楽天モバイルで「Pixel 4 XL」は使える?

ソフトバンク・SIMフリー版をそれぞれ解説

「Pixel 4 XL(ピクセル フォー エックスエル)」を持っていて楽天モバイルの契約を考えているけど、楽天モバイルで使えるかわからないということはありませんか。

本記事では、販売元がソフトバンク・SIMフリー版の「Pixel 4 XL」が楽天モバイルに対応しているか解説。楽天モバイル契約前に知っておきたい準備やPixel 4 XLがどんな機種なのかについても紹介しています。

Pixel 4 XLは楽天モバイルに対応している?

まず、Pixel 4 XLが楽天モバイルの各種機能に対応しているか一覧表にまとめました。自分が所有している(または購入予定の)Pixel 4 XLの各キャリアモデル/SIMフリーモデルが、楽天モバイルの回線や通話に対応しているかチェックしてみてください。

Pixel 4 XLの楽天モバイル対応表
販売元 4Gデータ通信 5Gデータ通信 通話 SMS(楽天回線) SMS(パートナー回線) APN自動設定 ETWS 110/119などでの高精度な位置情報測位
ソフトバンク ×
SIMフリー ×

ETWS:緊急地震速報や津波警報などの受信

※すべてSIMロック解除済みであることが前提

※パートナー回線は全国で楽天回線へと順次切り替え

ソフトバンク版「Pixel 4 XL」の場合

ソフトバンク版のPixel 4 XLなら問題なく楽天モバイルを利用できる

ソフトバンク版のPixel 4 XLであれば、すべての機能を利用できます。4Gデータ通信やAPN自動設定なども含め、すべての動作確認がとれているため、問題なく楽天モバイル回線を利用可能です。

APN自動設定に対応していますが、楽天モバイルの契約前に利用するソフトバンク版Pixel 4 XLがSIMロック解除されているか必ず確認してください。

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリットは?

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際は、事前にメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット
  1. スマホの利用料金を安く抑えられる
  2. 楽天モバイル回線エリア内なら高速データ通信が無制限で利用可能
  3. 国内通話とSMSが無制限で使い放題
  4. 契約期間の縛りや各種手数料が発生しない
デメリット
  1. ソフトバンクに比べて回線対応エリアが未成熟
  2. 手持ちの端末が楽天モバイルに対応しない可能性がある
  3. ショップ数が少ないので地域によっては対面での相談が難しい
  4. ソフトバンクメールやキャリア決済が利用できなくなる

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える手順とメリット・デメリットまとめ

SIMフリー版「Pixel 4 XL」の場合

SIMフリー版のPixel 4 XLなら問題なく楽天モバイルを利用できる

SIMフリー版のPixel 4 XLは、4Gデータ通信やAPN自動設定などソフトバンク版と同様にすべての動作確認がとれています。

SIMフリー版ならSIMロック解除も不要なので、これからPixel 4 XLを購入して楽天モバイルを契約しようという人は、SIMフリー版を購入するといいでしょう。

Pixel 4 XLで楽天モバイルを契約する前の準備

楽天モバイルの回線を契約するには、契約後に利用する端末がSIMロック解除されていることが前提となります。契約前に手持ちのPixel 4 XLがSIMロック解除されているかどうかを必ず確認してください。

また、楽天モバイルの契約には本人確認のための身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)やMNP予約番号の発行(他社からの乗り換えの場合)などが必要です。こちらも契約前に忘れずに準備しておきましょう。

その他、楽天モバイルのキャンペーンや新規申し込み方法、乗り換えの手順なども必要に応じてチェックしてください。

Pixel 4 XLはどんな機種?

Image
Pixel 4 XLの特徴
  • 有機ELを採用したGoogle製Androidスマホ
  • 高性能で長く使えるスペック
  • おサイフケータイや防水に対応した全部入り
  • 背面のカメラはデュアルに

Pixel 4 XLは、6.3インチの有機ELディスプレイを採用したGoogleのAndroidスマホです。本体サイズは75.1×160×8.2ミリ、重量は193グラムと大型スマホらしいサイズ感になっています。

CPUは高性能なSnapdragon855を採用し、メモリは6GB搭載。内蔵ストレージは64GBと128GBから選ぶことができます。microSDカードによる増設ができないため、アプリを沢山インストールするのなら、128GBを選ぶといいでしょう。全体的に上級クラスのスペックとなっているため、1台のスマホを快適に長く使いたいという人に最適です。

普段使いにも便利なおサイフケータイや防水に対応し、ワンセグ・フルセグには非対応ですが、いわゆる全部入りスマホです。充電ポートはUSB Type-Cを採用し、3700mAhのバッテリーを搭載します。イヤホンジャックが非搭載なので、有線イヤホンの利用にはUSB Type-C変換アダプターが必要です。

カメラは、背面が1600万画素と1220万画素のデュアルで構成されており、ディスプレイ側上部の縁には800万画素のカメラを搭載。Pixelシリーズは暗い場所の撮影に強いことが特徴で、背景をぼかして被写体を際立てるポートレート撮影にも対応しています。

さらに、長時間露光が搭載され、スマホを三脚にセットして星空を美しく撮影することもできます。同じ時期に発売したPixel 4とカメラの仕様は同じなので、小さめなスマホが好みという人はPixel 4もチェックしてみてください。

EDITED BY
AO