インスタグラムを「見るだけ」で使う方法 ログインや登録、足跡なしで閲覧・検索するには

インスタグラムを「見るだけ」で使う方法 ログインや登録、足跡なしで閲覧・検索するには

Instagramで他人のプロフィールや投稿を見たいけれど、アカウントを作りたくない、ログインが煩わしい、足跡や検索履歴などが残ってしまわないか心配──。

このように、登録やログインをしたくない、足跡を残さずにインスタグラムの投稿を「見るだけ」で使いたい、という人も多いでしょう。そこで本記事では、インスタグラムを「見るだけ」で楽しむ方法や注意点などについて解説します。

方法1:ウェブ版インスタグラムを使って登録・ログインせずに閲覧する

インスタのログイン画面

Instagramアプリ(iOS/Android)では、アカウント登録やログインなしで投稿を見ることはできません。

しかし、PC(パソコン)やスマホのブラウザでウェブ版インスタグラムを利用すれば、機能は限定的ですが、登録・ログインなしで簡単に閲覧可能です。ログインしていないので、閲覧しても足跡が残る心配はありません。

この章では、ウェブ版インスタグラムで閲覧する手順と、利用するうえでの注意点を順に説明していきます。

閲覧する手順

まずはウェブ版のインスタグラムで「見るだけ」をおこなう手順を紹介します。

1ウェブ版Instagramにアクセスする

インスタのログイン画面

はじめに、SafariやChromeなどのブラウザでウェブ版のInstagramにアクセスします。もちろん、ここでアカウント作成やFacebookでログインする必要はありません。

2ユーザーネームをURL末尾に入力し、相手のプロフィールページへ遷移

ユーザーネームを入力する

アドレスバー(オムニウィンドウ)をタップして、表示されているURL(https://www.instagram.com/)の末尾に、ユーザーネームを入力してアクセスください。

2プロフィールから投稿の閲覧が可能

「後で」をタップする

ユーザーのプロフィールページへ遷移します。アプリへの誘導画面が表示されたら、[後で]をタップしてください。

インスタのホーム画面 投稿の拡大画面 リールの画面

左:インスタのホーム画面中:投稿画面右:リールの画面

相手が公開アカウントの場合は、プロフィールから投稿やリールが閲覧できます。

表示された画像や動画をタップすると、個別に投稿を見ることもできます。うまく見られない場合は、長押ししてブラウザの「新規タブ」で開いてみてください。

注意点1:すぐに制限がかかってしまう

ログインを促す表示が出てしまう

ウェブ版Instgramをログインなしで利用していると、すぐに画面中央にアプリへの切り替え表示が出てしまい、それが邪魔になって閲覧できなくなります。ページをリロード(更新)すれば、この表示を一時的になくすことは可能ですが、また同じ表示が出てきてしまいます。

ストーリーは閲覧できない

また、いいね・コメント・ストーリー・ハイライトの閲覧やフォロー・フォロワーの確認でも、同じようにアプリへの誘導画面が表示され、閲覧できない仕様になっています。

ピンポイントで投稿やプロフィールをちょっと見たいというだけなら、ウェブ版Instagramでも事足りるケースもあります。しかし、ウェブ版インスタグラムだけで快適に閲覧するのは難しいでしょう。

注意点2:ユーザーネームは検索で調べられるが限界も

ウェブ版Instagramで投稿を見るには、たいてい相手のユーザーネームを調べる必要があります。芸能人など有名人のユーザーネームは、Googleなどで検索できるケースが多いでしょう。

ブラウザの検索画面

検索の例として、お笑いタレントの渡辺直美さんのユーザーネームを調べてみます。ブラウザで「渡辺直美 インスタ(グラム)」と入力して検索し、検索結果に記載された@の後ろの部分「watanabenaomi703」が渡辺さんのユーザーネームです。

芸能人など有名人であれば、ユーザーネームを広く公開していたり、ウェブ検索で調べやすかったりするため問題はないでしょう。しかし一般ユーザーの場合、ブラウザの検索でヒットしなければ本人や知人に尋ねるなど何らかの方法でユーザーネームを調べなければならず、限界もあるのが現状です。

