LINEの通知を「オフ」する個別設定まとめ──通知オフにするとどうなるかも解説

LINEの通知を「オフ」する個別設定まとめ──通知オフにするとどうなるかも解説

LINE(ライン)のグループトークや公式アカウント、LINEゲームなど、LINEのプッシュ通知が鳴りすぎて困っているという人も多いはず。

LINEの通知はトーク相手(友だち)・グループごと、あるいはLINEゲームやLINE MUSICなどのサービスごと、さらにタイムラインやオープンチャットなどの機能ごとに、細かくオン/オフを個別にカスタマイズできます。

そもそも通知をオフにしたら相手にわかるのかといった仕様面の解説も含めて、iOS版/Android版ともにLINEの「通知オフ」の設定方法をまとめました。

LINEで通知をオフに設定しても相手にバレない

まず確認しておきたいのが、LINEで通知をオフにしたことが相手(友だち)にわかってしまうかどうか、という点でしょう。結論から言うと、LINEで通知をオフにしても相手に知られることはありません。

メッセージ自体は届くので「既読」は付きますし、相手の画面上に特に変化はみられないため、基本的に気づかれることはないといえるでしょう。同様に、相手に通知オフされているかどうかを確認する方法もありません。

LINEの通知を一切受けないようにする設定

LINEと連動するファミリーアプリやゲームなどの一部サービスから届く通知を除いて、すべての通知をオフにすることが可能です。

LINE すべての通知をオフにする LINE すべての通知をオフにする

左:iOS版LINEで通知をオフにした場合右:Android版LINEで通知をオフにした場合

「ホーム」タブの設定ボタン[]→[通知]と進み、「通知」をオフにします。

これにより、トークやタイムラインなどLINEアプリにまつわる通知は一括でオフになります。プッシュ通知自体がすべて煩わしい、という人にはオススメの設定です。

ただし、LINE連動している別アプリ、あるいは連動していないアプリでも、ゲームへの招待などの通知は届きます(オフにするには、後述の『LINEゲームや連動アプリなど「サービス別に」通知をオフにする』を参照)。

トーク相手や機能ごとに通知をオフに設定する方法

LINEではトーク(友だち)やグループ、各機能ごとに通知をオフにすることができます。

「このグループの通知はオフにしたいけど、この人の通知はオンにしておきたい」「オープンチャットの通知はオフにしたいけど、タイムラインの通知はオンのまま」といったように、通知を使い分けたい人には便利な機能です。

友達やグループなど「トーク相手ごとに」通知をオフにする

トークやグループごとに通知をオフにする方法は、iOS版LINEとAndroid版LINEでは操作がやや異なるため、それぞれの方法を解説します。

iOS版LINEの場合

iOS版LINEでトークやグループごとに通知をオフにする方法は主に2つあります。

LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする

左:通知「オン」の場合右:通知「オフ」の場合。サイレントマークが付く

1つは、トークリスト画面から設定できます。トークリスト画面で通知をオフにしたいトークまたはグループを右にスワイプし、メガホンボタンをタップするだけです。

LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする

もう1つの方法は、トークルームからおこないます。通知をオフにしたいトークまたはグループを開き、メニューボタン[]をタップ。[通知]をオフに切り替えましょう。

LINE トークごとに通知をオフにする

通知オフの場合は相手のアカウント名の横にサイレントマークが表示されます。

Android版LINEの場合

Android版LINEでトークやグループごとに通知をオフにする方法は主に2つあります。

LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする

ひとつは、トークリストからおこないます。通知をオフにしたいトークまたはグループを長押しタップし、一覧から[通知オフ]をタップします。

アカウント名の横にサイレントマークが表示されているなら、そのアカウントまたはグループからの通知はオフになっています。

LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする LINE トークごとに通知をオフにする

もうひとつは、トークルームから設定する方法です。右上の[∨]から[通知オフ]をタップするだけで設定は完了です。

メニューで「通知オフ」と表示されていたら通知オンの状態、「通知オン」と表示されていた通知オフの状態です。少しややこしいですが、通知オフの場合は相手のアカウント名の横にサイレントマークが表示されます。

