インスタグラムで付けられたタグを非表示・削除する方法──迷惑タグ付けの拒否設定なども解説

インスタグラムで付けられたタグを非表示・削除する方法──迷惑タグ付けの拒否設定なども解説

Instagramでフィード投稿やストーリーに「タグ付け」されると、投稿の閲覧者はそのタグを通じてあなたのプロフィールにアクセスできます。プロフィールへの誘導により、フォロワーの獲得などに寄与するでしょう。

他方、「身に覚えがない画像にタグ付けされた」「人目にさらされたくない内容なのにタグ付けされて迷惑」といったように、不快に感じられるタグ付けも。手当たり次第に勝手なタグ付けをしてくる迷惑スパムも存在します。

そこで本記事では、インスタにおける自分へのタグ付けを投稿から非表示・削除する方法を紹介。また、タグ付け削除は相手にバレるのかといった仕様面や、タグ付けを未然に防ぐ拒否設定などについても解説しています。

インスタでタグ付けを非表示・削除すると相手にバレる?

インスタで付けられた「タグ」の非表示(削除)は相手にバレる?

インスタで自分が投稿にタグ付けされると、投稿に吹き出しマークのようなタグが追加されます。投稿の閲覧者はこのタグをタップすると、そこに表示されたアカウントのプロフィールページへ遷移できます。

タグ付けの公開範囲
  • 投稿主のフィード/プロフィール
  • 投稿主のフォロワー全員
  • タグ付けされた本人のプロフィールページ
  • タグ付けされた本人のフォロワー全員
  • 公開アカウントであればすべてのInstagramユーザー

タグ付けの公開範囲は、投稿主のフォロワーだけでなく、自分のフォロワーにも公開されます。自分のフォロワーには見られたくない写真にタグ付けされてしまった、見知らぬ人から勝手にタグ付けされて困っているなど、タグ付けに悩まされているときに使えるのが、タグの非表示(削除)です。

これから解説するタグ付けの削除を実行する前に知っておきたいのが、相手にそれがバレてしまうのか否かでしょう。

インスタで付けられた「タグ」の非表示(削除)は相手にバレる?

タグの削除は投稿主に通知されることはありませんが、相手側の投稿からあなたのタグが消えるため、相手が投稿を見返したときに「タグが消失している」と気づく可能性は大いにあると言えます。

勝手にタグを削除してしまうと、投稿主を不安にさせてしまうかもしれません。関係を損ねたくない場合は、タグを削除する旨、断わりを入れておくのが無難です。

インスタグラムの「タグ付け」とは──やり方や通知の仕組み、削除方法などを解説

フィード投稿のタグを非表示・削除する方法

フィード投稿に付けられたタグを削除する方法を解説します。削除方法は2パターンあります。

それぞれについて解説します。なお、ストーリーに付けられたタグ(メンション)の削除方法は後述しています。

タグを完全に削除する

タグを完全に削除するタグを完全に削除する

投稿に付いたタグをタップして[投稿から自分を削除]→[削除]を選択すると、タグが完全に外れます。

自分のプロフィール上から非公開にする

タグをプロフィールから非表示にする

プロフィール画面にある「タグ付け」タブ(一番右)では、自分がタグ付けされた投稿の一覧が表示されます。フォロワーは、あなたのプロフィール画面からタグ付けされた投稿を閲覧できるわけです。

そのため、タグ付けされた写真や動画に自分のフォロワーに見られたくないものがあれば、困ってしまうケースもあるでしょう。そんなときに便利なのが、自分のプロフィール画面からタグ付け投稿を非表示にする方法です。

自分のプロフィール上から非公開にする自分のプロフィール上から非公開にする

タグ付け投稿にある自分のタグをタップ後に[プロフィールに表示しない]を選択すると、プロフィール上から当該投稿が非表示になるはずです。

この方法なら、自分のフォロワーなどからタグ付けされた投稿を見られずに済む確率は高まります。ただし、投稿主のプロフィール画面やフィードにはタグ付けされたまま投稿が残る点には注意が必要です。

