Amazonミュージックプライムとは? 魅力や使い方などを徹底解説

ミュージックプライムの魅力と惜しい点

Amazonミュージックプライムとは?魅力や使い方などを徹底解説

Amazon Music Prime(アマゾンミュージックプライム)は、Amazonが提供するサブスクリプション型の音楽配信サービスです。名前は見聞きしたことがあっても、あまり詳しくは中身を知らないという人も少なくないはず。

そこで本記事では、ミュージックプライムがどんなサービスなのかを徹底解説します。ミュージックプライムの登録から基本的な使い方、実際に使ってみて感じたミュージックプライムの魅力と惜しい点も紹介しているので、登録する前の参考にしてください。

Amazon Music Primeとは?

まずは、Amazon Music Primeの特徴を確認しましょう。

Amazonプライム会員が使える音楽配信サービス

Amazon Music Prime

Amazon Music Primeとは、 Amazonが提供する音楽配信サービス「Amazon Music」の一つです。 Amazonプライム会員に登録することで、200万曲の楽曲のほか、何千ものプレイリスト、カスタマイズされたストリーミング再生ラジオを楽しめます。

プライム会員に登録するには、月額500円または年額4900円(いずれも税込)が必要です。

Amazon Musicの他プランとの違い

Amazon Musicには、Amazon Music Primeを含めて4つのプランがあります。各プランとの違いを表でまとめました。

Amazon Musicの4つのプラン比較表
Amazon Music Free Amazon Music Prime Amazon Music Unlimited Amazon Music HD
楽曲数 非公開 200万曲以上 7000万曲以上
  • HD(高音質)の楽曲7500万曲以上
  • Ultra HD(UHD)の楽曲700万曲
  • Amazon Echo Studioによる3Dオーディオの楽曲カタログ
Amazonプライム会員登録の要否 不要 必要 不要 不要
月額料金(税込) 無料 500円
※プライム会員の月額料金
  • 個人プラン:980円(プライム会員は780円)
  • ファミリープラン:1480円
  • 学生プラン:480円
  • Echoプラン:380円
  • 個人プラン:980円(プライム会員は780円)
  • ファミリープラン:1480円
広告
スキップの回数制限
オフライン再生 ×
ストリーミングの制限 一度に1台の端末 一度に1台の端末
  • 個人プラン: 一度に1台の端末
  • ファミリープラン: 一度に6台の端末
  • Echoプラン: 一度に1台の対応端末
  • 個人プラン: 一度に1台の端末
  • ファミリープラン: 一度に6台の端末
ダウンロード ×

Amazon Music Freeは、人気のプレイリストやステーションを無料で楽しめる、広告つきの音楽ストリーミングサービスです。Amazon Music Primeは、Amazonプライム会員特典に含まれているので、プライム会員であれば追加料金を支払うことなく利用できます。

Amazon Music Unlimitedでは、Amazon Music Primeより段違いに曲数が増えて、7000万曲を聴き放題で楽しめます。

Amazon Music HDは、最大44.1kHz/16bitのHD音質の楽曲7500万曲以上や、最大192kHz/24bitのUHD音質の楽曲700万曲をストリーミング再生できる高音質な音楽配信サービス。Amazon Music Unlimitedの会員は、追加料金をかけずにAmazon Music HDにアップグレードできます。

対応している端末

Amazonミュージックに対応しているすべての端末でミュージックプライムが使えます。

ミュージックプライムに対応している端末
  • iPhone
  • iPad
  • Android端末
  • Fireタブレットシリーズ
  • Fire TV端末
  • Amazon Echo端末
  • PC(Windows、Mac)

通勤・通学などの移動時にはスマホで、料理をする時はタブレット端末で、家でリラックスしたい時はAmazon Echo端末を利用するというように、さまざまな用途に合わせて使えます。

Amazon Music Primeで聴ける曲・アーティスト

Amazon Music Primeで聴けるアーティストと曲の一部を紹介します。

YOASOBI

あいみょん

Official髭男dism

BTS

エド・シーラン

ビリー・アイリッシュ

ジャスティン・ビーバー

Amazonミュージックプライムの魅力

実際にAmazonミュージックプライムを使ってみて感じた、サービスの魅力について紹介します。

プライム会員なら追加料金なし

プライム会員なら追加料金なし

Amazonのミュージックプライムはプライム会員特典の一つなので、追加料金なしでミュージックプライムを利用できます。

他のプライム会員特典も利用できる

プライム会員は、ミュージックプライム以外にもさまざまな特典を受けられます。

Amazonプライム会員特典(一部抜粋)

