インスタグラムで投稿を「リポスト」する方法 注意点やマナーも紹介

インスタグラムで投稿を「リポスト」する方法 注意点やマナーも紹介

Instagramでは、他人のフィード投稿を引用して自分のストーリーやフィード投稿に再シェア(=リポスト)できます。

本記事では、インスタグラムの投稿をリポストする方法について解説。リポストで気をつけるべき注意点やマナーのほか、自分の投稿が誰かにリポストされないようにする拒否設定なども紹介します。

インスタではフィード投稿をリポスト(引用して再シェア)できる

インスタグラムのフィード投稿をリポストする方法は主に2つあります。

フィード投稿の場合、リポストできるのは公開アカウントの投稿のみです。つまり、相手(引用したい投稿の主)が非公開アカウントであれば、フィード投稿はリポストできません。投稿主がリポスト(再シェア)を拒否する設定にしている場合も、リポストはおこなえません(詳しくは後述)。

他人や自分のフィード投稿をストーリーにリポストするのであれば、Instagramアプリ内の機能で完結します。しかし、他人のフィード投稿を自分のフィード投稿にリポストする機能は搭載されていません。そのため、外部のリポストアプリを使って再シェアする必要があります。

それぞれのリポスト方法を順に説明していきます。

Instagramアプリでフィード投稿をリポストする方法

他人のフィード投稿を引用して、自分のストーリーにリポスト(再シェア)する方法を解説します。相手(元の投稿主)が非公開アカウント、あるいは再シェアを拒否している場合はリポストできません。

1投稿のシェアボタンからリポスト設定をおこなう

紙飛行機マークをタップ「ストーリーズに投稿を追加」をタップ

リポストしたい投稿のシェアボタン(飛行機マーク)をタップしたら、[ストーリーズに投稿を追加]をタップします。

アカウントによっては、シェアボタンが表示されないこともあります。その原因は、相手が非公開アカウントにしていたり、リポストの拒否設定をしていたりするからです。

2ストーリーに投稿が反映されたら編集してシェア

投稿をタップするとデザインが変わる投稿をタップするとデザインが変わる

ストーリー編集画面へと遷移したら、リポスト投稿のサイズや位置を調整しましょう。また、文字やスタンプなどの加工もおこなえます。

リポストした投稿の左下には、投稿主のアカウント名が表示されるようになっています。投稿をタップするとデザインが変わります。投稿が動画の場合は、写真(サムネイル)として表示されます。

ストーリーへシェアする

問題なければ、ストーリーへシェアします。

自分の新しい投稿をストーリーで告知できる

自分の投稿をストーリーで宣伝

自分の投稿をストーリーで再シェア

自分が見てもらいたい投稿をストーリーにもシェアして宣伝できます。「NEW POST」や「Tap here」などのGIFスタンプも付けるとアピールになるでしょう

3リポスト完了、閲覧者は元の投稿へ遷移できる

「投稿を見る」ボタンをタップ

リポストされたストーリー投稿を閲覧者側から見た画面です。投稿部分をタップすると[投稿を見る]ボタンが表示されるので、そこから元の投稿へ遷移して確認することができます。

外部アプリを使ってフィード投稿をリポスト(引用)する方法

インスタグラムのアプリに、他の人のフィード投稿を引用して、自分のフィードにリポストする機能は搭載されていません。そのため、リポスト専用の外部アプリをインストールして利用する必要があります。

Instagramアカウントと連携させる

ただ、これらを利用するときにはユーザーネームやパスワードを入力し、Instagramアカウントと連携させる場合がほとんど。これら外部サービスにトラブルがあれば、情報の流出やアカウント乗っ取りなど安全面のリスクがあることを承知したうえで利用しましょう。

iPhone向け「Repost for Instagram」の使い方

iPhoneでリポストするなら「Repost for Instagram」というアプリが簡単に使えるのでおすすめです。アプリ内課金もありますが、基本的には無料で使えます。

