LINEは「電話番号なし」で登録できる? SMS・通話ができない端末でLINEを使う方法

LINEは「電話番号なし」で登録できる? SMS・通話ができない端末でLINEを使う方法

FacebookログインによるLINE(ライン)のアカウント作成機能が終了したことに伴い、「電話番号なし」でLINEに新規登録することはできなくなりました。

とはいえ、SMS・通話機能を持たないデータ通信専用の格安SIM/スマホや、Wi-Fi運用のSIMなしタブレットなどでも、固定電話やガラケーなどの電話番号が別途用意できれば、LINEのアカウントを作成することは不可能ではありません。

本記事では、「電話番号なしの端末」でLINEアカウントを登録する方法や注意点について解説します。

LINEに登録する方法は「電話番号認証」のみに

LINE 電話番号なし

以前は「Facebookアカウント」連携によるアカウント登録機能があったため、電話番号を持たない端末でも簡単にLINEアカウントの新規登録ができました。

しかし残念ながら、2020年4月上旬頃にFacebookアカウントによる登録機能の提供が終了。それに伴い、LINEの新規登録方法は電話番号によるSMS・通話認証の一択となってしまったのです。

LINE 電話番号なしLINE 電話番号なし

LINEのアカウント引き継ぎではFacebookログインが選択可能

Facebookログインが利用できなくなるのは、あくまでもLINEアカウントの「新規作成時のみ」です。

すでにFacebookログインによってLINEアカウントを登録して使っているユーザーは、引き続きLINEを利用できます。また、機種変更などでLINEアカウントを引き継ぐ際にも、Facebookログインは利用可能です。

電話番号を持たない端末でLINEを使う方法

あくまでLINEの登録時にSMSもしくは通話による認証ができればいいので、必ずしも「電話番号を持ったスマートフォン」が必要なわけではありません。ここでは、2つの方法を紹介します。

方法1:データ通信専用プランにSMSオプションをつける

SMS

SMS機能さえ使えれば、LINEアカウントの認証はできます。純粋なデータ通信専用プランを契約している場合は、追加でSMS利用オプションをつけるのがてっとり早いでしょう。

たとえばMVNOのmineo(マイネオ)では、au回線なら0円、ドコモ回線は月額132円、Softbank回線は月額198円の追加料金でSMS機能を利用できます。ただし、SMS機能を追加するにあたって、SIMカードの交換手数料や変更事務手数料が発生するケースが多いので注意が必要です。

もしくは、SMS機能に標準で対応しているサービスに乗り換えるのも手でしょう。楽天モバイルなら、SMSおよび通話機能が標準搭載されたプランを最低価格0円から利用できます。

方法2:固定電話やガラケーなどの電話番号で通話認証する

固定電話 ガラケー

家の固定電話など、他に使えそうな電話番号があれば音声通話での認証を通してLINEアカウントを登録できます。この方法なら、データ通信専用プランを契約しているスマホだけでなく、Wi-Fi運用のSIMなしタブレットでもLINEの利用が可能です。

アカウント Facebook連携に変更

アカウントをFacebookに連携してログインし直すと、LINEに登録していた電話番号を解除できる

アカウントの作成時に認証さえできれば、後からその電話番号を解除して「Facebook連携アカウント」に変えることもできます(方法は下記記事を参照)。

ずっと登録しておく必要はないので、普段使わない番号でも問題ありません。ただし、050から始まる電話番号や、仮想電話番号を使ってのアカウント作成はできないので注意してください。

1スマホ、もしくはタブレットにLINEアプリをインストールして起動

LINE 電話番号なしで登録する

LINEアカウントの新規登録は、スマホとタブレット(iPad・Androidタブレット)でおこなえます。

かつてはPC版LINEでも固定電話などの電話番号を利用したアカウントの新規作成が可能でしたが、バージョンアップに伴って利用できなくなっています。

SMSや通話機能がないスマホ、もしくはWi-Fiモデルのタブレットなどを用意し、Google PlayやApp StoreからLINEアプリをインストールしてください。

LINE 新規登録

LINEアプリを起動したら、最初の画面で[新規登録]を選択します。

2固定電話などの電話番号を入力

LINE 電話番号なしLINE 電話番号なし

次の画面で、固定電話などの認証に使いたい電話番号を入力し、[→]ボタンをタップします。すると「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります」のメッセージが表示されるので、[送信]を押します。

SMS機能でなく音声通話で認証する場合も、ひとまず[送信]を押してください。

3通話でアナウンスされた認証番号を入力

LINE 電話番号なしLINE 電話番号なし

続く画面で[通話による認証]をタップし、注意事項に問題なければ[OK]を選択します。

しばらくすると入力した電話番号宛てに270で始まる番号から着信があり、「こちらはLINEです。認証番号は○○○○です」というアナウンスが流れます。アナウンスされた認証番号を30分以内に入力しましょう。

4「新規作成」を選択する

「新規作成」を選択する

認証した電話番号がどのアカウントにも紐付いていなければ上の画面が表示されるので、[アカウントを新規作成]をタップします。

まれに認証した電話番号が以前LINEに登録されていた場合、そのLINEアカウントに設定されていた名前が画面に表示されます。この場合は、[いいえ、違います]のボタンをタップしてください。

5パスワードを登録する

パスワード登録

続いて、LINEアカウントにログインするためのパスワードを登録します。半角英字と半角数字の両方を含む半角6文字以上で任意のものを設定してください。

このパスワードは、機種変更時のLINEアカウント引き継ぎに必要となるほか、端末の故障や紛失にLINEアカウントを復旧する備えにもなる非常に大事なものです。

6プロフィールアイコンと名前を決める

アイコンと名前を設定する

ここで、アカウントのアイコンと名前を登録しましょう。丸いプロフィールアイコンをタップすると、写真の撮影またはアルバムから写真を選択できます。

アイコンと名前はいつでも変更可能なので、ひとまず暫定的なものを設定しておいても構いません。

7友だち追加設定・年齢確認をおこなう

LINE 電話番号なしで登録するLINE 電話番号なしで登録する

続いて、友だち追加設定のオン・オフ設定と、年齢確認の画面が表示されます(いずれも後から設定可能です)。

友だち追加設定については、両方[オフ]にしておく(チェックを両方外す)ことを推奨します。特に固定電話の電話番号で登録する場合、つながりたくない相手とLINEで友だちになってしまう可能性があります。

年齢確認は、2021年5月時点で以下の回線で可能です。それ以外の格安SIMでは、年齢判定サービスを利用できないため年齢認証をすることができません。

LINEで年齢確認が可能な回線
  • NTTドコモ
  • au(KDDI)
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル(MVNO回線は年齢確認不可)

LINE「年齢確認」のやり方──対応する格安SIM、認証できないケースなどを解説

8サービス利用の確認項目に目を通す

サービス向上のための情報利用に関するお願いサービス向上のための情報利用に関するお願い

最後に「サービス向上のための情報利用に関するお願い」が表示されます。目を通して問題なければ[同意する]、気がかりなことがあれば[同意しない]を選択します。

ここで[同意しない]を選択しても、LINEは利用できるので安心してください。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.6.0、Android版11.7.2

EDITED BY
MOEGI