LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢認証できない場合の対処法も

2019-04-12 11:42
記事タイトルとURLをコピーする

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢認証できない場合の対処法も

LINEID電話番号による検索をおこなう際などに必要な「年齢確認」。しかし格安SIMに変更したことで認証できなくなったり、大手キャリアを利用しているもののまだ年齢確認をしていないという人もいるでしょう。

そこで本記事では、​​そもそもLINEを使うのに年齢確認は必要なのかという点をはじめ、年齢確認の仕組み、格安SIM(MVNO)を使っていて年齢認証ができないときの対処法などについて紹介します。

LINEで年齢確認が必要なケース

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

その場にいない相手をLINEで友だち追加するとき、LINE IDや電話番号による検索が便利です。ただし、この機能を利用するには「年齢確認」が必要です。「ふるふる」や「QRコード」「招待」などには年齢確認は不要で、LINEを利用する上で年齢確認が必要になるシーンは、IDおよび電話番号検索を利用する場合のみとなっています(LINE IDの設定自体には年齢確認は不要です)。

LINE ID検索とは

LINEだけで利用できるユーザーの識別記号であるLINE IDを用いて、友だちを検索する方法です。LINE IDとは、プロフィールに表示される「表示名」や、​​メールアドレスやパスワードとも別物です。検索方法の詳細は下記の記事を参照。

電話番号検索とは

電話番号をLINE上に入力することにより、該当するユーザーを友だちとして検索・追加することができる機能です。​​目の前にいない相手を友だち追加するのに、LINE ID検索と同様に便利な方法です。詳細は下記の記事を参照。

LINEの年齢確認の仕組み

各携帯電話会社の年齢判定サービスを利用して、18歳以上または未満かを判別します。ユーザーが契約時に申し込んだ生年月日もしくは利用者登録制度に登録した利用者の生年月日をもとに認証がおこなわれます。認証の結果、18歳未満であればID検索に関する機能は利用できず、18歳以上であれば問題なく利用することができます。

iPhoneやAndroidスマホの種別にかかわらず、年齢認証が可能なのはNTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアのほか、LINEモバイル、ワイモバイルの回線ユーザーに限られます。UQモバイルや楽天モバイルなどほとんどの格安SIM(MVNO)では、年齢判定サービスを利用できないため年齢認証をすることができません。

LINEで年齢確認が可能な回線
  • au(KDDI)
  • NTTドコモ
  • ソフトバンクモバイル
  • ワイモバイル
  • LINEモバイル

LINEの年齢確認をする方法

LINEの年齢認証は「設定」から、またはID/電話番号による検索機能を使おうとすると表示される「年齢確認」画面から行えます。このほか、LINEアカウントの作成時にも年齢確認のステップが用意されています。ここでは、設定からの手順を紹介します。

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法もLINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

LINEの[友だち]タブから設定ボタン[]→[年齢確認]の順に進み、[年齢確認結果]をタップします。

年齢確認する前は「未確認」「不明」などと表示されています。

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

「年齢確認を行いますか?」と表示されたら、自分の契約キャリアを選択してください。

今回はドコモ回線の例で解説するので、[NTT docomoをご契約の方]を選択しました。

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法もLINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

NTTドコモの専用ページに遷移します。dアカウントでのログインを求められるので、IDとパスワードを入力してください。

なお、KDDIでは「au ID」、ソフトバンクとワイモバイルでは「My SoftBank」、LINEモバイルでは「LINEモバイルマイページ」上での認証作業となります。

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法もLINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

念のためログイン先URLを確認のうえ、[OK]をタップ。契約状況に基づいて年齢判定が行われ、年齢確認は完了します。すぐにLINEの「年齢確認結果」の画面へ切り替わります。

18歳以上だったので、問題なく[ID検索可]と表示されました。

格安SIM(MVNO)でも年齢確認を回避してID検索する方法

格安SIM(MVNO)ユーザーであっても、一部の事業者では年齢認証ができたり、年齢確認なしでIDや電話番号による検索を利用したりすることが可能です。

LINEモバイルとワイモバイルは年齢確認ができる

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

年齢確認ができないと思われがちな格安SIM(MVNO)ですが、「LINEモバイル」と「ワイモバイル」は例外。前述の手順と同様に、年齢認証をすることができます。

PC版LINEなら年齢確認なしでID/電話番号による検索自体は可能

LINEの「年齢確認」はどんなとき必要? 格安SIMなどで年齢確認できない場合の対処法も

左:LINE ID検索右:電話番号検索

PC(パソコン)版LINEを使用すれば、年齢確認なしでIDや電話番号による検索ができます。

手順も簡単です。PC版LINEにログインし、人型に+がついたアイコンをクリック。次に[友だち検索]を選択します。あとは、IDまたは電話番号のいずれかを選んで検索をかけるだけです。年齢確認が未完了の電話番号で登録をおこなったアカウントでしたが、友だちの検索に成功しました。ただし、検索したい相手側が年齢確認を済ませていない場合は、残念ながらIDや電話番号での検索は難しいでしょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.1.0、Android版9.1.1

LINEユーザーに読まれている記事

EDITED BY CK