AndroidスマホからiPhoneへの機種変更時にデータを移行する方法と注意点

AndroidスマホからiPhoneに機種変更(データ移行)する方法

機種変更に慣れている人でも、AndroidからiPhone(iOS)へ異なるOS間のデータ移行をするときは戸惑うはず。実際やってみると、移行できないデータがあったり、アプリが消えてしまったりと後悔することも少なくありません。

そこで本記事では、AndroidスマホからiPhoneに機種変更時にデータを移行する方法と注意点について、わかりやすく解説します。

Androidスマホの機種変更でデータ移行する方法──機種別にやることを解説

AndroidスマホからiPhoneに移行できるデータとできないデータ

AndroidスマホからiPhoneに機種変更する場合、有料アプリやLINEのトーク履歴など、特定のデータは移行できません。あらかじめ移行できるデータとできないデータを把握しておきましょう。

iPhoneに移行できるデータ

Android iPhone 機種変更

AndroidからiPhoneに移行できる主なデータ
  • 連絡先
  • メッセージ(SMS)
  • Googleアカウント
  • 写真・動画
  • ブラウザのブックマーク
  • テキスト・音楽ファイル(Googleドライブにバックアップ)
  • モバイルSuicaのデータ

「Move to iOS」と「Googleドライブ」経由で、アプリ以外のほとんどのデータを移行できます。

GoogleカレンダーやGmail、GoogleフォトなどのGoogle関連アプリはiOS(App Store)でもリリースされているため、各アプリをインストールしてログインすれば、これまで通り利用可能です。

iPhoneに移行できないデータ

Android iPhone 機種変更

AndroidからiPhoneに移行できない主なデータ
  • インストールしてあるアプリとアプリのデータ
  • Google Playで購入した有料アプリ
  • Googleアカウントにバックアップしたデータ
  • LINEコインやLINE GAMESのアイテム(ルビー・ハート・ダイヤなど)
  • LINEのトーク履歴
  • おサイフケータイのデータ(楽天Edy、nanacoモバイル、モバイルWAON残高)

機種変更によってOSが変わる場合は、仕様上、LINEのトーク履歴やお金まわりのデータ(電子マネー残高やLINEコインなど)を引き継げません。

特に注意したいのが、Google Playで購入した有料アプリがiPhoneで無料の再インストールできないこと。たとえ同じアプリがiPhoneにあっても、買い直しが必要になってしまいます。

また、同じアプリでもLINEのトーク履歴ようにデータの互換性がないケースや、「パズドラ」や「モンスト」のように、アプリ内での引き継ぎ作業をあらかじめおこなっておかないと、データが消えてしまうケースもあります。

使っているアプリをいま一度確認してみましょう。

iPhoneへの機種変更前にAndroidスマホでやっておくべき準備

機種変更前にAndroidスマホでデータ移行の準備をおこないましょう。iPhoneに移行できないデータがあっても事前に対策しておくことで、心残りなく機種変更できるはずです。

1. Googleフォトに写真・動画をバックアップする

Android iPhone 機種変更

端末の写真や動画は、後述で紹介する「iOSに移行」アプリでまるごと移行できますが、念の為「Googleフォト」にもバックアップしておくのがおすすめです。

GoogleフォトはiPhoneでも利用できるので、万が一トラブルが起きてもデータを残しておくことができます。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

「Googleフォト」アプリをひらき、右上のアカウントアイコンをタップ。展開したメニューで「フォトの設定」を選択し[バックアップと同期]項目へ進みます。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

ここで「バックアップと同期」のスイッチがオンになっているか確認しましょう。そのほか、「デバイスのフォルダのバックアップ」をタップして、非同期になっている端末のフォルダがないかもチェックする必要があります。

2. Googleドライブにテキスト・音楽ファイルを保存する

Android iPhone 機種変更

端末内にダウンロード・保存されているドキュメントファイルや音声ファイルは、「Googleドライブ」にバックアップしてiPhoneへ移行します。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

「Googleドライブ」アプリを起動し、画面右下にある[+]ボタンをタップ。展開したメニューの中から[アップロード]を選択してください。

続いて、画面左上のメニューボタン[]をタップし、自身の端末名をタップします。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

端末の内部ストレージに保存されているファイルが表示されます。

「音声」や「ドキュメント」など、iPhoneに移行したいフォルダのジャンルをタップ。長押しで個別ファイルを選択して、最後に[選択]ボタンをタップすればGoogleドライブにアップロードされます。

機種変更後は、iPhoneにGoogleドライブをインストールしてログインすることで、音声ファイルやドキュメントファイルの確認やダウンロードができます。

Android iPhone 機種変更

ちなみに、YouTube MusicやSpotifyなどの定額聴き放題(サブスクリプション)の音楽配信サービスを利用している場合、バックアップの必要はありません。

プレイリストやお気に入りなどすべてのデータじゃ端末内ではなくサービス側で管理されています。改めてIDやパスワードでログインすれば、これまで通り利用できるはずです。

