LINEが「開かない」「落ちる」ときに考えられる原因と対処法【iPhone/Android】

LINEが「開かない」「落ちる」ときに考えられる原因と対処法【iPhone/Android】

今や連絡ツールとして欠かせないLINE(ライン)。それだけに画面をタップしても反応がない、開こうとしたら落ちてしまうという状況は困りものです。LINEアプリの不具合やシステム障害なども含めて、LINEが開けない原因は多様にあり突き止めることは困難ですが、ちょっとした操作で改善するケースもあります。

本記事では、LINEアプリが開けない(開かない)、落ちるといった問題の解消に向けて、試したい対処法をまとめてみました。

LINEのシステム障害やアプリ不具合の発生がないか確認

LINEが突然開かない、落ちるようになったという場合、LINE側で何らかのシステム障害やアプリの不具合が発生している可能性も低くありません。特にLINEアプリを最新版にアップデートした直後や、スマホのOSをバージョンアップしたときなどは要注意です。

そうした場合、LINE公式のTwitterアカウントなどで現在の対応状況や復旧情報などが告知されることがあるので、まずはチェックしてみましょう(下記は過去のツイート例)。

対処法などが案内される可能性もありますが、基本的には復旧するまで待つほかありません。

LINEのグループトークを開くとアプリが落ちる不具合が発生中 アップデートが原因?

そのような案内がなく、特段障害やバグなどが生じていないようであれば、以下で紹介する対処法を試してみてください。

LINEアプリやスマホを再起動してみる

LINEが開かない、落ちてしまうといったときにまず試したいのが、アプリや端末の再起動。一時的な不具合を解消する手段としておなじみの手段です。

原因となっている挙動をリセットすることで問題が解決される可能性があります。

iPhoneの場合

まずはLINEのアプリを閉じる操作をおこないます。

【LINE】アプリを再起動(iPhone)

マルチタスク画面からLINEアプリを終了させて再び起動してみる

マルチタスク画面を表示させ、左右にスワイプしてLINEを見つけたら、上にスワイプして閉じてください。

このあと、LINEアプリを再度立ち上げてみて、改善しているかどうか試してみてください。

【iPhone】マルチタスク画面の出し方、知っておきたいコツと2つの注意点とは

【LINE】端末を再起動(iPhone)

電源をオフにして再び端末を起動してみる

引き続きLINEアプリが開けない場合、スマホを再起動してみましょう。

端末の電源ボタンを長押し、画面をスライドして電源をオフにします。オフになったのを確認し、スマホを再起動したのちLINEも起動してみましょう。

Androidスマホの場合

【LINE】アプリを再起動(Android)

マルチタスク画面からLINEアプリを終了させて再び起動してみる

LINEのアプリを終了する操作をおこないます。まずはマルチタスク画面からLINEを閉じます。このあと、LINEアプリを再度立ち上げてみて、改善しているかどうか試してみましょう。

正常に終了できない場合、端末の「設定」にある[アプリ]などの項目から[LINE]へと進んで、強制終了(強制停止)することも可能です。

LINEアプリを「再起動」する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

【LINE】端末を再起動(Android)

端末の電源をオフにする、または端末を再起動する(画面はPixel 3)

引き続きLINEアプリが開けない場合、今度は端末の電源ボタンを長押しし、いったんスマホをシャットダウン。もう一度、電源ボタンを押して端末を再起動します。

機種によっては[再起動]をタップすることで端末を再起動させることもできます。LINEアプリを開いてみて、改善しているか試してください。

LINEアプリやスマホのOSをアップデートする

LINEアプリや端末のOSのバージョンが相当に古い場合、LINEが正常に動作しないケースもあります。特にLINEアプリのバージョンアップを長らく行っていないなら、アップデートを実施してみましょう。

LINEアプリをアップデートする

iPhoneおよびAndroidスマホでLINEアプリをアップデートする手順をかんたんに紹介します。

詳細な手順は以下の記事でも紹介しているので参照してみてください。

iPhoneの場合

【LINE】アプリをアップデート(iPhone) 【LINE】アプリをアップデート(iPhone)

App Storeアプリを開いたら画面右上にある人型アイコンをタップ。「もうすぐ行われる自動アップデート」の一覧にLINEが表示されていたら、右横の[アップデート]をタップします([すべてをアップデート]をタップしてLINE以外のアプリとまとめてアップデートしても可)。