Amazonでよく買い物をする人や、映画・ドラマを見るのが好きな人であれば、Amazonプライムは登録するメリットの多いサービスでしょう。

広告なしでスキップし放題

広告なしでスキップし放題

ミュージックプライムは、曲と曲の間で急に広告が流れることはなく、何回でも曲をスキップし放題なので、聴きたい曲を邪魔されずに楽しめます。

ダウンロードすればオフライン再生できる

オフラインでも曲を再生できる

気に入った曲はダウンロードすることができます。一度ダウンロードすれば、飛行機の機内などのオフライン環境下でも音楽を聴けます。

ダウンロード方法は後述しています。

バックグラウンド再生に対応

バックグラウンド再生に対応

アプリで音楽を再生しながら、メッセージの返信やSNSの閲覧など、他の作業をしたいと考える人は多いでしょう。そんな時に役立つのが「バックグラウンド再生」機能です。

アプリで音楽を停止しない限り、スマホの画面を閉じても音楽が途切れないため、作業中や移動中などの利用に便利です。

プレイリストが豊富

豊富なプレイリスト豊富なプレイリスト

プレイリストが1000以上と豊富なのも特長の一つです。

季節のプレイリストや人気の曲を集めたプレイリストのほか、「元気が出るポップス」「集中できるサウンドトラック」「ワークアウトEDM」など気分や目的に合わせてぴったりの曲をセレクトしてくれます。

Amazonミュージックプライムの惜しい点

反対に、Amazonミュージックプライムにも残念なポイントがあります。登録する前にチェックしておくといいでしょう。

他の音楽配信サービスよりも楽曲数が少ない

ミュージックプライムは、他の音楽配信サービスに比べると楽曲数がかなり少なめです。

音楽配信サービスの楽曲数と月額料金の違い
サービス 楽曲数 月額料金(税込)
Amazon Music Prime 200万曲以上 500円
Apple Music 7500万曲以上 980円
Spotify 5000万曲以上 980円
LINE MUSIC 7800万曲以上 980円
AWA 8000万曲以上 980円
Rakuten Music 7500万曲以上 980円
KKBOX 5000万曲以上 980円
ANiUTa 10万曲以上 600円
dミュージック
(月額コース)
6000万曲以上 1027円

7500万曲以上配信するサービスが多い一方で、ミュージックプライムは200万曲なので、ラインナップに物足りなさを感じる人もいるでしょう。プライム会員向けのおまけ的サービスの側面があるのは否定できません。

人気曲の一部はアップグレードしないと聴けない

人気曲の一部は、Amazon Music Unlimintedにアップグレードしないと聴けないのも惜しいポイントです。

人気曲の一部はアップグレードしないと聴けない人気曲の一部はアップグレードしないと聴けない

たとえば、back numberのアルバムを見てみると「music unlimited」のロゴがついている曲があります。それをタップするとAmazon Music Unlimitedへのアップグレードが求められ、聴けないようになっています。

複数のデバイスで同時に再生できない

ミュージックプライムでは、複数の端末で同時に音楽を再生できません。

複数端末で同時に再生できない

一つの端末で再生している時に別の端末で曲を流そうとすると、「再生可能な端末数を超えて再生されております」と表示されてしまいます。家族内で1人はリビング、1人は寝室で曲を聴くといったことはできないため、不便に感じるかもしれません。

ただし、事前にダウンロードしておいた曲であれば複数端末でも同時に再生できます。

イコライザー機能が使えるのはAndroid版アプリのみ

Android版アプリでは音質を変えられる「イコライザー」機能が搭載されていますが、iPhoneなど他のデバイスではその機能が利用できません。

メニューボタンをタップイコライザーをタップ音質を変えられる

Androidアプリでは、再生画面のメニューボタン[]から[イコライザー]をタップします。次の画面で「イコライザー」にチェックを入れると、好きな音質を選べるようになります。

Amazonミュージックプライムの使い方

Amazonミュージックプライムの基本的な使い方を解説します。音楽を聴くには「Amazon Music」アプリを利用します。事前にインストールしておきましょう。

ミュージックプライム(Amazonプライム会員)に登録する

ミュージックプライムを利用するためには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。初めて登録するユーザーには、30日間無料でサービスを体験できる特典がつきます。

30日間の無料体験を試すをタップ

Amazonプライム会員の登録画面

Amazonプライム会員の登録ページにアクセスし、[30日間の無料体験を試す]をタップします。あとは、画面の案内に従って必要な項目を入力していけば簡単に登録できます。

詳しい登録方法などは、下記記事でも紹介しています。

また学生であれば、月額250円(年額2450円)でプライム会員とほぼ同等の特典を利用できる「Prime Student(プライムスチューデント)」を使うのがおトクです。

