インスタグラムで「ブロック」したら/されたらどうなる? 確認方法や相手にバレるかなど全解説

インスタグラムで「ブロック」したら/されたらどうなる? 確認方法や相手にバレるかなど全解説

LINEやTwitter、Facebookなどと同様に、Instagramにも「ブロック」機能があります。相手からの嫌がらせなど迷惑行為を避けるため、ブロックはSNSの必須機能です。

本記事では、インスタグラムにおけるブロックがDM・いいね・コメント・フォロー等にどのような影響を及ぼすのか解説します。ブロック“された側”と“した側”のそれぞれで注意すべき点や、通知や相手にバレるのかといったよくある疑問と答えについてもまとめています。

目次

インスタグラムの「ブロック」の意味とやり方

インスタグラムにおける「ブロック」とは、何のために用意されている機能なのでしょうか。また、実際に相手をブロックする方法について簡単に解説します。

インスタの「ブロック」とは?

インスタグラムのブロックは、自分の投稿した写真や動画を相手に見られなくするためのもので、フォローとは関係なく、どのユーザーに対しても実行できます。ブロック自体は簡単にでき、後で解除することも可能です。ブロックしたことが相手に通知されることもありません。

ブロックは、投稿の閲覧だけでなくインスタ上でのやりとりに関しても制限が設けられます。そのため、繰り返しDMやフォローリクエストを送ってきたり、自分の投稿に中傷などのコメントを付けてきたりと、迷惑なユーザーに悩まされている場合はブロックを使ったシャットアウトを検討しましょう。

相手をブロックする方法

インスタグラムの「ブロック」の意味とやり方 インスタグラムの「ブロック」の意味とやり方

ブロック方法は難しくありません。相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[ブロック]を選択後、もう一度[ブロック]をタップすればOKです。

同じ手順で相手のプロフィール画面から「ブロック解除」がおこなえますが、解除後は元のフォロワー関係に戻るわけではありません。詳しくは後述しています。

ブロック「されると」起こる6つの現象

インスタグラムでブロックされた側に生じる、主な現象を見ていきましょう。ブロックされている可能性がある場合、以下の挙動がないかどうかを確認してみてください。

1. 相手のプロフィールが表示できない

相手のプロフィールが表示できない

名前検索やダイレクトメッセージのやりとりから相手のプロフィールページへ遷移すると、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまいます。

このとき、相手のプロフィール画像や紹介文、[フォローする]ボタンなど、アカウントの一部が表示されていることから、アカウント自体は存在していることが判明。ブロックされていることが確定的となるわけです。

相手のプロフィールが表示できない

[フォローする]はタップできますが、何度押しても「リクエスト済み」にはならず、[フォローする]に戻ってしまいます。

2. 相手のストーリー・投稿が非表示になる

ブロックされると、前述のようにプロフィールが表示できなくなります。これまでのフィード投稿やストーリーハイライトも非表示になるため、相手の投稿がすべて閲覧できなくなります。

フィード画面上部のストーリーリングに、相手のストーリーが反映されることもありません。

3. DMで送ったメッセージに既読が付かない

DMに既読がつかない

インスタのDMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能があります。「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。

ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないため、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。

4. DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されてしまいます。

単純に該当の投稿を相手が削除しただけならば、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、ブロックではないことがわかります。

5. 自分の投稿に相手をタグ付け(メンション)できない

タグ付けできない

自分の投稿に相手をタグ付けしようとしても「一致するユーザーがいません」と表示されてしまうため、タグ付けできません。アカウント名が間違っていないのであれば、ブロックがほぼ確定していると考えてよいでしょう。

自分の投稿に相手をタグ付けできないのはなぜ?

