LINE「ビデオ通話」の使い方ガイド──通信量からエフェクト設定、映らない時の対処法まで

LINEでビデオ通話(無料)をする方法──

LINE(ライン)には「ビデオ通話」機能が備わっていますが、トークのおまけ程度と侮るなかれ。豊富なエフェクト・フィルターが利用できたり、最大200人でのグループビデオ通話や画面シェア機能が実装されたりと、専用アプリにも負けない充実した機能が揃います。

そこで本記事は、LINEビデオ通話のかけ方・受け方などの基本操作をはじめ、会話をより盛り上げる楽しい機能や知っていると便利な小技まで、使い方を詳しく解説します。

LINEビデオ通話の特徴と注意点

まずは、LINEのビデオ通話機能について、その特徴や注意点を説明します。

通話料は発生しないため実質無料で利用できる

LINEのビデオ通話は、電話回線ではなくインターネット回線を利用します。そのため、LINEの音声通話と同様、どれだけ長時間利用しても通話料がかからない実質的に「無料」の機能です。

通話料は発生しないため、実質無料

ただし、LTEなどモバイル通信を介した長時間のビデオ通話には、それなりのデータ通信量がかかります(詳しくは後述)。

使いすぎれば当然、携帯キャリアやMVNOによる通信速度制限を受ける可能性があるというわけです(契約プランごとに高速通信がおこなえる上限が決まっています)。

長時間のビデオ通話を頻繁に利用するユーザーは、通信速度制限の回避策として、お互いに自宅などの安定した通信環境のWi-Fiに接続してから、ビデオ通話を始めるべきでしょう。これは、通話品質を保つためにも有効といえます。

ビデオ通話の通信量は24時間で約2GBに達する

とはいえ、Wi-Fiがない状況でビデオ通話を利用したい場面も少なくないはず。そこで、「通信量チェッカー」というアプリを使用してビデオ通話の通信量を計測してみました。

Wi-Fiをオフにした状態で、5分間3回ずつビデオ通話をおこない、アプリで計測した通信量の平均を出してみました。

ビデオ通話の通信量は24時間で約2GB

結果、ビデオ通話の通信量の平均値は、約6.8MBとなりました。1時間通話した場合だと、単純計算で約81.6MBかかることになります。

これは、スマートフォンの契約プランが2GBだとすると、およそ24時間ビデオ通話をすると上限に達する計算です。ちなみに、音声だけのLINE通話では約151時間で2GBに達するので、ビデオ通話の通信量がいかに大きいか分かるでしょう。

最大200人グループでのビデオ通話もできる

グループトークや複数人トークのメンバーとのビデオ通話も無料で利用できます。同時接続は最大200人まで可能。PC版LINEを使えばテレビ電話のように利用できるので、会議などにも活用できるでしょう。

最大200人グループでのビデオ通話もできる 最大200人グループでのビデオ通話もできる

グループビデオ通話のかけ方は簡単。LINEのグループトークまたは複数人トーク画面上部にある電話ボタンをタップすると表示されるメニューから、[ビデオ通話]ボタンをタップするだけです。

友だちが電話に応答するごとに映像が画面上に表示され、グループビデオ通話がスタートします。通話中はエフェクトで感情を表現できたり、フィルター機能で画面の雰囲気を変えたりと、1対1でのビデオ通話とほぼ同じ機能が利用できます。

詳しい使い方や注意点などは、下記の記事を参照ください。

ビデオ通話を録画する機能はLINEにはない

LINEでビデオ通話中の画面を録画する機能は、LINEには実装されていません。

ただ、PhoneでもAndroidでもスクリーンを動画でキャプチャする方法はいくつか確立されているため、それらの手順をおこなえば、録画と同等のことができる可能性があります(音声は拾えない場合がある)。

LINEビデオ通話の基本の使い方

ここからは、iPhone版およびAndroid版LINEアプリにおけるビデオ通話の基本の使い方について、手順を追って紹介します。

ビデオ通話をかける(発信方法)

1対1でビデオ通話をする場合

ビデオ通話のかけ方(発信方法) ビデオ通話のかけ方(発信方法)

