iPhoneでスクリーンショットを撮る方法──背面タップ、仮想ボタン設定、全体スクショも解説

指1本で撮影する方法やできないときの対処法も

WebブラウザやSNSで保存しておきたいページがあったときに便利なのが「スクリーンショット(スクショ)」機能です。iPhoneで頻繁に使う機会の多い機能だからこそ、操作方法はしっかり確認しておきましょう。

本記事では、iPhoneにおけるスクリーンショットの基本的な撮り方はもちろん、AssistiveTouch(仮想ボタン)や背面タップなどを使った方法や、全体スクショなどの応用テクについて解説します。

iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

まずは最も基本的なスクリーンショットの撮影方法を紹介します。iPhoneでは、ホームボタンの有無によってスクリーンショットの撮影方法が異なるため、自身の機種でできる方法を確認してみてください。

ホームボタンのない機種(Face ID搭載)の場合

デバイスの前面にホームボタンがなく、ユーザーの認証にFace IDが使われている機種では、デバイスの右側にあるサイドボタンと左側にある音量アップボタンを同時押しするとスクリーンショットの撮影ができます。

ホームボタンのないiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

サイドボタンと音量アップボタンを同時に押して指を離す

同時押しとはいえ、完全に同じタイミングでなければ撮影できないというわけではありません。多少ラグがあっても問題なく撮影できるので、落ち着いて2つのボタンを押しましょう。

ただ、サイドボタンと音量アップボタンを押しっぱなしにしてしまうと、電源オフ緊急SOSをする画面に変わってしまうので、2つのボタンが押せたらすぐに指を離してください。指を離すと画面がフラッシュしてスクリーンショットが撮影されます。

ホームボタンのある機種(Touch ID搭載)の場合

iPhone SEやiPhone 8のようなデバイスの前面にホームボタンが搭載されている機種では、デバイスの右側にあるサイドボタンとホームボタンを同時に押すとスクリーンショットの撮影ができます。

ホームボタンのあるiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

サイドボタンとホームボタンを同時に押して指を離す

こちらも同時押しに多少のラグがあっても問題ありません。先にどちらかのボタンを押してから、もう一方のボタンを押してもスクリーンショットは撮影できます。

筆者は先にサイドボタンを押してからホームボタンを押す方法をおすすめします。というのも、ホームボタンは少し長押しするだけでSiriが起動したり、Siriの案内画面が表示されたりするためです。その反面、サイドボタンはある程度長押ししてもすぐには電源オフの画面には遷移しません。

また、サイドボタンとホームボタンを同時にどれだけ長押ししても、他の画面に遷移しません。そのため、2つのボタンを押したままスクリーンショット撮影のタイミングを待ち続けることも可能です。

iPhoneのスクショで覚えておきたい便利ワザ

iPhoneでスクリーンショット機能を使いこなす上で、知っておくと便利なやり方をいくつか紹介します。

スクリーンショットを無音で撮影する

電車の中など、周りに多くの人がいる状況でスクリーンショットの「カシャ」という撮影音は出したくないものです。iPhoneでは、簡単な設定でスクリーンショットを無音で撮影できるようになります。

本体左横にあるスイッチを後ろ側にスライドさせ、消音モード(マナーモード)に設定するだけです。消音モードに設定してある状態では、スイッチの部分にオレンジ色のラインが見えます。

そのほか、iPhoneにはイヤホンを使った撮影音の無音化や、撮影音のボリューム調整機能があります。

AssistiveTouch(仮想ボタン)でスクリーンショットを撮影する

AssistiveTouchの仮想ボタン

2つのボタンを同時に押すのが難しいという人や、端末のボタンの反応が悪い場合などは「AssistiveTouch」を利用するのも選択肢の一つ。AssistiveTouchは、画面上の仮想ボタンを使った入力支援機能です。さまざまな機能が割り当てられ、スクリーンショットの撮影も利用できます。

AssistiveTouchを有効にする

AssistiveTouchは初期状態でオフになっています。また、スクリーンショット機能も自分でメニューに追加する必要があるため、AssistiveTouchを有効化し、スクリーンショット機能を割り当てる手順を解説します。