相手がブロックしているわけではなく、タグ付けを全員に対して不許可に設定している場合は、タグ付けしようとすると「タグ付けはできません」と表示されます。

6. ビデオチャット(通話)で発信できない

インスタグラムのDMには、LINEのビデオ通話やiPhoneのFaceTimeと同じように、無料でビデオチャットができる機能があります(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイルデータ通信量を消費します)。

6.ビデオチャット(通話)で発信できない 6.ビデオチャット(通話)で発信できない

相手とのトークスレッド内右上にあるビデオアイコンを押すと、すぐにビデオチャットが発信されるのですが、ブロックされていると「ビデオチャットを開始できませんでした」とすぐに表示されてしまいます。

自分の通信環境が悪い場合を除き、発信後すぐに上のような画面に切り替わるなら、ブロックされている以外の要因は考えにくいでしょう。

ブロック「された」側によくある疑問と答え

インスタグラムには、相手をブロックしなくてもストーリーや投稿の閲覧、DMの受信を拒む方法が存在します。ブロックされている可能性は低いのに、投稿が見られなかったり、コメントへの返事がなかったりする場合について、考えられる要因をまとめました。

相手のストーリーが表示されない理由は?

相手のプロフィール画面は表示できるし、DMでもメッセージの送受信は可能。けれども、なぜか相手のストーリーが自分に表示されていない場合、おもに2つの原因が考えられます。

一つは、相手の「親しい友だちリスト」にあなたが入っていないケースです。

相手のストーリーが表示されない理由は? 相手のストーリーが表示されない理由は?

ストーリーの公開範囲は、フォロワー全員にするか、投稿主が決めた「親しい友達」にするか選択できるようになっています。この「親しい友達」にあなたが含まれていないなら、ブロックの有無にかかわらずストーリーが表示されません。

もう一つは、ストーリーの非表示設定です。“ストーリーだけ特定の閲覧者をブロックする機能”とも言い換えられるでしょう。

相手のストーリーが表示されない理由は? 相手のストーリーが表示されない理由は?

[この人にストーリーズを表示しない]を選択されてしまうと、それが解除されるまで相手のストーリーはあなたに表示されなくなります。

ブロックされていないのにDMのメッセージに既読が付かない

実は、ブロック以外にもDMの受信を拒否する機能が存在します。「アカウントの制限」です。

アカウントの制限 アカウントの制限

アカウントの制限が設定されてしまうと、送信したメッセージはすべて相手の[メッセージリクエスト]に移動してしまいます。メッセージの通知がロック画面・ホーム画面やアクティビティに届くこともありません。

相手がアカウントの制限を解除しない限り、あなたとのDMは再開できない仕組みになっているのです。

相手のフィード投稿にコメント欄がない/コメントが無視されている?

コメントのブロック/オフ

相手のフィード投稿にコメント欄が見当たらないことがあります。これは、相手がその投稿に対して[コメントをオフにする]を設定しているのが原因です。あなたを含むすべての人に対し、その投稿にコメントできないようにする設定です。

コメントのブロック/オフ

コメントしたのにもかかわらず、それに対して相手から反応がまったくない場合は、「コメントブロック」の可能性が出てくるでしょう。

インスタグラムのフィード投稿では、特定の相手からのコメントを表示させないブロック機能があります。あなたがコメントしたとしても、それが相手や第三者に対して非表示になる機能です。

自分の投稿に相手をタグ付けできないのはなぜ?

第三者からの投稿への「タグ付け」は、事前に許可・不許可を設定可能です。ブロックされていないのにタグ付けできないならば、相手がタグ付けの不許可設定を実行していると考えられます。

自分の投稿に相手をタグ付けできないのはなぜ? 自分の投稿に相手をタグ付けできないのはなぜ?

相手がタグ付けを許可する相手を[誰にも許可しない]を選択しているならば、あなたがタグ付けしようとしても「タグ付けはできません」と表示されてしまいます。

ブロック「すると」起こる4つの現象

インスタグラムでは、ブロックした側にもいくつかの変化が生じます。ブロックした相手のプロフィールや投稿などが非表示になる一方、一部では自分と相手との接点が残るケースもあります。

1. 相手のプロフィール画面がほぼ非表示になる

ブロック後は相手のプロフィール画面がほぼ非表示になる

ブロックしても、名前検索で相手のプロフィールページに飛べます。しかし相手のプロフィールには、これまでの投稿やストーリーハイライト、フォロー数などが表示されません。