友だちリストからビデオ通話したい相手を選択し、ホーム画面で[ビデオ通話]ボタンをタップすればビデオ通話が発信します。

もしくは、トーク画面上部にある電話ボタンをタップすると表示されるメニューから、[ビデオ通話]ボタンをタップしてもOKです。

iOS版LINE コール中 Android版LINE コール中

左:iOS版LINE右:Android版LINE

コール中は、インカメラで自分側の映像が表示されます。カメラの角度などを確認しつつ、相手が応答するまで待ちましょう。

着信時の画面

相手が応答すると、メイン画面には相手の映像、サブ画面にはインカメラによる自分の映像が表示され、スピーカーで話せるようになります。また、サブ画面はデフォルトでは左上ですが、ドラッグして好きな場所へ移してもOKです。

相手が応答せず、自分も発信を止めなかった場合は一定時間の経過後に「応答がありません」という画面が表示されます。必要に応じて、再度発信するか、ボイスメッセージを残すか、終了するかを選択してください。

3人以上のグループでビデオ通話をする場合

グループビデオ通話

LINEのグループトークないし複数人トーク画面上部にある電話ボタンをタップするとメニューが表示されるので、ビデオ通話をタップします。

LINE グループビデオ通話 iOS LINE グループビデオ通話 Android

左:iOS版LINEの最大表示数は4人右:Android版LINEの最大表示数は6人

iOS版LINEでは5人、Android版LINEでは7人以上でグループビデオ通話をすると、移りきらない人は右側に丸いアイコンでプロフィール写真が表示されます。画面表示を入れ替えたい場合は、友だちのアイコンを長押しして、切り替えたい友だちの画面までスワイプしてください。

ビデオ通話に出る(着信時の応答方法)

1対1でビデオ通話をする場合

LINE 着信中の画面 LINE 着信中の画面

左:iOS版LINE右:Android版LINE

相手からビデオ通話の着信があると、着信音が鳴るとともに上のような画面に切り替わります(LINEを起動している・いないに限らず)。

Androidスマホの場合は、着信中にすでにインカメラが起動する仕組みです。今は顔を見せられない、映せる場所にいないといった状況で、カメラを起動せず音声だけで出たい場合は、[カメラをオフにする]を選択しましょう。

3人以上のグループでビデオ通話をする場合

グループ通話 着信

グループでのビデオ通話がかかってきたら、「グループビデオ通話が開始されました」とメッセージが届きます。このメッセージもしくは画面上部の[参加]ボタンをタップすると、グループのビデオ通話に参加できる仕組みです。

ただ、1対1のビデオ通話と違ってグループビデオ通話では、着信があっても着信画面に切り替わりません。さらに、着信音さえも鳴らない仕様です。このように、グループビデオ通話の着信にはかなり気づきにくいので、注意してください。

通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える

iOS版LINEの場合

iOS版LINEの画面 iOS版LINEの画面

iOS版LINEでは、ビデオ通話中に斜め矢印のアイコンをタップすると、ビデオ通話の画面が縮小します。通話を繋いだまま、同時にトークなどを使えるという便利な機能です。

縮小したビデオ通話画面は、好きな位置に移動でき、縮小画面をタップすると、再び全画面表示に戻れる仕組みになっています。

ただ、LINEアプリ以外の画面(ホーム画面や他のアプリ)を開くと、縮小したLINEビデオ通話画面が閉じて、相手に自分側の映像が届かなくなるので注意しましょう(音声通話のみ)。

Android版LINEの場合

Android版LINEの画面 Android版LINEの画面

Android版LINEの場合は、iOS版のような縮小アイコンはありません。その代わり、ホームボタンをタップすれば、ビデオ通話画面を縮小できます。

さらに、ビデオ通話を繋ぎながらLINE以外のアプリやホーム画面を操作することも可能です。全画面表示に戻る場合は、縮小したビデオ通話の画面をタップすればOKです。

カメラ・マイクをオフ(ミュート)に切り替える

カメラ・マイクのオンオフ切り替え カメラ・マイクのオンオフ切り替え

ビデオ通話中、画面の右下にあるビデオカメラボタン(1)をタップすると、自分のカメラがOFF(ミュート)になり、相手に映像が届かなくなります。また、マイクボタン(2)をタップすると、自分の音声が相手に届かなくなります。