アプリ「Repost for Instagram」をダウンロード
Repost for Instagram リポスト

1アプリ「Repost for Instagram」でInstagramアカウントにログイン

×ボタンをタップ

アプリを起動するとすぐに有料版への案内が表示されるので、ひとまず左上の[×]ボタンをタップします。

メニューボタンをタップアカウントをタップ

ファーストビューの画面が表示されたら、左上のメニューボタン[]をタップし、[アカウント]を選択してください。

アカウントを追加するインスタアカウントにログインする

次の画面で[アカウントを追加]を押します。Instagramアカウントへのログインが求められるので、ユーザーネームやパスワードなどを入力しましょう。

2リポストしたいフィード投稿のリンクをコピー

インスタアイコンをタップ

リポストアプリの右上にあるInstagramアイコンを押すと、自動でInstagramアプリに移動します。

メニューボタンをタップリンクをコピーする

リポストしたいフィード投稿を表示し、右上のメニューボタン[]を押してください。項目の中から[リンクをコピー]を選びます。

3リポストアプリに戻って引用マークを編集

投稿をタップリポストマークの表示位置とカラーを選び、再投稿

再度リポストアプリに戻ると、コピーした投稿が自動で表示されます。その投稿をタップしましょう。リポストマークの表示位置とカラーを選び、[再投稿]を押してください。

アクセスを許可する「フィード」をタップ

端末のアルバムへのアクセスが求められたら[許可する]をタップし、確認アラートで[OK]をタップします。「Instagramに投稿」画面で画面下部の[フィード]を選択します。

4フィードをリポストする

次へをタップ次へをタップ

Instagramアプリが開き、自分のフィード編集画面へと遷移します。新規投稿で[次へ]をタップ→編集画面でも[次へ]を押しましょう。ここで引用元の画像を編集したり、トリミングしたりしないようにしてください。

キャプションをペーストキャプションなどの貼り付け

キャプション画面を長押し→[ペースト]すると、元の投稿のキャプションとアカウント名(@ユーザー名)などを貼り付けられます。

「シェア」をタップリポストした投稿

あとは、通常どおりフィードを[シェア]すればOKです。投稿のリポストが完了しました。

Androidスマホ向け「Repost for Instagram」の使い方

Androidスマホでは「Repost for Instagram」がリポストするのに便利です。なお、iPhone向けに紹介したアプリと同名ですが、別アプリとなっています。

アプリ「Repost for Instagram」をダウンロード
Repost for Instagram - Regram

1アプリ「Repost for Instagram」でInstagramアカウントにログイン

人型アイコンをタップインスタアカウントにログインする

リポストアプリを開き、画面右上の人型アイコンをタップし、[Log in with Instagram]を選びましょう。

インスタアカウントにログインする

Instagramアカウントへのログインが求められたら、ユーザーネームやパスワードなどを入力してください。

2リポストしたいフィード投稿のリンクをコピー

Instagramアイコンをタップ

画面右上のInstagramアイコンをタップすると、Instagramアプリへ自動で移ります。

メニューボタンをタップリンクをコピーする

リポストしたいフィード投稿を開き、画面右上のメニューボタン[]から[リンクをコピー]を選択してください。

3リポストアプリに戻って引用マークを編集

投稿をタップ

再度リポストアプリに戻ると、コピーした投稿が自動で表示されるので、その投稿をタップします。

リポストマークの表示位置とカラーを選ぶリポストアイコンをタップ

次に、リポストマークの表示位置とカラーを選び、画面左下のリポストアイコンをタップします。

キャプションのコピーがクリップボードにコピーされた「Feed」を選択

キャプションのコピーがクリップボードにコピーされたら[OK]を押します。「共有」画面で[Feed]を選択しましょう。

4フィードをリポストする

「→」をタップ「→」をタップ

Instagramアプリが開き、自分のフィード編集画面へと遷移します。新規投稿で[→]をタップ→編集画面でも[→]を押しましょう。ここで引用元の画像を編集したり、トリミングしたりしないようにしてください。

