Amazonフォトの使い方──動画の容量制限や圧縮など気になる疑問も解説

Amazonフォトの使い方──動画の容量制限や圧縮率など気になる疑問も解説

Amazon Photos(アマゾンフォト)は、Amazonが提供する写真・動画のストレージサービス。Amazonプライムに加入しているユーザーは容量無制限かつ無圧縮で写真を保存できるので、プライム会員は積極的に活用したいサービスです。

Googleフォトの無料で容量無制限の提供が終了した今、にわかに脚光を浴びています。

本記事では、アマゾンフォトとはどんなサービスなのか、Googleフォトとも比較しながら詳しく解説。そのうえで、始め方から便利機能までAmazon Photosの使い方を紹介します。

Amazon Photos(アマゾンフォト)とは?

アマゾンフォト 使い方

Amazon Photosは、アマゾンが提供するフォトストレージサービス。グーグルが提供する「Googleフォト」と同じく、写真/動画のバックアップ・検索・編集・共有などの機能が備わっています。

Amazon Photoからアクセスできるほか、専用アプリもリリースされています。スマホをはじめ、パソコンやタブレット、テレビなどさまざまな機器で使えるサービスです。

確認
Amazon Drive(アマゾンドライブ)との違いは?

アマゾンフォト 使い方

Amazonが提供するクラウドサービスは、Amazon Photosのほかに「Amazon Drive(アマゾンドライブ)」も存在します。
Amazon Photosが画像・動画専用なのに対し、Amazon DriveはPDF、DOCX、ZIPなどさまざまなファイルに対応しているのが大きな違いです。

Amazon Driveにも写真・動画は保存できますが、自動アップロードやアルバム作成、検索などの写真管理に特化した機能は備わっていません。写真・動画ファイルなら「Amazon Photos」、その他のファイルの保存なら「Amazon Drive」と使い分けるのがよいでしょう。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon PhotosとAmazon Driveの違い

メリット1:写真をオリジナルサイズ(無圧縮)のまま保存できる

アマゾンフォト 使い方

Amazon Photosの最大の特徴は、どれだけ容量の大きい画像ファイルをアップロードしてもリサイズ(圧縮)されないこと。実際、筆者が1.5億画素相当のパノラマ画像をアップロードした際も圧縮されることはなく、オリジナルを保ったままでした。

同種のフォトストレージサービスは他にもありますが、無圧縮のまま保存できるという太っ腹な仕様は、Amazon Photosならではの魅力といえます。写真の解像度が落ちないので、一眼レフなどの本格的なカメラで撮影した高画質写真をオリジナルサイズのまま保存・共有したい人におすすめです。

チェック
動画の場合はサイズにより圧縮されるケースも

Amazon Photoは動画のアップロードも基本的に無圧縮ですが、Amazonサポートによれば、サイズなどにより圧縮されるケースもあるとしています。

筆者が試したところ、4K(3840 × 2160)動画でも圧縮されませんでした。しかし、高画質かつ長時間の動画をアップロードする際には注意が必要です。

メリット2:最大5名まで容量無制限のフォトストレージを共有できる

アマゾンフォト 使い方

Amazon Photosでは、プライム会員以外(無料会員)だと利用できるストレージ容量が写真・動画合わせて5GBまでに制限されてしまいます。

しかし、後述する「ファミリーフォルダ」機能を使えば、なんと最大5名までプライム仕様のAmazon Photosアカウントを共有可能。アカウントを共有された人は、無料会員のままで容量無制限のフォトストレージと最大5GBまでの動画ストレージが利用できるようになります。

もちろん、それぞれのメンバーがアップロードした写真は他のメンバーに共有されることはないので、プライバシーを保ったまま利用できます。

デメリット1:無料会員(非プライム会員)だと容量・機能が制限される

Amazonフォト ストレージ

Amazon Photosでは、月額500円のAmazonプライムに加入しているユーザーと、そうでないユーザーで容量面・機能面にかなりの差が生じます。

Amazon Photosにおける無料会員とプライム会員の差
無料会員 プライム会員
料金 無料 年4900円または月500円(いずれも税込)
与えられるストレージ容量 5GB
  • 写真:無制限
  • 動画:5GBまで
アップロード時の圧縮 なし なし
写真・動画のアップロード・ダウンロード
写真の編集
検索と絞り込み ×
ファミリーフォルダ ×

