ドコモから楽天モバイルに乗り換えるのはアリ? メリット・デメリットまとめ

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるのはアリ? メリット・デメリット・特徴を比較

通信量が1GB未満なら0円という破格のプランを発表した「楽天モバイル」。ドコモからの乗り換えを考えている人も少なくないでしょう。

純粋に価格だけで考えるとかなり魅力的な楽天モバイルですが、付帯するサービスや回線の品質まで考えると、すべての人に適しているとは言い切れません。メリットだけでなく、デメリットもちゃんと把握した上で、本当に楽天モバイルがあなたに適しているのかを判断する必要があります。

そこで本記事では、楽天モバイルとドコモそれぞれのサービス内容や特徴を比較し、乗り換えで考えられるメリットとデメリットを詳しく解説します。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリット

さっそく、ドコモから楽天モバイルに乗り換える際に考えられるメリット・デメリットを紹介します。それぞれの特徴と自分の状況を照らし合わせて、乗り換えるべきかの判断材料にしてください。

メリット1:スマホの利用料金を安く抑えられる

ドコモ 楽天モバイル

ドコモから楽天モバイルに乗り換える最大のメリットは、なんといっても月額利用料金を抑えられることでしょう。

詳細は公式サイトに載っているので詳しくは説明しませんが、4月1日から楽天モバイルに適用される「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(ラクテンアンリミットシックス)」の最低利用料金はなんと0円。3GB以降は段階的に金額が上がり、20GBを超えた分はどれだけデータ量を消費しても3278円という内容になっています。

現在、プラン料金が3カ月間無料になる「プラン料金3カ月無料」キャンペーンを実施しています(終了日未定)。適用されれば、開通日から3カ月間はプラン料金とユニバーサルサービス料が0円です。

Rakuten UN-LIMIT VI プラン料金1年間無料キャンペーン(楽天モバイル)

ドコモ 楽天モバイル

とはいえ、スマホ料金がお得かどうかはデータ通信量や速度などの条件によって異なるもの。そこで以下では、楽天モバイルが本当にお得かどうかを比較するために、月あたり最速で利用できるデータ通信量と月額利用料金をドコモの最安プランと比較しました。

月額料金の比較
最速で利用できるデータ容量 月額料金(税込)
ドコモ最安プラン:ギガライト 7GBまで
  • ~1GB:3465円
  • 〜3GB:4565円
  • 〜5GB:5665円
  • 〜7GB:6765円
楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)
  • 自社回線内:無制限
  • 自社回線外:5GBまで
  • 0GB~1GB:無料
  • 1GB超過後〜3GB:1078円
  • 3GB超過後〜20GB:2178円
  • 20GB〜無制限:3278円

料金の差は一目瞭然。 同じ3GBを使ったとしても楽天モバイルのほうが月3487円安い料金で、利用することができます。あくまでも目安ですが、1年間に換算すると4万1844円もの差が生まれることに。

基本的に自宅などのWi-Fi環境があるところでデータ通信をおこなう人は利用料金を0円に抑えることも不可能ではありません。楽天モバイルに乗り換えることで、より節約効果が見込めるでしょう。

メリット2:楽天モバイル回線エリア内なら高速データ通信が無制限で利用可能

ドコモ 楽天モバイル

月あたり利用できるデータ通信量に制限がないことも楽天モバイル独自の魅力です。

ドコモの場合、最安値のギガライトプランでは月間7GBまで、大容量のギガホプランでも月間60GBまでの制限があります。規定のデータ容量を超えると速度制限になってしまうため、毎月末はデータ通信量を気にしながらインターネットを利用しなければなりません。

ドコモ 楽天モバイル

しかし、楽天モバイルならその心配は不要です。「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」では、月あたりのデータ通信量に制限が設けられていません。例えば、20GBを超えて50GB、100GBになっても楽天モバイルの自社回線内なら通信制限なく利用できます。

注意
「無制限」の恩恵が受けられるのは楽天モバイルの回線エリアだけ

ドコモ 楽天モバイル

楽天回線は拡大の最中であり、まだ日本全国をカバーしきれていません。そこで、楽天回線が構築されていない「パートナー回線エリア」と呼ばれる場所では、au回線を借りて通信する仕組みになっています。

