Xperiaスマホへの機種変更でデータ移行する方法

Xperiaスマホへの機種変更でデータ移行する方法

ソニーモバイルのAndroidスマートフォン「Xperia」シリーズ。5G対応モデルの「Xperia 1 II」「 Xperia 10 II」「 Xperia 5 II」などが登場し、近年はキャリア版に加えてSIMフリー向けのラインナップも拡充されています。

本記事では、各種Androidスマホから「Xperia」スマホへ機種変更する際のデータ移行方法について解説します。

目次

Xperiaスマホへの機種変更で考えられる3つのパターン

機種変更は、旧スマホの機種やOS、使用環境によって3つのパターンに分かれます。実際にデータ移行する前に、自身がどのパターンに当てはまるのか押さえておきましょう。

パターン1:AndroidスマホからXperiaスマホへ機種変更する

Xperiaスマホへは、旧スマホに保存されているデータをセットアップ時に一括で移行できません。

そのため、まずはセットアップ中にGoogleドライブ経由でアプリ、連絡先、設定などのデータを復元し、セットアップ後にスマホ内のメディアデータ(書類・音楽・画像・動画)などを移行する、という流れで作業を進めます。

「Xperia 1 II」「 Xperia 10 II」と2020年10月以降発売のモデルなら、セットアップ後に専用アプリ「Xperia Transfer 2」を使ってデータを移行するのもおすすめです。

具体的な手順は、本記事のセクション3以降で解説しています。

パターン2:iPhoneからXperiaスマホに機種変更する

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

Image:「Xperia Transfer 2」の使い方 | Xperia(エクスペリア)公式サイト

「Xperia Transfer 2」の対応機種なら、セットアップ後にPhoneとAndroidスマホをケーブル接続し、画像や動画などのデータを直接移行できます。

ただ、iPhoneとXperiaスマホは端子が異なるので、ケーブル接続には変換アダプターやクイックスイッチアダプターなどが必要になります。これらが手元にない場合は、iCloudからデータを呼び出しましょう。

Xperia Transfer 2に非対応の機種の場合は、Googleドライブ経由でiPhoneのデータをバックアップして移行するのがおすすめです。以下の記事を参考におこなってください。

パターン3:旧スマホが手元にない状態で機種変更する

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

左:データコピーの画面で「クラウドからバックアップ」を選択右:旧スマホで使っていたGoogleアカウントでログイン

故障や紛失などで旧スマホが手元にない状況も考えられます。この点、Androidスマホにはデフォルトで「自動バックアップ」機能が備わっており、旧スマホで使っていたGoogleアカウントにログインするだけでデータを復元できます。

ただし、自動バックアップの対象となるのは、連絡先、アプリ、設定、通話履歴など特定のデータのみに限られます。画像・動画・オーディオ・ドキュメントなどは、別途ストレージサービスにバックアップしていなければ、復元は難しいといえるでしょう。

データ移行前に旧スマホでやっておきたい準備

データ移行の前に、まずは旧スマホで準備をしましょう。OSのバージョンを最新版にした上で、自動バックアップ設定やGoogleアカウントの確認、アプリの引き継ぎなどをおこなってください。

特に自動バックアップとGoogleアカウントの確認は、新スマホのセットアップ時に必ず必要となるものです。端末の故障や紛失などのやむを得ないケースを除き、必ず済ませておきましょう。

なお、データ移行後、旧スマホが初期化されたりデータが消えたりすることはありません。アプリ引き継ぎやおサイフケータイの引き継ぎはセットアップ後に回しても大丈夫です。

1旧スマホ・新スマホを両方充電しておく

Pixel 機種変更 データ移行

機種や内容量にもよりますが、機種変更時のデータの移行にはおよそ十数分以上かかります。

途中で電源が切れると、データ移行が上手くいかないばかりか、データが失われてしまう可能性も。バッテリー残量が70%以上あるのが理想ですが、できればフル充電もしくは充電器に接続した状態で引き継ぎをおこないましょう。