両方オフにすると相手側には映像・音声ともに届かなくなるので、電話の保留機能のように、一時的に映像や音声を隠したい場合に利用するといいでしょう。

内カメラ/外カメラ、サブ画面/メイン画面の映像を切り替える

内外カメラを切り替える

画面の右上部にある切り替えボタンでは、リアカメラ(背面)とインカメラ(前面)の表示を切り替えられます。リアカメラの映像を届けられるので、自分の周囲の光景を相手に見せたい場合に便利でしょう。

メイン画面に映し出される映像を切り替える

このほか、サブ画面をタップすると、メイン画面に映し出される映像が相手から自分に切り替わります。

ビデオ通話の画面分割を変更する

1対1でビデオ通話をする場合

画面分割 画面分割

1対1のビデオ通話の場合、右上のメニューボタン[]から[分割画面で表示]をタップすると、上下に分割されたパターンに変更できます。

3人以上のグループでビデオ通話をする場合

LINE グループビデオ通話 画面分割する LINE グループビデオ通話 画面分割する

画面上部にあるレイアウトのアイコンをタップすると、画面分割が一人をフォーカスしたものに変更できます。下に表示される各参加者をタップすると、フォーカスする映像をほかのメンバーに入れ替えられる仕組みです。

LINEビデオ通話をもっと使いこなす方法

ここからは、ビデオ通話をより盛り上げる機能や、知っていると便利な小技などを紹介します。

色味補正からキラキラ加工まで約50種類が揃う「フィルター」機能

「フィルター」機能

iOS版LINEではビデオ通話の画面を左にスワイプ、Android版LINEではメニューボタン[]から[フィルター]を選択すると映像にフィルター一覧が表示されます。

用意されているフィルターは、約50種類。肌の色がきれいに見えるように調整できたり、セピア色やモノクロにしてクールなイメージにしたり、またキラキラ輝かせたりといった様々な効果を演出できます。

盛れる加工やおもしろ変身ができる「エフェクト」機能

「エフェクト」機能

ビデオ通話中に、画面下部の顔マークをタップすると、エフェクト一覧が表示されます。

好きなものを選びタップすると、ビデオ通話に映っている自分の顔やその周囲にエフェクトを効かせられます。相手側の画面には、エフェクトが適用された状態の自分の顔が写ります。

「エフェクト」機能 「エフェクト」機能 「エフェクト」機能

猫耳、うさ耳、ヒゲにサングラス、顔のおもしろ変形や背景を変えるものまで、写真アプリ「SNOW」並みのクオリティとラインナップが揃います。

美肌のエフェクトを使えば、肌や輪郭、血色などを自動で補正してくれるので、化粧前や寝起きで顔を見られたくないときにも便利です。

表情と連動する「キャラクターエフェクト」

「キャラクターエフェクト」 「キャラクターエフェクト」

前述したエフェクトのなかでも、赤枠でマークしているの5種類は「キャラクターエフェクト」と呼ばれる特殊なエフェクトです。カメラに向かって目をつむったり、舌を出したりすると、画面上のキャラクターも同じように表情が変化します。

自分の顔の表情に合わせて3Dのキャラクターや動物が動きながら、自分の声をしゃべる不思議なエフェクトで、ビデオ通話をさらに盛り上げることができるでしょう。

また、キャラクターエフェクトを使うと、顔だけでなく背景や服までも映らなくなります。服装がラフすぎたり、家が散らかっていたりといった、都合の悪い部分を隠す用途として使うのも便利です。

ビデオ通話で遊べる新感覚の顔ゲーム「Face Play」

「Face Play」

「Face Play」は、LINEのビデオ通話中に、顔の表情や動きを使って遊べるバトル形式のゲームです(iPad非対応)。2人以上はもちろん、1人でも楽しめます。

プレイできるゲームは全部で10種類で、いずれも無料。動画のように、キャラが画面に出現するタイミングで口を開けて、目からビームを発射してモンスターを倒すといった直感的に遊べるゲームが揃います。

「Face Play」

「Face Play」で遊ぶには、ビデオ通話中に表示されるコントローラー風のアイコンをタップ。すると画面下部にゲームの種類が表示されるので、好きなものを選択して[START]ボタンを押してください。相手側が[承諾]ボタンをタップし次第、ゲームを開始できます。