注意点3:非公開アカウントは見られない

ウェブ版のインスタグラムで閲覧できるのは公開アカウントのみです。したがって、閲覧者を限定している非公開アカウント(いわゆる鍵垢)は見ることができません。

非公開アカウントは閲覧できない

相手がアカウントを非公開に設定していると「このアカウントは非公開です」と表示され、投稿などは閲覧できません。

方法2:外部サイト「Gramho」から登録・ログインせずに閲覧する

「Gramho(グランホ)」は、インスタの投稿閲覧や写真・動画の保存などをInstagramアカウントにログインせず、無料で閲覧できる外部ウェブサービスです。サイトは英語表記ですが、検索では日本語のキーワードにも対応しています。

アカウントのログインが必要ないので、投稿やストーリーを見ても足跡は付きません。

閲覧する手順

「Gramho」で閲覧する手順を解説します。

1見たいアカウントを検索する

ユーザーネームで検索する アカウントを選択

SafariやChromeなどのブラウザから「Gramho」にアクセスし、画面中央にある検索窓に相手のユーザーネームを入れて虫眼鏡ボタンをタップしてください。

正確なユーザーネームがわからなくても、ひらがなや漢字などの検索にも対応しています。候補のアカウントが表示されたら、そのアカウントを選びます。

2足跡を付けずに投稿の閲覧が可能

アカウントの画面 上方向にスワイプで投稿が見られる

相手のプロフィールや投稿が表示されます。上方向にスワイプすると投稿一覧が見られるようになっています。

そもそも登録やログインすらしていないので、検索や閲覧の履歴などを相手に知られるといった心配は無用です。

画像をダウンロードできる 画像をダウンロードできる

また、ストーリーやフィード投稿の写真・動画は、スマホにダウンロードできます。ストーリーの場合、投稿をタップで再生し、右上のダウンロードボタンから保存可能です。フィード投稿では、投稿を長押しして["写真"に追加]を選択してください。

注意点1:一部閲覧できないアカウントがある

エラーで閲覧できないアカウントもある

公開アカウントの投稿をタップしても、エラーが表示されて閲覧できないことがあります。

特にフォロワー数が1万人以下のアカウントでエラーになることが多いようです。フォロワー数の多い芸能人などのアカウントは問題なく見られるケースが多いですが、フォロワーの少ない一般ユーザーはエラーになる可能性が高いので、注意してください。

注意点2:非公開アカウントは見られない

非公開アカウントは閲覧できない

見たいアカウントが非公開設定になっている場合、検索画面でアカウントをタップしてもエラーが表示されて閲覧できません。

方法3:関連アプリを使えば足跡なしで閲覧できる(Androidのみ)

Instagramのリポスト(引用投稿)や画像・動画のダウンロードがおこなえるサードパーティアプリを使って、「見るだけ」を楽しむこともできます。

ただ、これらを利用するときにはユーザーネームやパスワードを入力し、Instagramアカウントと連携させる場合がほとんど。もし利用しているサービスにトラブルがあった場合には、パスワードなどの情報が流出してしまい、最悪アカウントを第三者に乗っ取られてしまう恐れもあります。

アプリの利用にはインスタアカウントへのログインが必要

アプリの利用にはインスタアカウントへのログインが必要

ログインには安全面のリスクがあることを承知したうえで、それでも使いたい場合に限ってインストール・活用してください。

閲覧する手順

利用にはログインが必要ですが、以下で紹介するアプリを介せば、フィード投稿やストーリーを見ても閲覧履歴(足跡)が残る心配はありません。

アプリ「InsMate Pro」をダウンロード
Instagram動画保存機

Androidユーザーであれば、「InsMate Pro(Instagram動画保存機)」というインスタの画像や動画を保存できる専用アプリが「見るだけ」で使うのに便利です。

メニューボタンをタップ アカウントを追加する インスタにログインする

アプリを起動したら、ホーム画面でメニューボタン[]をタップし、[アカウントを追加]を選びます。次の画面でユーザーネームやパスワードを入力し、Instagramにログインしてください。

検索ボタンをタップ ユーザーネームで検索する

フィード画面では、自分がフォローしているアカウントの投稿がタイムラインのように見られます。右上の検索ボタン[]をタップし、ユーザー名またはハッシュタグで検索します。

検索結果から目的のアカウントを選びましょう。

アカウントの画面 ストーリーも閲覧できる

アカウントのページでは、Instagramアプリと似たようなデザインで投稿やストーリーが閲覧できます。ストーリーを閲覧しても、足跡は残らないので安心してください。

タグは左からフィード投稿(静止画)、動画、ストーリー、タグ付けされた投稿があり、左右のスワイプで切り替え可能です。タグの上にはストーリーズハイライトも一覧で表示されています。