キャプションのコピーがクリップボードにコピーされた✓マークを押して投稿

クリップボードにコピーされたキャプションをタップすると、元の投稿のキャプションとアカウント名(@ユーザー名)などが表示されます。

最後に[✓]を押せばリポストできます。

インスタでリポストする際の注意点・マナー

リポストは他の人の投稿を引用するという特性上、引用元の投稿主への配慮が欠けているとトラブルに発展するおそれもあります。

無断でリポストせず、投稿者の許可を取るのがベター

ユーザーの中には、勝手にリポストされたことを不快に感じる人もいるかもしれません。トラブルを避けるためにも、事前に相手にリポストする許可を取っておくのが無難だといえます。

引用元と「リポスト投稿であること」を明記する

リポスト元のアカウントも、はっきりわかるよう記載しましょう。

リポストの注意点・マナー

キャプションに「@+ユーザー名」を入力すると、他人のアカウントへのメンションリンクを貼れます。

さらに「リポスト投稿であること」もわかるように書くといいでしょう。たとえば「#Repost」やリポストマークを付けることにより、周囲も投稿が引用であると判断できます。

元の画像を勝手に編集しない

画像の色変更やフィルタリング、文字の入力、トリミングなどの編集はせず、元の画像そのままにリポストしましょう。

リポストであるのに、あたかも自分のオリジナル写真であるかのように見せる紛らわしい投稿方法は避けるべきです。

キャプションには元の文章も載せる

元の投稿のキャプションも、できるだけそのまま載せるようにしましょう。前述のリポストアプリを利用すれば、キャプションも一緒にコピーできます。

また、リポストさせてもらったことへの感謝をキャプションに入れたり、DMで投稿主に「ありがとうございました」と伝えたりすると、より丁寧です。

フィード投稿のリポストを拒否する方法

フィード投稿をリポストされないようにする方法は、「アカウントの非公開設定」と「再シェアの拒否設定」が挙げられます。ただ、非公開アカウントにしてしまうと、フォローや投稿の閲覧にも制限をかけることになってしまい、副作用も大きいでしょう。

そのため今回は、フィード投稿をストーリーへ再シェアさせないようにする拒否設定のやり方を紹介します。

メニューボタンをタップ設定ボタンをタッププライバシー設定をタップ

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から設定ボタン[]をタップし、[プライバシー設定]へと進みます。

ストーリーズをタップ「ストーリーズへの再シェアを許可する」をオフにする

続いて[ストーリーズ]を選択し、画面を下へスクロールしていきます。「ストーリーズへの再シェアを許可する」を[オフ]にすれば、投稿がリポストされなくなります。

他人のストーリー投稿をリポストすることも可能

ストーリーでは、自分がタグ付けされたストーリーのみリポストできる仕様です。言い換えれば「自分がタグ付けされていないストーリーはリポストできない」ということです。ただし、前述の専用アプリを使えば、ストーリーもタグ付けの有無に関係なくリポストが可能になります。

インスタグラムの「タグ付け」とは──やり方や通知の仕組み、削除方法などを解説

タグ付けされたストーリーをリポストタグ付けされたストーリーをリポスト

左:DMのチャット画面右:ストーリーの編集画面

ストーリーでタグ付けされると、DMに通知が届きます。「ストーリーズであなたをメンションしました」とストーリー画像が表示されるので、そこで[ストーリーズに追加]をタップしてください。

自動的にストーリー編集画面へ遷移するので、あとは画像の位置・サイズを調整して普段どおりにストーリーを投稿すればリポストが完了します。

検証したInstagramのバージョン:iOS版172.0、Android版172.0.0.21.123

EDITED BY
MIKAN