LINEのトーク履歴を「自動で」バックアップする設定方法【iPhone/Android】

自動バックアップされない・できないときの対処法も

大事なLINEのトーク履歴は、常日頃からバックアップしておきたいもの。バックアップさえあれば、スマホを機種変更する時や、万が一スマホが紛失・故障してしまった場合でもトーク履歴を復元できます。

とはいえ、こまめにバックアップをおこなうのは面倒ですし、バックアップすること自体を忘れてしまいがちです。そんな人は、トーク履歴の「自動バックアップ」を設定しておくのがおすすめ。自分で任意のバックアップ頻度を指定することで、毎日の手動バックアップ作業が不要になります。

この記事では、LINEのトーク履歴を「自動で」バックアップする方法を解説。設定したはずなのに、なぜか自動バックアップされない・できないときの対処法なども紹介します。

LINEのトーク履歴を自動でバックアップする方法

LINEのトーク履歴を自動バックアップする設定手順を紹介します。iOS版でも、Android版でもほとんど変わりませんが、一部仕様が異なる部分はきちんと解説しています。

LINEの設定で「トークのバックアップ」を開く

「ホーム」タブの設定ボタン​から[トーク]→[トークのバックアップ](Android版では[トーク履歴のバックアップ・復元])と進みます。

LINEのバックアップ設定

LINEのトーク履歴バックアップは手動・自動にかかわらず、設定でiCloudやGoogleドライブを紐づけておく必要があります。トークのバックアップ設定画面に「iCloudに接続されていません」と表示されていたり、「Googleアカウント」の部分に何も表示されていない場合、それぞれ所定の操作が必要です。詳しい方法は、下記記事を参照してください。

【iPhone】LINEのトークをiCloudにバックアップする方法【Android】LINEのトークをGoogleドライブにバックアップする方法

トーク履歴の自動バックアップ設定を有効にする

iOS版LINEの画面

Android版LINEの画面

iOS版LINEでは「バックアップ頻度」の項目に、自動バックアップが実行される頻度が表示されています。「オフ」と表示されていれば、自動バックアップは実行されません。

トーク履歴の自動バックアップを設定するには、[バックアップ頻度]をタップしましょう。Android版LINEの場合はもっとわかりやすく、文字どおり[自動バックアップ(オフ)]を選択して進んでください。

iOS版もAndroid版も、次の画面で「自動バックアップ」のスイッチをオンに切り替えてください。

これで、トーク履歴の自動バックアップの設定自体が有効になりました。

自動バックアップの頻度を選択する

自動バックアップをオンにすると「バックアップ頻度」の項目が出現する

自動バックアップの設定をオンにすると、「バックアップ頻度」の項目が表れます。これをタップし、「毎日」「3日に1回」「1週間に1回」など5つから、自動バックアップが実行される間隔を選択しましょう。

これで、トーク履歴の自動バックアップの設定は完了です。指定のタイミングで自動バックアップが実行されるようになります。

自動バックアップの通信条件を選ぶ

LINEのトーク履歴を自動バックアップするには、原則としてスマホがWi-Fiに接続されていなければなりません。しかし、Android版LINEに限っては、モバイルデータ通信を利用して自動バックアップを実行する設定が用意されています。

「ホーム」タブの設定ボタン​から[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]→[自動バックアップ]と進んで「自動バックアップ」をオンにした上で、[モバイルデータ通信を利用]にチェックを入れるだけです。

多少の通信量はかさみますが、Wi-Fi環境がないというときに便利です(Wi-Fiに接続しているときは、Wi-Fiによる自動バックアップが優先されます)。

自動バックアップされないときに確認・対処すべき点

自動バックアップの設定をしたはずなのに、その通りにバックアップされないというケースは少なくないもの。そんなときに確認したいポイントをまとめました。

スマホがWi-Fiや電源に接続されているか

LINEの自動バックアップは、スマホが電源とWi-Fiに接続されていないと実行されません。

その条件下にあったかどうか、いま一度環境を見直してみましょう。自宅で充電しながらWi-Fiにつないでいるときに自動バックアップされる、といったイメージで利用するとよさそうです。

