【2022】DAZNの新料金・割引まとめ──値上げでもお得に利用するには?

「年間視聴パス」と「DAZNプリペイドカード/DAZNチケット」がおすすめ

DAZN(ダゾーン)は年間1万以上ものスポーツ映像をはじめ、選手インタビューといった関連番組など豊富なオリジナル動画コンテンツを配信するスポーツ観戦には欠かせない存在です。

ただ料金プランが複数あり、月額いくらなのか、どれに加入すればおトクなのか、全体像や選び方がわかりにくい面もあります。2022年2月22日には月間プランが月額1925円→3000円に、年間プランが年額1万9250円→2万7000円に値上がりしたため、さらに悩ましいところです。

そこで本記事では、DAZNで提供されている料金プランや割引施策、無料体験など、少しでも安く利用するための最新情報を整理してまとめました。

本記事で記載している価格はすべて税込表示です。

DAZNの料金と割引プラン、支払い方法【一覧表あり】

これだけのプログラムをそろえながら、視聴料金は定額で個別課金のコンテンツは一切なし(完全見放題)というのがDAZNの魅力です。料金プランは大きく「DAZN」と「DAZN for docomo(フォードコモ)」の2種類に分けられます。また、他サービスとのセット割や、特殊な割引プランも用意されます。

DAZNは2022年2月22日より価格が改定され、月間プランは月額1925円から月額3000円に、年間プラン(一括払い)は年額1万9250円から年額2万7000円に値上がりしました。加入を検討している人は、後述のお得に加入する方法をチェックしましょう。

DAZN 各料金
プラン 2022年2月21日までの料金 2022年2月22日以降の料金
DAZN
  • 月間プラン:月額1925円
  • 年間プラン:年額1万9250円
  • 月間プラン:月額3000円
  • 年間プラン(一括払い):年額2万7000円
  • 年間プラン(月々払い):月額2600円(年間総額3万1200円)
DAZN for docomo 月額1925円

月額1925円

※2022年4月18日以降に新規契約した場合は月額3000円

DAZN 年間視聴パス 1万9250円 1万9250円
DAZNプリペイドカード/DAZNチケット
  • 1カ月分:1925円
  • 3カ月分:5775円
  • 6カ月分:9625円
  • 12カ月分:1万9250円
  • 1カ月分:2600円
  • 3カ月分:7000円
  • 6カ月分:1万3000円
  • 12カ月分:2万2200円
DAZN for docomo+dTV 月額2255円

月額2255円

※2022年4月18日以降に新規契約した場合は月額3220円

DAZN for docomo+ひかりTV for docomo
  • 通常:月額5555円
  • 2年割:月額4455円
  • 通常:月額5555円
  • 2年割:月額4455円
au・UQモバイル経由での加入 実質月額1815円 実質月額2890円
povoの7日間限定使い放題パック 760円/回(7日間) 760円/回(7日間)
旧スポナビライブからの特別割引プラン 月額980円 月額3000円

基本プラン「DAZN」

【DAZN】料金プラン

2022年2月22日以降の料金プラン

基本プランとなるのが月額3000円の「DAZN」です。年間プランの月々払いや一括払いも提供されており、月間プランよりもお得に利用できます。

現在、DAZN視聴料金の支払い(決済)に利用できる手段は以下の通りとなっています。

  • クレジットカード・デビットカード(国内発行のVISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners Club)
  • NTTドコモ経由の支払い(DAZN for docomo)
  • iTunesアカウントを利用したApple ID経由のアプリ内課金
  • Google Playアプリ内課金
  • Amazon Fire TVシリーズのアプリ内課金
  • Paypalによるオンライン決済
  • コンビニ各社で販売している「DAZNチケット」
  • コンビニや家電量販店で販売している「DAZNプリペイドカード」
  • Jリーグクラブ、プロ野球球団で販売されている「DAZN視聴パス」
  • ケーブルテレビ(J:COM、JCTA加盟局)
  • キャリア決済(au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイル、ドコモ)

