超入門、LINEで有料スタンプを購入する方法(買い方)──カードやキャリア決済など支払い手段も総まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEで有料スタンプを購入する方法を徹底解説、価格設定や決済手段も総まとめ【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)のコミュニケーションにおいて、最も活用されているのがLINEスタンプであることに異論はないでしょう。

LINEスタンプには、無料スタンプもあれば、有料で販売されているスタンプもあります。無料スタンプは企業が広告などのために提供しており、入手できるスタンプの数や種類が限られてきます。そのため、LINEスタンプの世界を思う存分楽しむためには、どうしても有料スタンプを購入する必要が出てくるのです。

そこで本記事では、まだスタンプを買ったことがないLINEユーザー向けに、有料のLINEスタンプの特徴や注意点、買い方を解説します。あわせて、スタンプショップとLINEストアの比較、無料でスタンプを入手する方法、スタンプが購入できない場合の対処法などもまとめて紹介します。

有料スタンプの特徴と注意点

有料スタンプは一度購入すれば、半永久的に使用できます。ただしアカウントを削除すると、すべてのスタンプのデータが消えてしまいますので注意してください。

有料スタンプに有効期限はない

有料スタンプには、無料スタンプのような有効期限は設定されていません。一度購入してダウンロードしたら、アカウントを削除しない限り使い続けられます。また、LINEアプリをアンインストールした場合も、機種変更した場合も、LINEに登録した電話番号とパスワードでログインすることで、購入履歴から再ダウンロードして使用できます。

設定からスタンプ→マイスタンプをタップ 再ダウンロードができる画面

再ダウンロードするには「ホーム」タブから設定ボタン[]→[スタンプ]→[マイスタンプ]と進みます。

マイスタンプではこれまで購入したスタンプが表示されるので、[すべてダウンロード]をタップするか、個別にスタンプをタップして[ダウンロード]を押せば再ダウンロードできます。

スタンプはプレゼントもできる

LINEのスタンプは、有料・無料の関係なく友だちにプレゼントできます。

ただ、iOS版ではLINEアプリのスタンプショップからはプレゼントができず、Safariなどのブラウザからアクセスする「LINEストア」からのみ可能となっています。Android版ではLINEアプリ・LINEストアともにプレゼントができます。2019年5月、iOS版LINEアプリからでもスタンプのプレゼントが可能になりました。

iPhoneでLINEのスタンプをプレゼントする方法──相手が持っていてかぶる原因や、ポイント・コイン利用上の注意点も解説
AndroidスマホでLINEのスタンプをプレゼントする方法、プレゼントできない理由も解説

手違いで購入しても取り消し(返金)はできない

誤って違うスタンプを購入してしまっても、残念ながら購入の取り消しはできません。スタンプを購入する際には、プレビューなどをよく見た上で購入するようにしましょう。

ただし、重複決済が発生した場合は、LINE側で購入履歴を確認して決済のキャンセルができる場合があります。購入方法に合わせて、下記の窓口に問い合わせてみてください。

Google Playでのコインの重複決済の報告フォーム

しかし、すでにコインまたはクレジット(LINEストアにおける残高)を利用した場合、決済のキャンセルができない可能性があります。またApp Store経由で購入した場合、LINE側で購入履歴の詳細が確認できないため、自分でAppleに問い合わせる必要があります。

アカウントを削除するとすべてのスタンプが消える

アカウントを削除すると、LINEスタンプの全データが消えてしまいます。誤ってアカウントを削除してしまった場合は、LINEの問題報告フォームに状況を話してみましょう。解決する可能性もあります。

機種変更で消えた? LINEスタンプを引き継ぎ、新端末で確実に復元する方法【iPhone/Android】

LINEアプリ内スタンプショップとLINEストアの違い

有料スタンプは、LINEアプリ内の「スタンプショップ」か、Safariなどのブラウザからアクセスする「LINEストア」のどちらかで購入できます。

購入できるスタンプの種類や数はさほど変わりませんが、支払い方法の面ではLINEストアのほうが幅広く対応しています。また、まとめ買いでもらえるのが、「ボーナスコイン」と「ボーナスクレジット」という点でも異なります。

