LINEで複数アカウントを作成する方法とは? 注意点についても解説

LINEで複数アカウントを作成する方法とは? 注意点についても解説

友達や家族とのコミュニケーションだけでなく、最近は仕事の連絡にもLINEを活用する人が増えているようです。ただ、自分のLINEアカウントを仕事でも使う場合、プライベートで送るはずだったメッセージをうっかり上司に送ってしまったりと、予期せぬ“誤爆”に見舞われることもあるでしょう。

そんなとき、LINEのアカウントを複数作って、プライベート用と仕事用などに使い分けたいと思う人も多いはず。本記事では、LINEアカウントを複数作るときのリスクや注意点について説明した上で、実際に2つ目のLINEサブアカウントの作成方法を解説します。

LINEアカウントを2つ以上複数作成するときの注意点

そもそもLINEアカウントは、1人が複数持つことは想定されていません。2つ目のアカウントを作れないわけではありませんが、利用にはさまざまな制限やリスクがあるので、事前に確認しておきましょう。

作成できるアカウントは1つの電話番号につき1つまで

LINEアカウントは原則、スマホで電話番号認証して作成するもの。そのため、もともと1つの電話番号につき1つまでしかアカウントを持てない仕組みになっています。

LINE アカウント 複数作成

LINEアカウントの作成時には電話番号認証が求められる

しかし、電話番号を使わない「Facebook認証」で作成したアカウントについては例外です。Facebook連携で作成したアカウントは、電話番号で作成した本アカウントに加えて、2つ目のサブアカウントとして利用できます(詳細は後述)。

ログインできるのは1台のスマホにつき1アカウントまで

1つのLINEアカウントにつき、ログインしておける「スマホ」は1台のみです。同じLINEアカウントを複数のスマホで使おうとすると、直前に使っていたスマホからはLINEのデータがすべて削除されてしまいます。

LINE アカウント 複数作成

ログインが完了すると以前の端末では利用できない

また、LINEでは基本的に1人1アカウントの利用が想定されているため、スマホ版LINEには「ログアウト」という機能が存在しません。そのため、仮にFacebook認証によるサブアカウントを持っていても、アカウントを切り替えるには一度スマホからLINEアプリをアンインストールし、再インストールする必要があります。

詳細は後述しますが、LINEアプリのアンインストールにはデータ消失のリスクも伴います。2アカウントをシーンごとに使い分けたいと思っている人は、スマホではなく、次で紹介するPC版LINEやiPad版LINEでサブアカウントにログインして使う方法がおすすめです。

PC版/iPad版LINEはスマホ版LINEと同時ログインが可能

LINE アカウント 複数作成

前述のとおり、同じLINEアカウントを複数のスマホで使うことはできませんが、PC版・iPad版・Chrome版のLINEでは、スマホ版LINEと同じアカウントでの同時ログインが可能です。

ただしこの場合でも、同時ログインできるのは最大で、スマホ版LINE +PC版/iPad版/Chrome版LINEのどれか1デバイスのみとなります。

また、スマホ版LINEと違ってPC版・iPad版・Chrome版LINEからは「ログアウト」ができるため、本アカウントとサブアカウントの使い分けにも便利です。PC版やiPad版のLINEを使うには、メールアドレスの登録が必須なのであらかじめ準備しておきましょう。

PC版LINEの登録ログインと使い方──パソコン版LINEならではの裏ワザ機能も解説
iPadでLINEに新規登録/ログインして使う方法──通話や着せかえなどの機能も解説

方法1:Facebook認証で2つ目のLINEアカウントを作成する

格安SIM/スマホの音声通話なしプラン(データ専用プラン)を契約している人のように、「電話番号を持っていない」場合でもスマホで作成できるのが、Facebookで認証したLINEアカウントです。すでに電話番号で作成したLINEアカウントを持っている人でも、Facebookアカウントを持っていれば2つ目のLINEアカウントとして作成できます。

ただし、Facebook認証で2つ目のアカウントを作成するには、一度LINEアプリのアンインストールしなければなりません。アンインストール後、再び本アカウントにログインする際、事前にしっかりバックアップ等をしておかないと、ログインに失敗して本アカウントのLINEの利用データを失うケースもあります。

