【Apple Pay】iPhoneでSuicaにチャージする方法 コンビニ・セブン銀行ATMなら現金でもチャージできる

チャージの方法はさまざま

Apple Payに登録したSuicaをiPhoneなどで使っていると、残高が不足する時が必ずやってきます。Suicaはプリペイド式の電子マネーなので、残高が足りなくなったときはチャージの必要があります。

Suicaへのチャージにはクレジットカードが便利です。その場で即座にチャージできるので「残高がない!」とあわてなくて済むでしょう。クレジットカードはApple Payに設定したものか、「Suica」アプリに登録したものを利用できます。また、クレジットカードを使えない場合は、コンビニなどで現金によるチャージも可能です。

本記事では、iPhoneのApple Payに登録したSuicaに、クレジットカードまたは現金でチャージする方法を解説します。

Apple Payに登録したSuicaに「クレジットカード」でチャージする

Apple Payに登録したSuicaにクレジットカードでチャージする方法は、Walletアプリ経由Suicaアプリ経由の2種類の選択肢があります。

Suicaのチャージに対応したクレジットカードを持っているなら、Walletアプリでチャージするのが簡単です。一方Suicaアプリは、Walletアプリに対応していないクレジットカードからチャージしたいときに使います。ユーザー登録やクレジットカードの登録が必要ですが、オートチャージの設定もできます。

Walletアプリ経由でチャージする方法

Walletアプリでのチャージ方法を解説します。

Walletアプリを起動する

ホーム画面のWalletアプリをタップして起動します。

Suicaを選ぶ

チャージするSuicaをタップします。

「チャージ」をタップする

Suicaの画面が表示されたらチャージをタップします。

金額を入力してチャージする

チャージする金額を入力または選択し、追加するをタップします。1枚のSuicaにチャージできる限度額は2万円です。

サイドボタンをダブルクリックしてからFace ID認証をおこなうか、またはホームボタンに触れてTouch IDで認証します。カードをタップして、チャージに使うカードを切り替えることもできます。

チャージが完了する

最後に完了をタップします。カードの更新が完了すると、Suicaが利用できるようになります。

Apple Payに登録したクレジットカードでSuicaにチャージできない場合の対処法

一部のクレジットカードは、Walletアプリ経由でSuicaにチャージできません。この場合は、Suicaアプリで会員登録とクレジットカード登録をして、Suicaアプリ内で登録しているクレジットカードでチャージする必要があります。

Suicaアプリ経由でチャージする方法

モバイルSuica会員であれば、Walletアプリからではなく、SuicaアプリからでもSuicaにチャージできます。

まず入金(チャージ)をタップして、チャージする金額を選択します。

Suicaアプリに登録したクレジットカードで決済するにはクレジットカードを選びます。ここで選べるクレジットカードはApple Payに追加したクレジットカードではなく、Suicaアプリ内に追加してあるクレジットカードです。

右側の黒いApple Payでチャージをタップして、Apple Payに追加してあるクレジットカードで決済することも可能です。

入金(チャージ)をタップすれば、チャージが完了します。

Suicaアプリ経由でのチャージには「会員登録」と「クレジットカード情報登録」が必須

上記のSuicaアプリ経由でのチャージには、「会員登録」と「クレジットカード情報登録」が必須です。

モバイルSuicaの会員でなければ[Suica発行]から発行手続きをおこなって[会員登録]に進もう

会員登録は、Suicaアプリからチャージしようとしたり、Suicaアプリで「My Suica(記名式)」や「Suica定期券」を新規作成したりする際にできます。

Apple Payに登録したSuicaに「現金」でチャージする

チャージにクレジットカードを使用できないときは、現金を使ってチャージすることもできます。

Apple PayのSuicaに現金でチャージするには、次の3つの方法があります。

  • コンビニでチャージする
  • セブン銀行ATMでチャージする
  • モバイル端末対応Suicaチャージ専用機でチャージする

コンビニでチャージする方法

コンビニの店舗でチャージする場合は、レジの担当者にチャージしたい旨を伝えましょう。あとはSuicaカードにチャージするときと同様です。レジのタッチパネルで希望の金額を指定し、現金を支払った後に設置してあるICカードリーダーにデバイスをかざします。

コンビニの他に、Suica決済対応のスーパーや百貨店、駅ビルなどでも現金でチャージできる場合があります。

セブン銀行ATMでチャージする方法

セブン銀行ATMは、セブン-イレブン店内以外にもイトーヨーカドー、デパートなど大型の商業施設、駅や空港などに設置されています。

ATMのリーダーにSuicaを設置する

画面上で電子マネーを選択すると、「電子マネーを置いてください」という画面が現れます。

読み取り部(リーダー)にスマホを設置します。このとき次の2点に注意しないとチャージを完了させることができません。

  • Suicaを表示させたiPhoneを読み取りエリアの中央に置く
  • Face IDまたはTouch IDで認証をおこない、Suicaが使える状態にする

金額を選択する

画面上でチャージをタッチした後、希望の金額を選択します。

現金を投入し、チャージする

「紙幣を入れてください」の表示が現れたら、投入口に現金を入れます。

画面上で明細票の要不要を選択したらチャージ手続きは完了です。

モバイル端末対応Suicaチャージ専用機でチャージする方法

駅の券売機では基本的にApple Payに登録したSuicaへのチャージはできませんが、JR東日本の一部の駅に設置してあるモバイル端末対応Suicaチャージ専用機なら、現金でチャージすることができます。

リーダーにSuicaを設置する

Suicaを表示させた状態で端末を設置し、希望のチャージ金額を選択します。

現金を投入してチャージする

指定した分の現金を投入するとすぐにチャージ処理が完了します。

「ICカードをお取りください」の表示が現れたら、端末を取り出します。領収証が必要な場合には画面上で領収証をタッチしましょう。

アプリ「Suica」をダウンロード
検証バージョン
iPhone X
iOS
14.6
EDITED BY
TOKIWA