機種変更でTwitterアカウントを引き継ぐ方法と注意点【iPhone/Android】

2019-03-22 12:18
記事タイトルとURLをコピーする

機種変更時にTwitterアカウントを引き継ぐ方法と注意点【iPhone/Android】

iPhoneAndroidスマホを買い替える際、Twitterを引き続き使うにはアカウントを新たに作り直す必要があるのかと疑問に思う人もいるようです。当然といえば当然ですが、機種変更しても同じTwitterアカウントを引き継いで使うことができます。

本記事では、新端末にツイッターのアカウントを引き継ぐ方法と合わせて、機種変更前に旧端末で確認すべきことや注意点について紹介します。

Twitterのアカウント引き継ぎに必要な情報は?

新しい端末に買い替えても、Twitterに登録したメールアドレス、ユーザー名、電話番号のいずれかとパスワードさえわかれば、Twitterアプリをインストールしてログインするだけで、以前と同じ状態で利用できます。これは、Twitterのアカウント情報がスマホやアプリ内ではなく、Twitter社のサーバー上に保存されているためです。

Twitterのアカウント引き継ぎに必要なもの
  • 登録のメールアドレス/ユーザー名/電話番号
  • パスワード(忘れた場合は再設定が必要)

気をつけなければならないのが、パスワードを忘れてしまった場合です。実際のところ、自動ログインに慣れ、パスワードを覚えていない人は少なくないようです。パスワードは、電話番号またはメールアドレスがあれば再設定できますが、機種変更で携帯キャリアを変更した際には特に注意が必要です。

たとえばドコモからauに乗り換えた場合、電話番号が変更されていたりキャリアのメールアドレスをTwitterに登録していると、パスワードを再設定できなくなるケースもありますので、機種変更の前にユーザー情報をしっかり確認しておきましょう。

【機種変更前】メールアドレス/電話番号/ユーザー名を確認する

Twitter 機種変更 引き継ぎTwitter 機種変更 引き継ぎ

プロフィールアイコンをタップしてメニューを開き、[設定とプライバシー]→[アカウント]を選びます。

Twitter アカウント情報の確認 3

アカウントの画面ではユーザー名、電話番号、メールアドレスを確認できます。

機種変更後に登録している電話番号やメールアドレスが変更になる場合は、ユーザー名(@〜)を控えておきましょう。

【機種変更前】パスワードを確認、忘れてしまったら再設定する

パスワードを忘れてしまった場合、パスワードをリセット(再設定)することができます。再設定用のリンクをメールアドレスまたは電話番号宛てに届くSMSで通知を受け取ります。

ただし、機種変更後に電話番号やメールアドレス(特にキャリアメール等)が変わり、メールやSMSを受け取れなくなると再設定がおこなえません。スマホを買い替える前に、パスワードの確認や再設定をしておくのが重要です。

Twitter 機種変更 引き継ぎTwitter パスワードを忘れたら 2

パスワードを再設定するには、まずログイン画面を開いて[パスワードをお忘れですか]をタップします。

「Twitterアカウントを探す」の画面でユーザー名、メールアドレス、電話番号のいずれかを入力して[検索]を選択します。

Twitter パスワードを忘れたら 3

メールアドレスまたは電話番号を入力して[続ける]をタップすると、再設定用のリンクが送付されます。

メールが届かない場合は、迷惑メールやスパムフォルダに振り分けられていないか確認してみてください。

Twitter 機種変更 引き継ぎ

再設定用のリンクが送られてきたら、メッセージ内の[パスワードをリセット]をタップすると設定画面に移ります。

Twitter パスワードを忘れたら 5

新しいパスワードの入力画面に進みます。パスワードは6字以上の英数字や記号を組み合わせて、安全性が高いものに設定しましょう。なお「保存する」にチェックを入れておくとパスワードが記録され、次回以降、(その端末では)自動でログインできます。

パスワードを入力したら[送信]をタップして、再設定は完了です。再設定したパスワードは控えておき、今度は忘れないようにしましょう。

【機種変更前】電話番号が変わるなら2段階認証の設定を確認する

気をつけなければならないのが、2段階認証(ログイン認証)を設定している場合です。機種変更後に電話番号が変わると、SMS宛てに送られたログインコードを確認できなくなるためです。それを回避するには、機種変更前にログイン認証を一時的にオフにするか、「バックアップコード」を取得しておきましょう。

ログイン認証を一時的にオフにする

Twitter ログイン認証 2

ログイン認証をオフにするには、プロフィールアイコンをタップし[設定とプライバシー]を選択します。

続けて[アカウント]→[セキュリティ]→[ログイン認証]の順に進み、設定をオフに切り替えてください。

バックアップコードを取得する

Twitter ログイン認証 3Twitter ログイン認証 4

ログイン認証をオンにしたまま引き継ぎをしたいなら、バックアップコードを取得しておくという方法もあります。バックアップコードを取得するには、上記の方法で一度ログイン認証をオフにし、再度オンにします。

ログイン認証の設定画面で[始める]をタップしてパスワードを入力し、[認証する]→[コードを送信]と進みます。コードを入力して[送信]をタップし、登録完了画面で[バックアップコードを取得]を押します。

ここで表示されたバックアップコードは、機種変更後に確認できるようにメモをしておきましょう。ただし、スクリーンショットで撮影してカメラロールに保存しても、端末が変わると確認できなくなる可能性がある点に留意が必要です。

【機種変更後】新端末にアプリをインストールしてログインするだけ

機種変更したら、さっそく新しい端末にTwitterのアプリをインストールしてみましょう。

アプリを起動すると、ログイン画面が表示されます。

Twitter ログイン 1

画面下部の[ログイン]をタップしてください。

Twitter ログイン 2

上段に電話番号、メールアドレス、ユーザー名のいずれか、下段にパスワードを入力して[ログイン]をタップします。通常はこれで引き継ぎ完了です。

アカウント名、プロフィール、Tweet内容、ダイレクトメッセージ、友だち関係(フォロー・フォロワー)など、以前と同じ状態でTwitterを利用できるようになります。

ログイン認証(2段階認証)を設定している場合

機種変更前にログイン認証の設定をオンにしていると、引き継ぎ時にもSMS宛てに送られるログインコードの入力が求められるようになります。

Twitterでログイン認証(2段階認証)を設定する方法【iPhone/Android】

Twitter ログイン認証 1

ログイン認証を設定している場合、ログイン後に登録した電話番号宛てにSMSでログインコードが送られてきます。

このコードを入力して[送信]をタップすればログインが完了し、以前と同じ状態でTwitterを利用できるようになります。

バックアップコードによる二段階認証(SMSが受け取れない場合)

ログイン認証(2段階認証)を有効にしていて、ログインコードを入力する画面が表示されたら、下部にある[別の認証方法を選択]をタップします。

Twitter ログイン認証 5Twitter ログイン認証 6

続けて[バックアップコードを使用]を選びます。あとは保管しておいたバックアップコードを入力し、[送信]をタップするとアカウントにログインできます。

その他、Twitterでログインできないなどの問題が生じた場合は、下記の記事も参照してみてください。

EDITED BY AO