前述で紹介した「データ無制限」の恩恵が受けられるのは、楽天モバイル自前の回線エリアに限定されています。パートナー回線エリアでの高速データ通信量は月間5GBまでの制限が設けられており、それを超えると、パートナー回線エリアでの通信に速度制限(1Mbps)がかかってしまうので注意が必要です。

といっても、1Mbpsという速度はYoutubeの低画質動画であれば視聴可能な非常に緩い制限です。LINEやインスタグラムの利用、WEBサイトの閲覧などは問題なくできるはずなので、日常生活に支障が出ることは少ないでしょう。

楽天モバイル対応サービスエリア

メリット3:国内通話とSMSが無制限で使い放題

ドコモ 楽天モバイル

近年、LINEなどのコミュニケーションアプリを利用する機会が多くなってきていますが、電話番号による音声通話を利用する場面も少なくないはず。そこで気になるのが通話料金です。

例えばドコモのギガホとギガライトプランの場合、家族内の通話は無料ですが、家族外への通話は30秒あたり22円が発生します。国内通話かけ放題のオプションもありますが、税込1870円と安くない金額です。

逆に、そこまで通話しないのにかけ放題オプションを付けてしまって無駄に料金が上がってしまうケースも多いでしょう。

その点、楽天モバイルでは「Rakuten Link」アプリを用いた国内通話・SMSでは、通話料や送受信料が一切発生しない仕組みになっています。

楽天モバイル通話料金
通話 Rakuten
Link同士の通話
0円
Rakuten
Linkを使った通話
0円(一部対象外番号あり)
Rakuten
Linkを使わない通話
20円/30秒
SMS Rakuten
Link同士
0円
Rakuten
Link利用
Rakuten
Linkを使わないSMS
3円/70文字(全角)

「Rakuten Link」アプリは音声通話、SMS、ビデオ通話などの機能が統合されたコミュニケーションアプリ。RCS(Rich Communication Service)という規格を採用しており、LINEやスカイプでの通話と違って、電話番号を使った発着信ができるのが特徴です。

ドコモ 楽天モバイルドコモ 楽天モバイル

もちろん、楽天モバイル同士だけでなく、他キャリアや固定電話との通話・SMSもおこなえます。

ただ、アプリを使った通話というと、気になるのがその音質。これはお互いの通信環境によるところもあり一概に判断するのは難しいですが、一般的にRCSはLINEなどのインターネット通話よりも高品質で、タイムラグも少ないといわれています。

キャリアが提供するVoLTEの音質にはやや劣るかもしれませんが、日常生活で使う上では問題ないクオリティでしょう。

メリット4:契約期間の縛りや各種手数料が発生しない

ドコモ 楽天モバイル

スマホの利用にかかるお金は、月額利用料や端末代だけではありません。契約・解約時にかかる手数料も、すべて合わせると意外と高額になってしまうもの。例えばドコモの場合、契約時には「契約事務手数料」、解約時には「MNP転出手数料」と「契約解除料」が発生します。

ドコモと楽天モバイル手数料の比較(税込)
楽天モバイル ドコモ
契約事務手数料 0円 3300円
MNP転出手数料 0円
  • 2021年4月1日以前にMNP予約番号を取得:3300円※
  • 2021年4月1日以前にMNP予約番号を取得:0円
契約解除料(解約金) 0円
  • 2019年10月1日以前の契約:10450円
  • 2019年10月1日以降の契約:1000円

※2019年9月30日までに提供している料金プランを契約の場合、手数料は2200円(税込)

これまで特にネックとなってきたのが「2年定期契約(俗にいう2年縛り)」の解約金でしょう。その点、2019年の省令改正案で解約手数料を1000円以下にすることが定められ、業界全体で解約のハードルがかなり下がりました。

しかし、ドコモの場合、2019年10月1日以前に定期契約していたプランではこれまで通り税込1万450円の解約金が請求されてしまうので注意が必要です。

定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。

NTTドコモ 報道発表資料

ドコモ 楽天モバイル

一方、楽天モバイルの場合、契約・解約時にかかる手数料は0円。そもそも契約期間の縛りや解約金自体が存在しないので、「長い間契約するか分からない」、「必要な間だけ契約していたい」という人には、楽天モバイルは特におすすめです。

