【インスタグラム】非公開アカウント(鍵アカ)にするとどうなる? フォローや検索・DMなどへの影響を解説

【インスタグラム】非公開アカウント(鍵アカ)にするとどうなる? フォローや検索・DMなどへの影響を解説

Instagramでときどき見かける「非公開アカウント」。"鍵アカ"とも呼ばれる非公開アカウントは、友だち以外とつながりたくなかったり、できるだけ安全にインスタグラムを使いたかったりする場合に便利な機能です。

本記事では、インスタで非公開アカウントに設定したとき、フォロワー以外のユーザー(第三者)に対してどこまで非公開になるのかについて解説します。また、自分の行動(いいね!、コメント、タグ付け、ストーリー閲覧など)が通知等で第三者にバレたり、履歴として残ったりするのかどうかも検証します。

インスタグラムにおける非公開アカウントとは?

インスタグラムの非公開アカウントとは、フォロワー以外のユーザー(本記事では便宜的に「第三者」と呼びます)に自分の投稿などを見られないようにするアカウント設定。Twitterの鍵アカウントなどと似た機能です。

Instagram:非公開アカウント

非公開のInstagramアカウントのプロフィール画面。フォロワー以外の第三者に「このアカウントは非公開です」と表示される

インスタグラムは写真や動画を共有する場であるため、自分や友人の顔、訪れた場所など、文字だけのSNSよりも多くの個人情報が公開されることになりがち。見知らぬ誰かにすべての投稿を閲覧されたくないのであれば、アカウントを非公開アカウントに設定することをおすすめします。

特定の投稿だけを非公開にしたいのであれば、アカウントを非公開化するまでもありません。投稿ごとに非公開化できる「アーカイブ」機能が用意されているからです(複数の写真を一括投稿している場合、1投稿内の写真を写真ごとに非公開にはできません)。詳しくは下記記事で解説しています。

非公開設定がフォロワー以外の第三者(相手)に及ぼす効果

インスタで非公開アカウント(鍵アカ)にすると、フォロワー以外のユーザー(第三者)に対して以下4つの場面で影響が及びます。

プロフィールの検索とフォロー

プロフィール検索はできるが、フォローには申請と承認が必要になる

第三者は、非公開アカウントをピープル(ユーザー)検索によって検索できます。検索結果では、非公開アカウントであってもIDや名前、プロフィール写真が表示されます。

このピープル検索などから、第三者は非公開アカウントのプロフィール画面に移動できるため、プロフィール画面自体は閲覧できるわけです。

プロフィール検索はできるが、フォローには申請と承認が必要になる プロフィール検索はできるが、フォローには申請と承認が必要になる

ただし、非公開アカウントにすると、当該アカウントのフォローは承認制になります。

第三者が非公開アカウントのプロフィール画面などで[フォローする]をタップすると、非公開アカウントに対してフォローリクエストが届く仕組みです。非公開アカウント側では、届けられたフォローリクエストの[承認](OK)または[削除]を選択できます。

ちなみに、フォローリクエストに対して[削除]を選んでも、第三者は再度フォローを申請できます。非公開アカウント側としては、どうしても第三者にフォローされたくなかったり、申請がしつこいと感じたりするのであれば、ブロックという手段で対抗することを検討するとよいでしょう。

フィード投稿・ストーリー・ハイライト・IGTVの閲覧

フォロワー以外の第三者は、非公開アカウントによる写真・動画の一般投稿を閲覧できません。

フィード投稿・ストーリー・ハイライト・IGTVの閲覧はできなくなる フィード投稿・ストーリー・ハイライト・IGTVの閲覧はできなくなる

左:公開アカウント右:非公開アカウント

非公開アカウントのプロフィール画面では、フィード投稿・ストーリー・ストーリーハイライト・IGTV・タグ付けされた投稿といったあらゆる写真・動画が非表示になります。

フィード投稿・ストーリー・ハイライト・IGTVの閲覧はできなくなる フィード投稿・ストーリー・ハイライト・IGTVの閲覧はできなくなる

投稿のURLから(ウェブ版インスタグラム上)であっても、投稿は閲覧できません。上の左画像では、LINEのトーク内で投稿のURLをシェアしていますが、このURLを開こうとすると「このページはご利用いただけません。」と表示されてしまいます。

