

トーク履歴のバックアップ確認、および復元自体は簡単です。「ホーム」タブの設定ボタン[]→[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]と進みます。

手動でバックアップした覚えがなくても、自動バックアップによって意図せずトーク削除前のバックアップが残っていた、というラッキーなケースもあります。バックアップの日時などを確認し、[復元する]をタップしてください。

【LINE】トークを復元する(Android)【LINE】トークを復元する(Android)

これで、削除したトークが再び表示されるようになるはずです。

【iPhone】LINEアプリを再インストールする

iOS版LINEの場合、Android版LINEのようにアプリ内の設定からトークの復元操作がおこなえません。そのため、LINEアプリを一度アンインストールし、再びインストール・ログインし直す流れの中でトーク履歴を復元することになります。

本来、LINEアプリの再インストールにあたっては、iCloudにトーク履歴のバックアップをとることが強く推奨されます。バックアップをとらずにLINEアプリをアンインストールすると、トーク履歴が消失してしまうためです。消えたトーク履歴は復元できません。

【LINE】トークを復元する(iOS)

最後にバックアップしたのがかなり前だった場合、その間のトーク履歴が失われることになる

たとえば、最後のバックアップが1〜2日ほど前で、その後にトークを削除してしまったという場合、その1〜2日間のトークがすべて消失しても構わないという覚悟であれば、再インストールを実行すべきでしょう。

しかし、最後のバックアップが1年前だった場合、そのままバックアップせずにLINEアプリをアンインストールすると、1年分のトーク履歴が消失する恐れがあります。「1つのトークを復元するためにLINEアプリを再インストールした結果、大事なトークが消えてしまった」という事態にも陥りかねません。

LINE トーク 削除 復元

LINEの「ホーム」タブで設定ボタン[]→[トーク]→[トークのバックアップ]と進み、前回バックアップの日時などを確認

他方、トーク削除後に最新バックアップをとってしまうと、目的のトークは復元できません。iOS版LINEで削除したトークを取り戻すためにアプリを再インストールする場合、細心の注意を払う必要があります。

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップ・復元する手順や、再インストール時の注意点については、以下の記事を参照してください。

トークのバックアップがない場合の代替案

そもそもトーク履歴をバックアップしていなかったり、トーク削除後のバックアップデータしかなかったりする場合、復元はできないものの、以下のような次善の策が挙げられます。

代替案1:テキストファイルのトーク履歴を送ってもらう

トーク履歴のテキストデータは保存可能、消えても相手に送信してもらえる

トークの内容をテキストデータとして保存できる。写真・動画やLINEスタンプなどは保存できない

トークを削除してしまったら、相手にトーク履歴のテキストファイルを生成・送信してもらうという手があります。LINEのトークは、トークルームごとにtxt形式のファイルとして端末に保存できます。相手のLINE上では自分とのトークが残っている可能性も高いので、これを送ってもらえば過去のやりとりを最低限確保できます。

ただし、txt形式のファイルのため、トーク履歴を以前のように再現できるわけではありません。テキストメッセージは表示されるものの、写真やスタンプは「写真」「スタンプ」と記載されるだけで、その内容は復元できないのです。

txtファイルのトーク履歴を共有する方法は、以下の記事を参照してください。

代替案2:相手にトークスクショを送ってもらう

トークを削除してしまっても、相手のLINEからもそのトークが消えたわけではありません。そのためLINEアプリの「トークスクショ」機能を利用して、トークのスクリーンショットを送ってもらう方法もあります。

相手に以下の手順でトークの撮影・送信を頼んでみましょう。

【LINE】トークスクショ【LINE】トークスクショ

トークを長押しし、[スクショ]をタップ。トーク範囲を選択して[スクショ]をタップします。

【LINE】トークスクショ【LINE】トークスクショ

プレビュー画面の左下にある共有ボタンをタップし、「送信先を選択」の画面で送信相手を選択して[転送]をタップします。

【LINE】トークスクショ【LINE】トークスクショ

左:トークスクショで削除されたトークを共有右:長いトーク履歴でも共有できる(スクショしたトークの数によっては分割される)

これで、削除したトークのスクショを画像形式で相手に送れます。

トークスクショ機能では縦長のスクショも送れるので、ある程度の期間やりとりしたトークでも転送可能です。ただしスクショしたトークの数が多いと、画像が分割されてしまう点に注意してください。

代替案3:パソコン(PC版)でトークを開く

スマホ(iOS/Android)版LINEでトークルームそのものを削除してしまった場合、PC版LINEでもトークが削除された状態で同期されてしまいます。残念ながら、スマホ版LINEで削除したトークルームをPC版LINEで閲覧することはできません。

ただし、スマホ版LINEでトーク中のメッセージを削除しただけであれば、パソコン(PC)版LINEのトーク画面では(そのメッセージは)削除されていないケースがあります。

【LINE】PC版LINEで開く

PC版LINEでトーク画面を開くと、スマホ版LINEで削除したメッセージが残っていて確認できることがあるのです。

「削除したメッセージをもう一度読めればそれでいい」という人はこれで問題ないでしょう。このメッセージは、Keepメモに転送したり、ノートに保存したりできます。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.8.2、Android版11.8.3

EDITED BY
AO