上表のように、プライム会員なら無制限のフォトストレージと5GBのビデオストレージが与えられますが、無料会員には写真と動画合わせて5GBのストレージしか用意されていません。

スマホの写真・動画をまるごとバックアップする場合、無料会員向けの容量では足りないはずです。そのほか、写真の検索や絞り込みもプライム会員限定の機能なので、無料会員は利用できない仕様です。

その点、Googleフォトなら無料会員のままでも15GBと十分な容量が利用できます(ただしGoogle DriveとGmailの利用分も含まれる)。その上、検索や絞り込みなど利用できる機能は有料会員と変わりません。

前述したように身近にファミリーフォルダ権限を与えてくれる人がいれば問題ありませんが、難しい場合はGoogleフォトを使うほうがお得かもしれません。

デメリット2:動画ストレージは5GBまでしか使えない

Amazon Photosは、プライム会員なら容量無制限で「写真」のアップロードが可能です。しかし、動画に限り上限5GBまでという制限があります。

Amazonフォト ストレージ Amazonフォト ストレージ

Amazon Photosアプリの「その他」タブから[ストレージ]に進むと、自身のストレージ残量が確認できます。フォトストレージには「無制限中、○○を使用済み」と記載されますが、ビデオストレージは「5GB中○○を使用済み」となっており、上限が設定されていることが分かります。

アマゾンフォト 使い方

動画の保存容量が5GBを超えると、アップロードエラーになる

動画を5GB以上保存しても、これまで保存した動画が削除されることはありません。しかし、以降はエラーが生じて動画のアップロードができなくなってしまいます。

Amazon Photos Googleフォト
100GB 月額250円/年額2490円 月額250円/年額2500円
200GB - 月額380円/年額3800円
1TB 月額1300円/年額1万3800円 -
2TB 月額2600円/年額2万7600円 月額1300円/年額1万3000円
3TB 年額4万1400円 -
4TB 年額5万5200円 -
5TB 年額6万900円 -
10TB 年額13万8000円 月額6500円
20TB 年額27万6000円 月額1万3000円
30TB 年額41万4000円 月額1万9500円

今やカメラはもちろん、スマホでも高画質での動画撮影が当たり前の時代です。大切な思い出は高画質で残したいものですが、その場合は5GBでは足りなくなる可能性が高いでしょう。

動画の保存が多くなる場合は、別途料金を支払ってストレージ容量を増やすこともできます。上の表に、容量と料金をまとめたので参考にしてください。同じフォトストレージサービスである「Googleフォト」とも比較しています。

Amazonフォト ストレージ Amazonフォト ストレージ

ストレージ容量を追加するには、SafariやChromeなどのブラウザでAmazon Photoにアクセスします。トップ画面の左端にある[]→[ストレージ]の横にある[∨]ボタン→[ストレージの管理]の順にタップしてください。

続く画面を下にスクロールすると、ストレージの追加プランが表示されます。任意の容量を選択し、[このプランへアップグレード]をタップして追加料金を支払えばOKです。

なお、Android版アプリなら[その他]→[設定]→[ストレージプランを管理]と進んで、ストレージの追加ができます(iPhone版アプリは非対応)。

Amazonフォトの始め方

Amazon Photosの概要や料金プランを紹介したところで、実際に使い始める手順を解説します。なお、本記事ではプライム会員でログインして使い方を紹介しますが、無料会員でも操作方法は変わりません。

ステップ1:アプリをインストールしてログイン

最初に、Amazon Photosアプリをインストールします。Amazon PhotosはAmazon公式サイトからもアクセスできますが、アプリをインストールするほうが便利に使えるでしょう。

アマゾンフォト 使い方

アプリを起動するとログイン画面が表示されます。アマゾンに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]をタップしてください。そもそもアマゾンの会員でない人は、会員登録を済ましょう。

