インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能と使い方を解説(フィード/ストーリー)

インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能とやり方を解説【フィード/ストーリー】

インスタグラムの「アーカイブ」は、通常のフィード投稿とストーリーで使える機能です。どちらもInstagram上に投稿を「保存する」という意味では同じ機能になりますが、フィード投稿とストーリーでは、アーカイブを使う意味やその効果が異なります。

本記事では、インスタグラムにおける「アーカイブ」とはどんな機能なのか、その使い方や効果について詳しく解説します。

インスタグラムの「アーカイブ」は2種類

アーカイブ(archive)とは、一般的に文書などを記録・保管・保存することを意味します。では、インスタグラム内での「アーカイブ」機能とは、どのようなものなのでしょうか?

インスタグラムにおけるアーカイブは、”投稿を保存(保管)しておく”という意味。しかし、アーカイブする対象がフィード投稿なのかストーリーなのかで、その効果や使い方は異なります。

フィード投稿のアーカイブ:機能とやり方

フィード投稿のアーカイブについて、その機能・やり方を解説します。

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる フィード投稿をプロフィールから非表示にできる

右上の赤いネイルの投稿をアーカイブした場合

フィード投稿をアーカイブすると、その投稿がフィード(タイムライン)やプロフィールに表示されなくなります。いわば、インスタグラムで投稿(公開)した写真や動画などを非表示にする機能です。

アーカイブした投稿は削除されてしまったわけではなく、後から確認したり、非表示から戻すことも自由にできます。

フィード投稿のアーカイブ方法はワンステップでOK

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる

アーカイブのやり方はとても簡単。投稿を表示させ、右上のメニューボタン[]から[アーカイブする]をタップすればOKです。

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる フィード投稿をプロフィールから非表示にできる

プロフィール画面右上のメニューボタン[]で[アーカイブ]をタップし、[投稿]を選択すれば、アーカイブ済みの投稿を確認できます。

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる

画面上部にも記載されているように、アーカイブされた投稿は自分以外に表示されません。

アーカイブ済みの投稿は元に戻せる(再表示できる)

アーカイブしたフィード投稿は、好きなときにプロフィール画面・タイムラインに戻せます。元にあった位置に投稿が戻るだけなので、最新投稿として表示されるわけではありません。

アーカイブ投稿は元に戻せる アーカイブ投稿は元に戻せる

プロフィール画面のメニューボタン[]から[アーカイブ]を選択し、投稿のアーカイブを表示させます。

戻したい投稿をタップし、右上のメニューボタン[]→[プロフィールに表示]を選択してください。

アーカイブ投稿は元に戻せる

プロフィール画面を確認すると、アーカイブから戻した投稿が元の位置に表示されています。

アーカイブした投稿を削除すると復元できない

アーカイブした投稿を削除すると復元できない アーカイブした投稿を削除すると復元できない

アーカイブ済み投稿は、投稿右上のメニューボタン[]で[削除]をタップし、もう一度[削除]を選ぶと完全に消えてしまいます。

プロフィールからも完全に削除され、復元できなくなってしまうため、アーカイブ削除には細心の注意を払ってください。

ストーリーのアーカイブ:機能とやり方

フィードやプロフィールにおけるアーカイブとは別に、ストーリーズのアーカイブ機能もあります。

ストーリーズの大きな特徴は「24時間以内にストーリーが消えてしまう」という点ですが、ストーリーズアーカイブを設定しておけば、消えてしまう自分のストーリー投稿が自動保存されます

過去のストーリー投稿が保存されている

フィード投稿をプロフィールから非表示にできる 過去のストーリー投稿が保存されている

プロフィール画面のメニューボタン[]から[アーカイブ]をタップし、[ストーリーズ]のアーカイブ画面を表示させます。

過去のストーリー投稿が保存されている

これまで投稿したストーリーがすべて保存されています。投稿の左上には、投稿した日付が表示されているので、いつのストーリーかもわかるようになっています。

ストーリーがアーカイブされていない場合は、以下の設定をオンにしてください。

過去のストーリー投稿が保存されている 過去のストーリー投稿が保存されている

アーカイブ画面右上のメニューボタン[]から[設定]をタップし、「アーカイブに保存」を[オン]にします。

これで、オンに設定する前のストーリーもすべてアーカイブに表示されるため一安心です。

ハイライトの作成・編集ができる

ストーリーを投稿後、24時間以降もプロフィール上に残したまま公開できるのが「ハイライト」です。アーカイブ済みのストーリーからハイライトを簡単に作成・編集ができます。

ハイライトの作成・編集ができる

ストーリーアーカイブを開き、右上のメニューボタン[]から[ハイライトを作成]をタップします。

ハイライトの作成・編集ができる ハイライトの作成・編集ができる

投稿が複数選択できるようになるので、ハイライトに追加したいストーリーを選び[次へ]。ハイライトのタイトルやカバー写真を設定し、問題なければ[追加]をタップしてください。

ハイライトの作成・編集ができる

プロフィール画面を表示させると、先ほど作ったハイライトが追加されています。

アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない

ストーリーは、投稿後24時間はフィードのストーリーリングに表示されます。第三者がストーリーを閲覧すると、その履歴としてアカウント名が残る「足跡」のような仕様です。

アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない

アーカイブ内の投稿。投稿後24時間以内のストーリー

ストーリーを投稿した時点でアーカイブにも保存されるため、アーカイブ内のストーリーのうち投稿後24時間以内のものは、左下の[◯◯人が既読]から閲覧者リストが確認できます。

アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない

アーカイブ内の投稿。投稿後24時間以上が経過した過去のストーリー

投稿後24時間が経過した過去のストーリーでは、閲覧者リストは表示されません。そのため、アーカイブ済みのストーリーでも投稿後24時間以上経過した過去のストーリーでは閲覧者リストは非表示です。

ただし、現時点と同月内のストーリー(4月15日に確認した場合は4月中)であれば、閲覧者数が表示されるようになっています。

アーカイブした投稿を削除すると復元できない

アーカイブした投稿の削除は復元できな アーカイブした投稿の削除は復元できな アーカイブした投稿の削除は復元できな

アーカイブ済みのストーリーの削除は、投稿右下のメニューボタン[]をタップし[削除]を2回選択すれば、簡単におこなえます。

ただし、一度削除したストーリーは復元できません。そのため、ストーリーをInstagram上から完全削除する前に、自分のスマホに保存するのがおすすめです。ストーリーを端末に保存する方法については以下の記事を参考にしてください。

検証したInstagramのバージョン:iOS版136.0.0.22.123、Android版136.0.0.34.124

EDITED BY BOTAN