LINE「通知オフ」する方法と個別設定──どうなるかや電話着信オフも解説

通知の一時停止やバッジをオフにする方法までまとめて紹介

LINE(ライン)にはグループトークや公式アカウント、ゲームなどさまざまな通知がありますが、プッシュ通知が鳴りすぎて困ることもあるでしょう。

LINEの通知は、友だちやグループごとに個別に「オフ」にできるだけでなく、LINEゲームなど各サービスごと、VOOMやオープンチャットなど各機能ごとにオン/オフを切り替えられます。

本記事では、本記事では、LINEの通知を個別または一括でオフに設定する方法を紹介。通知をオフにするとどうなるのかについても、わかりやすく解説しています。

LINEで通知をオフに設定すると相手にバレる?

まず確認しておきたいのが、LINEで通知をオフにしたことが相手(友だち)にわかってしまうかどうか、という点でしょう。結論から言うと、LINEで通知をオフにしても相手に知られることはありません。

メッセージ自体は届くので「既読」は付きますし、相手の画面上に特に変化はみられないため、基本的に気づかれることはないといえるでしょう。同様に、相手に通知をオフにされているかどうかを確認する方法もありません。

LINEの通知を一括でオフに設定する方法

LINEではすべての通知をオフにすることはもちろん、友だちからの新規メッセージの通知だけをオフにする、一時的にすべての通知をオフにする、といったことも可能です。状況に応じて使い分けていくのがいいでしょう。

すべての通知をオフにする

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

「ホーム」タブの設定ボタン​→通知と進み、「通知」をオフにします。これにより、トークやVOOMなどLINEアプリにまつわるすべての通知は一括でオフになります。プッシュ通知自体がすべて煩わしい、という人にはおすすめの設定です。

ただし、iPhoneではLINE連動している別アプリ、あるいは連動していないアプリでも、ゲームへの招待などの通知は届きます(オフにするには、後述のLINEゲームや連動アプリなど「サービス別に通知をオフ」にする項目を参照)。

Androidスマホの場合、LINE通知をオフにすると連動アプリの通知は自動でオフになります。連動アプリの通知をオンにしたいときは、個別に設定しましょう。

友だち・グループ全員からのメッセージの通知をオフにする

すべての通知をオフにするだけでなく、友だちやグループトークのトークメッセージのみをオフにすることも可能です。

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合。[新規メッセージ]を選択して「通知の表示」をオフ

「ホーム」タブの設定ボタン​→通知と進み、全体の通知がオンの状態新規メッセージをオフにします。

これにより、友だちやグループからのトークメッセージのみ通知がオフになり、それ以外の通知は受け取れるようになります。

通知を一時的にオフにする

LINEからの通知を一定の時間休止させる設定が「一時停止」です。授業中や就業中、夜寝ている間など、通知が届かないようにしたいときに有効です。

一時停止できる時間は、設定時から「1時間」と「午前8時まで」の2種類。設定した時間が経過すると休止状態が自動的に解除されます。再度通知をオンにする手間が省けるほか、設定したことを忘れた場合にも安心です。

設定方法はiOS/Android版共通で、まず「ホーム」タブから設定ボタン​→通知と進み、全体の通知がオンの状態一時停止を選択します。

初期設定ではオフになっているので、1時間停止または午前8時まで停止のいずれかを選択すれば設定完了です。

1時間停止を選択すると、通知の停止が解除される時間を確認できます。たとえば9:29に設定すると、「10:29まで停止」と表示され、10:30から通知が再びオンになります(時間指定の詳細は後述)。

【小ワザ】ホーム画面から素早く設定

iPhoneの場合(検証端末:iPhone 12mini)

Androidの場合(検証端末:AQUOS wish)

ホーム画面でLINEアプリのアイコンを長押しし、通知の一時停止を選択することで、一時停止の設定画面を素早く起動することができます。

通知オフを特定の人だけなど個別に設定する方法

LINEではトーク(友だち)やグループ、各機能ごとに通知をオフにすることができます。

「このグループの通知はオフにしたいけど、この人の通知はオンにしておきたい」「オープンチャットの通知はオフにしたいけど、VOOMの通知はオンのまま」といったように、通知を使い分けたい人には便利な機能です。

友だちやグループなど「トークの通知を個別にオフ」にする

トークやグループごとに通知をオフにする方法は、「トークルームで設定する方法」と「トークリストで設定する方法」の2つがあるのでそれぞれ解説します。

通知オフのトークはサイレントマークでひと目で判別できる

通知が「オン」の場合

通知が「オフ」の場合。サイレントマークがつく

通知をオフにしているトーク(1対1トーク、グループトーク、複数人トーク)にはトークリストにサイレントマークがつくため、どのトークの通知がオフになっているのかひと目で判別できます。

