【インスタグラム】付けられた「タグ」を削除する方法 勝手なタグ付けをする迷惑スパムの拒否設定も紹介

【インスタグラム】つけられた「タグ」を削除する方法 相手への通知の有無も検証

Instagramの「タグ付け」は、フィード投稿とストーリーの両方に適用できます。投稿内にタグ付けされたユーザー名をタップすることでプロフィールに誘導し、フォロワーの拡大などにつながります。

一方で、誰かに自分がタグ付けされたとき、「身に覚えがない画像にタグ付けされた」「人目にさらされたくない内容なのにタグ付けされて迷惑」といったケースで不快に感じることもあるでしょう。最近では勝手にタグ付けしてくる迷惑スパムまで発生しているようです。

本記事では、インスタグラムで自分へのタグ付けを削除する(消し方)方法を紹介します。また、削除したことが通知などで相手にバレないのかといった点や、タグ付けされないようにする制限・拒否方法などについても解説しています。

インスタグラムで「タグ付け」されるとどこまで公開されてしまうのか

インスタグラムで「タグ付け」されるとどこまで公開されてしまうのか

自分が投稿にタグ付けされた場合、上の画像のように投稿画像に吹き出しマークのようなタグが追加されます。第三者はこのタグをタップすると、タグに表示されたアカウントのプロフィールページへ遷移することができます。

タグ付けの公開範囲
  • 投稿主のフィード/プロフィール
  • 投稿主のフォロワー全員
  • タグ付けされた本人のプロフィールページ
  • タグ付けされた本人のフォロワー全員
  • 公開アカウントであればすべてのインスタグラムユーザー

タグ付けされた投稿は、投稿主のフィード/プロフィールに表示されます。そのため、投稿主のフォロワーであれば誰でも投稿のタグを閲覧、タップができます。

インスタグラムで「タグ付け」されるとどこまで公開されてしまうのか インスタグラムで「タグ付け」されるとどこまで公開されてしまうのか

タグ付けされた側のインスタグラム

また、タグ付けされると通知が届きます。タグ付けされた投稿一覧は、プロフィールの「タグ付け」タブに表示されるようになっており、タグ付けされた側のフォロワーも閲覧可能です。

フィード投稿へのタグ付けを削除する方法(消し方)

フィード投稿にタグ付けされてしまっても、あとからタグを削除できるので安心してください。削除方法は2種類あります。

それぞれについて解説します。

フィードまたはプロフィール画面の投稿からタグを完全に削除する

フィードまたはプロフィール画面の投稿からタグを完全に削除する フィードまたはプロフィール画面の投稿からタグを完全に削除する
フィードまたはプロフィール画面の投稿からタグを完全に削除する

フィードに流れてきたタグ付け投稿か、自分のプロフィール画面のタグ付タブからタグを外したい投稿を表示させ、右上のメニューボタン[]をタップします。

[タグのオプション]で[投稿から自分を削除]を選択後、[削除]をタップすると、投稿からタグが完全に外れます。

タグを外すと相手側の投稿はどうなるのか

タグを外すと相手側の投稿はどうなるのか

タグ付けを外すと、相手(投稿主)の投稿からタグが完全に削除されます。「タグ付け」を経由してアカウントを検索されたり、フォローされたりすることがなくなるでしょう。

自分のプロフィール上でタグ付けされた投稿を非公開に設定する

インスタグラムで「タグ付け」されるとどこまで公開されてしまうのか

自分のプロフィール画面では、タグ付けされた投稿の一覧が簡単に表示できます。つまりフォロワーであれば、あなたのプロフィール画面からタグ付けされた投稿を閲覧できてしまうのです。

相手にタグ付けされるのは構わないけれど自分のフォロワーにはタグ付けされた投稿を非表示にしたい場合に使えるのが、プロフィール上からタグ付けされた投稿を排除する方法です。

自分のプロフィール上でタグ付けされた投稿を非公開に設定する

まず、自分のプロフィール画面からタグ付けされた投稿一覧を表示させ、タグ付けを外したい投稿を選択します。

自分のプロフィール上でタグ付けされた投稿を非公開に設定する 自分のプロフィール上でタグ付けされた投稿を非公開に設定する

投稿の右上にあるメニューボタン[]から[タグのオプション]をタップし、[プロフィールに表示しない]を選択すればOKです。自分のプロフィールからタグ付けされた投稿が削除されます。

投稿主のプロフィール画面やフィードにはタグ付けされたまま投稿が残るため、フォロワーの目に入る可能性はありそうです。ただし、自分のプロフィール画面上からは消えるので、自分のフォロワーなどからタグ付けされた投稿を見られなくて済む確率は高まるでしょう。

タグ付けの削除は通知されないが相手にバレる可能性あり

インスタグラムで前述した「タグ付けの完全削除」を実行すると、相手にそれがバレてしまう可能性があります。

タグを外すと相手側の投稿はどうなるのか

タグの削除が通知されることはありませんが、相手側の投稿からあなたのタグが消えます。そのため、相手が投稿を見返したときに「タグが消失している」と気づく可能性は大いにあるのです。

勝手にタグを削除してしまうと、投稿主を不安にさせてしまうかもしれません。関係を損ねたくない場合はタグを削除する旨、ひとこと断わりを入れておくとといいでしょう。

未然にタグ付けを制限・拒否する方法

インスタグラムで未然にタグ付けを制限・拒否する方法は以下の2つです。

前者では、タグ付けできる範囲を限定できます。自分以外の第三者からのタグ付を完全拒否できるため、重宝する機能でしょう。後者は、特定の相手からのタグ付けを拒否するのに有効です。

タグ付けの拒否設定

自分のプロフィールへの自動追加は防げる 自分のプロフィールへの自動追加は防げる 自分のプロフィールへの自動追加は防げる

プロフィール画面右上のメニューボタン[]の設定[]をタップし、[プライバシー設定]から[タグ]をタップします。

タグ付け拒否

ここで、タグ付けを許可する人を「誰にも許可しない」にすると、自分以外の第三者から勝手にタグ付けされるのを防ぐことが可能です。「フォローしている人」に設定すれば、自分がフォロー中のアカウントだけがあなたをタグ付けできるようになります。

特定の相手からのタグ付け拒否には「ブロック」

特定の相手からのタグ付けを拒否したいならば、相手を「ブロック」するのが有効です。

タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効 タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効

相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[ブロック]を選択し、もう一度[ブロック]で相手をブロックできます。

タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効 タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効

ブロックされている側の画面

ブロックされた側は、投稿の編集画面であなたをタグ付けすることが可能です。しかし投稿が完了すると、付けたはずのタグは外れるため安心してください。

ブロックは、インスタグラム上で相手との関係を断つための手段です。そのため、DMのやりとりやフィード投稿・ストーリーの閲覧などが互いにできなくなってしまいます。ブロックした事実が相手にバレてしまうリスクもあるため注意してください。

ストーリーのタグ付けは削除できない

ストーリーのタグ付けは削除できない

残念ながら、現時点でストーリーのタグ付けは削除できません。一度投稿されたストーリーのタグは、投稿主であっても削除ができない仕様になっています。

ストーリーは投稿後24時間経つとフィードのストーリーリングから自動的に消えるという性質から「仕方がない」とあきらめるしかありません。どうしてもタグ付けされたストーリーを他人に閲覧されたくないならば、投稿主に依頼して当該ストーリーそのものを削除してもらいましょう。

失敗しない、インスタグラム「ストーリー」の使い方まとめ

検証しInstagramのバージョン:iOS版123.1.0.26.115、Android版123.0.0.21.114

EDITED BY BOTAN