インスタグラムでログアウトする方法、できない・消えない場合の対処法も

インスタグラムでログアウトする方法と注意点

多くの人がそうであるように、インスタグラムではログアウトをせず、ログイン状態を保持したままでも、直接的に問題はありません。

ただし、セキュリティ面を考えると、ログアウトが必要なケースがあるのも確かです。そこで本記事では、インスタグラムにおけるログアウトの効果について説明した上で、実際にログアウトする手順を紹介します。

また、Instagramからログアウトしたにもかかわらず、勝手にログインされていたり、ログイン情報が消えなかったりする場合の対処法も解説しているので参考にしてください。

インスタグラムにおける「ログアウト」の意味・効果とは?

まずは、インスタグラムでログアウトが必要なのはどのようなケースなのか、またログアウトにはどのような効果があるのかを解説します。

アカウントの乗っ取りや覗き見を防ぐのに有効

インスタグラムでは、一度アカウントにログインしたらログアウトしない限り、その端末ではずっとログイン状態が保持されます。

インスタグラムにおける「ログアウト」の意味・効果とは?

つまり、共有のパソコンやタブレットなどで自身のアカウントにログインしたまま放置しておくと、第三者が簡単にインスタのデータや個人情報にアクセスできてしまうといわけです。こうした事態を避けるためにも、共有端末でインスタグラムを扱う際は、必ず毎回ログアウトをしてください。

また、自分専用のスマホやPCだけでインスタグラムを使っている場合でも、身近な家族や恋人に覗き見られてしまう可能性があるので絶対に安心とはいえません。ログアウト自体は簡単にできるので、心配な人は毎回ログアウトをするといいでしょう。

ログアウトしてもアカウントやデータが消えることはない

ログアウトは単に「退室」のようなものであり、アカウント情報やフォロー・フォロワー数、フィード投稿などのデータ自体は、サーバーに保存されたまま消えることはありません。

インスタグラムアプリ アンインストール

再びログインすれば、アカウントを継続して利用できます。また、ログアウト中でもフォロワーはフィード投稿やストーリーなどを通常通り閲覧できる仕組みです。

もし「インスタグラムから一時的に離れたい」というのであれば、一定期間だけインスタグラム上からアカウントの存在を消すことができる「一時停止」機能の利用をおすすめします。詳しい解説や使い方などは以下の記事を参照してください。

アカウントの切り換えにログアウトは必要ない

インスタグラムでは、メインのアカウントのほかに最大4つのサブアカウントを追加できるようになっています。

インスタ アカウントの切り替え

これらアカウントの切り替えは、アプリのプロフィール画面からワンタップでおこなえる仕組みです。LINEなどのように、いちいちログアウトとログインを繰り返す必要はありません。

インスタグラムの英語表記トラブルを直せる可能性も

インスタグラムでは、まれにプロフィール画面や設定画面、ボタンや項目などが急に英語表記になってしまうバグが発生します。通常は、以下の記事で解説しているようにInstagramアプリ内の設定から言語を日本語に指定すれば直るはずです。

しかし、それでも日本語にならない場合は、一度インスタグラムアカウントからログアウトし、再度ログインをおこなうことで言語表示の切り替えが正常になる可能性があるようです。もし同様の状況になったら、試してみてください。

インスタグラムでログアウトする3つの方法

ここからは、実際にログアウトする手順を紹介します。

なお、基本的に一度ログアウトしてしまうと、再びインスタグラムを利用する際にはログインが必要になります。 ログインには以下の情報が必要になるので、事前に確認しておくと安心でしょう。

  • ユーザーネーム/電話番号/メールアドレスのいずれか
  • パスワード

パスワードなどを忘れてログインできなくなってしまった場合は、以下の記事を参照してください。

スマホ版アプリからログアウトの操作をする

アプリからログアウトの操作をする アプリからログアウトの操作をする

ログアウトの方法はかんたん。プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[設定]をタップ。設定メニューのなかから、[〇〇をログアウト]をタップしてください。

最後に、確認メッセージで[ログアウト]を押せば、ログイン中のアカウントからのログアウトは完了です。

ブラウザ版Instagramからログアウトの操作をする

インスタグラムはスマホ版アプリだけでなく、SafariやChromeといったWebブラウザからアクセスしての利用も可能です。

ブラウザ版インスタグラム ブラウザ版インスタグラム

ブラウザ版インスタグラムからログアウトするには、プロフィール画面左上の設定ボタン[]をタップ。メニューのなかから[ログアウト]を選択してください。

最後に、確認メッセージで[ログアウト]をタップすればブラウザ版インスタグラムのログアウトは完了です。

スマホ版アプリをアンインストール(削除)する

スマホ版Instagramアプリをアンインストールすると、すべてのデータが消えてしまうと思いがち。しかし実のところ、アプリのアンインストールはログアウトと同様の効果しかありません。

インスタグラムアプリ アンインストール

先に述べたように、インスタグラムのデータはすべてサーバーに保存されているので、アプリを削除したところでデータが消えることはないのです。

アンインストール後、再びApp StoreやGoogle Playからアプリをインストールすると、ログイン画面が表示されます。ここで正しいログイン情報を入力すれば、引き続き自身のアカウントを利用できます。

もし「インスタグラムをやめたい」「退会したい」という意思があるなら、アカウントの削除をするほかありません。以下の記事を参考に検討してみてください。

ログアウトできない・ログイン情報が消えない場合の対処法

セキュリティ上の理由でログアウトする場合は、前述のログアウト操作だけでは不十分なケースがあります。

アカウントログイン

ログイン情報がアプリに記録されているため、[ログイン]ボタンを押すだけでログインできる

というのも、ログイン情報が記録されている場合、ログアウトしても次にログインする際にパスワード入力が求められず、[ログイン]ボタンを押すだけでアカウントにアクセスできてしまうのです。

これでは、ログアウトの意味を成しません。ログアウト後にパスワードの入力画面を表示させるためには、アプリ側の設定で「ログイン情報の保存」設定を解除しておくことが大切となります。

ログイン情報の削除 ログイン情報の削除

ログアウトと同し手順でプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[設定]をタップ。[セキュリティ]→[ログイン情報を保存]の順に進んでください。

最後に、「ログイン情報を保存」のスイッチをオフに切り替え、確認メッセージで[削除]をタップすれば完了です。

ブラウザ版インスタグラム ログイン情報の保存

また、SafariやChromeといったブラウザからウェブ版Instagramへアクセスする場合も、ログイン情報の保存に注意してください。

ログイン時に「情報を保存」を選択してしまうと、次から同じ端末の同じブラウザでインスタグラムにアクセスするだけでログインできてしまいます。

Safariの履歴削除 GoogleChromeの履歴削除

また、ブラウザにはID、メールアドレス、パスワードなどの情報を記憶する機能があり、これらにも注意が必要です。共有パソコンやタブレットでインスタグラムにアクセスする場合は、なるべくシークレットモードで利用するか、使用後に必ず閲覧履歴データを削除しておきましょう。

Safariを利用している場合は、設定アプリ→[Safari]→[履歴とWebサイトデータを削除]の順にタップすればOK。Chromeはメニューボタン[]→[履歴]→[閲覧履歴データを削除]→[データを削除]の順にタップしましょう。

検証したInstagramのバージョン:iOS版133.0.0.20.118、Android版133.0.0.32.120

EDITED BY MOEGI