Amazonの配達時間は何時から何時まで? 注文後の日時変更方法も解説

都合のいい時間に受け取りたい

Amazonで商品を注文しても、何時に届くのかわからなくて配達が来るまで家で待機せざるを得なかったという経験がある人もいるのではないでしょうか。再配達の手続きも面倒なので、できれば配達時間を把握したいところです。

そこで本記事では、Amazonの配達時間の概要と、便利なお届け日時指定便について解説します。また、商品を自分の都合のいい時間に受け取るための方法も紹介しています。

Amazonの配達時間は何時から何時まで?

Amazonでは、いくつかの配送業者と協力して商品を届けています。配達時間が何時から何時までなのかは、どの配送業者が商品を届けるのかによって若干異なりますが、ほとんどの業者が朝7時または8時から、遅くとも22時までに配達しているようです。

主な配送業者の配達時間は以下の通りです。

  • Amazon(提携配送業者):7時〜22時
  • ヤマト運輸:8時〜21時
  • 日本郵便:8時〜21時
  • 佐川急便:8時〜21時

ただ、これでは配達時間の幅が広すぎるので、対面で受け取る必要がある場合は外出できず困ってしまうでしょう。

通常配送とお急ぎ便は何時に届くかわからない

Amazonの注文手続き画面で「通常配送」を選択した場合、商品が届くおおよその日にちは記載されますが、何時に届くかまではわかりません。商品が届くまでには、離島など一部の地域を除き、基本は商品を発送してから1〜4日かかります。

「お急ぎ便」は商品を通常配送よりも早く届けてくれる有料の配送オプションです。お急ぎ便も、通常配送と同様、配達時間まではわかりません。

ただし、商品や住んでいる地域によっては「当日お急ぎ便」に対応していることもあり、その場合は朝9時までに注文すると最短当日の16〜20時に、13時までに注文すれば当日18〜22時までに配達してくれます。

確実に受け取るなら「お届け日時指定便」

確実に家にいる時間に受け取りたいなら、配達時間を指定する配送オプション「お届け日時指定便」を選択するのがおすすめです。

指定できる時間は「8〜12時」「14〜16時」「16〜18時」「18〜20時」「19〜21時」の5つから選べます。ある程度届く時間を絞れるので、家で待機している時間も少なくて済みます。

お届け日時指定便は注文後に配達日時を変更できる?

お届け日時指定便を注文後に配達日時を変更できるかどうかは、商品や出品者によって異なります。注文した商品が日時変更に対応しているか確認するには、注文履歴で実際に変更できるかどうかを操作してみましょう。

画面下の人型アイコンから[注文履歴]をタップし、該当商品を選択します。

続いて画面を少し下にスクロールして[この注文を変更]を押したら、次の画面で[お届け日時指定便]を選んでください。

日時指定を変更しようとしてもエラーでできないケースもある

お届け日時指定便の項目で日時の変更ができる状態であれば、希望の日時を選択して[配送方法を変更]をタップして操作を続けましょう。ただ画像のように、商品や出品者によっては配送方法の変更でエラーが表示され、日時変更ができないケースもあります。

この場合、商品が出荷準備に入る前になるべく早く商品をキャンセルし、希望日時で再度注文し直すしかありません。商品が出荷準備に入るとキャンセルできなくなる可能性もあるので、そのときはカスタマーサービスに問い合わせてキャンセルできるか確認してもらってください。

プライム会員はお急ぎ便とお届け日時指定便が無料

Amazonプライム会員Prime Student会員は、通常配送・お急ぎ便・お届け日時指定便でかかる配送料が無料になります。

会員でない人の場合は通常配送で410円(届け先によっては450円)、お急ぎ便とお届け日時指定便も届け先によって510〜650円の配送料がかかるため、配送料0円になればさらに買い物しやすくなります。

プライム会員とPrime Studet会員はそのほかにも、プライム・ビデオで対象の映画やドラマが見放題になったり、ミュージックプライムで200万曲の楽曲が聴き放題になったりと、さまざまな特典を追加料金なしで楽しめます。

Amazonの日時指定便以外で都合のいい時間に受け取る方法

お届け日時指定便を使う方法以外でも、自分の都合のいい時間に商品を受け取れる方法を4つ紹介します。

方法1:置き配

Amazonの「置き配」を使うと、配達員への応答や受領のサインをする必要がないので、外出中でも荷物を届けてくれます。

ただし、置き配の対象エリアでは、特段の指定がない限り「玄関への置き配」が初期設定になっています。注文を確定する前に[配送指示(置き配含む)]から他の置き場所へ変更することも可能です。置き配に指定できる場所は以下の6箇所です。

  • 玄関
  • 宅配ボックス
  • ガスメーターボックス
  • 自転車かご
  • 車庫
  • 建物内受付/管理人

対面で受け取りたい場合は、[置き配を利用しない]を選択して[保存]をタップすれば、勝手に商品を玄関に置かれるような心配はありません。

方法2:コンビニ受け取り

ローソンで受け取った商品

Amazonで注文した商品は「コンビニ受け取り」が可能です。事前に受け取り先住所をコンビニに設定すれば、商品が店舗に到着してから7日以内であれば好きな時に商品を受け取れます。コンビニ受け取りを設定したことによる手数料は発生しません。

ただし、受け取り先に指定できるコンビニはローソン、ファミリーマート、ミニストップのみです。また、Amazon.co.jp以外のマーケットプレイス出品者が発送する商品は、コンビニ受け取りできず、商品の種類、サイズ、重量などによっては受け取り対象外の商品もあります。

方法3:Amazon Hub ロッカー・カウンター

Amazon Hubとは、注文した商品を専用のロッカーまたはカウンターで受け取れるサービスです。Amazon.co.jpが発送する商品が対象ですが、一部危険物、重量・サイズが大きい商品、Prime NowやAmazonフレッシュなどの商品は配送対象外です。

Amazon Hubを使って受け取るには、注文手続き画面で[または住所の近くで受け取る]をタップし、近くにあるロッカーまたはカウンターを検索して[ここでピックアップ]を選択するだけです。

商品がロッカーに到着すると、Eメールに認証キー(受取用バーコード)が送られてくるので、ロッカーやカウンターでバーコードをスキャンすれば商品を受け取れます。商品の保管期間はロッカーで3日間、カウンターで7日間です。

方法4:ヤマト運輸のクロネコメンバーズで日時指定

配送業者がヤマト運輸だった場合、事前に無料のメンバーシップサービス「クロネコメンバーズ」に登録しておくことで、注文後に受け取り日時と受け取り方法を指定できます。追加料金も発生しません。

Amazonからの発送メール

ヤマト運輸からのメール

商品が発送されるとAmazonからメールが届き、配送業者はそのメールで確認できます。

その後ヤマト運輸からも「お荷物お届けのお知らせ」メールが届くので、メールのリンクから受け取り時間を指定しましょう。

アプリ「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード
検証バージョン
Amazon ショッピングアプリ
iOS
17.22.2
Amazon ショッピングアプリ
Android
22.22.2.100
EDITED BY
MIKAN