LINEで「ID検索できない」ときに考えられる原因と対処法まとめ【年齢確認・格安スマホなど】

LINE IDが「検索できない」ときに考えられる原因と対処法まとめ

LINEで新たに追加したい友だちを探す方法の一つに「ID検索」があります。しかし、IDを正しく入力したのに相手のアカウントが検索結果に表示されない、格安SIMに移行してからID検索ができなくなったなどと、困っている人が少なくありません。

そこで本記事では、LINEで「ID検索ができない」ときに考えられる原因と、その対処法についてまとめて紹介します。

ID検索ができない場合に考えられる原因

ID検索ができない場合、状況に応じて複数の原因が考えられます。対処すればID検索が可能になる場合と、ID検索以外の方法を試すべき場合がありますから、まずはどのケースに当てはまるかを確認しましょう。

年齢確認が済んでいない

ID検索を利用するには携帯電話会社(キャリア)とのシステム連携による「年齢確認」が必須となっています。自分・相手のどちらかの年齢確認が済んでいないことが原因でID検索ができないケースがあります。

設定画面から年齢確認に進む

年齢確認の状況を確かめるには、「友だち」タブを開き、設定ボタン[]をタップして[年齢確認]を選択します。

LINEの年齢確認が未確認 契約しているキャリアごとに年齢確認を行う

年齢確認が済んでいない場合には「未確認」「不明」などと表示されるので「年齢確認結果」のボックスをタップし、「キャリアをご契約の方」(この例ではNTT docomo)または「LINEモバイルをご契約の方」を選択します。

ソフトバンクの年齢認証画面 年齢確認結果の表示

その後は、各キャリアの案内に従って年齢認証を済ませます。ドコモの場合はdアカウントでログインした上で注意事項を読み、[実行]ボタンをタップすれば完了です。

【ドコモ年齢確認】LINEのID検索が18歳以上なのに使えない場合の対処法【利用者登録】

年齢が認証されると「ID検索可」と表示され、検索できるようになります。

18歳未満である

LINEでは青少年をトラブルから守るため、18歳未満のユーザーによるID検索を制限しています。ID検索にともなう年齢認証を利用してユーザーが18歳以上かどうかを判定され、18歳未満とされた場合はID検索を利用できません。

青少年保護を目的とした18歳未満ユーザーのLINE ID検索利用停止 : LINE公式ブログ

18歳未満のユーザーは、後ほど紹介する「ふるふる」や「QRコード」を利用しましょう。

相手が「IDによる友だち追加許可」の設定をオフにしている

スパムや迷惑メッセージを防ぐために、相手が「IDによる友だち追加許可」の設定をオフにしている可能性があります。この設定がオフになっていると、ID検索できなくなります。

「IDによる友だち追加許可」の設定

IDによる友だち追加許可の設定は、「友だち」タブを開いて設定ボタン[]→[プライバシー管理]と進んだ画面で確認できます。

プライバシー管理画面からIDによる友だち追加を許可にする IDによる友だち追加を許可するには年齢確認が必要

相手に「IDによる友だち追加を許可」をオンにしてもらえれば、相手のアカウントがID検索の対象になります。なお、この設定をオンにするには、前述の年齢確認が必要となります。

ID検索回数の上限を超えた

スパムや迷惑メッセージを防ぐため、ID検索の回数には制限があります。短時間で何回も検索すると「規定の検索回数を超過しました。一時的にID検索機能をご利用いただけません」と表示され、ID検索できなくなります。

ID検索の上限超過メッセージ

2018年12月時点では5回目でメッセージが出た

この制限は通常、1時間程度で解消されます。しばらく待ってから再検索してみましょう。

格安SIMを利用している(LINEモバイルとワイモバイルを除く)

ID検索に必須となる年齢認証は大手3キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)との連携によって行われるため、MVNOが提供する「格安SIM」を利用していると、年齢確認ができずID検索が使えません。例外として、LINEグループが展開する「LINEモバイル」と、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」に限っては、年齢確認が可能です。

格安SIMを利用している場合、ID検索を可能にする方法はPC版LINEを利用するほかありません(後述)。友だち追加には「QRコード」や「ふるふる」「友だちからの紹介」などID以外の方法を検討しましょう。

チェック
電話番号でLINEアカウントを検索することもできる

ID検索と同じ画面で、電話番号によるアカウントの検索・追加もおこなえます。

電話番号でのアカウント検索 電話番号の検索でも年齢確認が必要

相手の電話番号を入力し、虫眼鏡ボタンをタップすれば、その電話番号に該当するユーザーが表示され、友だち追加することができます。

しかし、電話番号検索も年齢確認が必要です。自分か相手のどちらかが年齢未確認、18歳未満、格安SIM(LINEモバイルとワイモバイル以外を除く)の場合には検索できません。

LINEで友達を「電話番号」で検索して追加する方法

ID検索ができない時の対処法

18歳以下であったり、格安SIMを使っているなどの理由から年齢確認を行えず、ID検索ができない場合、別の様々な方法で友だち追加することができます。

QRコードで友だち追加する(URLを送る)

