LINEで複数アカウントを作成する方法とは? 注意点についても解説

LINEで複数アカウントを作成する方法とは? 注意点についても解説

LINE(ライン)のアカウントを複数作って、プライベート用と仕事用といったように使い分けたいと思う人も多いはず。しかし、Facebookログインによるアカウント作成機能の提供終了に伴い、2つ目のサブアカウントを作成することは難しくなってしまいました。

とはいえ、固定電話やガラケーの電話番号とタブレット端末などがあれば、サブアカウントの作成は不可能ではありません。また、シーンごとにアカウントを複数使い分けるという用途なら、「オープンチャット」や「LINE WORKS」の利用もおすすめです。

LINEアカウントを2つ以上複数作成するときの注意点

そもそもLINEアカウントは、1人が複数持つことは想定されていません。複数アカウントの取り扱いにはさまざまな制限やリスクがあるので、事前に確認しておきましょう。

Facebook認証によるアカウント作成はできない

LINE 複数 アカウント

以前は「Facebookアカウント」連携によるアカウント登録機能があったため、メールアドレスさえあれば簡単に2つ目のLINEアカウントを作成できました。

しかし残念ながら、2020年4月上旬頃にFacebookアカウントによる登録機能の提供は終了。現状、LINEの新規登録方法は「電話番号」によるSMS・通話認証の一択なので、2つ目のサブアカウントの作成はかなりハードルの高いものとなってしまいました。

LINE 電話番号なし LINE 電話番号なし

Facebookログインが選択可能

とはいえ、Facebookログインが利用できなくなるのは、あくまでもLINEアカウントの新規作成のみです。

すでにFacebookログインによって作成したサブアカウントを使っているユーザーは、引き続きアカウントを利用できます。また、機種変更などでLINEアカウントを引き継ぐ際にも、Facebookログインは利用可能です。

ログインできるのは1台のスマホにつき1アカウントまで

1つのLINEアカウントにつき、ログインしておける「スマートフォン」は1台のみです。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

LINEにはログアウト機能がないためアカウントの切り替えにはアンインストールが必要

そのため、仮に固定電話などで作成したサブアカウントを持っていても、アカウントを切り替えるには一度スマホからLINEアプリをアンインストールし、再インストールしなければなりません。

アンインストールすると、直前に使っていたスマホからLINEが強制的に“ログアウト”され、トーク履歴などバックアップをとっていないデータがすべて削除されてしまいます。

可能であれば、仕事用はiPad版LINE、プライベートはスマホ版LINEといったように、デバイスを分けて使ったほうが安全でしょう。

方法1:固定電話やガラケーの電話番号で2つ目のLINEアカウントを作成する

LINE 電話番号なし

自宅の固定電話やガラケーなど、スマホとは別の電話番号を持っているなら、iPad・Androidタブレット、もしくは機種変更などで解約した古いスマホ(Wi-Fi接続必須)などを使って、2つ目のLINEアカウントを作成できます。

固定電話やガラケーの電話番号を利用してLINEアカウントを作成する方法は、以下の記事を参照してください。

先に述べたように、複数アカウントを扱う際は、アカウントごとにデバイスを分けて使うほうが無難です。しかし、どうしても1台のスマホで2つのアカウントを使い分けたい場合は、以下の手順でアカウントを切り替えることができます。

アカウント切り替えを繰り返すと、登録の電話番号が認証に利用できなくなってしまうエラーがまれに生じる可能性があり、あまり推奨できない方法です。1デバイスでのアカウント使い分けは、自己責任で実行してください。

1パスワード登録の確認やトーク履歴のバックアップなどの準備

固定電話などで作成したサブアカウントに切り替える場合、再度LINEアプリをインストールし直さなければなりません。インストール後に以前とまったく同じ環境で本アカウントを使うには、LINEアカウントの引き継ぎ時と同じように準備が必要です。

以下の2点は特に重要なので、確実にやっておきましょう。

  1. パスワード・電話番号・メールアドレス登録の確認
    • 設定ボタン[]から[アカウント]と進み、未登録のものがあれば登録してください。
  2. トーク履歴のバックアップ
    • 設定ボタン[]から[トーク]→[トーク履歴のバックアップ]と進み、画面の案内に従ってバックアップをとっておきます。