ステップ2:写真へのアクセスを許可する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

左:iPhone右:Androidスマホ

ログインすると、写真へのアクセスを求められます。iPhoneは[写真へのアクセスを許可]、Androidスマホは[許可]をタップしてください。

ここで「許可しない」を選択してしまうと、Amazon Photosに端末の写真をアップロードできません。

ステップ3:自動アップロード(バックアップ)のオン・オフを設定をする

続いて、「自動アップロード」のオン・オフを設定します。

アマゾンフォト 使い方

「自動保存」の項目をオンにしておくと、スマホで撮影した写真がAmazon Photos上に自動でアップロードされます。自動保存の設定は後からでも変更可能です。プライム会員なら容量無制限の写真ストレージが利用できるので、スマホにある写真を丸ごとバックアップできるでしょう。

また、「モバイルデータ」の項目がオンになっているとパケット通信量を消費するため、オフ(Wi-Fi通信時にしかアップロードされない)に設定しておくのがおすすめです。

押さえておきたい、Amazonフォトの基本の使い方

まずは、初心者向けにAmazon Photosに備わっている基本的な機能を紹介します。これだけ押さえておけば、ベーシックな使い方はほぼできるはずです。

端末の写真・動画をAmazon Photosにアップロードする

アマゾンフォト 使い方

写真をAmazon Photos上に保存しておくと、スマホの容量を節約できるだけでなく、端末の紛失や故障といったトラブルから大切な写真データを守れたり、パソコンやテレビなどで写真を閲覧できたり、さまざまなメリットがあります。

前述した「自動アップロード」をオンにしておけば、指定された状況下(Wi-Fi接続時)に自動的に端末の写真をアップロードしてくれますが、手動で選択した写真だけをAmazon Photosにアップロードすることも可能です。

手動で写真をアップロードする:iPhone版

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「その他」タブのメニューから[写真とビデオをアップロードする]をタップします。

端末のアルバムや写真アプリからアップロードしたい写真をすべて選択し、画面右上の[アップロード]を押してください。すぐにアップロードが開始されます。

手動で写真をアップロードする:Android版

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

Android版では、端末内のすべての写真がAmazon Photosアプリに反映・表示されるようになっています。

アップロードしていない写真には雲マークに「/」が付いている状態です。アップロードしたい写真を長押しして選択し、画面上部のアップロードボタンをタップすればAmazon Photosに写真がアップロードされます。

Amazon Photos内の写真・動画を探す

アマゾンフォト 使い方

アップロードする写真が多くなればなるほど、目当ての写真を見つけるのは困難になるでしょう。

そこでAmazon Photosには、プライム会員とファミリーフォルダに招待されたユーザー限定で、絞り込みやキーワード検索、顔の自動認識といった、写真を探しやすくする機能が搭載されています。

絞り込み(フィルター)で写真を探す

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

フィルターで写真を割り出すには、「写真」タブの右上にある[]ボタンをタップします。

「タイプ」「人物」「場所」「もの」など数種類のフィルターがあるので、探したい写真が属するフィルターにチェックを入れてください。すると、該当する写真が複数割り出されます。

たとえば「東京, 日本」「食べ物」にチェックを入れていると、「東京」で撮影した「食べ物」に関する写真だけが表示されます。

キーワードで検索する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「写真」タブ左上の虫眼鏡マークをタップすると、被写体を示すキーワードで写真を検索できます。

ただし、残念ながら精度はあまり高くない印象です。キーワードを入力しても目的の写真が見つからなかったり、「花」で検索したのに料理の写真が表示されたりするケースもありました。補足的な機能として活用する程度に考えておくとよいでしょう。

撮影場所や人物の顔で探す

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

人物の顔や撮影場所を認識して、同じ写真を自動的にグループ分けしてくれる機能も便利です。「アルバム」タブを開き、「人物」もしくは「場所」を選択するとAmazon Photosが作成したカテゴリーが表示されます。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