使いやすい決済方法、またはお得感を感じるほうで購入するといいでしょう。なお、LINEコインはLINEアプリのスタンプショップや着せ替えショップ、LINEクレジットはLINEストア内でのみ使用でき、互換性はありません。

スタンプショップで使われる「LINEコイン」の決済方法はクレジットカードやキャリア決済

LINEアプリ内のスタンプショップで有料スタンプを入手するには、LINEコインと呼ばれる仮想の通貨が必須です。

LINEコインをApp StoreかGoogle Playの決済(クレジットカードやキャリア決済)を通して購入し、そのLINEコインと引き換えにスタンプを購入する、というのが基本的な流れとなります。

LINEコインチャージの支払い方法

LINEコインと引き換えにスタンプを購入する

LINEコインは1コイン=1円ではなく、1コイン=2.4円相当で表されます。50コインを購入する場合は120円必要なので、価格を間違えないように注意が必要です。

LINEポイントはLINEコインとして利用できる

また、LINEポイントを保有している場合はLINEコインに自動的に変換され、スタンプの購入に使用できます(2ポイント=1コイン換算)。
後述:スタンプショップでLINEポイントを利用する方法

LINEストアでの決済手段は多彩

LINEストアでスタンプを購入する場合は、クレジットカードやキャリア決済だけでなく、LINE Pay、LINEポイント、各種電子マネー・プリペイドカードなど決済方法が幅広く用意されています。もちろん、LINEストアで購入したスタンプは、LINEアプリ内で利用できます。

LINEストアでの支払い方法一覧

また、LINEストアにも「LINEクレジット」という専用通貨があり、1LINEクレジット=1円相当としてLINEストア内で利用できます。LINEクレジットはスタンプの購入に必須ではありませんが、金額に応じてボーナスクレジットが付与されます(2019年6月時点)。

有料スタンプの値段は?スタンプを購入するならどっちがお得?

有料スタンプの販売形態には、企業が販売している「公式スタンプ」と個人でも販売できる「クリエイターズスタンプ」の2種類が存在しています。

スタンプにはクリエーターズスタンプと公式スタンプがある

前者の公式スタンプの価格は100コイン(240円)に設定されています。他方、後者のクリエイターズスタンプでは、スタンプ制作者側で50コイン(120円)〜250コイン(600円)まで販売価格を設定できるようになっています。ただ、動かないタイプの通常スタンプの場合、大半は50コイン(120円)で販売されているのが実状です。

ちなみにクリエイターズスタンプであっても、動くスタンプの場合、最低価格は現段階では100コイン(240円)となっています。

LINEスタンプを簡単に作成する方法、無料の自作アプリ「LINE Creators Studio」の使い方

LINEコインとLINEクレジットのボーナス額の比較

スタンプショップで使える「LINEコイン」とLINEストアで使える「LINEクレジット」は、それぞれチャージすると金額に応じて数%がボーナスとして付与されます。このボーナスを利用すると、通常よりお得にスタンプを購入できます。

LINEコインの場合は、500コイン以上を購入するとボーナスコインがもらえます。※10000コインをチャージできるのはAndroid版のみです。

ボーナスコインと購入可能なスタンプ数一覧
コイン数 値段(税込み) ボーナスコイン 購入できるスタンプ数(50コイン)
50コイン 120円 0コイン 1個
100コイン 240円 0コイン 2個
150コイン 360円 0コイン 3個
200コイン 480円 0コイン 4個
500コイン 960円 100コイン 12個
800コイン 1400円 200コイン 20個
1600コイン 2800円 400コイン 40個
3300コイン 5700円 900コイン 84個
10000コイン※ 16800円 2730コイン 約254個

一方、LINEクレジットではLINE Pay経由で購入する場合に限り200円から10%のボーナスクレジットが付与されます(2019年2月現在)。また、2000クレジット以上の購入で15%〜最大で25%まで還元率が高くなります。LINE Pay経由以外でも、LINEストア内のアイテムを購入すると、1〜3%程度のLINEクレジットが還元されるキャンペーンがおこなわれることがあります。

ボーナスクレジットと購入可能なスタンプ数一覧
クレジット数 値段(税込み) ボーナスクレジット 購入できるスタンプ数(120円)
200クレジット 200円 20クレジット 約1.8個
400クレジット 400円 40クレジット 約3.6個
700クレジット 700円 70クレジット 約6.4個
1000クレジット 1000円 100クレジット 約9個
2000クレジット 2000円 300クレジット 約19個
3000クレジット 3000円 500クレジット 約29個
6000クレジット 5000円 1000クレジット 約58個
10000クレジット 10000円 2500クレジット 約104個

