【LINE】トークで「メンバーがいません」と表示される理由とは? 復活や削除についても解説

【LINE】トークで「メンバーがいません」と表示される理由とは? 復活や削除についても解説

LINE(ライン)のトークに「メンバーがいません」「トーク相手がいません」などと表示されることがあります。これはブロックなのか、それともアカウントが消えたのか。原因がわからず心配になる人もいるでしょう。

本記事では、LINEトークの「メンバーがいません」「トーク相手がいません」が何を意味するのか解説。また、そのように表示されたトークを復活(復元)できるのか、また削除して支障がないかなどについて解説します。

「メンバーがいません」「トーク相手がいません」と表示される理由

LINEのトークで「メンバーがいません」や「トーク相手がいません」と表示されるのは、大きく3つの理由があります。

理由1:相手のアカウントが消えた(1対1のトークの場合)

1対1のトークで「メンバーがいません」と表示される理由のひとつは、トークの相手方がアカウントを削除したからです(機種変更でアカウントを引き継がなかった場合や、引き継ぎに失敗した場合も含む)。

「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由

アカウントが削除されると、上の画像のように相手ユーザーのアイコンはデフォルト画像に変化します。そして、相手がトークから自動的に退出となった結果、トークの最後に「(相手ユーザー名)が退出しました」というメッセージが表示されます。

メッセージ入力欄は「トーク相手がいません」という表示になっているはずです。

理由2:グループトークで自分が強制退会させられた

「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由

アイコンのデフォルト画像が2人分になっている「メンバーがいません」のトークを開くと、「○○(相手)が○○(あなた)をグループから削除しました」と表示されています。

これは、もともと参加していたグループで、誰があなたを強制退会したことを意味します。メッセージ入力欄には「トーク相手がいません」と表示され、文字の入力はできません。ただし、強制退会させられる前までのトーク履歴は残っています。

理由3:複数人トークでメンバー全員が退出(トーク削除)した

「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由「メンバーがいません」「メンバーなし」「トーク相手がいません」と表示される理由

複数人トークで、自分以外のメンバー全員がトークを削除した場合も、トークに「メンバーがいません」と表示されます。トークを開くと「○○が退出しました」と表示され、文字の入力はできません。

相手からブロックされたわけではない

「メンバーがいません」や「トーク相手がいません」「退出しました」といった表現から、“友だちからブロックされたのかもしれない”と不安になるユーザーも少なくないでしょう。しかし、相手からブロックされたわけではありません。

ほとんどは、相手がアカウントを削除したか、アカウントの引き継ぎに失敗した、あるいはグループトークで強制退会させられたのが理由です。

ブロックされているとどのような現象が起きるのかについては、以下の記事で詳しく解説しています。

「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?

「メンバーがいません」「トーク相手がいません」と表示されたトークルームに再び相手を追加するなどして、トークを元通りに復活できるのでしょうか。

1対1のトーク:復活できない

1対1のトークで相手がアカウントを削除した、あるいは引き継ぎ失敗によりトークがなくなってしまったケースでは、当該トークの復活はできません。

アカウントを削除した相手が仮に以前と同じ電話番号を使ってLINEに再登録しても、別アカウントとしての扱いになります。退出したアカウントとして復活することはありません。

グループトーク:再度招待してもらえれば復活できる

「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?

前述のように、強制退会させられたグループのトークには「メンバーがいません」と表示され、メッセージの送受信ができなくなります。

この点、再び当該グループへの招待がもらえれば、グループへの復活(再参加)が可能です。強制退会させられている間のメッセージ履歴は、グループへの復活後であっても非表示のままですが、アルバムやノートに関してはトーク復活後に確認できる仕様です。

複数人トーク:同じメンバーを追加し直せば復活できる

前述のように、自分以外の全員がトークを退出(削除)した複数人トークには、「メンバーがいません」と表示されます。

「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?

この「メンバーがいません」トークに同じメンバーを再度招待(追加)すれば、複数人トークは復活します。

「メンバーがいません」表示のトークは復活できる?

復活させた複数人トーク

過去のメッセージはそのままに、同じトークを使って複数人でやりとりができるようになります。ただし、招待された側には新しい複数人トークが作成された形となり、過去のメッセージ内容は表示されません。

「メンバーがいません」表示のトークは削除しても大丈夫?

「メンバーがいません」表示のトークを削除しても大丈夫?「メンバーがいません」表示のトークを削除しても大丈夫?

「メンバーがいません」状態となったトークでも、メッセージの履歴は残っています。メッセージを送ることは不可能ですが、アルバムや写真の閲覧も可能です。

このままトーク履歴を残しておくこともできますが、もし不要だと感じるなら削除してしまいましょう。相手側には通知されないため安心してください。手順は、対象のトークを左にスワイプまたは長押しして、[削除]をタップするだけです。

「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も

「メンバーがいません」「退出しました」などと表示されているトークは、スパムアカウントからのメッセージである可能性があります。その実態や対策について紹介します。

「友だち追加」設定の仕組みを悪用

「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も

「友だちへの追加を許可」の設定を有効にしていると、あなたの電話番号を保有しているユーザーは、自動であなたを友だち追加できるようになります。この仕組みを利用して、スパムメッセージが送りつけられる行為が見受けられます。

上の画像のように、スパムメッセージを送りつけた相手がアカウントを削除(あるいは、運営などにアカウントを削除された)場合、メッセージのやりとりやブロックはできませんが、画面上部に[通報]のボタンが表示されます。ユーザーを不審に思ったら[通報]をタップしてください。

スパム対策1:「メッセージを受信拒否」を有効にする

スパムメッセージの受信対策として、友だち以外からのメッセージの受信を拒否する機能を有効にしておく方法があります。これは、自分が相手を友だちに追加していないユーザーからの一方的なメッセージを受信しないようにする設定です。

「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も

設定の手順は、「ホーム」タブの設定ボタン[]をタップして[プライバシー管理]から「メッセージ受信拒否」を有効(オン)にするだけです。

スパム対策2:「友だちへの追加を許可」をオフにする

「友だちへの追加を許可」機能をオフにしておいてもいいかもしれません。この記事で紹介した手口のスパムは、こちら側を友だちに追加する手段を採ってくるので、その手法を使えないようにするというわけです。

「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も「メンバーがいません」トークはスパムの可能性も

「ホーム」タブで設定ボタン[]をタップし、[友だち]から「友だちへの追加を許可」を無効(オフ)にしてください。

この設定はスパム対策にとどまらず、自分を友だちに追加するユーザーを制限できるため、コミュニケーション環境を構築する上でも有効な一手となるはずです。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.9.0、Android版11.9.1

EDITED BY
BOTAN