一切の投稿が第三者に非公開であるとはいえ、IDや名前、プロフィール写真が公開される点は、非公開アカウント側が気をつけるべきところ。本名や顔写真をプロフィールに使っていると、個人が特定されかねません。IDや名前、プロフィール写真の設定は、よく吟味する必要があるでしょう。

DM(ダイレクトメッセージ)の送受信

非公開設定はダイレクトメッセージの送受信にとくに影響しません。そのため、第三者は、非公開アカウントとダイレクトメッセージの送受信をおこなえます。

DM(ダイレクトメッセージ)の送受信はできる DM(ダイレクトメッセージ)の送受信はできる

非公開アカウントのプロフィールページ右上にあるメニューボタン[]から[メッセージを送信]をタップすると、DM画面へ遷移します。ここでメッセージのやり取りが可能です。

投稿へのタグ付け

投稿に非公開アカウントをタグ付けできる

第三者は、投稿に非公開アカウントをタグ付けすることができ、誰でもそのタグを見られます。つまり、非公開設定にしたとしても、タグ付けされないようにすることは不可能ということです。

投稿に非公開アカウントをタグ付けできる 投稿に非公開アカウントをタグ付けできる

とはいえ、投稿のタグから非公開アカウントのプロフィールページへ遷移しても、フォロワーでない限り当該アカウントのプロフィール上に投稿は一切表示されません。

フォロー関係の数字もタップできなくなっており、どんな人と繋がっているのか、どんなハッシュタグをフォローしているのかが分からないようになっています。

非公開アカウントでも第三者側に通知や履歴は残るのか

非公開アカウント(鍵アカ)であっても、自分の行動で何らかの通知が届いたり履歴が残ったりするのか否か、以下の3つの場面で検証します(ここでは「第三者が公開アカウント」という前提で解説しています)。

ストーリーの閲覧

非公開アカウントであっても、第三者のストーリーを見たときには閲覧履歴(いわゆる"足跡")がしっかり残ってしまいます。ただし、第三者も同じく非公開アカウントであれば、ストーリーの閲覧はお互いに不可能です。

ストーリー閲覧履歴は残る

相手側(第三者側)に閲覧履歴が残る

ストーリーの閲覧履歴は、ストーリーが投稿されてから24時間に限り表示される仕組みなので、ハイライトの閲覧でも足跡がつく可能性があります。とはいえ、投稿後24時間が過ぎると閲覧履歴はなくなり、閲覧数だけが投稿主に表示されるようになります。

なお、ストーリー投稿の閲覧履歴は、ストーリーを投稿したユーザー自身だけが確認できます。

第三者の投稿へのいいね・コメント

第三者の投稿へのいいね・コメントは通知される 第三者の投稿へのいいね・コメントは通知される

いいね・コメントが第三者に通知される

非公開アカウントが第三者の投稿にいいね!やコメントを付けると、投稿した第三者に通知されます。

また、誰かの投稿に付けられているいいね!数やコメント数をタップすると、誰であっても非公開アカウントの行動を確認できてしまいます。つまり、いいね!とコメントは常に公開されているということです。

投稿へのタグ付け

非公開アカウントが自分の投稿した写真に第三者をタグ付けしても、タグ付けされた第三者にタグ付けの事実は通知されません。

また、第三者側の「タグ一覧」画面に非公開アカウントによる投稿写真は表示されません。したがって、第三者は非公開アカウントからタグ付けされた事実を感知できないのです。

非公開アカウントの投稿でも「見る」方法はある?

Instagramには、Facebookのシェア機能やTwitterのリツイート機能のように、投稿を共有する機能はありません。

しかし、投稿をスクリーンショットで撮影し、そのスクリーンショット画像を投稿してしまえば、非公開アカウントの投稿であっても容易に共有されてしまうおそれがあります。そのほか、Instagram投稿を再投稿(リポスト)して拡散できるアプリ(例:Repost)も存在します。

よって、Instagramアカウントに鍵をかけても、絶対に安全になるとは言えません。一般的なネットリテラシーとして「インターネット上に写真や動画をアップロードする以上、100%完全に非公開になることはない」と考えておいたほうが無難なのは間違いないでしょう。

検証したInstagramのバージョン:iOS版126.0.0.13.120、Android版126.0.0.25.121

EDITED BY BOTAN