【LINE】消えたトーク履歴を相手に送信してもらう方法 復元はできない

【LINE】消えたトーク履歴を相手に送信してもらう方法 復元はできない

LINE(ライン)で個々のトーク履歴を誤って削除してしまうと、元通りに復活させることは困難です。

たまたま直前に全トーク履歴をまとめてバックアップしていたようなケースであれば復元できないこともありませんが、iOS版LINEアプリでは再インストールとログイン、トーク履歴の復元作業などが必要になります。慣れていないと失敗のリスクもあります。

LINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【2020年最新版】

そこで次善の策として利用できるのが、消してしまったトークの相手方からトーク履歴のテキストデータを送信してもらう方法。テキストデータがあれば、過去にやりとりしたメッセージの内容を把握できます。本記事では、iOS・Android版LINEおよびPC版LINEでトーク履歴を送信してもらう方法を解説します。

トーク履歴のテキストデータは保存可能、消えても相手に送信してもらえる

トーク履歴のテキストデータは保存可能、消えても相手に送信してもらえる

トークの内容をテキストデータとして保存できる。写真・動画やLINEスタンプなどは保存できない

トーク履歴はテキストデータとして保存(バックアップ)および共有が可能です。また、たとえ自分側でトーク履歴を消してしまっても、相手側のトークルームからトーク履歴が消えることはありません。つまり、相手側にトーク履歴をテキストファイルとして保存してもらった上で、そのファイルを自分に送信してもらえば、トーク上でのやりとりをテキストとして保存しておけるわけです。

トークスクショや、メッセージの転送機能を使って相手にトークルームの一部を送ってもらうことも可能ですが、相手とのトーク履歴をすべて保存するには現実的ではありません。

以下、トーク履歴(テキストファイル形式)を保存・送信する方法をスマホ版(iOS・Android)PC版に分けて解説します。

iOS・Android版LINEの場合

iOS版LINEの場合 iOS版LINEの場合

トークルーム右上のメニューボタン[]をタップし、画面最下部の[その他]を選択します。

iOS版LINEの場合 iOS版LINEの場合

続いて[トーク履歴を送信]をタップし、送信方法を選択します。送信方法は、LINEでもメールでも好きな方法を選べばよいでしょう。

iOS版LINEの場合 iOS版LINEの場合

左:LINEを使って送信した場合右:トークにテキストファイルが届く

相手にトーク履歴のテキストファイルを送信してもらった場合は、何らかの手段でそのファイルを保存しておきましょう。

LINEのトーク履歴をメールで送信する方法【iPhone/Android/PC】

PC版LINEの場合

PC版LINEの場合

相手とのトークルーム右上のメニューボタン[]から[トークを保存]をクリックします。

PC(パソコン)版LINEの使い方──ダウンロードからログイン、便利テクまで全ガイド

PC版LINEの場合

確認画面が表示されるので[確認]を選択します。

PC版LINEの場合

保存先をデスクトップやドキュメント、ダウンロードなどから選択する

トーク履歴のテキストファイルを保存する場所を選べば、トーク履歴の保存は完了です。

PC版LINEの場合

保存したテキストファイルは、スマホ版LINEと同様に表示されます。写真・動画やLINEスタンプなどは保存ができません。

PC版LINEの場合

保存したテキストファイルをメールなどに添付し、送ってもらえばOKです。送られてきたファイルを保存しておきましょう。

手に入れたトーク履歴からのトーク復元は不可能

注意してほしいのは、今回紹介したトーク履歴をテキストファイルとして保存・送信する方法では、トークルーム内にトーク履歴を復元できないということです。あくまでもトークの内容をテキストデータに落とし込み、確認できるようにするだけだからです。

どうしても消したくないトーク履歴があるならば、こまめにバックアップしておく必要があります。

EDITED BY BOTAN