写真や画像の保存もできる

写真をタップすると拡大表示でき、右上のダウンロードボタン[]から写真・動画の保存も可能です。

注意点1:Instagramアカウントでログインする必要がある

インスタアカウントへのログインが必要

利用にはInstagramアカウントへのログインが必要なので、アカウントを持っていない人は新規で作成しなければなりません。新規アカウントの作成方法は後述しています。

また前述の通り、ログインにはセキュリティ面でのリスクを伴うことも留意してください。

注意点2:フォロー承認されていない非公開アカウントは閲覧不可

非公開設定アカウントの投稿は、そのアカウントからフォローリクエストを承認されている場合を除き、閲覧できません。

フォロー承認されていない非公開アカウントは閲覧不可

アカウントをタップしても、「データ空です」と表示され、投稿が見られなくなっています。ただし相手にフォロー承認されている場合は、ブロックされていない限り、非公開アカウントでも閲覧可能です。

注意点3:広告が頻繁に表示されるため煩わしく感じる

投稿やストーリーなどの閲覧・保存・リポストの際に、広告が頻繁に表示されるため、煩わしさを感じる人もいるでしょう。

広告を削除するには、アプリ内で有料版を購入する必要があります。

方法4:見るだけ専用アカウントを作って閲覧する

見るだけ専用アカウントの画面

インスタグラムで新しくアカウントを作成し、そのアカウントを“見るだけ専用”にすることで、相手の投稿などを自由に閲覧する方法もあります。すでにInstagramアカウントを持っている場合、サブアカウント(複数アカウント)を作成してもいいでしょう。

誰かわからない見るだけ専用アカウントを利用すれば、相手にバレずに投稿やストーリー、ライブ配信までストレスを感じずに閲覧できます。ストーリーやライブ配信、ストーリーハイライトについてしまう閲覧履歴(足跡)によるアカウントの特定も、見るだけアカウントであれば心配する必要はありません。

見るだけ専用(サブ)アカウントを作る手順

見るだけ専用アカウントを作る方法として、新規でアカウントを作成するパターンと、サブアカウント(複数アカウント)を作成するパターンの2つに分けて説明します。

新規でアカウントを作成する場合

新規アカウントを作成するには、まずはじめにInstagramアプリをインストールしてください。

新規アカウントを作成する場合 新しいアカウントを作成する

アプリを起動したら[新しいアカウントを作成]をタップし、電話番号/メールアドレス/Facebookのいずれかを利用して登録していきます。現実的なのは、すぐに用意できるメールアドレスでしょう。

見るだけ専用アカウントは、ユーザーネームやアカウント名、プロフィールアイコンなどが誰にもバレないように設定しておくのが重要です。

検索タブをタップ アカウントなどを自由に検索する

あとは、画面下の検索タブ[]から相手を検索し、自由に閲覧してください。アカウント作成方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

サブアカウント(複数アカウント)を作成する場合

サブアカウントに切り替える サブアカウントでアカウントを検索する

サブアカウントの作成後は、簡単にアカウントの切り替えが可能です。見るだけ専用のサブアカウントに確実に切り替えてから、目的のユーザーを検索したり投稿を閲覧したりすれば、相手にバレるリスクはほぼないでしょう。

サブアカウントの作り方については、以下の記事で解説しています。

注意点1:ストーリーの足跡などから相手にバレる可能性がある

ストーリーの閲覧は足跡が残る インスタライブの視聴も足跡が残る

ストーリー投稿者は、誰がアクセスして見たかを確認することができます。これがいわゆる「足跡」機能です。見るだけ専用アカウントのアカウント名やプロフィールなどに隙があれば、推測されてしまう可能性もあります。

また、リアルタイムの映像を配信するインスタライブについても、動画配信に参加すると画面上にアカウント名が表示されるので、足跡が残ることになります。ストーリーやライブ配信を見る場合は注意しましょう。

注意点2:非公開アカウントは見られない

インスタグラムで自由に閲覧できるのは公開アカウントのみです。

非公開のアカウントの画面

相手がアカウントを非公開に設定していると「このアカウントは非公開です」と表示され、投稿などは閲覧できません。非公開アカウントの投稿を見るには、相手にフォローリクエストを送り、承認してもらう必要があります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版169.0、Android版169.3.0.30.135

検証端末:iPhone Xs Max(iOS 14.3)、Pixel 3a(Android 11)

EDITED BY MIKAN