楽天モバイル・解約方法

デメリット1:ドコモに比べて回線対応エリアが未成熟

ドコモ 楽天モバイル

Image:楽天モバイル/デジタル変革時代の電波政策懇談会移動通信システム等制度WG

楽天モバイルを使う上で不安を感じるのは、やはり通信面でしょう。

楽天モバイルはゼロから基地局を設置し、ネットワークの構築をしており、現在も拡大の真っ只中です。上の開示情報によれば、2020年12月の時点で楽天モバイル回線の人口カバー率は73.8%。対してドコモは、2014年の時点で4G回線の人口カバー率が99%に達しています。

楽天モバイルは、2021年夏頃には人口カバー率を96%に引き上げる予定としていますが、ドコモと比較すると通信エリアはまだまだ発展途上。地方で高速データ通信無制限の恩恵を受けられるのは、まだ先かもしれません。

ドコモ 楽天モバイル

日本国内の楽天回線エリアは公式サイトでチェックできる

とはいえ、前述したように楽天回線がカバーしていないエリアではパートナー(au)回線による通信がおこなわれるので、全くつながらないわけではありません。

また、楽天モバイルの基地局は驚異的なスピードで整備が進んでおり、利用できるエリアは日々拡大しています。自身の住んでいる地域で使えるかどうか、事前に公式サイトのサービスエリアマップで確認してみてください。

楽天モバイル対応サービスエリア

デメリット2:手持ちの端末が楽天モバイルに対応しない可能性がある

ドコモ 楽天モバイル

楽天モバイルに乗り換える方法は、(1)「楽天モバイルが販売している端末とセットで回線契約する」(2)「スマホ本体は手持ちのものを使い、SIM(eSIM、SIMカード)のみを契約する」の2パターンに大別されます。

このうち(1)の端末とセットで契約するパターンは特に難しいことはありません。SIMカードを挿入して初期設定をすればすぐに使うことができます。

ドコモ 楽天モバイル

公式サイトで手持ちの端末が対応しているか確認できる

注意したいのは、(2)の手持ちの端末を楽天モバイルで使いたいパターン。手持ちのスマホを使う場合は、第一にその端末が楽天モバイルで使えるかどうかを確認しなければなりません。動作確認ができていない機種だと、楽天モバイルでは使えない可能性があります。

楽天モバイルの公式サイトには、動作確認済のスマホが掲載されているので必ずチェックしましょう。

楽天モバイル・利用製品の対応状況確認

ドコモ 楽天モバイル

続いて、確認しなければならないのが自分のスマホに「SIMロック」がかかっているかどうか。

ドコモをはじめとするキャリア各社で販売しているスマホには、他社のSIMカードを挿して使えないようにするため「SIMロック」という制限がかかっています。SIMロックがかかっているスマホの場合、事前にSIMロック解除の手続きをおこなわなければなりません。

SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ

iPhone(iOS 14以降)なら「設定」アプリから以下の手順で自身の端末がSIMロック解除されているかを確認できます。Androidスマホの場合は、スマホ購入したキャリアに問い合わせるのが確実でしょう。

ドコモ 楽天モバイルドコモ 楽天モバイル

iPhoneの「設定」アプリを開き[一般]→[情報]の順にタップします。

ドコモ 楽天モバイル

「SIMロック」の項目で「SIMロックなし」と記載されている場合、SIMロックは解除されています。一方、「SIMロックあり」と記載されている場合、そのiPhoneはSIMロックがかかっている状態です。案内に従ってSIMロック解除の手続きをおこなってください。

デメリット3:ショップ数が少ないので地域によっては対面での相談が難しい

ドコモ 楽天モバイル

Image:楽天モバイル 恵比寿店

スマホの取り扱いに慣れていない人にとって、契約内容や操作、機種変更などについての相談ができる環境があるかどうかは大きなポイント。

その点、ドコモショップは全国に約2300店舗を展開していますが、楽天モバイルはその3分の1ほどの約600店舗しかありません。近場に店舗がない場合、契約手続きから初期設定、データ移行まで、ユーザー自身でおこなわなければなりません。

分からないことがあっても、ある程度は自力で解決せざるを得ないことは覚悟しておく必要があります。

楽天モバイル・ショップ(店舗)を探す

ドコモ 楽天モバイル

気軽に店舗に出向き直接相談する機会は少なくなりますが、代わりに楽天モバイルでは電話やチャットによるサポートを充実させています。公式サイトに詳細な解説やQ&Aを用意しており、知りたいキーワードで検索することも可能です。

また、ドコモや大手携帯会社は対面サービスが手厚いのは確かですが、場合によっては過剰なケースがあります。スタッフに言われるがまま、不要なオプションを契約してしまうケースが少なくありません。