Prime Student

Prime Studentの登録画面

アマゾンのPrime Studentの登録ページで[6か月の体験期間を試す]に進んで登録できます。

Prime Studentについては下記記事を参照してください。

アカウントをセットアップする

Amazonアカウントでログイン

ミュージックプライムに登録してAmazon Musicアプリを起動したら、最初にAmazonアカウントへログインしましょう。

好みの音楽を設定通知を任意で許可する

好きなアーティストを登録できるので、表示されたものの中から好きなだけタップして選んでください。次に、通知の許可を任意で選択すれば、セットアップ完了です。

曲を検索する

「見つける」をタップキーワードで検索

曲を探すには、画面下部の「見つける」タブを開いて、画面上部の検索窓でアーティスト名や曲名などのキーワードを入力すればOKです。

プレイリストの一覧人気ランキング一覧

左:プレイリストの一覧右:人気ランキングの画面

「見つける」タブでは、プレイリストの一覧を見たり、人気ランキングから気になる曲を再生したりもできます。

曲を再生する

聴きたい曲をタップ一時停止ボタン

聴きたい曲をタップすると、曲が再生されます。画面下部のボタンで一時停止ができます。

曲の早送り、巻き戻し、スキップ

画面中央のバーを移動させると、曲の早送りや巻き戻しが可能です。別の曲にスキップするには、一時停止ボタンの左右にあるボタンを押しましょう。

プレイリストやアルバムのリピート1曲だけのリピートシャッフル

左:プレイリストやアルバムのリピート中:1曲だけのリピート右:シャッフル

操作ボタンの一番左にあるボタンをタップすれば、プレイリストやアルバムのリピートが可能です。もう一度同じボタンをタップすると、1曲だけリピートされる状態になります。

操作ボタンの一番右のボタンは、プレイリストやアルバムのシャッフル再生です。

曲をライブラリに追加する

マイミュージックに追加マイミュージックに追加

曲の再生画面右上のメニューボタン[]から[マイミュージックに追加]をタップすると、自分のライブラリに追加されます。

ライブラリに曲が追加された

画面下部の「ライブラリ」タブを選択すると、楽曲リストに曲が追加されたことを確認できます。

+ボタンをタップ

曲の検索画面などで、各曲の右端にある[+]ボタンを押すだけでもライブラリに追加可能です。

曲をダウンロードする

ダウンロードした曲はインターネット環境がないところでも再生でき、複数端末での再生も可能になります。

曲の再生画面からダウンロードする曲のリストからダウンロードする

左:曲の再生画面右:曲のリスト画面

ダウンロードするには、曲の再生画面または曲のリスト画面でメニューボタン[]→[ダウンロード]をタップします。

ダウンロードした曲はライブラリで確認できるオフラインでも曲を再生できる

曲は画面下部の「ライブラリ」タブ内に保存されます。保存した曲にはダウンロードしたことがわかるマークが付きます。

ダウンロードした曲はオフラインでも再生できるので、通信量の節約にもつながります。

プレイリストを作成する

プレイリストに追加をタッププレイリストに追加をタップ

曲の再生画面または曲のリスト画面で、メニューボタン[]→[プレイリストに追加]をタップします。

新しいプレイリストを作成

[新しいプレイリストの追加]をタップし、プレイリストの名前を入力して[保存]を押すと、プレイリストが作成できます。

作成したプレイリストに曲を追加追加するプレイリストを選択

作成したプレイリストに曲を追加するのも、メニューボタン[]→[プレイリストに追加]をタップし、曲を入れたいプレイリストを選択すれば完了です。

ライブラリでプレイリストを確認できるプレイリストの画面

作成したプレイリストは、「ライブラリ」タブを開いて画面上部の「プレイリスト」タブを選ぶと、作成したプレイリストが表示されます。

まとめ

ミュージックプライムを使うにはAmazonプライム会員に登録する必要がありますが、普段からAmazonでショッピングをする機会の多い人や、プライム・ビデオで映画とドラマを楽しみたいと考えている人にはぴったりです。

洋楽・邦楽ともに人気曲や最新曲などが配信されており、プレイリストも豊富に用意されています。広告に邪魔されることなく、曲をスキップし放題なのも魅力です。ただし、聴き放題対象が200万曲しかないので、聴きたい曲やアーティストがある程度定まっている人は、これでは足りないと感じるかもしれません。

ミュージックプライムは、プライム会員の初回登録時に30日間の無料体験がつきます。学生向けに提供されている「Prime Student」であれば、6カ月間無料でMusic Primeを利用できます。

無料体験期間中はいつでも退会できるので、ミュージックプライムが自分にとって使うメリットのあるサービスなのかを見極めて、継続を判断してもいいでしょう。

登録や無料体験はこちら
登録や無料体験はこちら
EDITED BY
MIKAN