LINE「オープンチャット」の始め方──使い方の基本とコツを紹介

LINE「オープンチャット」の始め方──使い方の基本とコツを紹介

2019年8月より「オープンチャット機能」が利用できるようになりました。オープンチャットは、LINEの友だちではないユーザーとも交流できるチャット機能です。

本記事では、そもそもオープンチャットとは何なのか、オープンチャットを始めるにはどうしたらいいのか、といった初歩的な部分から、オープンチャットを上手に活用するコツなどを解説します。

LINEの「オープンチャット」とは?

LINEのオープンチャットは、誰でも参加できるグループを作成して友だち以外のユーザーとも交流できる新しいチャット機能です。

LINE オープンチャット

Image:LINE

オープンチャット機能の主な特徴として、次の5つが挙げられます。

オープンチャット機能の主な特徴
  1. LINEのトークをベースにしたチャット機能
  2. 全体公開のほか、招待・承認が必要なクローズドなチャットも作成可能
  3. LINEアカウントとは異なるプロフィール(ユーザー名・アイコン画像)をチャットごとに設定可能
  4. トークルームは最大5000人まで参加可能
  5. 途中から参加しても過去のトーク履歴を遡れる

たとえば、共通の趣味を持つユーザーと交流を持ちたいという場合は全体公開でのチャットに参加、会社や学校など限られたコミュニティ内で利用する場合は招待・承認が必要なクローズドなチャットに参加、といった使い分けが可能です。

普段のLINEアカウントで使用しているユーザー名とは異なるプロフィール(ユーザー名・アイコン画像)をチャットごとに設定できるため、本名を明かしたくない場合などに活用できます。

ひとつのトークルームにつき最大5000人まで参加可能。通常のグループトークだと途中参加したユーザーは過去のトークを見ることはできませんが、オープンチャットの場合は自分が参加する前の過去のチャットであっても遡って閲覧できます。

オープンチャットに参加してみた

上記の手順でオープンチャットを開始して実際にオープンチャットに参加してみたので、その手順についても解説します。

1オープンチャットのトップページにアクセスする

LINEオープンチャット 始め方 LINEオープンチャット 始め方

左:「ホーム」タブの友だちリスト内から[オープンチャット]を選択右:トークタブのLINE オープンチャット 作成 ボタンから[オープンチャット]を選択

オープンチャットのトップページにアクセスする方法は2つ用意されています。

  • トークタブの右上にあるLINE オープンチャット 作成 ボタンから[オープンチャット]をタップ
  • 「ホーム」タブの友だちリスト内から[オープンチャット]をタップ

2参加するオープンチャットを選択

LINE オープンチャット 参加する方法

友だちリストから[オープンチャット]を選択すると、オープンチャットの画面が表示されます。チャットが一覧から参加したいオープンチャットを選択しましょう。

3「参加」をタップ

LINE オープンチャット 参加する方法 LINE オープンチャット 参加する方法

参加したいオープンチャットを選択したら[参加]をタップ。次の画面で同意を求められるので、[同意]をタップしてください。

4プロフィールを設定

LINE オープンチャット 参加する方法

選択したオープンチャット内で使用するニックネームとアイコン画像を設定しましょう。

ここで設定したプロフィールはこのチャット内のみで使用されます。別のチャットに参加する場合、また別のプロフィールを設定できます。

プロフィールを設定したら、[参加]をタップしてください。

5オープンチャットへの参加完了

LINE オープンチャット 参加する方法

上記画像は、上の手順で参加したトークルームのものではなく、筆者が作成したトークルームのもの

これでオープンチャットに参加できます。オープンチャットでは自分が参加したよりも前のトークも遡って閲覧できます。

オープンチャットの基本的な使い方とコツ

オープンチャットを利用するうえで、覚えておきたいコツ・便利機能を紹介します。

使い方の基本:基本はいつものグループトークと同じ

オープンチャットは新しい機能ですが、メッセージやスタンプ、写真、動画などを投稿する点では通常のグループトークとほぼ同じです。

LINE オープンチャット 参加する方法

ただし、グループトークで使える機能すべてがオープンチャットでも使えるというわけではありません。

オープンチャットではファイルの添付や位置情報の送信、LINE Keep、投票機能は利用できますが、LINE LIVEや連絡先機能、送金依頼、LINEギフト、あみだくじなどの機能は利用できません。

コツ1:プロフィールはトークルームごとに変えられる

オープンチャットでは、いつも使っているLINEアカウントのプロフィールとは異なるプロフィールを設定できます。

しかも、使用するユーザー名やアイコン画像はトークルームごとに設定でき、いつでも変更できます。

「普段のLINEアカウントは本名を設定しているけど、オープンチャットではニックネームで利用したい」という人には嬉しい仕様でしょう。

LINE オープンチャット プロフィール設定 LINE オープンチャット プロフィール設定

変更したプロフィールは即時反映され、そのチャットルームで過去に送信したメッセージすべてに適用されます。

プロフィールを変更する方法は以下の記事で詳しく解説しています。

コツ2:大事なオープンチャット以外は通知オフがオススメ

オープンチャットは最大5000人が参加できるため、大人数が参加しているとトークが飛び交って通知が煩わしく感じてしまうことがあるかもしれません。

オープンチャット内のの設定から通知オン・オフにする オープンチャット内のの設定から通知オン・オフにする

左:iPhoneの場合右:Androidの場合

よほど大事なオープンチャット以外は、通知をオフにしておくのがオススメです。オープンチャットの通知をオフにする方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