なお、Apple ID経由のアプリ内課金で支払った場合、月間プランは月額2800円、年間プラン(一括)は2万7800円となります。

ドコモが提供する「DAZN for docomo」

【DAZN】DAZN for docomoの料金プラン

「DAZN for docomo」は、DAZNのコンテンツが視聴可能なドコモ提供のサービスです。以前はドコモユーザー限定のサービスでしたが、現在はdアカウントさえあればドコモユーザーに限らず誰でも加入できます。

DAZN for docomoがDAZNと異なる点は、主に以下の通りとなります。

DAZN for docomoがDAZNと異なる主な点
  • 加入する際はdアカウントの登録が必須
  • ドコモユーザーはキャリア決済(月々の携帯料金との合算払い)が選択可能。ドコモユーザー以外はクレジットカードのみ

以前の料金は月額1925円でしたが、4月18日以降に新規加入したユーザーはDAZNと同じ月額3000円となります(4月17日までに加入した人は値上げ以降も月額1925円のまま)。DAZN for docomoの料金改定は、2020年10月に月額1078円から月額1925円に値上がりしたのに続いて二度目です。

また、2020年9月以前から利用している人は途中解約しない限り月額1078円で利用できましたが、2022年7月1日以降は1925円に値上がりしたため、月額1078円での利用はできなくなりました。

DAZN年間視聴パス

【DAZN】年間視聴パス

Jリーグの各クラブが販売する「年間視聴パス」を利用すると、1万9250円で12カ月間DAZNを視聴できます。

年間視聴パスはDAZNの価格改定対象外のため、2月22日の値上げ後でも最もお得に利用できる手段。年間を通じてDAZNを利用するつもりならおすすめです(詳しくは後述)。ただし年間視聴パスは販売期間が限られており、2022年シーズンは2022年3月31日までの販売です(登録時に入力するコードの有効期限は2022年5月2日まで)。

DAZN for docomoを契約中のユーザーや、App StoreまたはGoogle Playアプリ内課金で支払っているユーザー、DAZNの利用を一時停止しているユーザーなどは年間視聴パスを利用できません。その場合、一度DAZNを退会してから現在の視聴期間満了後に年間視聴パスで再登録する必要があります。

DAZN年間視聴パスについて

DAZNプリペイドカード/DAZNチケット

【DAZN】DAZNプリペイドカード

DAZNプリペイドカード

DAZNプリペイドカード」または「DAZNチケット」から加入することも可能です。クレジットカードを持っていない人でも購入できます。

DAZNプリペイドカードは、コンビニや家電量販店などで販売されている物理タイプのプリペイドカード。自分用だけでなく、ギフトにも適しています。一方のDAZNチケットは、コンビニのマルチコピー機で発行するタイプの紙チケットです。いずれも記載されたPINコードを入力して登録すれば、購入分の期間、DAZNを利用できます。

販売されているDAZNプリペイドカード/チケットの種類は以下の通り。通常プランよりも若干安く購入できるのがポイントです(後述)。

  • 1カ月分:2600円(400円お得)
  • 3カ月分:7000円(総額2000円お得)
  • 6カ月分:1万3000円(総額5000円お得)
  • 12カ月分:2万2200円(総額1万3800円お得)

視聴期間が残っている間にアカウントを退会・一時停止しても返金などはありません。DAZN for docomoで契約しているユーザー、App Store決済/Amazon API決済/Google Play決済で支払っているユーザーなどは、DAZNプリペイドカードおよびDAZNチケットを利用できないので注意してください。

セット割プランなど

DAZNでは、月額料金がお得になる特別割引プランがあります。もちろん誰もが利用できるわけではなく、他のサービスに加入するなど特別な条件がある場合もあります。

DAZN for docomoとdTV/ひかりTVとのセット割

DAZN for docomoへの加入時に、動画配信サービスの「dTV」や「ひかりTV」にも加入すると、お得なセット割引が適用されます。

DAZN ドコモセット

DAZN for docomoとdTV、またはDAZN for docomoとひかりTVのいずれかのセットプランに加入すると、2サービス合計の月額料金が220円お得になります。

dTVやひかりTVと同時にDAZNを視聴したい人は、セット割を利用するといいでしょう。

au・UQモバイル経由での加入(初月3カ月無料)