3. 各サービスのアカウント情報を確認しておく

Android iPhone 機種変更

LINEやインスタグラムFacebookTwitter、GmailなどID・パスワードでログインするようなサービスは、基本的に端末内ではなくサービス側でデータが保管されています。

データはすべてユーザーアカウントに紐付いているため、アカウント名やID、パスワードを入力してログインすれば、再び元通りに使えるようになります。

Android iPhone 機種変更

LINEのアカウント自体(友だちリストやスタンプ、LINE Pay残高など)も、電話番号認証とパスワード入力で簡単に引き継げます。

ただしLINEのトーク履歴に限っては、残念ながら異なるOSに引き継ぐことはできません。

それぞれのOSでデータの保存先が異なるため、「Googleドライブ」に保存したトーク履歴のデータを「iCloud」を使って復元することはできないのです(逆もしかり)。

AndroidからiPhoneにLINEアカウントを引き継ぐ方法や注意点は、以下の記事で詳しく解説しています。

4. iPhone非対応の電子マネー残高を使い切る

Android iPhone 機種変更

「おサイフケータイ」や「Google Pay」は、Androidスマホ向けの機能でiPhone版は存在しません。

iPhoneには同じような機能として「Apple Pay(アップルペイ)」がありますが、両サービスに互換性はないので、アカウント情報やデータを引き継ぐことはできないのです。

Android iPhone 機種変更

ここで特に注意が必要なのが、プリペイド型電子マネー(楽天Edy、nanacoモバイル、モバイルWAON)です。

これらはiPhone非対応のサービスなので、チャージ済みの残高がある場合は引き継ぐことができず、無駄になってしまいます。いずれのサービスも払い戻しに対応していないようなので、機種変更前に残高を使い切るほか対処法はありません。

ちなみに、PayPayやメルペイ、au PAYなどのスマホ決済アプリは、アプリをダウンロードして再ログインすればiPhoneでも利用可能です。

5. モバイルSuica・モバイルPASMOのデータをサーバーに預けておく

Android iPhone 機種変更

モバイルSuica・モバイルPASMOに限っては、残高含むアカウントデータをサーバーに預けることでAndroidスマホからiPhoneへ引き継げます。

Androidスマホでこれらの電子マネーを利用していたユーザーは、機種変更前に必ずこの作業をおこなっておきましょう。

モバイルSuicaのデータを預ける

Google Payアプリの操作ではSuicaの引き継ぎはおこなえないので、別途モバイルSuicaアプリのインストールが必要です。

モバイルSuica その他タブを選択し会員メニューをタップ モバイルSuica その他タブを選択し会員メニューをタップ

トップページが開いたら、[その他]タブから会員メニューを選択します。ここでもログインを求められたら、パスワードを入力してログインしましょう。

モバイルSuica その他タブを選択し会員メニューをタップ モバイルSuica 携帯情報端末の機種変更をタップ

お知らせのページが表示されますが、下にスクロールすると[会員メニュー]のボタンがあるので、これをタップ。会員メニューのなかから、[携帯情報端末の機種変更]を選択します。

モバイルSuica 機種変更するをタップ モバイルSuica 機種変更するをタップ

携帯電話機種変更確認の画面が表示されるので、内容に目を通したら[機種変更する]ボタンを押します。

数分後に「機種変更受付完了」画面に切り替わり、会員登録メールアドレスが表示されます。新端末でのログイン時に必要となるので確認しておきましょう。

これでモバイルSuicaの引き継ぎ準備は完了です。あとは機種変更後にiPhoneでデータを受け取りましょう。

モバイルPASMOのデータを預ける

Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行 Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行

モバイルPASMOアプリを起動し、左上にある人のマークから「アカウント設定」メニューを開きます。[機種変更」を選択してください。

Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行 Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行

[機種変更・メインカード設定はこちら]をタップすると、「おサイフケータイ」アプリが起動するので、画面下にある[カードを預ける(機種変更)]を選択します。

Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行 Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行

「メインカードを預けますか?」というメッセージが表示されるので[はい]をタップ。再度「カードを預ける」の確認画面が表示されたら[預ける]を選択します。

Android スマホ 機種変更 モバイルPASMO データ移行

しばらくするとPASMOのデータがアップロードされ、センターサーバーに情報が移ります。これでモバイルPASMOの引き継ぎ準備は完了です。あとは機種変更後にiPhoneでデータを受け取りましょう。

AndroidスマホからiPhoneにデータ移行する方法

準備ができたら、さっそくデータを移行しましょう。

AndroidスマホからiPhoneにデータを移行する手段は複数ありますが、本記事ではApple公式の「iOSに移行」アプリを経由してデータを移行する手順を解説します。

