【Twitter】機種変更でアカウントを引き継ぐ方法と注意点(iPhone/Android)

パスワードを忘れたらどうする?

iPhoneやAndroidスマホを機種変更した場合でも、新端末にTwitter(ツイッター)のアカウントを引き継いで同じように利用できます。引き継ぎには、ユーザー名/電話番号/メールアドレスのいずれかと、パスワードが必要です。

本記事では、機種変更時にTwitterのアカウントを引き継ぐ方法や、パスワードを忘れた際の対処法などを詳しく解説しています。

Twitterのアカウント引き継ぎに必要な準備

まずはTwitterアカウントを新端末へ引き継ぐにあたり、事前に準備・確認しておきたいポイントをまとめています。

Twitterのユーザー名/電話番号/メールアドレスを確認する

新しい端末に買い替えても、Twitterに登録したユーザー名/電話番号/メールアドレスのいずれかとパスワードさえわかれば、Twitterアプリをインストールしてログインするだけで、以前と同じ状態で利用できます。

これは、Twitterのアカウント情報がスマホやアプリ内ではなく、Twitter社のサーバー上に保存されているためです。

Twitterのアカウント引き継ぎに必要なもの
  • ユーザー名または登録済みの電話番号/メールアドレス
  • パスワード(忘れた場合は再設定が必要)

登録済みの電話番号・メールアドレスは、メニューから[設定とプライバシー]→[アカウント]と進めば確認できます。

電話番号またはメールアドレスのどちらかが設定されていなくても、ユーザー名からログインすることも可能です。

Twitterのパスワードを確認、忘れてしまったら再設定する

気をつけなければならないのが、パスワードを忘れてしまった場合です。実際のところ、自動ログインに慣れ、パスワードを覚えていない人は少なくないでしょう。パスワードは電話番号またはメールアドレスがあれば再設定できますが、機種変更で携帯キャリアを変更した際には特に注意が必要です。

たとえばキャリアを変更した場合、電話番号が変更されていたりキャリアのメールアドレスをTwitterに登録したりしていると、パスワードを再設定できなくなるケースもあるので、機種変更の前にユーザー情報をしっかり確認しておきましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、再設定(リセット)してください。引き継ぎ操作の途中でもパスワードの再設定は可能です。

まずメニューから[設定とプライバシー]→[アカウント]と進み、[パスワード]を選択します。

iOS版アプリの場合

Android版アプリの場合

iOS版アプリなら[パスワードをお忘れですか]、Android版アプリなら[パスワードを忘れた場合はこちら]をタップします。

ユーザー名/電話番号/メールアドレスのいずれかを入力します。

パスワード再設定用リンクの送り先を、SMS(電話番号)かメールアドレスから選択してください。電話番号を設定していない場合はメールアドレスのみ、メールアドレスを設定していない場合はSMSのみ設定可能です。

メールを選択した場合。文中の認証コードをTwitterアプリに入力する

記載された認証コードを入力

新しいパスワードを設定する

受信したSMSまたはメールに認証コードが記載されています。この認証コードをTwitterアプリに入力すると、パスワードを再設定(リセット)できます。

2要素認証の設定を一時的にオフにする

気をつけなければならないのが、2要素認証(2段階認証またはログイン認証ともいう)を設定している場合です。機種変更で電話番号が変わると、SMS宛てに送られたログインコードを確認できなくなるためです。

また、複数アカウントにログインする際、2要素認証が設定していると引き継ぎの手間が増えてしまいます。

それらを回避するには、機種変更前にログイン認証を一時的にオフにしておきましょう。

2要素認証をオフにするには、メニューから[設定とプライバシー]→[アカウント]→[セキュリティ]→[2要素認証]と進み、「ショートメール」「認証アプリ」「セキュリティキー」をオフにすればOKです。

新端末でも2要素認証が必要であれば、同じ手順で「ショートメール」「認証アプリ」「セキュリティキー」から必要な項目をオンにしてください。

Twitterのアカウントを引き継ぐ方法

上記の準備が完了したら、新端末でTwitterアカウントにログインしましょう。

iOS版アプリで解説していますが、Android版アプリでも操作手順は同様です。

  1. 新端末でTwitterアプリをインストール

    まだ新端末でTwitterアプリをインストールしていなければ、以下のリンクからインストールしておきましょう。

    アプリ「Twitter」をダウンロード
  2. ユーザー名/電話番号/メールアドレスとパスワードを入力

    Twitterアプリを開き、[ログイン]をタップ。

    ユーザー名/電話番号/メールアドレスのいずれかを入力します。

    続いてパスワードを入力します。

    パスワードを忘れた場合は、[パスワードを忘れた場合はこちら]をタップし、パスワードを再設定してください。再設定の手順は前述と同様です。

  3. アカウントの引き継ぎ完了

    新端末でのログイン完了

    これでログインおよび引き継ぎ作業は完了です。旧端末で使用していたTwitterアカウントを新端末でも使えるようになりました。

    なお、二要素認証(二段階認証・ログイン認証)を設定していたユーザーは、一時的にオフにしていた設定を再び有効にしておくと安心です。

Twitterのアカウント引き継ぎに関するよくある疑問点

機種変更時にTwitterアカウントを引き継ぐ際、よくある疑問点とその答えについてまとめています。

旧端末のアカウントはログアウトしておくべき?

Twitterアカウントを引き継ぐ前、あるいは引き継いだ後でも、旧端末で使用していたアカウントからログアウトする必要は特にありません。

Twitterは1つのアカウントを複数の端末から使用できるため、引き継ぎ後でも旧端末から使用することは可能です。

旧端末がログイン状態でも新端末に影響はありません。ただし、旧端末を下取りに出すなど手放す際は必ずログアウトしておきましょう。

複数アカウントを持っている場合はどうする?

複数アカウントを持っている場合は、新端末でそれぞれのアカウントにログインしましょう。

iOS版アプリの場合

Android版アプリの場合

iOS版アプリはメニュー右上のアカウント追加ボタン、Android版アプリはメニューから[∨]​ボタンをタップし、[作成済みのアカウントを使う]を選択します。

ユーザー名/電話番号/メールアドレスおよびパスワードを入力し、ログインしてください。

アカウントを引き継ぐと下書きは消える?

旧端末で下書き保存した内容は、新端末には引き継がれません。

旧端末で保存したツイートの下書きは、旧端末でのみ再編集できます。新端末にアカウントを引き継いでも、下書きは再編集できません(旧端末には残っています)。

検証バージョン
Twitter
iOS
8.74.1
Twitter
Android
9.2.0-release.00
EDITED BY
AO