【インスタグラム】ブロックしたら/されたらどうなる? 確認方法まとめ

【インスタグラム】ブロックしたら/されたらどうなる?

LINEやTwitter、Facebookなどと同様に、Instagramにも「ブロック」機能があります。嫌がらせやいじめを避けるため、ブロックはSNSの必須機能です。ところが、インスタグラムで相手をブロックしたら、あるいは自分がブロックされたらどうなるのか、通知や表示でバレないのかといったことはあまり知られていません。

本記事では、インスタグラムにおけるブロックがダイレクトメッセージ(DM)・いいね・コメント・フォロー等にどのような影響が及ぼすのかについて解説します。インスタでブロックされたかもしれない、というときの確認方法としても有用です。

インスタグラムにおける「ブロック」とは

インスタグラムにおける「ブロック」とは

インスタグラムのブロックは、基本的に自分の投稿した写真や動画を相手に見られなくするためのものです。自分をフォローしている相手にも、フォローされていない相手に対しても実行できます。ブロック自体は簡単におこなえますし、後で解除することも可能です。ブロックしたことが相手に通知されることもありません。

投稿の閲覧だけでなく、やりとりに関してもに制限が設けられるため、繰り返しダイレクトメッセージやフォローリクエストを送ってきたり、自分の投稿に中傷などのコメントを付けてきたりと、迷惑なユーザーに悩まされている場合はブロックを使ったシャットアウトを検討しましょう。

インスタでブロック「されると」どうなる?

インスタグラムでブロックされると生じる現象を解説していきます。ブロックされている可能性がある場合、以下の挙動がないかどうかを確認してみてください。

DMに既読がつかない

DMに既読がつかない

インスタのDMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能があります。「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。

ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないため、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。

DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる

ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されてしまいます。

単純に該当の投稿を相手が削除しただけならば、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、ブロックではないことがわかります。

相手のプロフィールが表示できない

相手のプロフィールが表示できない

名前検索やダイレクトメッセージのやりとりから相手のプロフィールページへ遷移すると、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまいます。

このとき、相手のプロフィール画像や紹介文、[フォローする]ボタンなど、アカウントの一部が表示されていることから、アカウント自体は存在していることが判明。ブロックされていることが確定的となるわけです。

相手のプロフィールが表示できない

[フォローする]はタップできますが、何度押しても「リクエスト済み」にはならず、[フォローする]に戻ってしまいます。

相手のストーリー・投稿が非表示になる

ブロックされると、前述のようにプロフィールが表示できなくなります。これまでのフィード投稿やストーリーハイライトも非表示になるため、相手の投稿がすべて閲覧できなくなります。

フィード画面上部のストーリーリングに、相手のストーリーが反映されることもありません。

自分の投稿に相手をタグ付け(メンション)できない

自分の投稿に相手をタグ付け(メンション)できない

投稿前の編集画面であれば、ブロックされている相手をタグ付け(メンション)できます。

自分の投稿に相手をタグ付け(メンション)できない

ところが投稿後に確認すると、相手のタグが投稿に反映されません。その場合、残念ながらブロックされていると認識していいでしょう。

インスタでブロック「すると」どうなる?

インスタグラムでは、ブロックした側にもいくつかの変化があります。ブロックした相手のプロフィールや投稿などが非表示になる一方、一部では自分と相手との接点が残るケースもあります。

ブロック後は相手のプロフィール画面がほぼ非表示になる

ブロック後は相手のプロフィール画面がほぼ非表示になる

ブロックしても、名前検索で相手のプロフィールページへ飛べます。しかし、相手のプロフィールには、これまでの投稿やストーリーハイライト、フォロー数などが表示されません。

[ブロックを解除]から簡単にブロックを解くことができますが、再度フォローする必要があるため注意してください。

相手のストーリー・投稿が非表示になる

フィードに流れてくる相手の投稿やストーリーズも消えます。ブロックを解除しない限り、相手の投稿は見られません。

相手からのいいねやコメントが自分の投稿からなくなる

相手からのいいねやコメントが自分の投稿からなくなる 相手からのいいねやコメントが自分の投稿からなくなる

ブロックしたユーザーからの「いいね!」やコメントは、タイムラインやアクティビティから削除されます。

相手とのDMではメッセージの送受信ができない

相手とのDMでは、メッセージの送受信ができない 相手とのDMでは、メッセージの送受信ができない

ブロックしても、DMのスレッド一覧には相手とのスレッドが残ったままです。しかしスレッドを開くと、一番下に「◯◯さんをブロックしました」と表示され、メッセージ入力欄が消えています。[チャットを削除]をタップすれば、相手とのスレッドを消すことが可能です。

「ブロック」はDMのやりとりにも制限が設けられるため、ブロック中に相手から送られたメッセージは受信しません。

DMのグループスレッドではブロックした相手ともやりとりができてしまう

DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう

DMのグループスレッドではブロックの有無にかかわらず、メッセージのやりとりができてします。

グループスレッドをタップすると「このグループには、あなたがブロックしている人がいます」と注意喚起されますが、この画面でグループスレッドを削除したり退出したりはできません。

DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう DMのグループ内ではブロックした相手ともやり取りができてしまう

ブロックした相手がグループスレッドであなた宛てにメッセージを送ってくる可能性もあります。それを避けるには、グループスレッドからの退出が有効です。

グループスレッドをタップしてトーク右上の[i]マークから、一番下にある[チャットを退出]を選択すればOKです。退出と同時にグループスレッドも一覧から消えます。

ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ

いくらブロックしたところで、スマホやPCのブラウザ(SafariやChromeなど)からログインせずInstagram(ウェブ版)にアクセスした場合、誰からも投稿を見られてしまいます。投稿内容を絶対に見られたくないような時は、「非公開設定」にすることをおすすめします。

非公開アカウントにすると、自分が承認したユーザーだけに投稿を見せることができます。非公開設定の手順は以下の通りです。

ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から設定ボタン[]をタップします。

ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ ブロック後はアカウントを「非公開設定」にするのがおすすめ

[アカウントのプライバシー設定]へ進み、非公開アカウントを[オン]にすればOKです。非公開設定にすることで、ブラウザから検索されたとしてもアカウントがヒットすることはなくなります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版バージョン116.0.0.24.361 、Android版バージョン116.0.0.34.121

EDITED BY BOTAN