Amazonの注文をキャンセルできない場合の対処法

キャンセルボタンが表示されていない場合はどうする?

Amazonでは注文済みの商品でも「キャンセルリクエスト」を送れば、すぐに発送の差し止め、返金などの対応をしてもらえます。

しかし、配送状況によってはキャンセルリクエストが拒否されたり、リクエスト自体が送れなくなったりするため、状況に応じて受け取り拒否や返品などで対処しなければなりません。

本記事では、アマゾンにおける注文キャンセルの手順や条件などの要点を解説した上で、キャンセルができない場合の対処法をパターン別に紹介します。

Amazonで注文した商品をキャンセルできる条件とは?

Amazonでは、商品のタイプによってキャンセルできる条件が異なります。事前に確認しておくとスムーズでしょう。

Amazon.co.jpが販売・発送する商品の場合

Amazon.co.jpが販売、発送する商品を購入した場合、商品の配送ステータスが「出荷準備中」になる前であればキャンセル可能です。キャンセル費や手数料は発生しません。

出荷準備開始前の注文はキャンセルできます。

梱包やパッケージなどをおこなう前なら、まだ融通が効くということなのでしょう。

配送ステータスとキャンセルの可否は、Amazonのモバイル/PC版サイトやAmazonショッピングアプリの購入履歴から確認できます。

ステータスが「出荷準備中」変わると「商品をキャンセル」ボタンが消失する

「キャンセルする」ボタンが表示されていなければ、すでに出荷準備が開始されているため、サイト上でのキャンセルはできません。後述する対処法に進みましょう。

Amazonマーケットプレイス出品者が販売・発送する商品の場合

普段あまり意識しないかもしれませんが、Amazonで取り扱っている商品の販売元は、Amazon.co.jpAmazonマーケットプレイスの出品者の2通りあります。

商品ページの「今すぐ買う」ボタンの下を見ると、出荷元・販売元が記載されているはずです。

マーケットプレイスが販売・出荷する商品

Amazon.co.jpが販売・出荷する商品

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品は、独自のキャンセル条件が設定されている可能性があります。

これは、キャンセルや返品、問い合わせなどすべての処理を、Amazonではなく各出品者がおこなうためです。

とはいえ、マーケットプレイス出品者の多くはAmazon.co.jpの取り決めに準じており、出荷準備開始前ならキャンセルリクエストを受け付けてもらえるケースがほとんどです。

ただ、念のため商品ページで出品者名をタップし、「返品・保証・払い戻し」などの項目を確認したうえでキャンセル手続きをおこなってください。

Kindle本やプライムビデオの有料タイトル、デジタルミュージックなどの場合

電子書籍のKindle(キンドル)本や、プライムビデオの有料タイトルなどのデジタルコンテンツの場合、購入直後であればキャンセルが可能です。

Kindle本の購入直後に表示されるキャンセルリンク

プライム・ビデオの有料タイトル購入直後に表示されるキャンセルリンク

いずれも注文を確定するボタンを押した直後に表示される購入確定画面に限り、「注文をキャンセル」リンクが表示されます。ここで注文をキャンセルをタップして確認画面ではい、注文をキャンセルしますを選べば、購入をキャンセルできます。

本のデータやライブラリの動画はすぐに削除され、購入した際の支払い方法に応じて後日払い戻しされる仕組みです。

購入確定画面を閉じてしまった場合は?

購入確定画面を閉じてしまっても、プライム・ビデオの有料タイトルなら注文履歴からキャンセルが可能です。ただし、注文から48時間以内で、かつダウンロードやストリーミング再生を一度もおこなっていないことが条件となります。

一方、Kindle本の場合は、購入確定画面を閉じてしまうと、もうサイト上ではキャンセルできません。Amazonのカスタマーサービスに連絡し、Kindle本の返品手続きをおこないましょう。

ビデオのキャンセルはAmazonのPC版サイトでのみおこなえます。

スマホで操作したい場合は、ブラウザ版Amazonを開いて一番下にスクロールし、Amazon PCサイトをタップしましょう。

PC版サイトに切り替わったら、画面上部にある注文履歴をタップします。

購入したビデオを選択し、ご注文をキャンセルをタップ。続く画面でキャンセル理由を選択して再びご注文をキャンセルボタンを押せば、キャンセル手続きは完了です。

また、同じデジタルコンテンツでも、デジタルミュージックは原則、自己都合の返金およびキャンセルができない点に注意が必要です。

購入音楽の返品はできません。本ストアで音楽コンテンツを購入されるお客様は、アマゾンに対して、購入音楽をお客様のために保管することを指示したものとみなされます。お客様が本ストアで音楽コンテンツの購入のための注文をする場合、お客様は、配信開始(アマゾンがお客様に対しクラウド上でストリーミングまたはダウンロードを提供することを含む)後は音楽コンテンツの購入をキャンセルできないことを了承し、これに同意します。お客様の法律上の権利は影響を受けません。

Androidスマホで利用できる「Amazonアプリストア」で販売されている有料アプリも同様にキャンセルはできない仕様です。

これらのコンテンツを購入する場合は、よく考えた上で注文するようにしましょう。

Amazonで注文した商品をキャンセルする手順

ここからは、Amazonで購入済みの通常商品をキャンセルする手順を解説します。筆者が試したところ、Amazonマーケットプレイス出品者が販売・出荷する商品も同じ手順でキャンセルできました。

