UQモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順とメリット・デメリットまとめ

実際に乗り換えるときの注意点・流れがまるわかり

この記事では、「UQモバイル」と「楽天モバイル」のサービス内容や特徴を比較。UQから楽天に乗り換える際のメリット・デメリットをまとめて紹介します。また後半では、実際にUQモバイルから楽天モバイルに乗り換えるときの手順を解説しています。

事前にチェックしないと料金が割高になったり、今まで使っていたサービスが利用できなくなったりするので、見落としがちなポイントも含めて、乗り換えを検討しているなら要チェック。MNPや申し込み方、利用開始の方法などが不安な人もぜひ参考にしてください。

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリット

まずは、UQモバイルから楽天モバイルに乗り換えるメリットについて紹介します。

メリット1:料金プランは楽天モバイルのほうが割安

楽天モバイルの料金プランは、1種類だけです。3GB未満であれば月額1078円、20GB未満は月額2178円、20GB以上は月額3278円と、データ使用量に応じて料金が自動で変わるワンプランなので、余裕を持たせて大きいデータ容量のプランを契約する必要はありません。

データ使用量が1GB未満であれば月額料金は0円で、まったく使わない月は料金が発生しないということになります。専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば通話料もかからず、普段ネットサーフィンをせず電話をメインで使う人なら割安で利用できます。

では実際に、UQモバイルと楽天モバイルの料金をプラン別にチェックしてみましょう。

UQモバイルと楽天モバイルの料金を比較(いずれも税込)
  UQモバイル 楽天モバイル
3GB 1628円 1078円
15GB 2728円

2178円

(20GBまで使用可能)

25GB 3828円

3278円

(無制限)

楽天モバイルの料金は、UQモバイルのプラン容量に相当する金額

UQモバイルのプランと比較すると、どの容量のプランにおいても楽天モバイルが割安になっているのが分かります。さらに25GBの料金の場合、楽天モバイルは使用容量が無制限になるので、圧倒的に楽天モバイルのほうがお得です。

メリット2:通話オプションが無料で充実

通話オプションも楽天モバイルのほうがお得です。

UQモバイルは三者通話(税込220円/月)や割込通話(税込220円/月)、留守番電話(税込330円/月)などのサービスが有料ですが、楽天モバイルはこういった通話オプションがすべて無料で利用できます。

メリット3:専用アプリ「Rakuten Link」で無料通話かけ放題

UQモバイルにも10分以内の定額かけ放題プランはありますが、楽天モバイルは専用アプリの「Rakuten Link」を使うことで、国内通話が時間制限なく無料でかけ放題になります(ただし救急や消防など、一部番号は有料)。

Rakuten Linkを使っていない相手にかけても無料です。さらに、Rakuten Linkアプリ同士なら、メッセージや写真、動画などのデータも無料で送受信できます。家族とやりとりをする機会が多い人は、通話料がよりお得になるでしょう。

UQモバイルから楽天モバイルへ乗り換えるデメリット

UQモバイルから楽天モバイルへの乗り換えも、メリットだけではないはず。以下では、どんなデメリットが考えられるのか紹介します。

デメリット1:データ消費量がゼロになる「節約モード」が使えなくなる

先に紹介した通り、料金プランは楽天モバイルのほうがお得ですが、UQモバイルにはデータ容量の消費がゼロになる「節約モード(送受信最大300kbps)」が用意されているのがうれしいポイント。TwitterやFacebook、LINEなど、テキストが中心のSNSであれば、十分快適に利用でき、Instagramや音楽ストリーミングサービスなどもある程度楽しむことができます。

仮に、SNSなどを節約モードで利用して、UQモバイルのプランを3GB/1628円で収めることができれば、楽天モバイルで3GB以上利用する場合よりもお得になります。

デメリット2:楽天モバイルで手持ちの端末が使えない可能性

乗り換えに際しては、必ず利用可能な端末もチェックしましょう。各サービスのHPには、動作確認済み端末が一覧で表示されています。特に古いスマホや最新機種を使っている人は注意が必要です。

iPhoneを使っている場合は、一部の古い機種を除きほとんどのモデルが対応しているため、対応端末について気にする必要はありません。しかし、Androidスマホの場合、機種によっては回線に対応していない可能性もあります。たとえば、楽天モバイルではMotorolaやLGなどによるスマホは、すべてのモデルが回線に対応していません。

実際には問題なく使えるかもしれませんが、乗り換えてから利用できないことが判明すると、元に戻すか別のスマホを用意するしかなく、無駄な手間やお金がかかってしまいます。自身のスマホが楽天モバイルで利用できるかは、事前に公式サイトで確認しておきましょう。

動作確認済み端末の一覧にないだけという可能性もあるので、どうしても今使っている機種で乗り換えたい人は直接問い合わせて確認するのがおすすめです。

デメリット3:データ容量の繰り越しができなくなる

楽天モバイルには、契約したデータ容量を繰り越せるサービスがありません。UQモバイルでは、当月に余ったデータ容量を翌月末までシェアできるため、余すことなく使えて、データ容量を追加する頻度も減らせるでしょう。

どんな人がUQモバイルから楽天モバイルへの乗り換えに向いている?