2Android OSを最新バージョンにアップデートする

Pixel 機種変更 データ移行Pixel 機種変更 データ移行

左:「設定」アプリから[システム]もしくは[ソフトウェア更新]をタップ右:[システムアップデート]や[ソフトウェアアップデート]をタップしアップデートが利用できるかチェック

旧スマホのAndroid OSが最新バージョンでない場合は、なるべくアップデートしておきたいところ。旧スマホと新スマホのOSバージョンがあまりにも離れていると、データの移行が上手くいかないおそれがあります。

アップデートの方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

3「Googleドライブへのバックアップ」をオンにする

AQUOS 機種変更AQUOS 機種変更AQUOS 機種変更

左:「設定」アプリから、[システム(もしくはバックアップ等)]中:[バックアップ]をタップ右:「Google ドライブへのバックアップ」項目をオン

旧スマホで「Googleドライブへのバックアップ」が有効になっていれば、自動的に以下のデータがGoogleドライブにバックアップされ、セットアップ時に復元できます。デフォルトで有効になっているケースがほとんどですが、一度確認しておきましょう。

バックアップできるデータ
  • アプリデータ(1アプリにつき25MBまで)
  • 連絡先と通話履歴
  • デバイスの設定
  • SMSの送受信履歴

4Googleアカウントの確認と各サービスの同期

Pixel 機種変更 データ移行Pixel 機種変更 データ移行

左:端末の「設定」アプリで[アカウント]をタップ右:自分のアカウントを確認

新スマホのセットアップ時には、Googleアカウントへのログインが求められます。

Googleアカウント(メールアドレスとパスワード)の情報は、再入力できるように必ず確認しておきましょう。パスワードの記憶があいまいであれば、再登録して正確なものを把握しておくと安心です。

Pixel 機種変更 データ移行Pixel 機種変更 データ移行

また「Gmail」「Googleフォト」「Googleカレンダー」といったGoogle関連サービスのデータは、すべてGoogleアカウントに紐付いています。

機種変更前に、端末の「設定」で各サービスの同期がオンになっているか確認してください。

5個別にアプリの引き継ぎ作業をおこなう(LINEのトーク履歴など)

Android 機種変更 データ移行

Googleドライブでセットアップ中に移行できるデータのなかには、アプリも含まれます。このとき一部のアプリデータも一緒に復元されるので、アプリで設定した項目なども引き継げるようです(移行元の機種にもよります)。

しかしアプリによっては、この方法でバックアップできないデータが含まれるものがあります。その代表格が、LINEのトーク履歴でしょう。また「パズドラ」「モンスト」などのゲームアプリにも散見されます。

このようなアプリは、アプリ内での引き継ぎ作業をあらかじめおこなっていないと、データが消えてしまう可能性があります。自動バックアップ機能だけでなく、各アプリのヘルプページを見るなどして対策をしておきましょう。

特にLINEのトーク履歴は、バックアップを取らずに機種変更してしまって復元できなくなるユーザーが後を絶ちません。下記記事を参考に、確実にバックアップをおこなってください。

6インスタ、Amazonなど各サービスのアカウント情報を確認しておく

Android バックアップ

InstagramやTwitter、FacebookといったSNSをはじめ、Amazon、楽天などのショッピングアプリ、音楽や映像のサブスクなど利用にログインを要するサービスのデータは、基本的に端末内ではなくサービス側でデータが保管されています。

すべてアカウントに紐付いているので、機種変更後にIDやパスワードを入力してログインすれば、再び元通りに利用できます。

Galaxy 機種変更 データ移行Galaxy 機種変更 データ移行

左:Instagramのログイン画面右:Amazonアプリのログイン画面

とはいえ、機種変更を通じてアプリやサービスはすべてログアウトされてしまいます。

新端末で再びログインするために、各サービスのログインID(メールアドレス)やパスワードを一通り確認・記録しておくと安心でしょう。

7おサイフケータイ・Google Payにある電子マネーのデータをサーバーに預ける

Galaxy 機種変更 データ移行

Androidスマホでおサイフケータイ・Google Payなどを利用している人は、機種変更前に忘れずに各電子マネー残高の移行作業をしましょう。旧スマホにデータを残したまま新スマホで電子マネーログインしようとすると、データにアクセスできなくなってしまいます。