LINEゲームや連動アプリなど「サービス別に」通知をオフにする

LINEと連動するアプリやゲームはたくさんあります。LINEの友だちを招待したり、アイテムを送るとゲーム内ポイントがもらえたりするため、それらで遊んでいる人はゲームから友だちにメッセージを送りがちです。

ただ受け手側からすると、興味がないのにそうした通知が頻繁に届くのを鬱陶しく感じることも多いはず。そんな時は、連携アプリやサービスごとに通知またはメッセージをオフにすることができます。

LINE サービス別に通知をオフにする LINE サービス別に通知をオフにする

設定方法はiOS版・Android版ともに共通。「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通知]と進んだ画面で[連動アプリ]をタップします。

LINE サービス別に通知をオフにする LINE サービス別に通知をオフにする

左:「連動アプリ」から通知をオフにするサービスを選択右:サービスごとにメッセージ受信または通知のオン/オフを設定できる

LINEと連動しているサービス(アプリ)が一覧表示されます。サービス(アプリ)を選択し、個別に通知やメッセージのオン/オフ設定をおこないましょう。

個別設定では、[メッセージ受信]のチェックを外せば、連動しているサービスなどからのメッセージおよび通知がすべて来なくなります。

[メッセージ通知]だけオフにすると、通知のみが来なくなりますが、メッセージ自体はトークに届きます。

LINE 機能ごとに通知をオフにする

ちなみに、ここで[連動していないアプリ]の項目をオフにすれば、連動を許可していないアプリからのメッセージ受信(通知含む、例:ゲームへの招待など)もシャットアウトできます。

タイムラインやオープンチャットなど「機能別に」通知をオフにする

LINE 機能ごとに通知をオフにする

LINEの通知が届くのはトークに限りません。タイムラインの投稿にいいねやコメントなどが付いた際や、グループに招待された時、メンションされた時、LINE Pay利用時などにも通知が来ます。

これらLINE本体の機能ごとに通知をオフにする設定するには、まず「ホーム」タブの設定ボタン[]→[通知]と進みましょう。

LINE 機能ごとに通知をオフにする

[LINE Pay][グループへの招待]の項目を個別にオフにすることで、それぞれの通知が届かないようにすることができます。

タイムラインやオープンチャット機能における細かい通知のオン/オフの切り替えも可能です。

LINE 機能ごとに通知をオフにする LINE 機能ごとに通知をオフにする LINE 機能ごとに通知をオフにする

iOS版LINEの場合

iOS版LINEであれば[タイムライン通知]または[オープンチャット]をタップし、各設定画面から通知をオフにしたい項目を選んでください。

LINE 機能ごとに通知をオフにする

Android版LINEの場合。「通知」の画面に各項目がすべて一覧化されている

Android版LINEであれば「通知」画面に設定の項目がすべて一覧可されているので、通知をオフにしたい項目のチェックを外しましょう。

LINEの通知を一時的にオフにする

LINEからの通知を一定の時間帯、休止させる設定が「一時停止」です。授業中や就業中、夜寝ている間など、通知が届かないようにしたい時に有効です。

一時停止できるのは、設定時から「1時間」と「午前8時まで」だけですが、休止状態が自動的に解除されるため、再度通知をオンにする手間が省けるほか、設定したことを忘れた場合にも安心です。

LINE 一時的に通知をオフにする LINE 一時的に通知をオフにする

設定方法はiOS版・Android版共通で、まず「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通知]と進みます。

[通知]がオンの状態で[一時停止]をタップ。デフォルトではオフになっているので、[1時間停止]または[午前8時まで停止]のいずれかを選択すれば設定完了です。

iOS版LINEなら3D Touchを利用して通知を一時停止することも可能

LINE 一時的に通知をオフにする

3D Touchを搭載しているiPhoneであれば、ホーム画面から素早くLINEの通知を一時停止にすることが可能です。

LINEのアプリを強押しして[通知の一時停止]をタップすると、通知の一時停止を設定する画面に遷移します。

検証バージョン:iOS版9.18.1、Android版9.19.3

EDITED BY AO