下記記事でアカウント引き継ぎに必要な準備を詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

2LINEアプリをアンインストール・再インストールする

LINE 複数 アカウント

準備ができたら、スマホの「設定」アプリやホーム画面からLINEアプリをアンインストールします。続いて、AndroidならGoogle Playストア、iOSならApp StoreでLINEを再インストールしましょう。

3サブアカウントに登録した電話番号でログインする

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

インストールが完了したら、「LINEへようこそ」の画面が表示されるので、[ログイン]をタップします。ログイン方法の中から、[電話番号でログイン]をタップしてください。

また、以前にFacebookログインでサブアカウントを作成していた場合は、[Facebookでログイン]をタップして認証を進めましょう。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

続いて、サブアカウントに登録した固定電話やガラケーの電話番号を入力し、認証をおこないます。ここでスマホの電話番号を入力してしまうと、アカウントの切り替えができません。注意してください。

4パスワードを入力してログインする

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

電話番号認証が正しくおこなわれると、「おかえりなさい○○!」と、登録した電話番号に紐付いたアカウント名が表示されます。サブアカウントの情報で間違いなければ、[はい、私のアカウントです]を選んで進みます。

次の画面でパスワードの入力が求められるので、登録してあるパスワードを入力し[→]ボタンをタップ。これで、新しい端末で自分のLINEアカウントにログインができます。

あとは、必要に応じてトーク履歴の復元や友だち追加設定をおこなえば、アカウントの切り替えは完了です。本アカウントに戻す場合は、本アカウントに登録した電話番号を使ってログインし直しましょう。

方法2:LINEのオープンチャット機能を利用する

シーンごとにアカウントを複数使い分けるという用途なら、「オープンチャット」を使うのもおすすめです。オープンチャットは、友達リストに関係なく不特定多数の人と匿名で会話できる機能で、2019年8月にリリースされました。

LINE 複数 アカウント

オープンチャットごとにアカウント名とプロフィール画像を設定できる

知らない人とも安心して気軽に会話できるように、LINEのアカウントと切り離して、オープンチャットだけのニックネームとアイコンを設定できる仕組みになっています。

オープンチャット上でやりとりしたとしても、LINEのメインアカウントが特定されることはありません。そのため、実質的に複数のLINEアカウントを使っているのと同様の状態となるわけです。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

バイトやイベントなどの業務連絡にLINEを利用したい場合、オープンチャット上で専用のグループを作ってメンバーを招待すれば、メインのLINEアカウントを通すことなくメッセージのやりとりができます。

また、通常のグループトークとほぼ同様の操作感で使えるのも、オープンチャットのメリットのひとつ。メッセージやスタンプ、写真などを投稿できるほか、ノートやアルバム、投票といった機能も利用できます。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

オープンチャットはLINEアプリ内に組み込まれた機能なので、わざわざ専用アプリのインストールをする必要はありません。利用する場合は「ホーム」タブの[オープンチャット]ボタンをタップし、続く画面で[オープンチャットを作成]を押してオープンチャットの名前などを設定しましょう。

QRコードや参加リンクを共有してメンバーを招待すれば、オープンチャットでの会話が可能になります。オープンチャットの詳しい使い方については、以下の記事を参照してください。

方法3:LINE WORKSでビジネス用のアカウントを作成する

LINE 複数 アカウント

「LINE WORKS」はいわゆるビジネス版のLINE。プライベート用と仕事用で、LINEアカウントを使い分けたいという人のニーズに答えたサービスです。

別途アプリのインストールが必要ですが、無料で始められます。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

メッセージやスタンプ送信はもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる機能を中心に取り揃えられています。

「LINE」と「LINE WORKS」はそもそも別のアプリなので、プライベートで送るはずだったメッセージをうっかり上司に送ってしまうなどの予期せぬ“誤爆”に見舞われることもありません。

LINE 複数 アカウント LINE 複数 アカウント

LINEのメインアカウントに登録している電話番号と同じものを使って、LINE WORKSのアカウントが作成できます。

ただし利用には、メンバー全員が「LINE WORKS」のアプリをインストールして会員登録をおこなう必要があります。その点、オープンチャットと比べると、使い始めのハードルは高いといえるでしょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.11.0、Android版10.11.1

EDITED BY MOEGI