「設定」アプリを開き、[アクセシビリティ]→[タッチ]と進みます。「タッチ」の設定項目の最上部にある[AssistiveTouch]がオフになっていたら、タップして「AssistiveTouch」のスイッチをオンにしてください。AssistiveTouchはこれで有効になりました。

続いて、スクリーンショット機能の割り当てをします。

スクショ撮影操作をAssitiveTouchに割り当てる

「AssistiveTouch」のスイッチをオンにした画面で、[最上位メニューをカスタマイズ]をタップ。AssistiveTouchのメニュー編集画面に遷移するので、画面右下にある[+]から新たな空きメニューを作成して選択します。

AssistiveTouchに割り当てられる多くの機能の中から、[スクリーンショット]を選択して[完了]をタップします。AssistiveTouchのメニュー編集画面に戻ると、「スクリーンショット」が追加されているのが分かります。

AssistiveTouchでスクリーンショットを撮影する

AssistiveTouchを利用したスクショ撮影は簡単。スクリーンショットを撮りたい画面で、仮想ボタンを展開し、「スクリーンショット」をタップするだけです。スクリーンショットを指一本で撮影できます。

背面タップでスクリーンショットを撮影する

iOS 14かつiPhone 8以降の機種は、iPhoneの背中をタップしてさまざまな動作を呼び起こす「背面タップ」に対応しています。背面タップにはスクリーンショットの割り当ても可能で、iPhoneの背中を2回もしくは3回タップするだけでスクリーンショットの撮影ができるようになります。

背面タップのスクリーンショットは「設定」アプリから割り当てます。

「設定」アプリで[アクセシビリティ]→[タッチ]と進み、設定項目の一番下にある[背面タップ]を選択します。

「ダブルタップ」か「トリプルタップ」のどちらか好きな方を選んで、[スクリーンショット]にチェックマークを付ければ設定完了です。

ページ全体のスクリーンショットを撮影する

スクリーンショット撮影後に表示されるサムネイルを活用すると、アプリを使わずともページ全体のスクリーンショットが撮影できます。

ページ全体を撮影したいページでスクリーンショットを撮影し、画面左下に現れるサムネイルをタップして開きます。スクリーンショット上部のタブで[フルページ]を選択して[完了]をタップしてください。続いて[PDFを“ファイル”に保存]をタップし、ファイルアプリ内での保存場所を選択すればOKです。

ただし、この方法で撮影したページ全体のスクリーンショットはPDFファイル形式でしか保存できません。画像ファイルとして保存するには、別途アプリを使用しての撮影が必要になります。

iPhoneで画面録画をする

iPhoneでは、画像として画面のスクリーンショットを撮影するだけでなく、動画として画面を録画する機能(スクリーンレコード)があります。自分のゲームプレイ画面などを動画として保存したいときに便利な機能です。

詳しい使い方は下記記事を参照してください。

iPhoneでスクリーンショットが「できない」ときの原因は?

iPhoneでスクリーンショットが撮影できないときに考えられる原因についてまとめました。

iPhoneの空きストレージ容量が不足している

iPhoneのストレージに空きがない状態だと、スクリーンショットを撮影しても保存ができません。ストレージに空きがない旨のメッセージが表示されたら、不要な写真や動画、アプリなどを削除してストレージの空きを増やすことをおすすめします。

ボタンに物理的な不具合が生じている

サイドボタンや音量アップボタン、またはホームボタンに物理的な不具合があると、スクリーンショットが撮影できない場合があります。

iPhone本体の交換修理に出すのが望ましいですが、応急的な処置としてAssistiveTouch背面タップを使えばスクリーンショットの撮影ができます。

Netflixなどの動画コンテンツは撮影できない

NetflixやAmazonプライムビデオといった動画配信サービスの多くは、動画コンテンツのスクリーンショットが撮影できないよう設定されています。実際にはスクリーンショットの撮影自体はできるものの、画面が暗転しコンテンツの内容が分からないような状態となります。

なお、スクリーンショットの暗転はアプリでの再生はもちろんのこと、ピクチャ・イン・ピクチャでの再生時にも適用されます。

検証バージョン
iPhone X
iOS
15.1
EDITED BY
TOKIWA