アップデートが完了すると、保留中リストからLINEアプリが消えるのでLINEを起動して正常に動くか確認してください。

Androidスマホの場合

【LINE】アプリをアップデート(Android) 【LINE】アプリをアップデート(Android)

Playストアアプリを開き、左上の[]ボタンをタップして[マイアプリ&ゲーム]を選択。「アップデート」の項目にLINEが表示されていたらアップデートします。

右横の[更新]をタップし、リストから消えたら完了です。LINEを起動してみてください。

OSをアップデートする

それほど関連性は高くはありませんが、iOSやAndroid OSをアップデートしていないなら、この機会にバージョンアップも検討しましょう。

iPhoneの場合

【LINE】OSをアップデート(iPhone) 【LINE】OSをアップデート(iPhone) 【LINE】OSをアップデート(iPhone)

iOSをアップデート

「設定」アプリから[一般]→[ソフトウェア・アップデート]→[ダウンロードしてインストール]と進み、パスコードを入力してアップデートをおこないます。

アップデートには時間がかかる場合があります。またデータ通信を多く消費するため、Wi-Fi環境でのアップデートが望ましいでしょう。

Androidスマホの場合

【LINE】OSをアップデート(Android) 【LINE】OSをアップデート(Android)

Android OSをアップデート(画面はPixel 3)

「設定」アプリから[システム]→[システムアップデート]などの項目へ進み、必要に応じてOSをアップデートしましょう。

アップデートによってはデータ通信を多く消費するため、Wi-Fi環境で実行してください。

スマホのストレージ容量不足を解消する

スマホのストレージ容量に余裕がないと、アプリの動作が不安定になることがあります。容量の中で大きな割合を占有しがちなのがアプリです。容量が不足している場合、使用しないアプリの削除(アンインストール)も検討しましょう。

iPhoneの場合

【LINE】ストレージの空き容量を確保する(iPhone) 【LINE】ストレージの空き容量を確保する(iPhone) 【LINE】ストレージの空き容量を確保する(iPhone)

利用頻度の少ないアプリがわかる

「設定」アプリから[一般]→[iPhoneストレージ]の順にタップすると、内蔵ストレージの空き容量をチェックできます。

【LINE】ストレージの空き容量を確保する(iPhone)

アプリを削除してストレージの空き容量を確保する

使用していないアプリを選択し、[Appを削除]でアンインストールできます。

なお、アプリを削除する以外で空き容量を確保する方法は、以下の記事を参照してください。

Androidスマホの場合

【LINE】ストレージの空き容量を確保する(Android) 【LINE】ストレージの空き容量を確保する(Android)

端末の「設定」から[ストレージ]などの項目に進むと、現在の空き容量が表示されます。一覧からアプリを選択し、不要なアプリを選んで削除などでアンインストールできます。

【LINE】ストレージの空き容量を確保する(Android) 【LINE】ストレージの空き容量を確保する(Android)

ストレージやキャッシュを削除、アプリが不要ならアンインストールする

たとえばPixel 3の場合、[ストレージを削除]または[キャッシュを削除]でも空き容量を確保できます。もちろん[アンインストール]を選択してアプリを削除し、空き容量を確保することも可能です。

なお、アプリの削除以外でAndroidスマホの空き容量を確保する方法は、以下の記事を参照してください。

LINEの「キャッシュ」を削除してみる

LINEを使い続けているとキャッシュ(再表示のために一時保存された画像データなど)が蓄積され、アプリの動作が緩慢になるケースがあります。ストレージ容量の不足とも関連して、これらキャッシュデータがLINEを開けない一因になっていることも。

LINE キャッシュ削除 LINE キャッシュ削除

左:iPhone右:Androidスマホ

LINEでキャッシュを削除するには、iOS版LINEアプリの「ホーム」タブで設定ボタン[]→[トーク]→[データの削除]と進み、「キャッシュデータ」にチェックを入れて[選択したデータを削除]をタップします。

またAndroidスマホ(Pixel 3の場合)では、端末の「設定」から[アプリ]→[LINE]と進み、[ストレージとキャッシュ]を選択。[キャッシュを削除]をタップします。