なお前述のとおり、Android版LINEはWi-Fiがなくても、設定によってモバイルデータ通信を利用してバックアップの実行が可能です。

LINEのバックグラウンド更新が妨げられていないか

LINEアプリを起動していない間に自動的にバックアップをおこなえるのは、LINEがバックグラウンドで更新されているからです。これが何らかの理由で機能しないと、LINEアプリを起動していない間は新しい情報を取得・更新できず、結果的に自動バックアップがされていなかったという現象が起こるのです。

具体的には、端末のデータ通信節約モードや省電力モードなどが要因になっているケースが挙げられます。心当たりがあるなら、一度オフにして試してみることをおすすめします。これらは「LINEの通知が来ない」トラブルの原因・対処法とも共通しており、詳しくは下記記事も参照してください。

LINEを開かないと通知が来ない? 原因はバックグラウンド通信の問題かも

このほか、iOS版LINEではそもそも「Appのバックグラウンド更新」がオフになっていた、という可能性もゼロではありません。

iPhoneの「設定」アプリで[LINE]を開き、アクセス許可の項目で「Appのバックグラウンド更新」がオフになっていないか、念のため確認してください。

LINEアプリが最新版にアップデートされているか

自動バックアップ機能に対応するのは、iOS版LINEのバージョン10.3.0以上、Android版LINEのバージョン10.10.0以降です。

対応バージョン以降を利用していても、しばらくアップデートいないとうまく機能しない場合もあります。いずれにせよ、LINEアプリを最新版にアップデートしてください。

アプリ「LINE」をダウンロード

iCloudやGoogleドライブ、端末の空き容量はあるか

バックアップに利用するiCloudやGoogleドライブ、また端末のストレージの空き容量が不足していると、トーク履歴の自動バックアップもおこなえません。この場合、エラー通知が公式アカウントから届くので、原因としては認識しやすいでしょう。

端末の空き容量を確保する方法については、下記記事を参照してください。

iPhoneの容量不足時に空きストレージを増やす方法 Androidスマホの容量不足を解消する方法

Google Oneなどでクラウドの容量は追加購入して増やせる

iCloudやGoogleドライブには、無料で使える容量に制限があります。iCloudは5GBまで、Googleドライブ(Googleアカウント)は15GBまでです。LINEトーク履歴のバックアップに利用する容量としては基本的に十分ですが、他のデータですでに容量を使ってしまっている場合などはバックアップできないケースも想定されます。

iCloudやGoogleドライブの容量の調べ方や追加購入の方法については、下記記事を参考にしてください。

iPhoneの容量が足りない? iCloudストレージを購入する方法と解約方法「Google One」とは? 登録するメリット・デメリット、解約方法について

LINEトーク履歴の自動バックアップでよくある疑問と答え

自動バックアップの頻度は「毎日」がいい?

こまめに自動バックアップをとりたい人は、頻度を「毎日」にしておけばよいでしょう。

手動で都度バックアップを取得するのは忘れてしまいがちです。突然のスマホ故障や紛失などに備えてトーク履歴のバックアップをしっかりとっておくには、毎日の自動バックアップは最適といえるでしょう。

実際にバックアップされるタイミングはいつ?

スマホが電源とWi-Fiに接続されているタイミングなので、基本的に深夜帯が多いと考えられます。

自宅などでスマホを充電しながらWi-Fiにつながっている時、というのが最も自動バックアップが実行されやすいタイミングのイメージ。ゆえに、多くの人にとって就寝中などになりそうです。

自動バックアップを設定するデメリットはある?

特段のデメリットはありませんが、意図せずバックアップが上書きされてしまったというケースはあるかもしれません。

原則として、トークはバックアップをとった時点の状態に復元できるものです。たとえば、1週間前にバックアップをとっていて何らかの事情でその時点のトークに戻したいという場合でも、1週間のうちに自動バックアップが発動したらそれが上書きされてしまう、ということが起こり得ます。

ただ非常にレアなケースであり、そのような可能性もなくはないという程度に認識しておけばよいでしょう。

検証バージョン
LINE
iOS
12.3.0
LINE
Android
12.3.3
EDITED BY
LOQU