コツ3:リプライ・メンション機能を活用しよう

オープンチャットには大人数のユーザーが参加する場合があるため、自分が投稿するメッセージが誰に向けて発信するものなのかを明確にしておくと伝わりやすいでしょう。

そういったときは、リプライ機能とメンション機能を利用するのが便利です。

LINEオープンチャット リプライ・メンション機能 LINEオープンチャット リプライ・メンション機能

左:リプライ機能右:メンション機能

リプライ機能とメンション機能の違い

  • リプライ機能:「@(ユーザー名)」と表示され、特定の相手にメッセージを知らせる機能。誰かを指名して話しかけるシーンなどに役立つ
  • メンション機能:トーク内で送受信されたメッセージに対して引用するかたちで返信する機能。誰のどのメッセージに対する返信なのかがわかりやすい

リプライ機能とメンション機能については、以下の記事で詳しく解説しています。いずれも通常のグループトーク時に利用するケースをもとに解説していますが、オープンチャットでも同様の手順で利用できます。

コツ4:投票機能が便利

オープンチャット内のメンバーで何かを決めたいときは、投票機能が便利です。投稿機能は通常のグループトークだけでなく、オープンチャットでもグループトークは利用できます。

LINEオープンチャット 投票機能 LINEオープンチャット 投票機能

左:投票の選択肢を作成する画面(テキスト)右:投票の選択肢を作成する画面(日付)

LINEオープンチャット 投票機能 LINEオープンチャット 投票機能

左:投票結果画面(テキスト)右:投票結果画面(日付)

投票の選択肢はテキスト(画像の添付も可能)と日付の2種類。用途にあわせて使い分けましょう。投票期限の設定や匿名投票の作成なども可能です。

なお、投票機能は誰でも利用できるわけではなく、トークルームの管理者または管理者に投票機能を利用できる権限が与えられた共同管理者のみです。管理者が全メンバーに投票機能を利用できるように設定していた場合、誰でも利用できます。

投票機能の詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

コツ5:保存しておきたい情報はノート機能で

LINEオープンチャット ノート機能 LINEオープンチャット ノート機能

左:参加者に向けた注意書きイメージ右:リレー形式の写真投稿イメージ

オープンチャットのトークルームでは、メッセージがどんどん送信されて、話の流れを追いづらくなります。また、テキストの保存期間は180日程度、画像の保存期間は30日程度とされているため、後でメッセージを確認できなくなってしまいます。

そんなとき便利なのがノート機能です。管理者が参加者に向けて注意事項を掲出したり、テーマを決めてリレー形式で写真を投稿し合ったりする際に活用できるでしょう。

ノート機能の詳細は下記記事で解説しています。通常のグループトーク時に利用するケースをもとに解説していますが、オープンチャットでも同様の手順で利用できます。

コツ6:管理者・共同管理者ならアナウンス機能の利用は必須

LINEオープンチャット アナウンス機能

トーク内でやりとりした特定のメッセージをトークルームの最上部に常時表示させておくことができるアナウンス機能。トークルーム内のルールやイベントの集合時間など、周知させておきたいメッセージを固定表示しておけます。

LINEオープンチャット アナウンス機能 LINEオープンチャット アナウンス機能

左:管理者・共同管理者はアナウンス機能が利用できる右:管理者・共同管理者以外はアナウンス機能を利用できない

アナウンス機能は全てのユーザーが設定できるわけではなく、管理者または共同管理者のみ設定可能です。通常のユーザーは長押しタップをしても[アナウンス]は表示されません。

参考:オープンチャットを始められない? 先行利用版の時点の開始手順を紹介

オープンチャットは8月8日に一部ユーザーに向けた先行利用版を案内しており、8月19日から正式版をリリースしました。ここでは先行利用版の時点でのオープンチャット利用開始手順を参考情報として掲載しておきます。

1専用のURLをタップする

まずは下記のURLをタップしましょう。

https://w.line.me/openchatactivate/

LINE オープンチャット 始め方

URLをタップしたら、[Login]をタップしてください。

「対応していないか不正なURLです。」と表示されたら…

SNSなどからトークルームのURLを受け取った場合、先行利用期間中は「対応していないか不正なURLです。」と表示される場合があります。その場合は、本記事の手順に沿って利用を開始しましょう。

2権限を許可する

LINE オープンチャット 始め方

LINEの権限を許可する画面に遷移します。内容を確認のうえ、[同意する]をタップします。

3「オープンチャットをはじめる」をタップ

LINE オープンチャット 始め方 LINE オープンチャット 始め方

次の画面で[オープンチャットをはじめる]をタップします。その際、画面が遷移することはありません。「オープンチャットを利用できます」という表記に変わったことを確認しましょう。

4LINEアプリを再起動する

LINE オープンチャット 始め方

LINEアプリを再起動しましょう。再起動しないとオープンチャットを始められない場合があります。

5ホームタブの「友だちリスト」のグループから「オープンチャット」を選択

LINE オープンチャット 始め方

ホームタブの「友だちリスト」のグループに、「オープンチャット」という項目が追加されています。タップして参加してみましょう。

EDITED BY AO