ただし、一部出品者は異なる手順を設定している可能性もあります。本記事で紹介する手順でキャンセルできなかった場合は、出品者に問い合わせて直接キャンセルを依頼してください。

Amazonにログインする

Amazon.co.jpにアクセスするか、もしくはAmazonショッピングアプリを開いて自身のアカウントにログインします。

ここでは、スマホのブラウザ版Amazonの画面で解説しています。アプリ版やPC版とはボタンの位置や項目名が多少異なる可能性がありますが、操作手順はほとんど同じです。

注文履歴からキャンセルする商品を選ぶ

ログインしたら、TOP画面でメニューボタン​をタップ。メニューのなかから注文履歴を選択します。

過去に注文した商品が一覧で表示されるので、キャンセルしたい商品を選択してください。

商品の発送状況を確認して「キャンセル」ボタンをタップ

ステータスが出荷準備前なら「注文情報」の項目に表示されている注文をキャンセル をタップします。見当たらない場合は、この注文を変更をタップし、注文内容の画面から 商品をキャンセルするボタンを探してください。

続く画面でキャンセルしたい商品の横にあるチェックボックスにチェックを入れ、チェックした商品をキャンセルをタップすれば完了です。任意で、キャンセルの理由を選択することも可能です。

最後に「注文が正常にキャンセされました」と表示されていれば、キャンセル手続きは完了です。

処理が終わり次第、Amazonからキャンセルを伝えるメールが届きます。

返金状況を確認する

返金される時期は支払い方法と商品の配送状況によって異なります。

返金処理完了後に届くメールに入金予定が書かれているほか、自身のアカウントの注文履歴からも返金手続きの状況をチェックできるので、気になる人は見てみましょう。

ちなみに、Amazon.co.jpが配送する商品の場合、クレジットカード/携帯決済/あと払い(ペイディ)支払いの決済処理は出荷準備完了後におこなわれます。出荷準備完了前にキャンセルしていれば、決済自体がされていないので返金もありません。

キャンセルリクエストが送れない場合の対処法

前述したように配送ステータスが「出荷準備中」になると、サイト上でのキャンセルは難しくなります。

この場合、商品の配送段階に応じて、以下いずれかの方法で対処しましょう。

カスタマーセンターに問い合わせてみる

配送ステータスが「発送済み」になっていない、また発送完了メールも届いていない状況であれば、Amazonカスタマーセンターに問い合わせてキャンセルの旨を伝えましょう。

配送業者へ荷物が渡る前であれば、その場で発送を差し止めてキャンセル扱いにしてもらえる可能性があります。ただ、タイミングによるので、同じ状況でも確実にキャンセルできるとは限りません。

また、この方法が通用するのはAmazon.co.jpが販売・発送する商品のみ。マーケットプレイス出品者から購入した商品の場合は、カスタマーセンターではなく直接出品者に問い合わる必要があるので注意してください。

受け取り拒否する

キャンセルリクエストが拒否された際に届くメール。受取拒否するように案内されている

「受取拒否」とは、届いた宅配便を受け取らずに、配達業者にそのまま返送してもらうこと。

配達ステータスが発送済みになっている場合は「受取拒否」することで配送業者からAmazonに連絡・返品され、キャンセル扱いにしてもらえるようです。

受け取り拒否の方法は簡単です。まだ荷物が届いていない段階であれば、注文履歴から受取拒否したい商品を選択して、配送業者と伝票番号(トラッキングID)を確認します。

配送業者の問い合わせ窓口、もしくは担当営業所に電話して伝票番号を伝え、「商品をキャンセルしたため受取拒否をしたい」と申し出ればOKです。

もし自宅に届いてしまった場合は、荷物が届いた時点で配達員に受け取りを拒否したい旨を伝えれば対応してもらえます。

不在連絡票が入っていた場合は、不在連絡票に記載されている連絡先(事業所もしくは配達員)に電話して受け取り拒否を伝えましょう。

往復の送料はどうなる?

受取拒否をした場合、返送の運賃が発生するので送料は往復分かかってしまいます。

この点、ヤマト運輸のヘルプには返送(返品)に掛かる運賃は依頼主(ここではAmazon)へ請求する旨が記載されていました。配達業者から受け取り主に直接送料が請求されることはないようです。

配送業者よりAmazon.co.jp に商品が戻った場合、購入者に配送料を含む全額が返金されます(一部手数料を除く)。

また、配送業者から返送された場合について、Amazonのヘルプには上のように明記されています。商品の代金から返送料が差し引かれたり、後日請求されたりといったことはないと判断してよさそうです。

商品を受け取った後、返品手続きをする

手元に届いてしまった商品は、そのままダンボール(梱包)を開けずに返品手続きをおこなってください。

Amazonでは、自己都合での返品でも、未使用かつ未開封なら商品代金(税込)を全額返金してもらえます。

Amazonで商品を返品する場合の注意点
  • 商品が到着後30日を経過した場合は、返品・交換できない
  • 返品する際の送料は購入者が元払いで負担する
  • 配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金されない
  • 食品・飲料・お酒など購入者都合での返品を受け付けていない商品がある

上記の点に注意が必要なものの、返品手続き自体は簡単におこなえます。

手元に届いてしまったからと諦めずに、以下の記事を参考に返品手続きに進みましょう。

EDITED BY
MOEGI