そういった余計なサービスを回避できるというのは、オンラインで申し込みが完結できる楽天モバイルならではの利点といえます。

デメリット4:ドコモメールやキャリア決済が利用できなくなる

ドコモ 楽天モバイル

ドコモは「ドコモメール(@docomo.ne.jp)」「ドコモ決済(キャリア決済)」など独自のサービスを提供していますが、楽天モバイルでは、これらのサービスは一切利用できません。

特に気をつけたいのがドコモメールの扱いです。解約後は「@docomo.ne.jp」アドレスが使えなくなるほか、すべてのメールデータがサーバーから削除されてしまいます。とはいえ、現在は「Gmail」など高機能な無料メールサービスが普及しているため、ドコモメールが使えなくて困るということはあまりないはずです。

また、キャリア決済でしか支払いできないショップやサービスも、ほとんどありません。クレジットカードが使えない場合は、審査なしで未成年でも利用できる「バーチャルカード」や「プリペイドカード」を利用すればすれば問題ないでしょう。

楽天モバイルに向いている人とは?

最後に、これまで紹介してきたメリット・デメリットも踏まえながら、楽天モバイルに向いている人の特徴をまとめました。

楽天モバイルに適していると思った人は、以下のサイトから実際の乗り換え方法やプランの詳細を確認してください。

楽天モバイル・他社から乗り換え(MNP)

とにかくスマホの利用料金を安くしたい人

ドコモ 楽天モバイル

ドコモの最安プランと比較しても、楽天モバイルでは通信費を2分の1以下に抑えることができます。

加えて、楽天回線内ならデータ通信無制限、「Rakuten Link」を使った国内通話/SMSも無料で使い放題。「思ったより通話時間が長くなった」「インターネットを使いすぎた」という月でも、高額料金を請求される心配はありません。

また、4月1日から適用される「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、利用するデータ量が少なければ少ないほど料金を抑えられるプランです。毎月データ容量を使い切らずに余らせてしまう人は、特に楽天モバイルに向いているでしょう。

2台目のスマホやタブレット用の回線を契約したい人

ドコモ 楽天モバイル

楽天モバイルは始まって間もないサービスなので、回線エリアや通信の品質に不安が残るのは確かです。そこで、今使っているドコモ回線に加えて「2台目のスマホ」や「タブレット」用としてお試しで契約してみるのもひとつの手です。

2021年1月22日から、回線とセットで購入することで楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten Mini」が1円で手に入るキャンペーンが開催されています(終了日未定)。ほぼ無料で2台目の端末を購入できるので、お試し用に契約するには最適です。

Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン

楽天モバイルには契約期間の縛りがなく、事務手数料や解約金が発生しないので、いつでも気軽に解約できます。実際に使ってみて、問題なければメイン回線として乗り換えて、使い勝手が悪いと感じたら解約してしまえばいいでしょう。

楽天サービスを多く利用している人

ドコモ 楽天モバイル

Image:SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天ポイントを核とした、いわゆる「楽天経済圏」に生きるなら、楽天モバイルを活用しない手はありません。

というのも、楽天ではグループサービスを利用するごとに「楽天市場」のポイント付与の倍率が段階的に上がる「SPU(スーパーポイントアップ)」という仕組みがあります。楽天モバイルもSPUに組み込まれていて、契約中は楽天市場でのポイント倍率が+1倍になるのです。

「楽天ひかり」「楽天カード」「楽天でんき」など、あらゆるサービスを楽天に集中させることで、楽天市場でのポイント還元率は最大15.5倍までアップします。貯まった楽天ポイントは毎月の楽天モバイルの料金支払いに充当できるので、うまく活用すればよりスマホ料金を抑えられるでしょう。

ドコモ 楽天モバイル

また、楽天モバイルの月々の利用料金は楽天カードでの支払いがおすすめです。楽天モバイルでは料金の支払い100円につき楽天ポイントが1P進呈されますが、「楽天カード」で支払うことで楽天ポイントを二重取りできます。

楽天カード公式サイト

ほかにも、端末の分割払いが可能だったり、分割払いの手数料が無料になったり、と楽天カードユーザーは楽天モバイルの支払いにおいてかなり優遇されています。

【2021最新】楽天モバイルのおすすめ11機種まとめ 実質無料から5G対応スマホまで

EDITED BY
MOEGI