トークルームで通知をオフにする

通知が「オン」の場合

通知が「オフ」の場合。サイレントマークがつく

トークルームで通知をオフにするには、通知をオフにしたいトークを開き、メニューボタン通知オフをタップすれば完了です。再び通知をオンにするには、通知オンをタップするだけです。

「通知オフ」と「通知オン」のボタンがややこしく感じられますが、トークルーム名(相手の名前)の横にサイレントマークがついていれば通知オフの状態です。

トークリスト(一覧)で通知をオフにする

トークルームを開かなくても、トークリスト(一覧)で通知をオフにすることもできます。方法はiOS版LINEとAndroid版LINEでやや異なります。

通知が「オン」の場合

通知が「オフ」の場合

iOS版LINEの場合、通知をオフにしたいトークまたはグループを右にスワイプし、メガホンボタンをタップすれば通知がオフになります。

通知「オン」→「オフ」に切り替える

通知「オフ」→「オン」に切り替える

Android版LINEでは、通知をオフにしたいトークを長押しし、通知オフをタップすれば完了です。

再び通知をオフにするには、iOS/Android版いずれも同様の操作を繰り返しましょう。

LINEゲームや連動アプリなど「サービス別に通知をオフ」にする

LINEと連動するアプリやゲームはたくさんあります。LINEの友だちを招待したり、アイテムを送るとゲーム内ポイントがもらえたりするため、それらで遊んでいる人はゲームから友だちにメッセージを送りがちです。

ただ、受け手側からすると、興味がないのにそうした通知が頻繁に届くのを煩わしく感じることも。そんなときは、連携アプリやサービスごとに通知またはメッセージをオフにすることができます。

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

まず、iOS版/Android版LINEいずれも「ホーム」タブから設定ボタン​→通知と進み、連動アプリを選択します。

すると、LINEと連動しているサービス(アプリ)が一覧表示されます。サービス(アプリ)を選択し、個別に通知やメッセージのオン/オフ設定をおこないましょう。

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

すると、LINEと連動しているサービス(アプリ)が一覧表示されます。サービス(アプリ)を選択し、個別に通知やメッセージのオン/オフ設定をおこないましょう。

各連動アプリの個別設定画面(iOS/Android版共通)

個別設定では、「メッセージを受信」のチェックを外せば、連動しているサービスなどからのメッセージおよび通知がすべて来なくなります。また「通知を受信」だけオフにすると、通知のみが来なくなりますが、メッセージ自体はトークに届きます。

なお、Android版LINEに限り、チェックのオン/オフを切り替えるだけのサービス(アプリ)が一部あります。チェックを外してオフにすると、通知されずメッセージは届きます(「通知を受信」をオフにした状態と同じ)。

連動していないアプリの通知を許可しない

「通知」の設定画面で「連動していないアプリ」をオフにしておけば、連動していないアプリからのメッセージ受信(通知含む、例:ゲームへの招待など)もシャットアウトできます。

LINE VOOMやオープンチャットなど「機能別に通知をオフ」にする

たとえばVOOMの通知がオンになっていると、「いいね」が付く度に通知が届く

LINEの通知が届くのはトークに限りません。VOOMの投稿にいいねやコメントなどが付いた際や、グループに招待された時、メンションされた時、LINE Pay利用時などにも通知が来ます。

「ホーム」タブの設定ボタン​→通知と進んで通知設定画面を開きましょう。以下、各機能の設定方法を解説します。

メンション通知

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

新規メッセージがオンの状態で「自分へのメンション通知」をオフにすれば、相手がメンション機能で自分をメンションしてきても通知されなくなります。

本来、グループごとの通知をオフにしていても相手にメンションされると通知が届いてしまいますが、「自分へのメンション通知」をオフにすれば通知が届かなくなるということです。

オープンチャット

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

オープンチャットの通知をオフにするには、iOS版は「通知」内のオープンチャットをタップ、Android版は「通知」内の一覧から設定します。

「あなたのノートにいいね」「あなたのノートにコメント」など、個別に通知のオン/オフを切り替えましょう。

VOOM

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

iOS版LINEでは「すべての通知」をオフにすれば、VOOMにかかわるすべての通知をオフにできます。「すべての通知」をオンにし、「あなたのストーリーにいいね」「あなたの投稿にいいね」などを個別にオフにすることも可能です。

