【LINE】グループに友だちを招待する方法──最初から招待と途中から招待(メンバー追加)をそれぞれ解説

【LINE】グループに友だちを招待する方法──最初から招待と途中から招待(メンバー追加)をそれぞれ解説

LINE(ライン)で複数の友だちと一緒にやりとりするには、「グループトーク」や「複数人トーク」が便利です。

本記事では、グループトークと複数人トークの違いに簡潔に触れたうえで、LINEでメンバーを招待してグループトークまたは複数人トークを新規作成する方法を解説。また、既存のトークに追加でメンバーを招待する方法についても紹介します。

このほか、友だち以外のユーザーを招待できるか、グループへの招待を取り消し(キャンセル)できるかなど、よく挙がる疑問点にも答えています。

LINE「グループトーク」「複数人トーク」の違いとは?

LINEのグループトークと複数人トークの違い
グループトーク 複数人トーク
特長 継続性 手軽さ
招待 必要 必要
参加承認 必要 不要
最大人数 500人(自分含めて) 100人
音声通話・ビデオ通話 利用可能 利用可能
機能
  • ほとんど制限なし
  • グループ向けの機能あり
  • アルバム・ノート機能が使えない
  • トークルーム名やアイコンを変更できない

LINEで複数の友だちとトークをおこなうには「グループトーク」と「複数人トーク」があります。主な違いは上表の通り。それぞれの具体的な特徴について以下で解説します。

グループトーク:継続的なトーク向きで、参加承認後に開始できる

【LINE】グループトークとは【LINE】グループトークとは

左:グループトークのトークルーム右:グループトークの設定画面。アルバムやノートを利用できる

グループトークの主な特徴には、次の3点が挙げられます。

  1. グループ名やアイコンを設定できる
  2. ノート、アルバムを利用できる
  3. 招待後に相手の承認が必要(相手は拒否もできる)

ノートアルバムといった機能を利用できることから、グループトークは情報共有に適しています。グループ名やアイコンも変更できるため、家族や同僚、サークルメンバーなど、継続的な会話が続くトークに向いているといえるでしょう。

ただし、グループトークを始める際は友だちに招待を送って参加の承諾を得ることで成立するため、少し手間や時間がかかってしまいます。1つのトークに招待できるグループメンバーは499人までです。

複数人トーク:3人以上での一時的なトーク向きで、すぐに開始できる

【LINE】複数人トークとは【LINE】複数人トークとは

左:複数人トークのトークルーム右:複数人トークの設定画面。アルバムやノートは利用できない

「複数人トーク」を作る際、友だちからの参加承諾なしですぐに新規トークを開始できます。手っ取り早くトークをはじめて、一時的な会話をするのに向いています。

しかし、アルバムやノートは備わっておらず、使える機能はイベントのみです。また、トークルーム名やアイコンは変更できません。

LINEグループを新規作成して招待する方法

LINEグループ(グループトークおよび複数人トーク)を新たに作成する際、グループのメンバーにしたいユーザーを招待する方法です。

グループトークを作る場合の招待

ここでは、以下2つのポイントを解説します。

グループトークを新規作成して招待する手順(iOS/Android共通)

【LINE】グループトークの新規作成【LINE】グループトークの新規作成

まずは、LINEの「ホーム」タブにある「グループ」リストから[グループ作成]を選択。

グループトークに招待したい友だちを1人以上選択し、画面右上の[次へ]をタップします。

【LINE】グループトークの新規作成【LINE】グループトークの新規作成【LINE】グループトークの新規作成

左:アイコンをタップ中:アイコン変更画面。端末に保存されている写真も選択できる右:(1) メンバーの追加、(2) 選択した友だちの取り消し、(3) グループ作成

画面左側のアイコンをタップすると、既存のアイコンから別のアイコンに変更できます。[カメラで撮影]をタップすればカメラが起動して撮影した写真をアイコンに設定でき、[写真を選択]をタップすれば端末に保存している写真をアイコンに設定可能です。

メンバーを追加するには[追加]ボタンをタップして再び友だちを選択し、追加した友だちを取り消すには友だちのアイコンの右上にある[×]ボタンをタップします。

グループ名(50文字以内)を設定したら、画面右上の[作成]をタップして完了です。これでグループを作成できました。

「トーク」タブからもグループを作成できる

【LINE】グループトークの新規作成【LINE】グループトークの新規作成

グループトークは「トーク」タブからも作成可能です(iOS/Android版いずれも)。「トーク」タブの画面右上にある吹き出しアイコンをタップして[グループ]を選択すると、グループトークの作成画面が開きます。あとの手順は上記と同様です。

グループに招待された「相手」にはどう見えるか

【LINE】グループに招待された時の見え方【LINE】グループに招待された時の見え方

グループに招待されると通知が届く 左:iPhone右:Androidスマホ

グループに招待すると、相手には通知が届きます。通知の時点で、誰が何というグループ名に招待しているのかが分かります。

【LINE】グループに招待された時の見え方【LINE】グループに招待された時の見え方【LINE】グループに招待された時の見え方

同時に「ホーム」タブのグループリストにある「招待されているグループ」欄にもグループ名が表示されます。グループ名をタップすると、グループへの[参加]または[拒否]を選べます。

