Appleギフトカードとは? 使い方やiTunesカードとの違いも解説

Appleの製品とサービスすべてに使える

Appleは2021年11月、新たに「Apple Gift Card(アップルギフトカード)」の販売を日本でスタートしました。iPhoneなどのハードウェアからアプリまで、あらゆるApple製品・サービスの支払いに利用できるギフトカードです。

本記事ではAppleギフトカードについて、これまでの各ギフトカードとの違いや実際のチャージ方法などを解説します。

「Apple Gift Card」とは?

Image

Appleが新たに販売を始めた「Apple Gift Card」は、Appleによる製品(iPhoneやiPadなど)やサービス(Apple MusicやApple Arcadeなど)の支払いに利用できるギフトカードです。

用途の制限がないギフトカード

「Apple Gift Card」と、従来の「App Store & iTunesギフトカード」や「Apple Storeギフトカード」との違いは、用途に制限が設けられていないという点です。

App Store & iTunesギフトカードは、App StoreとiTunes Storeでしか使えなかった

「App Store & iTunesギフトカード」は、App Storeの有料アプリやiTunes Storeのコンテンツの購入などに利用可能で、Apple Storeでの製品購入には使えません。また「Apple Storeギフトカード」は、Apple Storeでの製品購入時に用途が制限されており、App StoreやiTunes Storeでの利用はできないギフトカードです。

新たに登場した「Apple Gift Card」は、上記2つのギフトカードを統合する形で、ソフトとハードのどちらを購入するときでも利用できます。ユーザーが柔軟に用途を決められるため、ハードを買う機会があまりなく、Apple Storeギフトカードの残高を持て余してしまっていた、といった悩みはなくなるでしょう。

金額は4種類から選択可能、自分で金額を設定するタイプも

Apple Gift Cardは、あらかじめ金額が設定されているタイプと、自分で自由に金額を設定するタイプから選んで購入できます。

あらかじめ金額が設定されているタイプのカードは、以下の4つの金額から選択します。

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 1万円

また、自分で金額を指定して購入できる「バリアブルカード」も用意されており、1000円から50万円まで1円単位で指定して購入ができます。ただし、この金額幅はカードを実店舗で購入する場合のみ利用可能で、オンラインで「バリアブルカード」を購入する場合は、1500円から5万円までの金額幅となります。

Apple Gift Cardはどこで買える?

Apple Gift Cardが購入できるのは、実店舗ではコンビニエンスストアや家電量販店、Apple Store直営店で購入可能です。

オンライン上で購入する場合は、Apple Storeや楽天市場を利用してください。楽天市場なら、楽天ポイントでもApple Gift Cardを買えます。

Apple Gift Cardの使い方

購入したApple Gift Cardのチャージ方法や、App StoreとApple Storeでの利用方法を解説します。

Apple Gift Cardからチャージする方法

まずは、Apple Gift CardからApple IDの残高にチャージする方法を解説します。今回はバリアブルカードで1000円のカードを購入し、iPhoneでチャージしてみました。なお、バリアブルカードを購入する際は、会計時に希望の金額を店員に伝えるだけでOKです。

Apple Gift Cardをケースから取り出す

まずは購入したApple Gift Cardをケースから取り出します。ケースを開封すると、アップルマークが描かれたカードが入っています。

なお、このアップルマークはステッカーになっており、カードから剥がして好きな場所に貼ることができます。

App Storeを開く

次に、iPhoneでApp Storeを開き、右上の人型マーク(またはアイコン画像)をタップします。続いて「アカウント」画面で[ギフトカードまたはコードを使う]を選択してください。

カード裏面のコードを登録する

「カメラでギフトカードのコードを読み取ってください」という画面が表示されるので、[カメラで読み取る]または[手動でコード入力]を選択します。

Apple Gift Cardの裏面には、枠で囲われた英数字16ケタのコードが印字されています。手動で入力する場合は、枠内の文字列を入力するようにしてください。

今回は[カメラで読み取る]を選択しました。

カメラが起動するので、Apple Gift Cardの裏面を写します。すると、自動で枠内のコードの読み取りがおこなわれます。

チャージが完了

コードの読み取り後、画面が切り替わったらチャージは完了です。

チャージした残高を利用する方法

Apple Gift Cardでチャージした残高をApp StoreやApple Storeで利用する方法を紹介します。

App Storeで有料コンテンツを購入する場合

App Storeで残高を利用したい場合は、特にユーザーが必要な操作はありません。いつもどおり、購入したいアプリの価格が表示されたボタンをタップし、Face IDやTouch IDで承認をしたら完了です。

購入金額は優先してApple IDの残高が利用され、残高が不足している場合は登録しているクレジットカードでの不足分の支払いが必要となります。

Apple Storeで購入する場合

Apple StoreでApple IDの残高を利用して製品を購入する場合は、Apple IDでログインした状態で買い物をします。ほしい商品をバッグに入れ、画面の指示に従って配送オプションなどの設定を進めます。

支払い方法の設定画面において、Apple IDの残高がある場合は支払いに適用する金額が設定可能です。適用する金額を決めたら、[適用]を選択します。すると適用額が購入金額から引かれるので、残りの金額を支払う方法を設定すればOKです。

サブスクリプションの料金に利用する場合

Apple Gift Cardでチャージした残高は、クレジットカードなどの通常の支払い方法よりも自動的に優先して使用されます。そのため、サブスクリプションの料金に対しては、更新日に自動的にApple IDの残高から支払われます。

Apple IDの残高でサブスクリプションの料金が支払われた際には、Appleから支払い確認のメールが届かないため、いつの間にか残高が減っているのに驚いた人も少なくないでしょう。残念ながら、Apple IDの残高による支払いの優先度はユーザー側で設定することはできないので、サブスクリプションで知らないうちに残高が減っていくのが嫌な人は更新日よりも先にApp StoreやApple Storeでの買い物に利用するほかありません。

Apple Gift Cardに関するよくある疑問と答え

Apple Gift Cardに関してよくある疑問とそれに対する答えをまとめました。

チャージした残高に有効期限はある?

Apple Gift Cardからチャージした残高に有効期限はありません。

Apple Gift Cardからチャージした残高には、有効期限が設定されていないため、保有残高の期限を気にする必要がありません。また、Apple Gift Cardの購入からチャージまでの期限もないので、自身のタイミングで落ち着いてチャージをしてください。

すでにチャージされていた残高の扱いは?

既存のチャージ残高は、チャージしたギフトカードが対応するストアで利用できます。

すでにチャージされているApp Store & iTunesギフトカードやApple Storeギフトカードによる残高は、それぞれが対応する用途でしか利用できません。

App Store & iTunesギフトカードでチャージした残高であればApp StoreやiTunes Storeでのみ、Apple Storeギフトカードでチャージした残高であればApple Storeでのみ利用可能です。

App Store & iTunesギフトカードを購入してチャージしても、Apple Gift Cardと同じように使える?

App Store & iTunes Storeギフトカードからチャージした残高は、Apple Storeでの買い物には利用できません。

現在、コンビニなどでは未だにApp Store & iTunesギフトカードが販売されているところが多く見られますが、App Store & iTunesギフトカードを購入してチャージしても、本来の用途にしか利用できません。

Apple Storeでの買い物にも残高を利用したい人や、誰かにギフトで送る予定の人は注意が必要です。ギフトでApple Gift Cardを送りたい場合は、Apple StoreにてEメールタイプのApple Gift Cardが購入できるので、こちらのほうが確実でしょう。

EDITED BY
TOKIWA