人物の場合、イラストの顔が表示されたり、同じ人物が別人と認識されることもありますが、思いのほかしっかり該当写真を割り出してくれます。

何より自分が写っている写真をピックアップする際に、探し回らなくて済むのが助かるでしょう。

Amazon Photos内の写真・動画でアルバムを作る

アマゾンフォト 使い方

写真をひとまとめにして保存したい人は、アップロードした写真でアルバムを作成して管理できます。前述した絞り込みやキーワード検索を利用して、テーマ別にアルバムを作成するのもよいでしょう。

アルバムを作成してから写真を追加する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「アルバム」タブで[アルバムを作成]をタップします。もしくは、iPhone版は右上の[+]ボタン、Android版は右上のメニューボタン[]から[アルバムを作成]をタップしてもOKです。

任意のアルバム名を入力し、[次へ]を押してください。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

Amazon Photosにアップロードした写真が一覧表示されるので、アルバムに追加したい写真すべてにチェックを入れて[作成]をタップ。これでアルバム完成です。作ったアルバムは「アルバム」タブに一覧で表示されます。

写真を選択してアルバムに追加する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

前述とは逆の手順で、先に写真を選択してからアルバムを新規作成・追加することもできます。

アルバムに入れたい写真を長押しで選択したら、iPhone版は画面下部の[+]、Android版は右上のメニューボタン[]から[アルバムを作成]をタップしてください。

アマゾンフォト 使い方

画面が切り替わって、既存のアルバムに写真を追加するか、新しくアルバムを作成するか選択できます。[新しいアルバムを作成]をタップすると、先ほどと同じくアルバム名の入力画面が表示される仕組みです。

Amazon Photos内の写真を削除・非表示にする

アマゾンフォト 使い方

プライム会員アカウントでログインしている限り、Amazon Photosの写真ストレージ容量がいっぱいになることはありません。

しかし同じ写真が何枚もあったり、不必要なスクショが溜まっていたりすると、写真を探す際に邪魔になってしまう場合もあります。そんなときは、写真を削除または非表示にして整理しましょう。

写真を削除する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

左:iPhone版右:Android版

削除したい写真を長押ししたら、iPhone版は画面下部のゴミ箱ボタン、Android版は画面右上のメニューボタン[]から[ゴミ箱に移動する]をタップしてください。

これで、選択した写真がAmazon Photos上から削除されます。

写真を非表示にする

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

左:写真を長押しして選択しメニューボタン[]をタップ(Android版は右上に配置)右:展開したメニュー[非表示]を選択する

「非表示」機能は、Amazon Photos上の写真や動画を「非表示」フォルダへと移動する機能です。「写真」タブの一覧からは見えなくなりますが、「非表示」フォルダを開いていつでも取り出すことができます。

写真を再表示する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「その他」タブの[非表示の写真とビデオ]をタップすると、非表示にした写真が一覧で表示されます。長押しで選択し、目のマークをタップすると再表示できます。

知っておきたい、Amazonフォトを使いこなす便利機能

ここからは、Amazon Photosをもっと使いこなすために知っておきたい便利機能を紹介します。

Amazon Photos内の写真を編集・加工する

アマゾンフォト 使い方

Amazon Photosにアップロードした写真には簡単な加工がおこなえます。

思い通りに撮れなかった写真を補正したい、縦横比を調整したい、フィルターで雰囲気を変えたい、といった場合に使ってみましょう。ただし、動画ファイルには編集オプションはありません。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

目当ての写真を開いた状態で、メニューボタン[]から[写真を編集]をタップすると、編集画面に切り替わります。

「変換(回転)」「フィルター」「色調整」「テキスト」「フォーカス」「ブラシ」など、基本的な加工ツールは一通り揃っています。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

フォントやブラシのサイズ・色も細かく調節できます。特にフィルターはバリエーション豊かで、100種類ほどが用意されていました。

簡単な画像編集なら、加工アプリを使わなくてもAmazon Photosアプリで十分おこなえるレベルです。

Amazon Photos内の写真を共有する

アマゾンフォト 使い方

Amazon Photos内の写真やアルバムは、Amazonユーザーはもちろん、Amazonアカウントをもっていない人にも共有できます。無圧縮のまま共有できるのも嬉しいポイントです。

