LINEのトーク履歴を「自動で」バックアップする設定方法【iPhone/Android】

LINEのトーク履歴を自動でバックアップする方法【iPhone】

大事なLINE(ライン)のトーク履歴は、常日頃からバックアップしておきたいもの。バックアップがあれば、スマホを機種変更するときや、万が一紛失してしまった場合でもトーク履歴を復元できます。

LINEの引き継ぎ 完全ガイド──機種変更のパターン別にデータ移行方法を解説

とはいえ、都度バックアップをおこなうのは面倒ですし、バックアップすること自体を忘れてしまいがちです。そんな人には、トーク履歴の自動バックアップを設定しておくのがおすすめ。自分で任意のバックアップ頻度を指定することで、手動でのバックアップ作業が不要になります。

本記事では、LINEのトーク履歴を「自動で」バックアップする方法について解説します。当初、iOS版LINEアプリで先行提供されていたトーク履歴の自動バックアップ機能ですが、2020年6月にAndroid版LINEでも利用できるようになりました。

LINEトーク履歴の自動バックアップに必要な条件

LINEのトーク履歴を自動バックアップするために、求められる条件についてまとめました。

LINEアプリを最新版にアップデートする

自動バックアップ機能に対応するのは、iOS版LINEのバージョン「10.3.0」以上、Android版LINEのバージョン10.10.0以降です。まずはアプリを最新版にアップデートしてください。

iOS版LINEではiPhoneがWi-Fiに接続されている必要がある

LINE トーク履歴 自動バックアップ

自動バックアップは、iOS版LINEではiPhoneの電源がオンの状態で、Wi-Fiに接続されていないと実行されません。夜間など自宅のWi-Fiにつないでいるときに自動バックアップできる、といったイメージで利用するとよさそうです。

iPhoneをWi-Fi(無線LAN)に接続する設定方法

Android版LINEにおける自動バックアップは、Wi-Fi接続時に優先的におこなうのが標準設定ですが、モバイルデータ通信を利用しても実行可能です(後述)。

あらかじめiCloudやGoogleドライブと連携しておく

iOS版LINEのトーク履歴バックアップは、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」を利用します。またAndroid版LINEでは、「Googleドライブ」をバックアップに使います。自動バックアップでも当然、設定でiCloudやGoogleドライブを紐づけておく必要があります。

LINE トーク履歴 自動バックアップ

iCloudやGoogleドライブに接続されていないとトーク履歴のバックアップができない(手動も自動も)

LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[トーク]→[トークのバックアップ](Android版では[トーク履歴のバックアップ・復元])と進んだ画面で、iCloudやGoogleドライブに接続されているかを確認しましょう。

もし「iCloudに接続されていません」と表示されていたり、「Googleアカウント」の部分に何も表示されていない場合、それぞれ所定の連携操作が必要です。詳しい方法は、下記記事を参照してください。

LINEのトーク履歴を自動でバックアップする方法

LINEのトーク履歴を自動バックアップする設定手順を紹介します。iOS版でも、Android版でも手順はほとんど変わりません。

1「トークのバックアップ」を開く

LINE トーク履歴の自動バックアップ LINE トーク履歴の自動バックアップ LINE トーク履歴の自動バックアップ

まずは「ホーム」タブの設定ボタン[]→[トーク]→[トークのバックアップ](Android版では[トーク履歴のバックアップ・復元])と進みます。

2「自動バックアップ」を有効にする

LINE トーク履歴の自動バックアップ LINE トーク履歴の自動バックアップ

「トークのバックアップ」画面の[バックアップ頻度]欄に、自動バックアップが実行される頻度が表示されています。「オフ」と表示されていれば、自動バックアップは実行されません。

トーク履歴の自動バックアップを設定するには、[バックアップ頻度]をタップし、次の画面で[自動バックアップ]をオンにしてください。

LINE トーク履歴 自動バックアップ LINE トーク履歴 自動バックアップ

Android版LINEの自動バックアップ設定

なお、Android版LINEの場合はもっとわかりやすく、[自動バックアップ(オフ)]をタップして[自動バックアップ]のスイッチをオンにすればOKです。

3自動バックアップの頻度を選択する

LINE トーク履歴の自動バックアップ LINE トーク履歴の自動バックアップ

[自動バックアップ]をオンにすると[バックアップ頻度]の項目が出現する

[自動バックアップ]をオンにすると、[バックアップ頻度]の項目が表示されます。これをタップし、[毎日][3日に1回]などの選択肢からトーク履歴の自動バックアップが実行される頻度を選択しましょう。

これで、トーク履歴の自動バックアップの設定は完了です。自動バックアップは基本的に深夜帯に実行されます。

Android版LINEでは自動バックアップにモバイルデータ通信も使える

LINEのトーク履を自動バックアップするには、原則スマホがWi-Fiに接続されていなければなりません。ただ、Android版LINE(Googleドライブ)に限っては、モバイルデータ通信を利用して自動バックアップを実行する設定が用意されています。

LINE トーク履歴 自動バックアップ

設定方法は、「ホーム」タブの設定ボタン[]→[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]→[自動バックアップ]と進みます。[自動バックアップ]をオンにした上で、[モバイルデータ通信を利用]にチェックを入れるだけです。

自動バックアップでは空き容量にも注意

バックアップに利用できるiCloudやGoogleドライブには、無料で使える容量に制限があります。具体的には、iCloudの無料容量は5GBまで、Googleドライブは15GBまでです。

LINEトーク履歴のバックアップに利用する容量としては基本的に十分ですが、他のデータですでに容量を使ってしまっている場合などは、まれにバックアップできないケースも想定されます。不安なら、念のためiCloudやGoogleドライブの容量を確認しておくとよいでしょう。

iCloudの容量の調べ方や追加購入方法については、下記記事を参考にしてください。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.3.0、Android版 10.10.0

EDITED BY AO