UQモバイルから楽天モバイルへ乗り換える際のメリット・デメリットを整理した上で、どんな人が楽天モバイルに向いているのかを確認してみましょう。

月によってデータ使用量が大きく変わる人

楽天モバイルの特徴は、データ利用量によって支払い金額が変わるワンプランという点です。

まったく使わない月であれば月額料金は0円で済みますし、20GB以上でも3278円(税込)で収まります。たとえば、仕事などで特定の月だけ大量に使う人でも、プランを変更せずに持ち続けることができるのが便利なポイントです。

動画などの大容量コンテンツをよく視聴する人

外出中に動画を見たり、オンラインゲームをしたりして月末になるといつもデータ容量が足りなくなる人は、大容量プランがお得です。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIなら月額3278円(税込)でデータ容量無制限になるため、速度制限を気にせず利用できます。

仕事や家族との通話をたくさんする人

楽天モバイルの大きなメリットは、先に紹介した通り「Rakuten Link」を利用したかけ放題サービスです。普段インターネットは使わないけれど電話はたくさんするという家族や友人がいる人は、チェックしておきましょう。

楽天経済圏でお得にスマホを使いたい人

楽天ポイントを核とした、いわゆる「楽天経済圏」に生きるなら、楽天モバイルを活用しない手はありません。

楽天には、グループサービスを利用するごとに「楽天市場」のポイント付与の倍率が段階的に上がる「SPU(スーパーポイントアップ)」という仕組みがあります。楽天モバイルもSPUに組み込まれていて、契約中は楽天市場でのポイント倍率が+1倍になるのです。

楽天SPUの一部

「楽天ひかり」「楽天カード」「楽天でんき」など、あらゆるサービスを楽天に集中させることで、楽天市場でのポイント還元率は最大15.5倍までアップします。貯まった楽天ポイントは毎月の楽天モバイルの料金支払いに充当できるので、うまく活用すればスマホ料金を抑えられるでしょう。

楽天モバイルの月々の利用料金は、楽天カードでの支払いがおすすめです。楽天モバイルでは料金の支払い100円につき楽天ポイントが1P進呈されますが、楽天カードで支払うことで楽天ポイントを二重取りできます。

このほか、端末の分割払い手数料が無料になったり、新規入会時にポイントが付与されたりなど、楽天カードユーザーはかなり優遇されています。

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順

実際にUQモバイルから楽天モバイルに乗り換える手順を解説します(検証端末:AQUOS sense 5G) 。なお、ここではeSIMではなく、SIMカード(nanoSIM)による手続きを紹介しています。

楽天モバイルの契約には「楽天アカウント」が必要です。まだ持っていない人は作成しておきましょう(無料)。

乗り換え前に確認
  • 乗り換えるスマホのSIMロック解除が完了しているか?
  • 乗り換え後に使うスマホは楽天モバイルの対象端末か?
  • 乗り換え後に使うスマホのOSバージョンがアップデートされているか?(iPhone 12以下はiOS 14.4以上、iPhone 13シリーズはiOS 15以上。AndroidスマホはAndroid 11以上)

UQモバイルでMNP転出の手続き(MNP予約番号の取得)

UQモバイルから楽天モバイルに乗り換える場合、まずはじめにUQモバイルでMNP転出手続きをおこない、MNP予約番号を発行します。

MNP予約番号を発行するには、「my UQ mobile」にログインしてください。ログインにはmy UQ mobile IDまたはau IDが必要です。なお、電話でもMNP予約番号の発行は可能です。

my UQ mobileにログイン

my UQ mobileにログインできたら、メニューから[スマートフォン・携帯電話]→[ご契約内容/手続き]と進み、[お問い合わせ/お手続き]から[MNPご予約]を選択します。

注意事項を確認のうえ[MNPご予約へ進む]をタップしてください。

画面の案内に沿って進めればOK

UQモバイル契約時に設定・入力した4桁の暗証番号を入力します。

その後、メールアドレスの登録(任意)、転出理由の選択、注意事項の確認など、画面の案内に沿って進めてください。

MNP予約番号が発行された

重要事項説明の画面で[予約番号を発行する]をタップすると、しばらくして、MNP予約番号が記載されたメッセージがSMSで届きます(今回は発行完了からSMSが届くまで10分程度でした)。

MNP予約番号が記載されたSMSは、削除せず保管しておいてください。念のため、スクリーンショットを撮っておくのもおすすめです。

楽天モバイルの公式サイトにアクセス

まずは、下記ボタンより楽天モバイルの公式サイトにアクセスしてください。

トップページ上部の[お申し込み]から[ログイン]をタップ。ユーザIDとパスワードを入力し、楽天アカウントにログインします。

プラン・オプション・SIMタイプなどを選択する

ログインしたら、「プラン」からRakuten UN-LIMIT VIの[プランを選択する]をタップします。

必要に応じて有料オプションを選択(任意)

