インスタグラムでブロックする方法、これだけは知っておきたい注意点

インスタグラムでブロックする方法、これだけは知っておきたい注意点

ダイレクトメッセージ(DM)やコメントのやりとりで不快な思いをした相手や、自分の投稿やストーリーズを見られたくない相手とは、Instagram上で関わりたくないものです。そんなときに有効なのが「ブロック」です。

本記事では、インスタグラムで相手をブロックする方法と、ブロックを実行する前に知っておきたい注意点について解説していきます。

Instagramで相手をブロックする方法
  1. 相手のプロフィール画面を表示
  2. 右上のメニューボタンから[ブロック]を選択
  3. 確認画面で[ブロック]をもう一度タップして完了

インスタグラムでブロックする方法(やり方)

インスタグラムで「ブロック」を実行すると、自分の投稿した写真や動画を特定の相手から見られないようにできます。ここでは相手をブロックする手順を解説していきます。

ブロックする前に知っておくべき注意点については後述しています。

1ブロックしたい相手のプロフィールを表示する

インスタグラムでブロックする方法(やり方)

まずは、相手のプロフィール画面を表示します。

インスタグラムの検索機能からユーザー名を入力して相手を探せるほか、相手の投稿やストーリーズ、相手とのダイレクトメッセージ(DM)からユーザー名の部分をタップしてプロフィールページへ遷移できます。

2メニューボタンから「ブロック」を選択

インスタグラムでブロックする方法(やり方) インスタグラムでブロックする方法(やり方)

続いて、画面右上のメニューボタン[]から[ブロック]を選択します。

確認画面が表示されるので、もう一度[ブロック]([ブロックする])すれば完了です。

3公開/非公開アカウント関係なく相手のプロフィールが見られなくなる

インスタグラムでブロックする方法(やり方) インスタグラムでブロックする方法(やり方)

ブロックすると、公開/非公開アカウントに関わらず、相手のプロフィールが非表示になります。ただし、相手のアイコンや紹介文は表示された状態のままです。

ここで[ブロックを解除]を選択すれば、簡単にブロック解除できますが、一度ブロックするとフォローが外れてしまうため、再度フォローをおこなわなければ元通りにはなりません。

ブロック前に確認、知っておくべき注意点

インスタグラムのブロックは、相手にバレてしまう可能性が高いのも事実です。以下、相手をブロックする前に知っておくべき注意点をまとめました。

相手からプロフィールページを見られるとブロックがバレる

ブロックは簡単にできてしまいますが、相手があなたのプロフィールページを表示させると、ブロックしていることがすぐにバレてしまうため注意してください。

ブロックしたことは相手にばれやすい

ブロックされた側の画面

ブロックした相手があなたのプロフィールページを見ようとすると、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示される上に、あなたの投稿がすべて見られなくなります。

またフォローステータスの表示もなくなるため、フォローができない状態になります。これらの現象から、相手はあなたからのブロックに気づく可能性が高いと言えます。

ブロックを解除してもフォロー関係は元に戻らない

ブロックの解除は、「相手との相互フォロー関係の復活」にはなりません。

ブロックを解除してもフォロー関係は元に戻らない ブロックを解除してもフォロー関係は元に戻らない

相手のプロフィール画面で、[ブロックを解除]→[ブロックを解除]とタップすれば、簡単にブロック解除ができます。

ブロックを解除してもフォロー関係は元に戻らない

しかし、ブロック解除をすると相手をフォローする前の状態に戻ってしまいます。ブロックを解除しただけでは相手とのステータスがフォロー/フォロワーだった関係に戻れないため、お互いにもう一度フォローし合う必要性が出てくるのです。

また、上の画像のように相手が非公開アカウントの場合、フォロー申請が承認されない限り、相手の投稿などは閲覧できません。以前フォロー許可したはずなのにフォロー申請が再び届くと「もしかしてブロックされてたのかな?」と相手にブロックを気づかれてもおかしくありません。

DMが一切届かなくなるので相手側に既読がつかない

ブロックすると、相手からのダイレクトメッセージ(DM)が一切届かなくなります。

注意3:相手からのDMが一切届かなくなるので、相手側に既読がつかない

相手側の画面

上の画像のように、ブロックした相手があなたへDMを送っても、あなたにメッセージが届かないため相手側のチャットに既読はつきません。

DMをブロックしたいなら「アカウントの制限」も有効 DMをブロックしたいなら「アカウントの制限」も有効

左:グループチャットにブロックした相手がいる場合右:注意喚起が表示される

注意したいのは、ブロックした相手も入っているグループ(複数人)チャット。ブロックの有無にかかわらず、グループ(複数人)チャット内ではメッセージのやりとりができてしまいます。

ただし、グループ(複数人)チャットでメッセージを送ろうとすると「このグループにはあなたがブロックした人がいます」と注意喚起が表示されるようになっています。ここで[グループに残る]を選択するとメッセージの送受信が可能になり、当然ブロックした相手からのメッセージもチャット内で受信できるようになってしまいます。

DMブロックやオンラインマークの非表示なら「アカウントの制限」も有効

「DMを受信したくない」「オンラインがバレるのが嫌だ」といったように、特定の機能に限って相手をブロックしたい場合は「アカウントの制限」も有効です。

ブロックしてしまうと相手からプロフィール検索をされたときにブロックがバレるリスクがあります。一方でアカウントの制限では、相手をブロックすることなくDMブロックやオンラインマークの非表示、コメントの非表示ができます。

DMブロックやオンラインマークの非表示なら「アカウントの制限」も有効 DMブロックやオンラインマークの非表示なら「アカウントの制限」も有効

相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[制限する]をタップし、もう一度[アカウントの制限]を選択すればOKです。

アカウント制限の仕組みや、制限が相手にバレるのかどうかなど、詳しくは以下の記事で解説しています。

検証したInstagramのバージョン:iOS版163.0.0.41.120、Android版163.0.0.45.122

EDITED BY BOTAN