LINEで「ID検索できない」ときの原因と対処法まとめ【追加許可・年齢確認・MVNOなど】

LINEで「ID検索できない」ときの原因と対処法まとめ【追加許可・年齢確認・MVNOなど】

LINE(ライン)で新たに追加したい友だちを探す方法の一つに「ID検索」があります。しかし、IDを正しく入力したのに相手のアカウントが検索結果に表示されない、格安SIMに移行してからID検索ができなくなったなどと、困っている人が少なくありません。

そこで本記事では、LINEで「ID検索ができない」ときに考えられる原因と、その対処法についてまとめて紹介します。

ID検索ができない場合に考えられる原因

LINEでID検索できない場合、状況に応じて複数の原因が考えられます。

対処すればID検索が可能になる場合と、ID検索以外の方法を試すべき場合があるため、まずはどのケースに当てはまるかを確認しましょう。

原因1:年齢確認が済んでいない(自分・相手)

LINEでは青少年をトラブルから守るため、18歳未満のユーザーによるID検索を制限しています。

携帯電話会社(キャリア)とのシステム連携による「年齢認証」が必須となっており、自分と相手の双方で年齢確認が済んでいないとLINE ID検索は利用できません。

【LINE】ID検索できない(年齢確認)

自分の年齢確認の状況を確かめるには、「ホーム」タブを開き、設定ボタン[]をタップして[年齢確認]を選択します。

【LINE】ID検索できない(年齢確認)【LINE】ID検索できない(年齢確認)

年齢確認が完了していない場合

年齢確認が済んでいない場合には「未確認」「不明」などと表示されるので、[年齢確認結果]の項目をタップして自身が契約しているキャリアを選択します(たとえばドコモと契約しているなら[NTT docomoをご契約の方]を選択する)。

【LINE】ID検索できない(年齢確認)【LINE】ID検索できない(年齢確認)【LINE】ID検索できない(年齢確認)

左:ドコモならdアカウントにログイン中:楽天モバイルなら楽天アカウントにログイン右:格安SIMなら契約している事業者を選択してログイン

その後は、各キャリアの案内に従って年齢認証を済ませます。ドコモならdアカウント、楽天モバイルなら楽天アカウントといったように、各キャリアのアカウントでログインします。注意事項を読み、画面の案内に従って操作すれば完了です。

格安SIMを利用している場合は、[その他の事業者をご契約の方]をタップし、契約しているMVNOを選択してください(mineo、IIJmio、イオンモバイルのいずれか)。その後、各事業者のマイページにログインします。

【LINE】ID検索できない(年齢確認)

年齢確認が完了している場合

年齢が認証されると「ID検索可」と表示され、検索できるようになります。年齢確認の方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

なお18歳未満のユーザーは、後ほど紹介する「QRコードやURL」などを利用して友達追加をおこないましょう。

原因2:IDを打ち間違えている

LINE IDは、20文字以内任意の半角英数字で構成されます。取得は早いもの順なので、案外複雑なものが多かったり記号が混じっていたりと、入力時に間違いやすいものも少なくありません。

いま一度、自身が入力しているIDが正しいか確認してみましょう。

原因3:相手が「IDによる友だち追加を許可」の設定をオフにしている

スパムや迷惑メッセージを防ぐために、相手が「IDによる友だち追加を許可」の設定をオフにしている可能性があります。この設定がオフになっていると、ID検索しても相手が検索結果に表示されなくなります。

【LINE】ID検索できない(IDによる友だち追加を許可)【LINE】ID検索できない(IDによる友だち追加を許可)【LINE】ID検索できない(IDによる友だち追加を許可)

「IDによる友だち追加を許可」をオンにするにも年齢確認が必要

IDによる友だち追加許可の設定は、「ホーム」タブを開いて設定ボタン[]→[プライバシー管理]と進んだ画面で確認できます。

相手に「IDによる友だち追加を許可」をオンにしてもらえれば、相手のアカウントがID検索の対象になります。なお、この設定をオンにするには、前述の年齢確認が必要となります。

原因4:ID検索の回数上限を超えた(Androidのみ)

【LINE】ID検索できない(検索の回数上限)

Android版LINEのID検索を一定回数利用すると、一時的に検索できなくなる

短時間で何回もLINE ID検索すると「規定の検索回数を超過しました。一時的にID検索機能をご利用いただけません」と表示され、ID検索ができなくなります。Android版LINEにのみ適用されている模様です。

この制限は通常、1時間程度で解消されます。制限がかかってしまったら、しばらく待ってから再検索してみましょう。なお、iOS版でも同じように試したところ、検索に制限はかかりませんでした(iOS版LINEバージョン11.9.0時点)。

原因5:非対応の格安SIMを利用している(UQモバイルなど)

【LINE】ID検索できない(格安SIM)

ID検索に必須となる年齢確認は、大手4キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au、楽天モバイル)との連携によっておこなわれるため、格安SIM(MVNO)やキャリアのサブブランドを利用していると、年齢確認できずID検索を使えないケースが多くなっています。

年齢確認が可能なキャリアおよび格安SIM(MVNO)は以下の通りです。

LINEで年齢確認が可能な回線
  • NTTドコモ
  • au(KDDI)
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル(MVNO回線は年齢確認不可)

UQモバイルなどは人気サブブランドとして知られていますが、LINEの年齢確認対象外の格安SIMとなっています。

上記以外の格安SIMを利用している場合、ID検索を可能にする方法はありません。友だち追加には「QRコード」「友だちからの紹介」など、ID以外の方法を検討しましょう。