ボーナス額を含めて購入できるスタンプ数を比較してみると、コインでは2800円で40個のスタンプが購入できるのに対し、LINEクレジットでは3000円で29個と、10個近くの差が出ました。

結論、スタンプを購入するならLINEコインをまとめてチャージする方がお得になります。

しかし一方で、LINEコインはアプリ内のスタンプや着せ替えなどにしか利用できませんが、LINEクレジットはLINEマンガ、LINEのゲーム内課金、LINE MUSICなどLINE関連のさまざまなサービスで利用できます。頻繁にこれらのサービスを利用する場合は、LINEクレジットのまとめ買いがおすすめです。

LINEアプリ内のスタンプショップで購入する手順

スタンプショップには、LINEのアプリから移動できます。ここではAndroidスマホでスタンプショップにアクセスし、有料スタンプを購入する手順を解説します(iPhoneからでもほぼ同じ手順で購入できます)。

1. スタンプショップに移動して買いたいスタンプを探す

「ウォレット」タブから「スタンプショップ」をタップ スタンプショップで購入したいスタンプを選択

LINEアプリを起動したら「ウォレット」タブに移動して、[スタンプショップ]をタップしてひらきます。

スタンプショップがひらけたら、購入したいスタンプを探しましょう。ちなみに、トークルームで友だちが送ってきたスタンプを入手したくなった場合は、そのスタンプをタップすれば「スタンプ情報」ページに移動できます。

2. コインが不足している場合は、コインをチャージする

購入したいスタンプをタップして「スタンプ情報」ページに移動します。この時、保有コインの数がスタンプ価格を下回っている場合は、コインを新たにチャージする必要があります。

アラートが表示される

保有コインが不足している状態で[購入]ボタンをタップすると「コインが不足しています。チャージしますか?」というアラートが表示されるので[OK]をタップします。

コインをチャージする

コインのチャージ画面に移動するので、チャージしたいコイン数を決めます。今回は50コイン分を購入するために[¥120]をタップします。500コイン以上を購入すると金額に応じてボーナスコインが付与されます。

iOS版の本人確認画面 Android版の本人確認画面

LINEコインは、クレジットカードやキャリア決済などによるGoogle Play/App Store内課金によって購入する形となっています。

パスワード入力やタッチID(指紋認証)、Face IDなどで本人確認を実施し、金額を確かめた上でLINEコインを購入してください。購入チャージが完了したら[OK]をタップします。これでLINEコインの購入手続き(チャージ)が完了しました。

3. スタンプを購入する

保有コインが購入に必要なコイン数を満たしている場合は、[購入する]ボタンをタップします。

「購入する」ボタンをタップ

スタンプの価格は日本円ではなく、LINEコイン(1コイン=2.4円)で表記されています。上記画像のスタンプの価格は50コイン(120円)です。

確認アラートが表示される

確認アラートが表示されるので、スタンプを購入してよければ[確認]を選択してください。コイン不足でチャージをした場合は、チャージ完了後に同じ確認アラートが表示されます。

また、LINEコインが不足している状態でLINEポイントを保有している場合は、ポイントの一部がコインとして消費されることが記載されます。

4. スタンプが買えたか確認する

ダウンロード完了画面 購入したスタンプはトーク画面のスタンプリストの最も左側に表示される

すぐにダウンロードが開始され「ダウンロード完了」画面に移動するので、[確認]をタップしてみましょう。「スタンプ情報」ページが表示され、先ほどまで緑色の[購入する]だったボタンが灰色の[ダウンロード済み]に変化していることを確認できます。また、友だちとのトークルームでは、購入してダウロードしたばかりのスタンプがスタンプリストの最も左側に表示されているはずです。

なお、この時点でマイスタンプと購入履歴に記録されるので、たとえスタンプを削除したとしても再ダウンロードして復元可能となります。

LINEストアでスタンプを購入する手順

LINEストアにはSafariやChromeなどのブラウザからアクセスします。また、iPhoneやAndroidスマホだけでなく、PC(パソコン)からでも利用できます。