ストーリーのタグ(メンション)は削除できないが拒否設定は可能

ストーリーのタグ付(メンション)は削除できない

現時点では、ストーリーのタグ付け(メンション)は削除できません。一度投稿されたストーリーのタグは、投稿主であっても削除ができない仕様になっています。

ストーリーは投稿後24時間経つとフィードのストーリートレイから自動的に消えるため、残念ながらこれを待つほかありません。どうしてもタグ付けされたストーリーを他人に閲覧されたくないなら、投稿主に依頼して当該ストーリーそのものを削除してもらいましょう。

一方で、ストーリーへのタグ付け(メンション)をあらかじめ拒否する設定は用意されています。

ストーリーのタグ付(メンション)は削除できないストーリーのタグ付(メンション)は削除できない

プロフィールタブのメニューボタン[]から[ 設定]→[プライバシー設定]→[メンション]と進むと、「@メンションを許可する人」の設定画面が表示されます。

ここでストーリーへのメンションを許可する対象を選択できますが、この設定は投稿へのコメントやライブ配信、キャプションの@メンションにも共通して適用されます。

インスタストーリーの「メンション」とは?──その意味や基本のやり方、おしゃれな加工方法などを解説

タグ付けは未然に拒否・制限できる

タグ付けされるのが苦手なユーザーは、事前にタグ付けを拒否・制限しておくといいでしょう。以下、3つの方法を解説していきます。

タグ付けを拒否する

タグ付けを拒否するタグ付けを拒否するタグ付けを拒否する

プロフィール画面右上のメニューボタン[]の[ 設定]をタップし、[プライバシー設定]から[投稿]をタップします。

タグ付けを拒否する

次の画面で、タグ付けを許可する人を「誰にも許可しない」に設定すると、自分以外の第三者から勝手にタグ付けされるのを防ぐことが可能です。「フォローしている人」に設定すれば、自分がフォロー中のアカウントだけがあなたをタグ付けできるようになります。

タグ付けを承認制にする(手動で許可)

タグ付けされた投稿を自分のプロフィール上で公開/非公開にするかどうか、手動で選択できるようにする設定について解説します。この設定は、タグ付け自体を許可(または不許可)にするものではありません。

タグ付けを拒否するタグを承認制にする

プロフィールタブのメニューボタン[]→[ 設定]→[プライバシー設定]→[投稿]と進み、画面下にある[タグ付けを手動で承認]をタップしてください。

タグを承認制にするタグを承認制にする

「タグの管理」をオンにすると、それ以降タグ付けされた投稿が「承認待ちのタグ」に追加されるようになります。

タグを承認制にするタグを承認制にする

[承認待ちのタグ]→[編集]とタップし、各投稿が選べます。それぞれを選択後、画面下に表示されるボタンから[追加]をタップすれば、プロフィール画面への表示を承認したことになります。

投稿のタグを削除したい場合は、一番右の[削除]を選んでください。

タグを承認制にするタグを承認制にする

[追加]を選択したケースでは、[プロフィールに追加]をタップ後に自分のプロフィール画面に当該投稿が表示されるようになります。

特定の相手からの迷惑なタグ付けには「ブロック」も有効

特定の相手からのタグ付けを拒否したいなら、相手を「ブロック」するのが有効です。

相手をブロックする相手をブロックする

相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[ブロック]を選択し、もう一度[ブロック]で相手をブロックできます。

タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効タグ付けを完全阻止するには"ブロック"が有効

ブロックされている側の画面

ブロックされた側は、投稿の編集画面ではあなたをタグ付けできます。しかし、投稿が完了すると付けたはずのタグは外れるため安心してください。

ブロックは、インスタグラム上で相手との関係を断つための手段です。そのため、DMのやりとりやフィード投稿・ストーリーの閲覧などが互いにできなくなってしまいます。ブロックした事実が相手にバレてしまうリスクもあるため、その仕様を理解したうえで慎重に実行してください。

検証しInstagramのバージョン:iOS版192.0.0.37.119、Android版191.1.0.41.124

EDITED BY
BOTAN