ただし共有された側の権限は、指定した写真・アルバムの閲覧とダウンロードだけです。写真を追加し合って共同でアルバムを作りたいなら、後述する「ファミリーフォルダ」を利用するといいでしょう。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「写真」タブで共有したい写真を長押しで選択し、iPhoneは画面下部のLINEの共有ボタン 、Android版では画面上部の[]をタップします。共有メニューが表示されるので、任意のツールを選択してください。

メッセージアプリやメールの場合、テキスト欄に自動で閲覧用URLが貼り付けられるので、そのまま送信すればOKです。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

共有された側は、メッセージ上のリンクをタップすると、選択した写真が無圧縮のまま一覧で表示されます。Amazonアカウントをもっていなくても写真を閲覧・ダウンロードできます。

ファミリーフォルダを利用する

アマゾンフォト 使い方

「ファミリーフォルダ」は、Amazonユーザー間でフォルダを共有できる機能です。前述した閲覧用URLを送信する方法と違って、写真を共有するだけでなく、互いにフォルダに写真を追加し合うことができます。

また、ファミリーフォルダのメンバーになると、無料で容量無制限のフォトストレージが利用できるようになる特典付きです。

ファミリーフォルダにユーザーを招待する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

招待側は、画面下部の「ファミリー」タブで[招待]ボタンをタップします。招待したい相手のアドレスを入力し、[招待の送信]を押すだけで操作は完了です。

「ファミリー」と名付けられていますが、招待条件は特にありません。メールアドレスさえ分かれば、友だちや仕事のメンバーでも招待可能です。

ファミリーフォルダに参加する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

ファミリーフォルダに招待されると、Amazon Photosからメールもしくはメッセージが届きます。メールまたはメッセージに記載の[今すぐ開始]をタップしてください。

Amazonのログイン画面が開くので、アカウント情報を入力しましょう。Amazonアカウントを持っていない人は、新規で登録する必要があります。

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「○○に参加」画面で[承認]をタップすれば、すぐにAmazon Photosアカウントが作成されます。プライム会員と同じ無制限の写真ストレージが付与されているので、自動バックアップを始めてOKです。

繰り返しになりますが、「ファミリーフォルダ」を意図的に指定して写真を追加しない限り、他のメンバーに写真が共有されることはありません。

ファミリーフォルダに写真を追加する

アマゾンフォト 使い方 アマゾンフォト 使い方

「ファミリーフォルダ」に写真をアップロードするには、写真を長押しして選択し、iPhone版は画面下部の[+]ボタン、Android版は右上のメニューボタン[]をタップします。

展開したメニューで[ファミリーフォルダに追加]を押せば完了です。

アマゾンフォト 使い方

「ファミリーフォルダ」に追加した写真は、招待した全ユーザーがお互いに閲覧できます。

招待された人同士の写真もお互いに共有されてしまうので、実際に利用するときは家族や頻繁に合う友人同士で共有するのが安心でしょう。

Fire TVでAmazon Photosの写真を見る

アマゾンフォト 使い方

Fire TV Stickがあれば、テレビの大画面でAmazon Photosの写真やビデオを見られます。同じアカウントでログインした Fire TVの「Amazon Photos」アプリを開くと、アップロードした写真やアルバムが閲覧できる仕組みです。

アマゾンフォト 使い方

また、画面右上の[スライドショーを開始]を押せば、作成したアルバムや期間ごとの写真をスライドショーにして楽めます。プライベートだけでなく、プレゼンやミーティングなどのビジネスシーンでも活用できるでしょう。

アマゾンフォト 使い方

ただし、家族や友人でFire TV・アカウントを共有している場合、Amazon Photosにバックアップしているすべての写真を見られてしまう危険性があります。

気になる場合は、前述の非表示設定にしておきましょう。非表示にした写真は、Fire TV 上では表示されなくなります。

検証したAmazon Photosのバージョン:iOS版7.12.2、Android版1.44.0

EDITED BY MOEGI