【DAZN】au経由での加入

DAZNの無料体験期間は廃止されてしまいましたが、auまたはUQモバイル(「くりこしプラン +5G」プラン)を経由してDAZNに加入すると、3カ月間の無料期間を利用できるようになります。

au・UQモバイル経由で加入した場合も値上げの対象となりますが、無料期間終了後は通常の料金から毎月110円値引きされた金額が請求されるため、4カ月目以降の料金は実質的に月額2890円となります。

DAZN(au)
DAZN(UQモバイル)

なお、auはデータ容量が無制限となる「使い放題MAX 5G/4G」にDAZNのパックが付随した「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」も提供開始。通常価格では、使い放題MAXが月額7238円、DAZNが月額3000円ですが、「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」なら月額8338円で利用できるため、月額1900円分お得になります。

povoの7日間限定使い放題パック

【DAZN】povo 7日間使い放題パック

KDDIのオンライン専用ブランドpovo(ポヴォ)が提供する「DAZN使い放題パック(7日間)」に加入すると、760円で7日間DAZNが使い放題となります。

DAZNの料金プランは月額・年額払いメインですが、povoのパックなら7日間限定という短期間のみ加入できます。「どうしても観たい試合が1試合だけある」といったように、期間限定でDAZNを視聴したい場合などに便利です。

DAZN使い放題パック(7日間)

旧スポナビライブ(ソフトバンク)からの特別割引プラン

過去にソフトバンクが提供していた「スポナビライブ」の利用者がDAZNへとスムーズに移行できるよう支援するプランです。

DAZNと同様のスポーツ中継を配信してきたスポナビライブは2018年2月13日に新規申込の受付を終了し、5月31日にサービスを停止。これに伴い、スポナビライブの月額プランを利用中の人に限って、月額980円でDAZNを利用できるというプランが提供されています。

しかし、2022年2月22日以降はスポナビライブ特別割引が適用されているユーザーも、月額3000円に値上がりした金額が適用されています。

DAZN | ヘルプ | スポナビライブからDAZNへ移行されるお客様へ

DAZNをお得に利用する方法

繰り返し述べているとおり、DAZNは2022年2月22日から価格改定に伴う値上げを実施しています。価格改定前と比べて月間プランは月1075円、年間プランは年7750円も値上がりしたため、少しでもお得に利用したいと思うユーザーも多いはずです。

ここでは値上げ後もDAZNをお得に利用する方法として、「年間視聴パス」「DAZNプリペイドカード/DAZNチケット」の2つをピックアップして紹介します。

DAZN for docomoも値上げの対象に

2022年4月18日以降、DAZN for docomoの月額料金は1925円から3000円に値上げとなりました。

4月17日までに加入していれば値上げ以降も月額1925円のまま継続できるため、DAZN for docomo加入はDAZNをお得に利用する方法のひとつでもありましたが、4月18日以降は月額3000円の料金が適用されてしまうようになりました。

年間視聴パスを購入する(期間限定)

【DAZN】年間視聴パス

DAZNの年間視聴パス。カードの裏面に記載されたコードを入力する

年間視聴パスは値上げの対象外となっており、価格改定後も変わらず1万9250円で購入できます。値上げされたプランと比べて、実際どのくらいお得になるのでしょうか。

年間視聴パスはどのくらいお得?
  12カ月加入した場合の総額費用
月間プラン 3万6000円
年間プラン(一括払い) 2万7000円
年間プラン(月々払い) 3万1200円
年間視聴パス 1万9250円

上表のとおり、年間視聴パスの価格は、年間プラン(一括払い)よりも7750円も安くなります。月間プランに12カ月加入し続けた場合と比べると、年間総額1万6750円もの差があります。