Android版LINEの場合、「通知」メニューから通知設定をおこないます。「VOOM通知」でVOOMの通知全体のオン/オフを切り替え、「あなたの投稿にいいね」などの通知を個別に設定します。Android版に限り、通知オフの対象を「全員」「フォロー中のユーザーのみ」のどちらかに選択することもできます。

グループトークへの招待

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

「グループへの招待」(iOS版)/「グループへの招待通知」(Android版)をオフにすることで、グループトークに招待されると届く通知をオフにできます。

あくまでもLINEのグループに招待された際の通知が届かなくなるだけで、グループへの参加方法は変わりません。

LINE Pay

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

「LINE Pay」(iOS版)/「LINE Pay通知」(Android版)をオフにすることで、LINE Payで決済した際の通知を届かないように設定できます。ただし、セキュリティの観点から通知オフにしないほうが無難でしょう。

LINEの通知オフに関するよくある疑問点と答え

LINEの通知オフについて、よく挙がる疑問点とそれに対する答えをまとめます。

相手から通知をオフにされているか知る方法はある?

あなたが通知をオフにしても相手にバレないのと同様に、相手があなたとのトークの通知をオフにしていても、それを確認する方法はありません。

通知オフは、ブロックなどとは異なり、相手には何も影響を及ぼさない(通知オフされた側に目に見える変化が一切生じない)機能です。

電話(通話)の通知だけをオフにできる?

「通話の着信許可」をオフにすることで可能になりますが、通知だけでなく着信もしなくなるため注意が必要です(詳細)。

iOS版LINEの場合

Android版LINEの場合

「ホーム」タブの設定ボタン​→通話と進み、「通話の着信許可」をオフにしましょう。これで無料通話は着信しなくなります。

ただし「通話の着信許可」をオフにすると、不在着信の通知などもすべて届かなくなってしまいます。また、トークは友だち/グループごとに個別に通知をオフにできたのに対し、通話の着信をオフにするとすべてのLINE通話の着信が届かなくなってしまうので注意しましょう。

通知をオフにする時間指定はできる?

LINEアプリ内の通知設定では、「1時間停止」か「午前8時まで停止」のどちらかしか選択できません。ただし、OSのおやすみモード等を活用して、任意の時間を指定する手もあります。

LINEアプリ内ではユーザー自身で着信をオフにする時間を指定することはできず、「1時間停止」または「午前8時まで停止」のどちらかを選択して一時的に通知をオフにするしかありません。

しかし、iPhoneなら「集中モード(おやすみモード含む)」、Androidスマホなら「おやすみ時間モード」などを活用して、通知をオフにする時間帯を指定できます。

バッジの表示件数をオフにすることはできる?

iPhoneの場合、端末自体の通知設定から未読件数のバッジを非表示にできます。

iPhoneでは、未読メッセージがあるとホーム画面に未読件数がバッジとして表示されます(Androidスマホでも、バッジに対応した機種やホームアプリも一部あります)。

iPhoneでバッジの表示件数をオフにするには、LINEアプリではなく端末の「設定」アプリ​からおこないます。

設定アプリ​から通知LINEと進み、バッジをオフにします。これでホーム画面のバッジが非表示となります。バッジをオンに戻せば、未読件数のバッジも再び表示されます。

トークを非表示にすると通知はオフになる?

トークを非表示にしても、通知がオフになるわけではありません。

iPhone版LINEの場合

Android版LINEの場合

トークの通知がオンになっていれば、たとえトークを非表示にしたとしても、新しいメッセージを受信すれば通知とともにトークはトークリストに表示されます。

不要なトークを非表示にする際は、あらかじめトークの通知を個別にオフに設定したうえで非表示にするのが望ましいでしょう。

通知オフとブロックとの違いは?

通知オフでは相手のアクションが自分に通知されないだけですべての機能がそのまま使える一方、ブロックするとさまざまな機能が制限されます。

通知オフもブロックも、操作をおこなったことが相手に伝わることはありません。「通知が煩わしい」ということなら、通知をオフにするだけでよいでしょう。通知オフとは異なり、ブロックには次のような機能制限があります。

  • ブロックした相手は友達リストから消える
  • メッセージの送受信などトークルームのほとんどの機能が制限される
  • LINE通話の発着信ができなくなる
  • ブロックした相手はVOOMの投稿が見られなくなる
  • スタンプのプレゼント機能が使えなくなる
  • LINE Payの送金ができなくなる
  • LINEギフトのプレゼント・受け取り機能が制限される
検証バージョン
LINE
iOS
12.4.0
LINE
Android
12.6.1
EDITED BY
SORA