Android バックアップ

おサイフケータイの各電子マネー移行手続きは、各サービスの公式サイトにアクセスし、(1) 登録した会員情報チャージ残高などのデータを一旦サービス事業者のサーバーに預け、(2) 後にIDやパスワードでログインしてデータをサーバから受け取る、という流れです。

移行費用 引き継ぎ時に必要な情報
楽天Edy 1. Edy残高のみ(無料)
2. Edy残高とユーザー情報(税別100円)
ユーザーID、パスワード
モバイルSuica 無料 登録時のメールアドレス、パスワード
モバイルPASMO 無料 Googleアカウントのメールアドレス、パスワード
iD 無料 アクセスコード、パスワード
モバイルWAON 無料 機種変更反映用パスワード、本人情報
nanacoモバイル 無料 引き継ぎ番号、パスワード
QUICPay 無料 受け取りID、受け取りパスワード

データを受け取る際はアクセスコードやパスワード、ID番号などの情報を入力しなければなりません。しっかりメモなどに控えておきましょう。

新Xperiaスマホにデータを移行する手順:デバイスセットアップ編

準備ができたら、さっそくXperiaスマホにデータを移行します。まずは、Googleのデバイスセットアップ機能を使って、新しいXperiaスマホに旧スマホのGoogleアカウント情報やアプリデータを移行しましょう。

デバイスセットアップで移行できるデータ
  • インストールしていたアプリ
  • 自動バックアップに対応しているアプリのデータ
  • 連絡先
  • デバイスの設定
  • 通話履歴
  • Googleアカウントで同期しているサービスのデータ

ここでは便宜的に「移行」という言葉を使っていますが、実際はデータをコピーして転送しているので、旧スマホにもデータが残ります。もしデータ移行中にトラブルが起きてもやり直すことが可能です。

今回は、NTTドコモの「AQUOS sense plus」から「Xperia 5」(いずれもAndroid 10)にデータ移行するケースを例に解説しますが、移行元(旧スマホ)はどのメーカーの機種でも手順はほぼ変わりません。

1(必要に応じて)新スマホにSIMカードを挿入する

Pixel 機種変更 データ移行

SIM取り出し用ピンで、端末の横にある小さな穴をプッシュするとトレーを引き出せる

必要に応じて、新しいXperiaスマホにSIMカードを挿入しておきます。なお、旧端末からSIMカードを抜いても、初期化されたりデータが消えたりすることはありません。

2新しいXperiaスマホを起動してWi-Fiに接続する

Xperia 機種変更 データ移行

本体の電源を入れて起動しましょう。新しいXperiaスマホを立ち上げると、「ようこそ」という画面が表示されるので[開始]をタップします。

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

画面に表示される案内手順に沿って操作し、Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続してください。

データの移行自体はBluetooth接続でもおこなえますが、Googleアカウントへのログインなどのネットワーク環境が必要です。

3引き継ぎ方法を選択

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

データの引き継ぎメニューが表示されるので、旧スマホが手元にあるなら[Androidスマートフォンからバックアップ]をタップします。

旧スマホが手元にない場合は[クラウドからバックアップ]を選択し、バックアップをおこなったGoogleアカウントにログインしてデータを復元させましょう。

旧スマホで「iPhone」を選択した場合は、Googleドライブ経由でデータ移行するように誘導されるので、前述した方法で引き継ぎをおこなってください。

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

「古いデバイスでGoogleアプリを開いてください」と表示されたら、[次へ]をタップして進みます。続く画面で、新スマホでの作業はいったん中断しましょう。

4旧スマホのGoogleアプリに「デバイスのセットアップ」と入力

AQUOS 機種変更AQUOS 機種変更

続いて、新スマホの近く(0.5メートル以内)に旧スマホを置いて「Google」アプリを開き、検索欄に「デバイスのセットアップ」と入力します(もしくはOK Google、デバイスのセットアップと話しかける)。