1「iOSに移行」アプリをAndroidスマホにダウンロードする

Android iPhone 機種変更

Android端末からiPhoneへのデータ移行は、「iOSに移行」というApple公式のAndroidアプリを使います。

Google Playからアプリをインストールしておきましょう。

アプリ「iOSに移行」をダウンロード
iOSに移行

2Androidスマホで「iOSに移行」を起動して「コードを確認」画面を表示しておく

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

アプリを起動したら[続ける]をタップして進み、利用規約をよく読んで同意します。

iPhone機種変更 iOSに移行

「コードを確認」画面が表示されるので、そのまま待機します。

これよりデータ転送が完了するまでAndroidスマホには「iOSに移行」アプリを画面に表示したままにしておきましょう。転送途中で別のアプリを使うと、コンテンツが転送されません。

3iPhoneのクイックスタート画面でキーボードやWi-Fi設定を済ませる

iPhone機種変更 iOSに移行

新しいiPhoneにSIMカードを挿入し、電源を入れて起動します。「こんにちは」画面から言語設定を済ませると、クイックスタート画面が表示されます。

このクイックスタート画面で[手動で設定]をタップし、キーボード設定やWi-Fi設定(Android端末と同じWi-Fiネットワークに接続)、Face IDまたはTouch ID設定、パスコード作成をおこないます。

4iPhoneで「Androidからデータを移行」をタップしてコードを表示

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

「Appとデータ」画面まで進めたら、[Androidからデータを移行]をタップし「Androidから移行」画面で[続ける]を押しましょう。

iPhone機種変更 iOSに移行

6ケタまたは10ケタの数字(コード)が表示されたら、再びAndroidスマホを操作しましょう。

5Androidスマホにコードを入力

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

Android端末の「iOSに移行」アプリに戻ります。「コードを確認」画面で[続ける]をタップし、Phoneに表示されているコードをAndroid端末に入力しましょう。

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

iPhoneと接続するためのプライベートWi-Fiへの接続に関する画面が表示されたら[続ける]をタップ。その後の確認メッセージで[接続]を選択します。

iPhone機種変更 iOSに移行

Android端末とiPhoneとの接続が始まるので、そのまま待機しましょう。

6iPhoneにデータを移行する

iPhone機種変更 iOSに移行

Androidスマホに表示された画面で、新しいiPhoneに移行したいデータの種類を選択します。

この例では3種類のみ表示されていますが、Googleアカウントやメッセージ、カメラロール(写真・ビデオ)のほか、連絡先、ブックマーク、カレンダーのデータが移行可能です。選択後、[続ける]をタップしてください。

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

iPhoneへのデータ移行が開始されます。今回は移行完了まで10〜15分ほどかかりましたが、所要時間はデータの容量などによって異なります。

データ移行が完了すると、Androidスマホに「転送が完了しました」の画面が表示されます。[完了]をタップし、iPhone側での操作へ移りましょう。

7iPhoneにデータを転送後、復元を確認する

iPhone機種変更 iOSに移行 iPhone機種変更 iOSに移行

移行先のiPhoneにデータが転送されていきます。「転送が完了しました」と表示されたら[iPhoneの設定を続ける]をタップし、その他の初期設定を完了させます。

iPhone機種変更 iOSに移行

新しくiPhoneのホーム画面が表示されたら、データがきちんと転送されたかをチェックしましょう。「写真」アプリを起動すると、端末内の写真と動画が転送されていることを確認できるはずです。

最後に、Android端末に入っていたアプリをApp Storeから適宜ダウンロード・インストールしてください。ただし、iOS版がないAndroidアプリもあります。

iPhoneでアプリをダウンロード・インストールする方法

8モバイルSuica・モバイルPASMOにアクセスしてデータを引き取る

AndroidスマホでモバイルSuica・モバイルPASMOのデータを預けていた人は、iPhoneで各アプリをダウンロードして預けたデータを受け取りましょう。

モバイルSuicaでデータを受け取る

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

モバイルSuicaアプリを起動して、画面の左下[機種変更]をタップ。ログイン画面で、モバイルSuicaの登録メールアドレスとSuicaパスワードを入力します。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

会員登録内容確認画面で[機種変更する]→[実行する]の順にタップ。これでデータの受け取りは完了です。

Android iPhone 機種変更

あとは、必要に応じてApple PayにSuicaカードを登録しましょう。Apple PayにおけるSuicaの使い方は、以下の記事を参照ください。

モバイルPASMOでデータを受け取る

Android iPhone 機種変更

PASMOアプリを起動し、初期画面で[機種変更・利用していたPASMOが見つからない方]をタップします。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

タイプ選択画面の「Androidで利用していた方」の[次へ進む]をタップ。ログイン画面で、AndroidのモバイルPASMOに登録していたメールアドレスとPASMOパスワードを入力しましょう。

続いて会員登録内容確認画面が表示されたら、[機種変更する]→[実行する]の順にタップ。最後に利用規約に同意し「完了」を選択すれば、データの受け取りは完了です。

必要に応じてApple PayにPASMOカードを登録しましょう。Apple PayにおけるPASMOの使い方は、以下の記事を参照ください。

検証端末:iPhone X(iOS 14.1)、iPhone 8(iOS 14.1)、Pixel 4a(Android 11)、Pixel 3(Android 10)

EDITED BY MOEGI