ただし、LINEに電話番号とメールアドレスを登録していなければ、LINEストアにログインすることはできません。Facebookアカウントでログインしている場合や、メールアドレスが未登録の場合はあらかじめ登録しておきましょう。

ここではAndroidスマホでLINEストアにアクセスし、有料スタンプを購入する手順を解説します(iPhoneからでもほぼ同じ手順で購入できます)。

1. LINEストアにログインする

ブラウザからLINEストア(LINE STORE)にアクセスします。iPhoneの標準ブラウザ「Safari」、Androidの標準ブラウザ「Chrome」からアクセスすると、オートログイン(自動でLINEアカウントが認識)されます。

「ログイン」を選択 メールアドレスとパスワードを入力してログインする

Safari、Chrome以外のブラウザ、またブライベートブラウザなどでアクセスする場合は、左上のメニューボタン[]から[ログイン]をタップし、LINEアプリに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ログインすると通知が届く

なお、ログインすると公式アカウントから通知が届くようになっています。

LINEストアに「ログインできない」場合の対処法まとめ

2. 買いたいスタンプを探して「購入する」をタップする

「購入する」をタップ

LINEストア内で買いたいスタンプが決まったら、[購入する]をタップします。すると、購入方法を選択する画面がひらきます。

3. 購入方法を選択する

購入方法を選択する

任意の決済方法を選択して、[確認]をタップします。ここでは決済手段としてLINEクレジットを選択することとします。LINEクレジット以外にもキャリア決済、各種電子マネー決済、LINEポイントなどを利用できます。
前述:LINEストアで利用できる決済方法

LINEクレジットが足りない場合は、チャージする必要があります。購入方法の選択画面で、LINEクレジットの横の[チャージする]ボタンをタップします。

4. LINEクレジットを選択し、かつ保有分が足りない場合はチャージする

LINEクレジットの決済方法を選択する

LINEクレジットの決済方法が一覧で表示されるので、任意のものを選択し[確認]をタップします。

ここでは最大で25%のボーナスクレジットが獲得できる決済手段の「LINE Pay・クレジットカード」を選択しました。LINE Pay決済以外の手段を選択した場合は、各決済手段の案内に従って手続きを進めてください。

任意の金額をタップし、チャージする LINE Payの支払い画面に移動する

チャージ金額の一覧が表示されるので、必要な金額をタップし[チャージする]をタップします。自動でLINE Payの決済画面に移動するので、登録したクレジットカード、もしくはチャージしたLINE Pay残高のどちらから支払うかを選び、[200円の決済を行なう]をタップします。

なお、LINE Payの登録方法やチャージ方法については下記をご参照ください。
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 超入門

「決済」をタップする LINEクレジットのチャージが完了する

LINE Pay決済の確認画面が表示されるので、問題なければ[決済]をタップします。これでLINEクレジットにチャージされました。

5. スタンプを購入し、ダウンロードする

スタンプを購入する

LINEクレジットがチャージされると、自動的にスタンプ購入の決済方法の選択画面に戻ります。ここで改めてLINEクレジットを選択し、[購入する]をタップします。なお、LINEポイントを保有している場合は1ポイント=1円として「一部利用」または「すべて利用」できます。

購入完了画面 「ダウンロード」をタップ

「購入完了」という画面が表示されるので、[スタンプをダウンロードする]をタップします。するとLINEアプリ内のスタンプ情報ページに移動するので、[ダウンロード(購入済み)]をタップします。

また、LINEストアトップ画面のメニューボタン[]→[マイページ]→[購入履歴]と進んだ画面でも購入したスタンプはダウンロードできます。

6. 購入したスタンプを確認する

続けて確認画面が表示されるので、画面下部の[確認]をタップして画面を閉じます。この時点でマイスタンプと購入履歴に記録されているので、たとえスタンプを削除したとしても再ダウンロードして復元可能となります。

ダウンロード完了画面 購入したスタンプがトーク画面のスタンプリストの最も左側に表示される

このとき確認ボタンの上にある一文のチェックボックスにチェックが入っているため、そのままだとLINEストア公式アカウントが友だちに追加されることになります。不要であればチェックを外してから[確認]をタップするようにしましょう。

友だちとのトークルームでは、購入してダウロードしたばかりのスタンプがスタンプリストの最も左側に表示されているはずです。

有料スタンプを実質無料でゲットする方法とは?