AQUOS 機種変更

しばらくすると旧スマホにスタートガイドが表示されるので、問題なければ[次へ]をタップして進みます。

5旧スマホと新しいXperiaスマホがペアリングできているか確認する

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

左:新しいXperiaスマホ右:旧スマホ

ペアリングが正しくできていれば、新旧スマホに同じシェイプ(模様と数字)が表示されます。シェイプが同じことが確認できたら、旧スマホで[次へ]をタップしてください。

6新しいXperiaスマホでGoogleアカウントにログインする

Xperia 機種変更 データ移行

しばらく待つと、旧スマホでログインしていたGoogleアカウントが自動的に検出されます。アカウント名などに間違いがなければ、パスワードを入力してログインしましょう。

旧スマホの画面ロックを解除が求められた場合は、パターン・PIN・パスワード・生体認証などで解除してください。

7データを選択してコピー(移行)する

Xperia 機種変更 データ移行

Googleアカウントが認証されると、旧端末から復元(移行)できるデータの一覧で表示されます。

デフォルトではすべての項目にチェックが入っているので、問題なければ[復元]ボタンをタップしましょう。

8新しいXperiaスマホで自動バックアップ設定をする

Xperia 機種変更 データ移行

続く画面で、「Googleドライブへのバックアップ」設定がおこなえます。前述したように、「Googleドライブへのバックアップ」をオンにしておくことで、アプリや設定、連絡先などのデータが自動的にバックアップされるようになります。

新スマホの故障や紛失に備えて、自動バックアップはオンにしておくことをおすすめします。

Xperia 機種変更 データ移行

案内に従って最後までセットアップすれば、データの移行は完了です。しばらくすると、旧スマホにインストールされていたアプリが順次復元(ダウンロード)されていきます。

9電子マネーのデータをサーバーから受け取る

忘れないうちに、機種変更前にサーバーに預けておいた電子マネーの残高を受け取りましょう。

移行費用 引き継ぎ時に必要な情報
楽天Edy 1. Edy残高のみ(無料)
2. Edy残高とユーザー情報(税別100円)
ユーザーID、パスワード
モバイルSuica 無料 登録時のメールアドレス、パスワード
モバイルPASMO 無料 Googleアカウントに連携していること
iD 無料 アクセスコード、パスワード
モバイルWAON 無料 機種変更反映用パスワード、本人情報
nanacoモバイル 無料 引き継ぎ番号、パスワード
QUICPay 無料 受け取りID、受け取りパスワード

案内に従ってアクセスコードやパスワード、ID番号などの情報を入力し、データを受け取ってください。

Xperiaスマホにデータを移行する手順:メディアデータ移行編

Xperia 機種変更 データ移行

メディアデータ(画像・動画・音楽・文書)は、自動バックアップの対象ではありません。セットアップ時にこれらのデータは移行されないので、必要に応じて以下いずれかの方法で移行する必要があります。

手段1:Xperia Transfer 2で移行する

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

「Xperia Transfer 2」は、ソニーモバイルが提供するデータ移行アプリです。旧スマホとXperiaスマホをワイヤレスもしくはケーブルで接続し、データを直接移行できます。

移行元(旧スマホ)の機種やOSは問わないものの、移行先(新スマホ)は「Xperia 1 II」「 Xperia 10 II」と2020年10月以降発売のXperiaにしか対応していません。