[ブロックを解除]から簡単にブロックを解くことができますが、再度フォローする必要があるため注意してください。

2. 相手のストーリー・投稿が見られなくなる

フィードに流れてくる相手の投稿やストーリーズも消えます。前述のように相手のプロフィール画面でも表示されないため、ブロックを解除しない限り、相手の投稿は見られません。

3. 相手からのいいねやコメントが自分の投稿から消える

相手からのいいねやコメントが自分の投稿からなくなる 相手からのいいねやコメントが自分の投稿からなくなる

ブロックしたユーザーからのいいね!やコメントは、タイムラインやアクティビティから削除されます。

4. DMでメッセージの送受信/ビデオチャットができない(グループスレッドは例外)

相手とのDMでは、メッセージの送受信ができない 相手とのDMでは、メッセージの送受信ができない

ブロックしても、DMのスレッド一覧には相手とのスレッドが残ったままです。しかしスレッドを開くと、一番下に「○○さんをブロックしました」と表示され、メッセージ入力欄が消えています。ビデオチャット用のボタンもブロック後は消えてしまうため、こちらからの発信は不可能です。

スレッド内の画面下に表示された[チャットを削除]をタップすれば相手とのスレッドを消すことが可能で、ブロック中に相手から送られたメッセージは受信しません。ただし、ブロック済みの相手が含まれる”グループ(複数人)スレッド”では、メッセージのやりとりができてしまいます。詳しくは後述しています。

ブロック「する」側が注意すべき点

ブロックをする上で気になるのが「相手にバレるのか」「完全にブロックはできているのか」といったことでしょう。ここでは、インスタグラムにおけるブロックに関して注意すべき点や、知っておきたい知識などを集めました。

インスタのブロックはバレる可能性が高い

相手のプロフィールが表示できない

ブロックしたユーザーのプロフィール画面は、ブロックされている側には「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。

Instagramアカウントの完全な削除」とは異なり、プロフィールアイコンや[フォローする]ボタンなど一部は残ったまま相手に表示されてしまうため、ブロックしたことがバレる可能性は高いでしょう。

ブロックの解除だけではフォロー関係に戻れない

ブロックの解除だけではフォロー関係に戻れない

ブロックの解除は相手のプロフィール画面から簡単におこなえます。ただし、ブロックを解除したことでフォロー関係が元に戻るわけではないので注意してください。

ブロック前の状態に戻るためには相手にフォロー申請する必要がありますが、申請した瞬間に相手に通知が届きます。その通知から、相手をブロックしてしまったことがバレてしまうのです。

グループ(複数人)スレッド内では相手とやりとりができてしまう

DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう

DMのグループスレッドではブロックの有無にかかわらず、メッセージのやりとりができてしまいます。

グループスレッドをタップすると「このグループにはあなたがブロックしている人がいます」と注意喚起されますが、この画面でグループスレッドを削除したり退出したりはできません。

DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう

ブロックした相手がグループスレッドであなた宛てにメッセージを送ってくる可能性もあります。それを避けるには、グループスレッドからの退出が有効です。

具体的には、グループスレッドをタップしてトーク右上の[i]マークから、一番下にある[チャットを退出]を選択すればOK。退出と同時にグループスレッドも一覧から消えます。

ブロック後はアカウントを非公開設定(鍵垢)にしておくべき

いくらブロックしたところで、スマホやPCのブラウザ(SafariやChromeなど)からログインせずInstagram(ウェブ版)にアクセスした場合、誰からも投稿を見られてしまいます。投稿内容を絶対に見られたくないなら、「非公開設定」にすることをおすすめします。

非公開アカウントにすると、自分が承認したユーザーだけに投稿を見せることができます。非公開設定の手順は以下の通りです。

ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から設定ボタン[]をタップします。

ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ

[アカウントのプライバシー設定]へ進み、非公開アカウントを[オン]にすればOKです。非公開設定にすることにより、ウェブ版Instagramから検索されたとしてもアカウントがヒットすることはなくなります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版バージョン139.1.0.39.120 、Android版バージョン138.0.0.28.117

EDITED BY BOTAN