DAZNの月間プランが月額3000円になったことを考えると、1年間のうち7カ月以上DAZNに加入する人なら年間視聴パスを購入したほうがお得です。年間視聴パスの販売期間は2022年3月31日まで、コードの有効期限は2022年5月2日までとなっています。

年間視聴パス(Jリーグオンラインストア)

DAZNプリペイドカード/DAZNチケットを購入する

コンビニや家電量販店できるDAZNプリペイドカード/DAZNチケットもお得に利用できる手段です。通常プランと比べて、どのくらい安くなるのでしょうか。

DAZNプリペイドカード/チケットと通常プランの差額
  通常プラン(月間)の総額 DAZNプリペイドカード/チケット 差額
1カ月分 3000円 2600円 400円
3カ月分 9000円 7000円

2000円(1カ月あたり約666円お得)

6カ月分 1万8000円 1万3000円

5000円(1カ月あたり約833円お得)

12カ月分 3万6000円 2万2000円

1万4000円(1カ月あたり約1166円お得)

通常プラン(月間)は月額3000円ですが、3カ月分なら月額2333円相当、6カ月分なら月額2166円相当、12カ月分なら月額1833円相当で利用できる計算になります。

年間視聴パスと比べると金額的なメリットは小さいですが、「1年間も利用しない」「3カ月または6カ月あれば十分」ということであれば、DAZNプリペイドカード/DAZNチケットのほうがおすすめです。

DAZNの無料体験は一部プランを除いて廃止に

【DAZN】無料体験期間

DAZNには、かつて初回限定で利用できる1カ月間の無料体験キャンペーンがありましたが、2022年2月22日の料金改定と同時に基本プランでは無料体験が廃止されています。加入すると初月から利用料金が発生する点に注意してください。

DAZN for docomoの31日間の無料体験も同年4月17日をもって同じく廃止となりました。ただし、auまたはUQモバイル(「くりこしプラン +5G」プランなどの回線契約が必要)を経由してDAZNに加入すれば、3カ月の無料体験を利用できます。

DAZN(ダゾーン)とは?

DAZN(ダゾーン)は、サッカーや野球、テニス、バスケットボール、格闘技、F1をはじめ、多様なジャンルのスポーツ中継に特化した動画配信サービスです。

【DAZN】料金プラン

番組表で配信予定のコンテンツを確認できる

国内外130以上のリーグ戦など年間1万以上もの試合をライブ配信・見逃し配信を視聴可能。なかでも充実しているのが、サッカー中継の配信です。2017年よりJ1・J2・J3の放映権を独占し、Jリーグのリーグ戦を全試合視聴できるのはDAZNのみとなっています。

これに加え、2022/23シーズンの欧州サッカーはスペイン・ラリーガやイタリア・セリエAなどを配信。選手インタビューや関連番組など、試合以外のコンテンツも配信するなど、少なくとも国内でサッカーを見るなら不可欠といえる存在になっています。

2022/23シーズンのプレミアリーグは視聴できない

DAZNは日本国内における2022/23シーズンのプレミアリーグの放映権を保有していないことを明らかにしました。2022/23シーズン以降のプレミアリーグの放映権は「SPOTV NOW」と「ABEMA」が獲得しています。

DAZN、サッカー・プレミアリーグの放映権について声明「権利獲得に至っておりません」

野球コンテンツについても注力しており、2022年シーズンは広島東洋カープを除く11球団の主催試合がライブ配信されます。

DAZN

さまざまなデバイスに対応する

対応端末はiPhone、iPad、Androidスマートフォン・タブレット、Amazon Fireタブレットはもちろん、Fire TV StickChromecast、Apple TV、PlayStation等によるテレビ視聴、各種スマートテレビ、J:COM LINKと幅広く利用できます。

1契約で最大6デバイスまで登録でき、2デバイスによる同時視聴が可能になっています。

アプリ「DAZN」をダウンロード
EDITED BY
AO