現状、Face Playは1対1のビデオ通話にのみ対応しており、グループビデオ通話では利用できません。

同じ画面を見ながらビデオ通話できる「画面シェア」機能

LINE グループビデオ通話 画面シェア

グループや複数人トークでのビデオ通話で、かつAndroid版LINEとPC版LINE(Windows/Mac)なら、同じ画面を見ながら会話できる「画面シェア」機能を利用できます。

言葉では伝えにくい位置情報などをリアルタイムで共有したり、テレビ会議中に資料を共有したりといった場合に便利な機能です。

LINE グループビデオ通話 画面シェア LINE グループビデオ通話 画面シェア

共有する側は、メニューボタンから[画面をシェアする]をタップするだけでOK。すぐに画面共有が開始され、右下にある停止ボタンを押すと、再びビデオ通話の画面に戻ります。

なお、共有中はスマホ操作のすべてがメンバーに見られる状態になります。ポップアップ通知や、パスワードなどの個人情報の公開には、くれぐれも注意してください。

LINE グループビデオ通話 画面シェア

PC版LINEのバージョン5.23.0以上なら、グループビデオ通話中にパソコン画面を共有できます。

PC版LINEでグループビデオ通話中、画面左下にあるシェアボタンをクリックし共有したい画面を選択すると、自分のパソコン画面がグループメンバーに共有されます。パソコンで共有された画面は、スマホ版LINEで受け取ることも可能です。

ビデオ通話ができない・映らない原因と対処法

ここからは、ビデオ通話ができない・映らないといったトラブルが発生したときの原因と対処法を解説します。

端末のアクセス権限や通話の着信許可の設定

そもそも、端末側でLINEアプリに対してカメラやマイクなどへのアクセス権限を許可していないと、ビデオ通話の機能自体が利用できません。

LINE 着信許可設定

設定ボタン[]から[通話]に進んだところに[通話の着信許可]の項目がある

また、「通話の許可がOFFになっているため、応答できません」というメッセージがトークに表示されている場合は、LINEアプリで「通話の着信許可」の設定がオフであることが原因です。

音声通話もビデオ通話も、発生するエラーやトラブルの原因は基本的に同様のものと考えられます。以下の記事では、音声通話ができない場合の原因と対処法について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

カメラやマイクがオフ(ミュート)になっている

カメラ・マイクのオンオフ切り替え カメラ・マイクのオンオフ切り替え

前述したように、ビデオ通話中、画面の右下にあるビデオカメラボタン(1)やマイクボタン(2)をタップすると、カメラやマイクがオフ(ミュート)になり、こちらの音声や映像が相手に届かなくなります。

また、逆に相手のカメラやマイクがミュート状態だと、相手の映像や音声が一切届きません。

ミュート状態では、音声だけでなくノイズや環境音なども一切聞こえなくなります。通話中に不自然なほど静かになったら、相手がなにかの拍子にミュートボタンに触れてしまったことが考えられるでしょう。

エフェクト・フィルターが利用できない端末

LINEのヘルプセンターによると、ビデオ通話のエフェクトとフィルターは、以下の条件を満たす環境のみで利用できると案内されています。PC版LINEでもビデオ通話自体はできますが、残念ながらフィルター・エフェクト機能は利用できません。

Android:Android 4.4以上の端末で、LINEバージョン6.8.0以上(一部の端末では利用できません)
iOS:iPhone6以上、iPad Air以上、iPad mini4以上の端末で、LINEバージョン6.8.0以上

アプリやOSのバージョンが古すぎる場合は、アップデートをおこなうことで使えるようになるかもしれません。ただ、Androidの一部端末ではOSのバージョンなどに関わらずエフェクト・フィルターを利用できないようです。

通信環境やアプリの不具合など

電波 イメージ

LINEの通話はインターネット回線を利用しているため、周囲の環境によっては映像が途切れたり、音声が聞こえなくなってしまうといった現象が発生します。

また、Wi-Fi接続で通話をしていても安心はできません。古いWi-Fiルーターや、多数の人が接続する公共のWi-Fiなどに接続していると、電波が強いような表示が出ていても実際には通信速度が遅いというケースがあります。

調子が悪いと感じたら、安定したWi-Fi環境に接続したり、場所を変えたりなどして再度試してみましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.2.1、Android版10.3.2

EDITED BY MOEGI