なお、キャッシュを削除してもトーク履歴が消失するわけではないため、心配する必要はありません。詳しくは、下記記事を参照してください。

機能制限やフィルタリングを解除する

iPhoneの場合、「機能制限」がオンになっていることでLINEアプリが制限されている可能性も考えられます。

【LINE】機能制限を解除する(iPhone) 【LINE】機能制限を解除する(iPhone) 【LINE】機能制限を解除する(iPhone)

「設定」アプリから[スクリーンタイム]→[コンテンツとプライバシーの制限]の順に進み、[コンテンツとプライバシーの制限]の状態を確認します。オフの場合は問題ありません。

[コンテンツとプライバシーの制限]が「オン」になっている場合、次のように設定をおこないます。

【LINE】機能制限を解除する(iPhone) 【LINE】機能制限を解除する(iPhone) 【LINE】機能制限を解除する(iPhone)

続けて[コンテンツ制限]→[App]と進み、[すべてのAppを許可]にチェックを入れれば完了です。

【LINE】機能制限を解除する(iPhone)

未成年対象のフィルタリングサービスが適用されているスマホを利用している場合、LINEを利用できない可能性があります。フィルタリングの設定変更は各キャリアの窓口からおこないます。

詳細はLINE公式ブログを参照してください。

【Androidをご使用の未成年・および保護者の方へ】EMA認定終了に関する重要なお知らせ : LINE公式ブログ
EMA認定終了にともなうフィルタリングサービスの影響につきまして : LINE公式ブログ

通信の状態をリフレッシュしてみる

LINEを開けないというよりも、読み込み中のまま正常に使えないときなどに考えられるのが、ネットワークの接続状況に問題があるケースです。特に機内モードの切り忘れなどがないか確認してみましょう。通信がつながりにくい状態ならリセットも試してください。

iPhoneの場合

【LINE】機内モードのオン・オフ(iPhone) 【LINE】機内モードのオン・オフ(iPhone)

iPhoneで機内モードのオン・オフを切り替える

ホーム画面を上または下にスワイプしてコントロールセンターを表示し、飛行機アイコン[]をタップして機内モードを一旦オンにして、再びオフに戻します。

通信がリフレッシュされたら、LINEを起動してみましょう。

Androidスマホの場合

【LINE】機内モードのオン・オフ(Android) 【LINE】機内モードのオン・オフ(Android)

Androidスマホで機内モードのオン・オフを切り替える(画面はPixel 3)

画面上部から下方向にスワイプしてクイック設定パネルを開き、[機内モード]または飛行機アイコン[]をタップして機内モードをオンにし、再びオフに戻します。

【LINE】機内モードのオン・オフ(Android)

クイック設定パネルを表示できない機種であれば、設定アプリから[ネットワーク](あるいは[ネットワークとインターネット]などの項目)に進み、[機内モード]をオンにしてオフに戻してみてください。

通信がリフレッシュされたら、再度LINEを開いてみましょう。

LINEアプリを再インストールする

上記の対処法を試してもまだ直らないという場合は、LINEアプリの再インストールも検討してもよいでしょう。ただし、LINEの引き継ぎ時とほぼ同様の手間がかかる割に、リターン(改善)が得られるかはわかりません。

LINEアプリの再インストール手順
  1. 登録している電話番号とパスワードの確認、トーク履歴のバックアップなど
  2. LINEアプリの再インストール(アンインストール → インストール)
  3. LINEにログインして、トーク履歴を復元、スタンプや着せかえなどの再ダウンロード

大まかな手順は上の通りですが、iPhoneに限ってはもう少し簡単におこなうことも可能です。詳しい手順は下記記事を参照してください。

パスコードを忘れてLINEが開けない場合

LINEアプリ専用のパスコードを設定することで、LINEアプリを起動するたびにパスコードの入力が求められるように設定できます。セキュリティを考えて設定しておくと安心ですが、万が一パスコードを忘れてしまうと厄介です。パスコードは再設定できないため、LINEアプリを開けなくなります。

パスコードを忘れた場合、LINEアプリを削除して再インストールするしかありません。とはいえ、LINEに登録した電話番号とメールアドレス、パスワードさえあれば、同じアカウントで再度利用することができます。ただし、トーク履歴はバックアップがないと復元できません。

詳しい対処手順は、以下の記事を参照してください。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.12.1、Android版10.12.1

検証端末:iPhone XR(iOS 13.5.1)、Pixel 3(Android 10)

EDITED BY AO