ID検索ができない場合に有効なのが、「QRコード」による友だち追加です。自分のQRコードを相手に読み取ってもらう、あるいは相手のQRコードを読み取ることで互いのアカウントを検出します。

特筆すべきは、メールやSNSで送付できるという点です。離れた場所にいる相手とも友だちになることができます。

LINEの友だち追加画面 QRコードで友だち追加

QRコードを利用するには「友だち」タブを開き、[友だち追加(人型に+マーク)]をタップして[QRコード]を選びます。

QRコードリーダーで読み取る マイQRコードを表示

QRコードリーダーが起動するので、フレームに合わせて相手のコードを読み取ります。または[マイQRコード]をタップして、自分のQRコードを表示して読み取ってもらいます。

Android版のQRコード共有画面 IOS版のQRコード共有画面

左:Android版右:iOS版

マイQRコードを表示して右上の[V](Android版では[])をタップするとメールやSNSで共有できます。

QRコードをメールで共有する QRコードのリンクから友だちを追加する

メールの場合、相手にはこのように届きます。相手がリンクを押した後の画面で[追加]をタップすると、友だちに追加されます。

LINEのQRコードで友だちを追加する方法 2つの注意点

友だち自動追加をオンにして相手の電話番号を同期

相手の電話番号をアドレス帳に登録している場合、「友だち自動追加」機能をオンにして相手のアカウントを友だちに追加するという方法もあります。ただし、LINEでつながりたくない相手が友だちリストに登録されてしまったり、相手に通知が届いたりするリスクがあるため、注意が必要です。

LINEの電話帳同期(友だち自動追加)のリスク、「#」登録で同期しない方法【iPhone/Android】

友だち自動追加をオンにするには、「ホーム」タブを開き、設定ボタン[]を選択して下へスクロールし、[友だち]を選択します。

[友だち自動追加]をオンにすれば完了です。

設定画面から友だちを選択 友だち自動追加をオンにする

自分の「友だち自動追加」をオンにした上で、相手の「友だちへの追加を許可」もオンになっていると、同期されて友だちに追加されます。

「友だちへの追加を許可」をオンにする

「友だちへの追加を許可」をオンにする場合にも、意図しない相手とLINEでつながってしまう可能性があります。もともと設定をオフにしていた人は注意してください。

LINEの「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違い

別の友だちに紹介してもらう(トークで連絡先を共有する)

すでに友だちであるAさんに、これから友だちになりたいBさんを紹介してもらうという方法があります。Aさんに以下の操作を依頼しましょう。

トーク画面を表示 メニューの中から連絡先を選択

紹介先(あなた)とのトーク画面を開き、画面下部の[+]をタップして、[連絡先]を選択します。

連絡先をLINEか端末か選択 紹介したい連絡先を選択

[LINE友だちから選択]をタップして、紹介したい友だちにチェックを入れ、[選択]をタップします。

ちなみに[端末の連絡先から選択]をタップすると、アドレス帳に登録した電話番号やメールアドレスを送信できます。

トークで連絡先が投稿される 連絡先が表示される

紹介先(あなた)とのトーク画面にBさんのアカウント(連絡先)がシェアされ、これをあなたがタップして[追加]を選べば、Bさんを友だちに追加できます。

LINEで友達のアカウントを別の友達に教える(紹介する)方法、IDが使えない時に便利

「ふるふる」で追加する

「ふるふる」を使えばID検索は不要ですし、複数人と同時に友だちになれる利点があります。ただし、目の前にいる相手に限られます。また、端末の位置情報サービス(GPSなど)の設定をオンにしておかなければなりません。

iOS版のGPS機能設定 Android版のGPS機能設定

左:iOS版右:Android版

位置情報をオンにするには、端末の「設定」から、[プライバシー](Androidの場合は[位置情報]など)を選択します。位置情報がオフになっているなら、タップしてオンに切り替えます。  

その上でLINEの「ホーム」タブを開き、[友だち追加(人型に+マーク)]→[ふるふる]を選びます。相手にも同じように「ふるふる」を起動してもらいましょう。

友だち追加画面でふるふるを選択

互いに端末を小刻みに振ります。相手のアカウントが検出されたらチェックを入れ、[追加]をタップすると「リクエスト中」と表示されます。

ふるふるしている最中の画面 相手のアカウントが検出される

相手があなたを友だちに追加することで、友だち登録完了となります。

LINE「ふるふる」の仕組みと友だち追加方法、使えない時の権限/位置情報の確認など

年齢確認なしでもPC版LINEではID検索できる

PC(パソコン)版LINEであれば、年齢認証を行わなくてもID・電話番号検索ができます。PC版LINEでID検索して友だちを追加することで、スマホ版LINEにも反映されます。

ただし、相手側が年齢認証をして「IDによる友だち追加を許可」設定を有効(オン)になっていなければ、検索自体は可能でもID検索にヒットしません。

PC版LINEでID検索をする

PC版LINEにログインしたら、[友だち追加(人型に+マーク)]→[友だち検索]と進みます。友だち検索の画面で「ID」にチェックを入れ、相手のIDを入力するとアカウントが検出されます。最後に[追加]をクリックすれば、友だちに追加完了です。

EDITED BY MOEGI