チェック
電話番号でLINEアカウントを検索することもできる

ID検索と同じ画面で、電話番号によるアカウントの検索・追加もおこなえます。

【LINE】ID検索できない(電話番号検索)【LINE】ID検索できない(電話番号検索)

電話番号検索にも年齢確認が必要

相手の電話番号を入力して検索ボタンをタップすれば、その電話番号に該当するユーザーが表示され、友だち追加することができます。しかし、この電話番号検索も年齢認証が必要です。自分か相手のどちらかが年齢未確認だと検索できません。

LINEで電話番号検索ができないときの原因と対処法

原因6:PC版LINEやChrome版LINEでも年齢確認は必要

【LINE】ID検索できない(PC版)

PC版LINEでもID検索には年齢確認が必要

PC版LINE(Windows/Macデスクトップ)からも友だち追加は可能です。

しかし、ID検索するにはスマホ版LINEと同様、年齢確認が完了している必要がありますが、LINEアカウントを登録したスマホが非対応の格安SIMの場合、年齢確認ができません。

LINE ID 検索できない

Chrome版LINE

その抜け道として2020年8月頃まで、Chrome拡張機能版LINEを使えば年齢確認なしでID検索をおこなえましたが、現在はそれも利用できなくなっています。

後述するID以外の友達追加方法を検討するほかないでしょう。

原因7:そもそも相手がLINE IDを登録していない

LINE IDは設定が必須というものではないので、そもそも登録していないという人も多くいます。相手がLINE IDを設定していないのであれば、当たり前ですがID検索にもヒットしません。

この場合も、ID検索以外の友だち追加方法を試しましょう。

LINEでID検索ができない時の対処法

18歳未満であったり、年齢確認非対応の格安SIMを使っているなどの理由から年齢確認をおこなえず、ID検索ができない場合、別の方法で友だち追加することができます。

LINEで友達を追加する9つの方法と使い分け【2021年最新版】

QRコード/URLで友だち追加する

ID検索できない場合に有効なのが、「QRコード」による友だち追加です。自分のQRコードを相手に読み取ってもらう、あるいは相手のQRコードを読み取ることで、互いのアカウントを検出します。

特筆すべきは、メールやSNSで送付できるという点です。離れた場所にいる相手とも友だちになることができます。

【LINE】ID検索できないときの対処法(QRコード)【LINE】ID検索できないときの対処法(QRコード)

QRコードを利用するには、LINEで「ホーム」タブ右上の友だち追加ボタンをタップして[QRコード]を選びます。

【LINE】ID検索できないときの対処法(QRコード)【LINE】ID検索できないときの対処法(QRコード)

QRコードリーダーが起動するので、フレームに合わせて相手のコードを読み取ります。または[マイQRコード]をタップして、自分のQRコードを表示して読み取ってもらいます。

マイQRコードは、右のダウンロードボタンをタップで端末にQRコードを保存する、または共有ボタンからメールやSNSに送ることも可能です。近くに相手がいないときに使えるでしょう。

また、共有ボタンからメールなどにシェアするときは、QRコードから友だち追加用のURLを抽出することも可能です。

友だち自動追加をオンにして相手の電話番号で同期

相手の電話番号をアドレス帳に登録している場合、LINEで「友だち自動追加」機能をオンにして相手のアカウントを友だちに追加するという方法もあります。ただし、LINEでつながりたくない相手が友だちリストに登録されてしまったり、相手に通知が届いたりするリスクがあるため、注意が必要です。

LINEの電話帳同期(友だち自動追加)のリスク、「#」登録で同期しない方法【iPhone/Android】

【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち自動追加)【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち自動追加)

友だち自動追加をオンにするには、「ホーム」タブから設定ボタン[]を選択し、[友だち]を選択します。

友だちのメニューから「友だち自動追加」をオンにすれば完了です。

【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち自動追加)

相手のLINEでも「友だちへの追加を許可」が有効になっている必要がある

自分の「友だち自動追加」をオンにした上で、相手の「友だちへの追加を許可」もオンになっていれば、同期されて友だちに追加されます。

なお、「友だちへの追加を許可」をオンにする場合にも、意図しない相手とLINEでつながってしまう可能性があります。もともと設定をオフにしていた人は注意してください。

別の友だちに紹介してもらう(LINEトークで連絡先を共有)

すでにLINEで友だちであるAさんに、これから友だちになりたいBさんを紹介してもらうという方法があります。Aさんに対して、以下のように操作を依頼しましょう。

【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち紹介)【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち紹介)【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち紹介)

友だちを紹介する側の操作

紹介先(あなた)とのトーク画面を開き、画面下部の[+]をタップして[連絡先]→[LINE友だちから選択]と進みます。紹介したい友だちにチェックを入れて右上の[送信]でOKです。

【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち紹介)【LINE】ID検索できないときの対処法(友だち紹介)

友だちを紹介された側の操作

紹介先(あなた)とのトーク画面にBさんのアカウント(連絡先)がシェアされ、これをあなたがタップして[追加]を選べば、Bさんを友だちに追加できます。

相手が同じグループにいるならメンバーリストから友だち追加

相手と友だちではなくても、同じグループ(グループトークまたは複数人トーク)に参加しているならメンバーリストから、そのユーザーを友だち追加することが可能です。

【LINE】ID検索できないときの対処法(グループトーク)【LINE】ID検索できないときの対処法(グループトーク)【LINE】ID検索できないときの対処法(グループトーク)

同じグループに参加している人を友だち追加

トーク画面右上のメニューボタン[]から[メンバー]を選択すると、グループメンバーの一覧が表示されます。

ここで友だち追加したい相手を選択し、[追加]ボタンをタップすればOKです。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.9.0、Android版11.9.0

EDITED BY
AO
BOTAN