SIMカードのタイプ

端末を購入しないなら[この内容で申し込む]を選択

通話や保証などの有料オプションを任意で選択(契約後の追加・解約も可)したら、「SIMカード」(またはnanoSIM)か「eSIM」を決めてください。ここでは、SIMカードを選択しました。

オプションやSIMタイプを選択したら、[この内容で申し込む]をタップします。申し込みと同時に端末を購入する場合は[製品選択へ進む]をタップし、購入する端末を選択してください。

本人確認をおこなう

本人確認方法を選択

「書類画像をアップロードで確認」を選択した場合。本人確認書類を撮影してアップロードする

続いて「契約者情報が正しいことを確認しました」にチェックを入れ、本人確認方法を選択します。

「書類画像をアップロードで確認」「AIかんたん本人確認(eKYC)」「受け取り時に自宅で確認」のどれかを選択してください。いずれも本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)が必要です。

  • 書類画像をアップロードで確認:本人確認書類を撮影し、アップロードする
  • AIかんたん本人確認(eKYC):本人確認書類と自身の顔を同時に撮影。eSIM対応スマホでeSIMを申し込んだ場合、最短5分で回線の開通が可能
  • 受け取り時に自宅で確認:SIMカードの受け取り時に配達員に本人確認書類を提示する(eSIMを選択した場合、後日スタートガイドが配達された際に提示)

eKYCとは(楽天モバイル)

本人確認方法を選択したら[次へ進む]をタップし、画面の案内に従って本人確認をおこなってください。

MNP予約番号を入力

今回はUQモバイルでの電話番号を継続利用する(MNP)のため、「他社からの乗り換え(MNP)」を選択しています。選択したら[次へ進む]をタップしてください。

乗り換える電話番号、「手順1」で発行したMNP予約番号の入力、および有効期限を選択します。有効期限は7日以上残っている必要があり、残り日数が6日以下だとMNP予約番号を再発行する必要があります。

支払い方法を設定し、SIMカードの申し込み完了

支払い方法やポイントの利用、SIMカードの配送先(自宅または店舗を選択可。ここでは自宅を選択)などを選択し、[申し込む]をタップ。申し込み内容を確認して[この内容で申し込む]をタップします。

申し込み完了。SIMカードが届くまで待つ

端末を購入しないのであれば、[この内容で申し込む]をタップ。重要事項説明・利用規約を確認しながら画面を進め、[同意して申し込む]をタップします。これで申し込みの受付は完了です。

数日後にSIMカードが届くので、それまで待ちましょう。

SIMカードが自宅に届く

申し込み完了後、数日後にSIMカードが自宅に届きます。申し込み状況や申込者の居住地にもよりますが、今回のケースでは申し込みから2日で届きました。

SIMカードと一緒に送られてくるスタートガイドにも、利用開始の手順や注意事項が記載されているので、あわせて参考にするといいでしょう。

楽天モバイルへのMNP転入手続きをおこなう

楽天モバイルに乗り換える場合、まずはMNP転入の手続きをおこない、回線をUQモバイルから楽天モバイルに切り替える必要があります。SIMカードを挿し替えるだけで回線が切り替わるわけではないので注意しましょう。

ステータスが「準備中」になっていることを確認

まず「手順2」と同様の方法でmy楽天モバイルにログインし、メニューボタン​→[my楽天モバイル]と進みます。

SIMカードを申し込んだ回線の申込番号のステータスが「準備中」となっているので、タップして選択します。申し込んだ回線を確認したうえで[転入を開始する]をタップしてください。

[MNP転入を開始する]をタップすると、UQモバイル回線は解約される

「MNP予約番号は送信済みです」と表示されたのを確認

MNP転入に関する注意事項を確認したら、[MNP転入を開始する]をタップします。これでMNP転入および回線の開通は完了です。

なお、[MNP転入手続きを開始する]をタップすると、その瞬間にUQモバイルは自動で解約となります。

楽天モバイルのSIMカードに挿し替える

MNP転入手続きが完了したら、楽天モバイルの回線で利用するスマホにSIMカードを挿し替えましょう。スマホの電源をオフにし、UQモバイルのSIMカードから楽天モバイルのSIMカードに挿し替えてください。

もしSIMカードの取り出し用ピンがなければ、ペーパークリップの先端で代用できます。ただし、ペーパークリップを使用する際は無理に押し込まないよう、力の入れ具合などに注意してください。

SIMカードを入れ替える手順を全解説、安全な取り出し方/入れ方とは?

楽天モバイル回線の開通完了

回線の表示が「Rakuten」となる

SIMカードを挿し替えたら、スマホの電源をオンにしてみましょう。回線が楽天モバイルに変わっています。

なお、通信状況などにより回線の開通に時間がかかる場合があります。SIMカードを挿し替えてもネットワークが接続されない場合は、少し時間をおいてみてください。

my楽天モバイルの[申し込み履歴]で「回線開通完了」と表示されていれば、回線が開通してネットワークを利用できている状態です。

これでUQモバイルから楽天モバイルへの乗り換え作業は完了です。

EDITED BY
TOKIWA
AO