【LINE】グループに招待された時の見え方【LINE】グループに招待された時の見え方

左:iOS版LINE右:Android版LINE

また、招待されたトークルームでも[参加]か[拒否]を選択できます。

【LINE】グループに招待された時の見え方

参加を選択すると、グループ全員のトーク画面には「○○(ユーザー名)がグループに参加しました」と、参加を知らせる通知が表示されます。

もし[拒否]をタップした場合、招待した側にはその旨は通知されません。相手の画面には「招待中」のステータスが表示され続けます(詳細は後述)。

複数人トークを作る場合の招待手順

複数人トークは、友だちを選択するだけの手順で簡単に作成できるのが特長。友だちの参加承認も不要なので、すばやく会話をスタートできます。

【LINE】複数人トークの新規作成【LINE】複数人トークの新規作成

LINEの「トーク」タブで画面右上にある吹き出しアイコンをタップし、[トーク]を選択します。

【LINE】複数人トークの新規作成【LINE】複数人トークの新規作成

招待したい友だちを選択して画面右上の[作成]をタップすれば、複数人グループの作成は完了です。

複数人トークでは友だちの参加承諾を得るステップはないため、すぐにトークが始めることができます。なお、複数トークが開始された旨は招待した相手側に通知されず、トーク作成者がメッセージを送信した時点で初めて相手に通知が届く仕様になっています。

複数人トークに招待すると相手からはどう見えるか?

【LINE】複数人トークの新規作成

複数人トークに招待されたこと自体は、相手には通知されません。複数人トークで何かしらメッセージが送信されて初めて、相手のトーク画面にそのメッセージ通知も届き、やりとりを始めることができます。

途中からLINEグループに招待する方法(グループメンバー追加)

既存のグループトークや複数人トークに、途中からメンバー(友だち)を招待・追加することも可能です。

既存のグループトーク/複数人トークに友だちを追加する手順

すでに作成されたグループに追加する方法は、グループトークおよび複数人トークいずれも同様です(ここではグループトークで解説)。

【LINE】既存グループへの招待【LINE】既存グループへの招待【LINE】既存グループへの招待

既存のトークに友だちを招待

招待したいグループトークの画面右上にある[]ボタン→[招待]をタップ。招待したい友だちを選んで、[招待]をタップするだけで招待完了です。

グループトークなら相手の承認後に追加、複数人トークなら承認なしで即時追加となります。

グループに招待された場合に相手にどう見えるかは、グループトークおよび複数人トークの作成時と同様です。

1対1トークに別の友だちを追加招待して複数人トークを始める手順

【LINE】1対1トークから複数人グループへの招待【LINE】1対1トークから複数人グループへの招待【LINE】1対1トークから複数人グループへの招待

1対1のトークから複数人トークに招待

招待したいトークルームで、[]ボタン→[招待]をタップ。招待したい友だちを選んで、[招待]をタップすれば招待完了です。

なお、1対1トークに別の友だちを招待しても、これまでの1対1トークとは別に複数人トークが作成されます。それまでの1対1トークの内容を招待した友だちに読まれたり、上書きされてしまったりすることはありません。

LINEグループの招待に関するよくある疑問と答え

LINEのグループトークおよび複数人トークに招待する/された際によくある疑問点とその答えについてまとめています。

Q1:友だち以外のユーザーをグループに招待できる?

A:自分の友だち以外のユーザーをグループトークや複数人トークに招待することはできません。

【LINE】友だち以外はグループに招待できない

友だち以外はグループトークや複数人トークに招待できない

グループトークまたは複数人トークに招待できるのは、友だち追加しているユーザーだけです。

ただし、結果としてグループに友だち追加していないユーザーが参加している場合があります。たとえば、あなたの友だちAさんが、あなたの友だちではないBさんをグループに招待していた場合、友だちではないBさんとあなたが同じグループに参加していることになるわけです。

Q2:グループへの招待は取り消し(キャンセル)できる?

A:グループトークの招待は、相手が承認/拒否を選択する前であれば取り消し(キャンセル)可能です。複数人トークは、一度招待するとメンバーに即時追加されるため取り消しできません。

【LINE】グループへの招待を取り消し【LINE】グループへの招待を取り消し【LINE】グループへの招待を取り消し

グループトークへの招待を取り消す方法

メニューボタン[]から[メンバー]を開くと、「招待中」に相手の名前が表示されています。

招待を取りやめたい相手を選択し、[キャンセル]をタップすれば取り消しは完了です。画面右上の[編集]から削除することも可能です(iOS版LINEなら左方向にスワイプして[削除]→[削除]でも可)。

【LINE】グループへの招待を取り消し

招待を取り消すと、相手のトークリストから招待していたグループが消える

招待を取り消しても、相手に通知などが届くことはありません。しかし、招待を取り消すとトークリストに表示されていたグループが消えるため、招待を取り消したことかバレてしまう可能性があります。

Q3:QRコード、電話番号、URL、メールでグループに招待できる?

A:QRコード、電話番号、URL、メールを使って、LINEのグループトークや複数人トークに招待することはできません。

グループに招待できるのは、LINEの友だち一覧から招待の通知を送る方法のみです。グループのQRコードやURLを発行したり、電話帳に登録されている電話番号やメールアドレスから招待したりする機能には非対応となっています。

Q4:グループへの招待を拒否したらどうなる?

A:グループトークへの招待を拒否しても、招待者や他のグループメンバーにバレてしまうことはありません。

【LINE】グループの招待を拒否

グループトークに招待すると、「○○が△△をグループに招待しました」とトークに表示されますが、拒否してもその旨がトークに表示されたり相手に通知されたりすることはありません。「招待中」にも拒否した相手の名前が残り続けます。

グループの招待を拒否するとどうなるのかは、以下の記事でも詳しく解説しています。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.8.2、Android版11.9.0

EDITED BY
AO