LINEで「着信拒否」する方法 相手にバレるのか、通話中に着信があったときはどうなる?

LINEで着信拒否する方法、相手にバレるのか、通話中に着信があったケースについても解説

無料で使えることから、スマホの電話よりも気軽に使えるLINEの通話機能。もし迷惑電話や苦手な人からの誘いなど出たくないLINE着信があったときは、すぐキャンセルボタンを押すか、応答しないのが基本ですが、相手によっては何回もしつこく着信があることも。

このようなケースのために、LINEでは相手の着信を拒否できる方法がいくつか用意されています。そこで本記事では、LINEで相手を「着信拒否」に設定・解除する方法ついてまとめました。加えて、着信拒否したら相手にバレるのか、通話中に着信があるとどうなるのか、などの疑問も解決します。

本記事で紹介しているLINEの音声通話における着信拒否の方法や相手にバレるかなどは、LINEのビデオ通話にも当てはまります。ビデオ通話を着信拒否したい人もぜひ参考にしてください

LINEの電話(通話)で相手を着信拒否する方法

LINEの通話による着信を拒否する方法は、下記3パターンが挙げられるでしょう。それぞれ影響範囲が異なるので、自身のニーズに合わせて設定してみてください。

通話の着信許可設定をオフにする 全ユーザーから通話着信しなくなる
相手をブロックする 着信拒否になるが相手とLINE上で一切連絡がとれなくなる
相手を非表示にしてから削除する 実用的な特定ユーザーの着信拒否(推奨)

通話の着信許可設定をオフにする

まず、特定の人物からの着信を拒否したい場合に「通話の着信許可設定」をオフにするのは、あまりおすすめできません。というのも、通話の着信許可設定をオフにすると、友だち全員からの着信を拒否することになるからです。

LINE通話 着信拒否 通話の着信許可設定をオフにする

通話の着信許可設定がオフの状態でLINE電話がかかってくると、問答無用ですべての着信を拒否し、上の画像のメッセージが届きます(発信側には通常の発信画面が表示され、ずっと応答がない状態になります)。着信拒否したくない人まで影響が及んでしまうので、急に通話がつながらなくなって家族や友だちに心配をかけてしまうかもしれません。

そのため、通話の着信許可設定は、着信拒否というより仕事中や就寝時に着信を拒否するマナーモード機能のような使い方が望ましいでしょう。なお、この設定にしていても自分からであれば通話をかけることは可能です。

LINE通話 着信拒否 通話の着信許可設定をオフにする LINE通話 着信拒否 通話の着信許可設定をオフにする

通話の着信許可をオフ(着信拒否)に設定するには「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通話]と進みます。一番上の[通話の着信許可]をオフにすれば設定完了です。

解除するには、通話の着信許可設定をオンに切り替えます。

相手をブロックする

LINEで相手をブロックしてしまえば、特定の相手の着信だけを拒否できます。ただ、ブロックするとLINE電話の発着信ができなくなることに加え、友だちリストから相手が消えてメッセージの送受信もできなくなります。

今後、相手とLINE上での連絡を一切絶ちたいわけではなく、LINE電話の着信だけを拒否したいといった場合には、後述する「相手を非表示にしてから削除する」方法をおすすめします。

LINE通話 着信拒否 ブロックする LINE通話 着信拒否 ブロックする

ブロックは、相手とのトークルームからおこないます。設定方法はかんたんで、右上の[∨]マークから[ブロック]をタップするだけです。以降は、メッセージの入力部分に「ブロック中」と表示され、LINE電話の発着信やメッセージの送受信、iOS版はアルバムの閲覧など、トークルームの機能のほとんどが制限されます。

解除したい場合は再び[ブロック]ボタンをタップすればOKです。

LINEで「ブロック」したら/されたらどうなるか、確認方法の最新まとめ

相手を非表示にしてから削除する

相手をブロックするほどではなく「メッセージは受信したいがLINE電話の着信だけ拒否したい」といった人におすすめなのが、この方法です。

LINE通話 着信拒否 相手を非表示にしてから削除する LINE通話 着信拒否 相手を非表示にしてから削除する

左:友だちではない(非表示削除した)人からの着信時右:友だちではない人からメッセージの受信はできる

LINEで友だちを非表示にしてから削除すると、その相手は友だちリストから削除され、LINE上でいう「友だち」ではなくなります。友だち状態にない人からLINE電話の着信を受けた場合、上の画像のメッセージとともに着信が拒否される仕組みです。しつこいようですが、メッセージは問題なく受信できます。

なお、トークルーム上部にある3つのボタンのうち[追加]をタップすると友だちリストに再追加され、着信拒否の状態も解除されます。

LINE通話 着信拒否 相手を非表示にしてから削除する LINE通話 着信拒否 相手を非表示にしてから削除する

LINEで友だちを非表示にしてから削除するには、まず「ホーム」タブの友だちリストから相手の名前を長押しし、表示されたメニューの中から[非表示]をタップします。

続いて、設定ボタン[]から[友だち]→[非表示リスト]と進み、任意の相手の名前の横にある[編集]ボタンをタップ。「削除」か「再表示」かを問われるので、[削除]を選択すれば完了です。

LINEで友達を削除するとどうなるか──相手への通知の有無、復活させる方法、友だちリストやタイムラインの変化などを徹底解説

LINEで着信拒否しても相手にバレることはない

上記3つの方法でLINE電話の着信を拒否した場合に、着信拒否していることがバレるのか、また相手のLINE上ではどのように表示されているのかは気になるところ。実際に上述の着信拒否方法をすべて試して、発信側(着信拒否されている側)の挙動を調べてみました。

LINE通話 着信拒否 相手にバレるか

結論からいうと、3パターンすべてで発信側に着信拒否がバレるような挙動はありませんでした。

通常時(着信拒否やブロックをしていない時)と同様に、発信者側ではしばらく呼び出しが続いた後に「応答がありません」と表示され、トークルームに「応答なし」というメッセージが投稿されます。ただ、相手が何度もかけ直してくる場合、毎回一切応答がないことから怪しまれる可能性は否めません。

通話中にLINEの着信があるとどうなる?

それではLINE通話中に、上の3パターンで着信拒否している相手から通話着信があったらどうなるのでしょうか。

LINE通話 着信拒否 相手にバレるか

通常時(着信拒否やブロックをしていないとき)は、発信側に即座に「〇〇は話し中のため応答することができません」といったアナウンスが表示され、受信側のLINEトークルームに不在着信の通知が届きます。

LINE通話 着信拒否 相手にバレるか LINE通話 着信拒否 相手にバレるか

着信拒否されている側(非表示削除したユーザー)の発信画面。話し中アナウンスは表示されない

一方、着信拒否している相手から通話中に着信があった場合、受信しないのはもちろんのこと、発信側(着信拒否されている側)には、「〇〇は話し中のため応答することができません」といった通常の話し中アナウンスが表示されません。呼び出し音が鳴り続けて、最終的に「応答なし」となります。

このように通話中では、着信拒否されている時とされていない時で発信者側に若干の挙動の違いがみられるものの、これがきっかけで相手に着信拒否がバレるといったことはまずないでしょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.11.0

EDITED BY MOEGI