LINEの有料スタンプを無料で手に入れるには、1ポイント=1円相当の「LINEポイント」を活用します。LINEポイント貯め方はさまざまですが、もっとも手軽に無料で貯められるのが、LINEポイントページの各種キャンペーンをこなしていく方法です。

ウォレットタブからLINEポイントをタップ キャンペーンをこなしてポイントを獲得できる

キャンペーンは「ウォレット」タブの[LINEポイント]→[貯める]と進んだ画面でおこなえます。広告動画の視聴や公式アカウントの追加など、ポイント付与の条件はスキマ時間を使ってできるかんたんなものばかりです。地道に続けていけば、スタンプを買えるくらいの量はすぐに貯まるでしょう。

こうして貯めたLINEポイントは、アプリ内のスタンプショップと、LINEストアの両方で有料スタンプの購入に利用できますが、それぞれポイントの使い方が異なります。

スタンプショップでLINEポイントを利用する

LINEポイントをすでに保有しており、かつ購入済みのLINEコインが不足している状況であれば、LINEポイントがLINEコインに自動的に変換されて使用されます。

LINEポイントがコインに自動変換される

ポイントからコインへの変換レートは「2ポイント=1コイン」なので、普通に「2.4円=1コイン」としてチャージするよりもお得感があります。つまり、通常50コインを買う場合は120円必要ですが、LINEポイントだと50コイン分を100ポイント(1ポイント=1円相当なので実質100円分)でまかなえるというわけです。

ただし原則、LINEポイントから自動変換されたコインよりも、チャージしたLINEコインが優先して消費されます。そのためコインのチャージ額が0、もしくはコインが不足している状態でスタンプを買う必要があります。

ポイントからコインへの変換レート

LINEストアでLINEポイントを利用する

LINEストアでLINEポイントを利用する場合は、購入方法の選択画面で[すべて利用]か[一部利用]かを選択できます。

LINEストアでもLINEポイントを利用できる

よりお得にスタンプ購入に利用したい場合は、LINEポイントをLINE Pay残高に変換しましょう。変換したLINE Payを使ってLINEクレジットをチャージすれば、最大25%のボーナスクレジットがもらえます。

LINEポイントからLINE Payに変換する方法

有料スタンプが「購入できない」場合に考えられる原因と対処法

スタンプが購入できない場合、以下のような原因が考えられます。もし解決しない状況が続く場合は、お問い合わせフォームよりLINEに問い合わせてみてください。

スタンプの販売期間が終了している

スタンプには期間限定で販売しているスタンプもあります。販売期間が過ぎたスタンプは、購入できません。また、アプリ内のスタンプショップとLINEストアでは販売しているスタンプが一部異なります。

LINEアプリのバージョンが古い

LINEアプリのバージョンが古い場合、スタンプが表示されなかったり、スタンプショップがエラーでうまく開かないケースもあります。LINEのバージョンを最新にアップデートしてから試してみてください。

LINEアプリをアップデートする方法【iPhone/Android】

ストレージの空き容量がない

データを保存するストレージがいっぱいになっていると、スマホ自体の動作が重くなったり、突然スタンプショップやLINEストアが落ちてしまうなどの症状が発生する場合があります。保存してあるアプリやデータ、ファイルなどで必要のないものがあれば、定期的に削除してストレージの空き容量を確保しておきましょう。

iPhoneの容量が不足した時、空きを効果的に増やす方法──容量の確認、「その他」を減らす、写真・アプリ・書類データ節約、外付けストレージ増設など
Androidスマホの空き容量不足を解消する基本テク──キャッシュ消去、アプリ・写真・動画・音楽の移動・削除、SDカード追加などで内部ストレージを空ける方法

その他、通信環境など

ネットワーク(モバイル通信/Wi-Fi環境)が不安定な場合は、スタンプショップやLINEストア自体がひらかなかったり、スタンプがダウンロードできなかったりする場合があります。

スタンプを購入する場合は、安定したネットワーク環境でおこないましょう。その他、原因が不明な場合は、端末を再起動させると解決する場合もあるようです。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.2.0、Android版9.2.1

EDITED BY MOEGI