2つ目のLINEアカウント作成は、このリスクを承知のうえ進んでください。

1必要であればFacebook連携を解除する

LINEの本アカウントとFacebookがすでに連携している場合、FacebookアカウントでLINEにログインしても新規のアカウントは作成されず、既存のアカウントにログインされてしまいます。そのため、あらかじめ解除しておく必要があります。

LINE アカウント 複数作成 Facebook連携の解除 LINE アカウント 複数作成 Facebook連携の解除

Facebook連携を確認するには、設定ボタン[]から[アカウント]へと進みます。

Facebookの項目の横のボタンに[連携解除]と表示してあれば、タップして連携を解除してください。[連携する]が表示してあれば、特になにもしなくて大丈夫です。

2パスワード登録の確認やトーク履歴のバックアップなどの準備

Facebookアカウントから本アカウントに戻りたい場合、再度LINEアプリをインストールし直さなければなりません。インストール後に以前とまったく同じ環境で本アカウントを使うには、LINEアカウントの引き継ぎ時と同じように準備が必要です。

以下の2点は特に重要なので、確実にやっておきましょう。

チェック
LINEアプリのアンインストール前にすべき主な準備
  • パスワード・電話番号・メールアドレス登録の確認
    • 設定ボタン[]から[アカウント]と進み、未登録のものがあれば登録してください。
  • トーク履歴のバックアップ
    • 設定ボタン[]から[トーク]→[トーク履歴のバックアップ]と進み、画面の案内に従ってバックアップをとっておきます。

下記記事にアカウント引き継ぎに必要な準備が詳しく書いてあります。こちらも参考にしてみてください。

3LINEアプリをアンインストール・再インストールする

LINE アカウント 複数作成 LINEアプリをアンインストール LINE アカウント 複数作成 LINEアプリをインストール

準備ができたら、スマホの「設定」アプリやホーム画面からLINEアプリをアンインストールします。続いて、AndroidならGoogleストア、iOSならApp StoreでLINEを再インストールしましょう。

4Facebookアカウントでログインし、アカウントを新規作成する

LINE アカウント 複数作成 Facebookアカウントでログイン LINE アカウント 複数作成 Facebookアカウントでログイン

インストール後、LINEアプリを起動したら最初の画面で[はじめる]をタップ。次に「この端末の電話番号を入力」という画面が表示されるので、電話番号は入力せずに左下の[Facebookログイン]を押します。

LINE アカウント 複数作成 Facebookアカウントでログイン LINE アカウント 複数作成 Facebookアカウントでログイン

次の画面で[Facebookログイン]をタップすると、Facebookアプリかブラウザが開きます。ここで、Facebookに登録している電話番号かメールアドレス、パスワードを入力し、[ログイン]を押してください。

もしFacebookアカウントを持っていなければ、[新しいFacebookアカウントを作成]からアカウントの新規登録をおこないます。

LINE アカウント 複数作成 Facebookアカウントでログイン

無事にログインが完了すると、[アカウントを新規登録]という画面が表示され、Facebookに登録している名前とプロフィール写真が流用されます。自分のもので間違いなければ[→]をタップしましょう。

最後に、年齢確認や友だち追加の設定をして、Facebook認証によるLINEアカウント作成は完了です。作成した2つ目のLINEアカウントには、PC版・iPad版LINEからもログインできます。

前述のとおり、本アカウントに切り替えたいときは一度LINEをアンインストールし、インストールし直したら今度はFacebookログインではなく、LINEに登録している電話番号とパスワードでログインしてください。

方法2:固定電話やガラケーの番号で2つ目のLINEアカウントを作成する

自宅の固定電話やガラケーなど、スマホとは別の電話番号を持っている人は(SMS受信または通話できることが条件)、PC版LINE上で2つ目のLINEアカウントを持てます。

この固定電話などで作成したLINEアカウントは、PC版LINEでのみ使えるものなので、スマホ版LINEでは利用できません。仕事用はPC版LINE、プライベートはスマホ版LINEとアカウントもデバイスも分けて使うには便利でしょう。

アカウントの作成方法については、下記記事で詳しく解説しています。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.11.0

EDITED BY MOEGI