利用する場合は、旧スマホと新スマホ両方にXperia Transfer 2アプリをインストールしたうえ、下記公式サイトを参考にデータ移行を実行してください。

「Xperia Transfer 2」の使い方 | Xperia(エクスペリア)公式サイト

アプリ「Xperia Transfer 2」をダウンロード
Xperia Transfer 2

手段2:画像・動画をGoogleフォト、音楽・文書をGoogleドライブにバックアップする

Xperia 機種変更 データ移行

旧スマホ内に保存されているメディアデータ(画像・動画・音楽・文書)を「Googleドライブ」と「Googleフォト」にアップロードして移行します。

クラウド上でデータを保管できるので、新スマホのストレージ容量の負担を減らせる上、端末の故障や紛失対策としても有効です。他の方法と比べて若干手間がかかるものの、長い目でみると最もおすすめできる方法といえます。

Googleフォトに写真・動画をバックアップする

Android iPhone 機種変更Android iPhone 機種変更

「Googleフォト」アプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。展開したメニューで[フォトの設定]を選択し、[バックアップと同期]項目へ進みます。

Android iPhone 機種変更Android iPhone 機種変更

ここで「バックアップと同期」のスイッチをオンにしましょう。

続いて、[デバイスのフォルダのバックアップ]をタップ。Googleフォトへの同期がオフになっているフォルダがある場合は、オンに切り替えてください。これで端末のすべての画像・動画がGoogleフォトにバックアップされました。

Googleドライブに文書・音楽を保存する

Android iPhone 機種変更Android iPhone 機種変更

「Googleドライブ」アプリを開き、画面右下にある[+]ボタンをタップして展開したメニューの中から[アップロード]を選択します。画面左上のメニューボタン[]→自身の端末名をタップしてください。

Android iPhone 機種変更Android iPhone 機種変更

すると、スマホの内部ストレージに保存されているすべてのファイルが表示されます。

「音声」や「ドキュメント」など、新端末に移行したいフォルダのジャンルをタップしてください。長押しで個別ファイルを選択して、最後に[選択]ボタンをタップすればGoogleドライブにアップロードされます。

端末の画像と動画は、前の工程でGoogleフォトに保存しているはずなので、ここではアップロードしなくてもOKです。

手段3:Send Anywhereで移行する

Xperia 機種変更 データ移行

サードパティ製のファイル転送サービスを使うのもひとつの手です。おすすめは、無料サービスの「Send Anywhere」。

会員登録やログインいらずで利用でき、5分もあれば端末内のメディアデータをすべて移行できます。Androidスマホ同士なら、連絡先やアプリなども移行できるので、機種変更に伴うデータ移行そのものを本アプリで済ませることも可能です。

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

まず旧スマホで「Send Anywhere」を起動してください。なお、Wi-Fiダイレクトモードをオン(背景が黒になる)にすれば、インターネット接続なしでファイル転送が可能です。

「送信」タブに端末のストレージに保存しているデータがアプリに反映されます。送りたいファイルにチェックマークを入れるか、右上のメニューボタン[]から[すべて選択]をタップしてファイルを選択しましょう。

画面上部の「写真」「動画」などタブを切り替えて、移行したいデータすべてを同じ手順で選択してください。

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

すべてのファイルが選択できたら、[送信]ボタンをタップします。6桁のキーとQRコードが表示されたら画面を表示させたまま置いておきましょう。

Xperia 機種変更 データ移行Xperia 機種変更 データ移行

新スマホで「Send Anywhere」を起動し、[受信]タブをタップ。「キーを入力してください」欄の右端にあるコードマークをタップするとカメラが起動します。旧スマホで表示させているQRコードを読み込んでください。

すぐに転送が始まり、数がさほど多くなければ数十秒〜数分でデータがコピーが完了します。

手段4:SDカードにデータをバックアップする

20201225-android-henkou01

SDカードに対応している機種なら、SDカード経由でデータを移行するのが便利でしょう。旧スマホから新スマホにカードを入れ替えるだけでなので、大容量のデータでも簡単かつスムーズに移行できるのが魅力です。

SDカードでデータ移行する方法は以下の記事を参照してください。

検証端末:AQUOS sense plus(Android 10)、Xperia 5(Android 10)

EDITED BY
MOEGI