【iPhone】PASMOカードをApple Payに登録(取り込み・移行)する方法

【iPhone】PASMOカードをApple Payに登録(取り込み・移行)する方法

2020年10月6日より、PASMO(パスモ)がApple Payに対応しました。手元にあるPASMOカードは、iPhoneなどでApple Payに取り込めばカード内の残高や定期券の情報を移行することができます。

Apple Payへの移行後は、「モバイルPASMO」アプリで残高へのチャージや定期券の継続購入などが可能です。本記事では、iPhoneでPASMOカードをApple Payに移行する方法と注意点を解説しています。

Apple Payに移行できるPASMOカードの種類

PASMOがApple Payに対応

PASMOカード(物理カード)を持っていれば、残高や定期情報をそのままApple Payに移行することで、iPhone内でチャージや定期券の購入などが可能となります。

ただし、すべてのPASMOカードをApple Payに移行できるわけではありません。一部でApple Payに移行できないタイプのPASMOカードもあります。

Apple Payに移行できるカード/できないカード
移行できるPASMOカード 移行できないPASMOカード
  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO
  • PASMO定期券
  • 小児用PASMO
  • 一体型PASMO
  • 持参人式のバス定期券が付加された無記名PASMO
  • 企画券や乗車証を搭載したPASMO
  • 通学定期券(18歳未満)が付加されたPASMO定期券

なお、Apple Payへの移行が完了すると、PASMOカードは利用できなくなる点は注意が必要です。

PASMOカードをApple Payに移行する方法

iPhoneでPASMOカードをApple Payに移行する手順を解説します。

移行作業をおこなう前に、必ず移行するPASMOカードを手元に用意するようにしてください。また「PASMO」アプリをあらかじめインストールしておきましょう。移行後は、すぐにiPhoneでPASMOを利用できるようになります。

アプリ「PASMO」をダウンロード
PASMO

1iPhoneで「Wallet」アプリを起動

【PASMOをApple Payに移行】Walletアプリを起動 【PASMOをApple Payに移行】Walletアプリを起動

iPhoneの「Wallet」アプリ

まずは「Wallet」アプリを起動し、画面右上の[+]ボタンをタップ。確認画面で[続ける]をタップします。

2カード種類で「PASMO」を選択する

【PASMOをApple Payに移行】PASMOを選択

「カードの種類」画面で[PASMO]を選択します。

3「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップ

【PASMOをApple Payに移行】お手持ちの交通系ICカードを追加

「金額を選択」の画面で、[お手持ちの交通系ICカードを追加]をタップします。

4PASMO ID番号と生年月日を入力する

【PASMOをApple Payに移行】ID入力・規約確認 【PASMOをApple Payに移行】ID入力・規約確認

PASMO ID番号の下4桁と生年月日を入力し、画面右上の[次へ]をタップします。

利用規約が表示されるので、確認のうえ[同意する]をタップします。

「PASMO ID番号」とは?

【PASMOをApple Payに移行】ID番号とは

「PASMO ID番号」はPASMOカードの裏面に記載されている

「PASMO ID番号」は、PASMOカードの裏面に記載された「PB」で始まる17桁の番号です。このうち、下4桁のみを入力します。

5PASMOカードの上にiPhoneを置く

【PASMOをApple Payに移行】PASMOにiPhoneを置く

このように、PASMOカードの上にiPhoneを置く

PASMOカードの上にiPhoneを置きます。カードとiPhoneを動かさずに、しばらく待ちましょう。カード情報がiPhoneに転送されます(転送には数分かかる場合もあります)。

【PASMOをApple Payに移行】PASMOにiPhoneを置く 【PASMOをApple Payに移行】PASMOにiPhoneを置く

「カードが追加されました」と表示されれば、Apple Payへの転送は完了です。

6移行が完了する

【PASMOをApple Payに移行】移行完了 【PASMOをApple Payに移行】移行完了

左:Apple Pay右:モバイルPASMOアプリ

モバイルPASMOアプリを開くと、Apple Payの情報が反映されているのがわかります。これでPASMOカードの取り込み作業は完了です。

モバイルPASMOから残高へのチャージや定期券の発行・更新などが可能となります。

PASMOカードを移行する際の注意点

PASMOカードの情報をApple Payへ移行するにあたって、注意すべきポイントをまとめています。

移行するとPASMOカードは使えなくなる

PASMOカードをApple Payに移行すると、移行済のPASMOカードは利用できなくなります。移行後にPASMOカードへ戻すことはできません。移行後は自身でカードを廃棄しましょう。

なお、PASMOカードのデポジット(カード発行時の預り金)相当額は、移行時に残高としてチャージされます。

通学定期券は18歳以上/大学・専門学校生相当が対象

通学定期券は、18歳以上かつ大学・専門学校生相当が対象です。通学定期券をApple PayのPASMOへ移行した次年度に、初めてApple PayのPASMOで購入する場合(継続購入する場合など)は、サポートセンターへの申請(通学証明書の確認)が必要となります。

無記名PASMOと記名PASMOの両方を発行することはできない

会員登録済みのユーザーが無記名のPASMOカードをApple PayのPASMOに移行すると、会員登録情報をもとに記名化されます。

また、無記名PASMOが発行された端末に記名PASMOを移行・発行することはできません。すでにPASMOが発行されている端末で記名式のPASMOカードを取り込む場合、発行済みのPASMOと取り込むPASMOカードの登録情報が一致している必要があります。

記名式のPASMOが発行された端末に無記名のPASMOを取り込む場合、一致する会員情報を参照できないためApple Payに取り込むことができません。無記名のPASMOを記名式にしたうえで、Apple Payに取り込む必要があります。

Apple PayのPASMOでの定期券販売に対応していない事業者もある

一部、Apple Payでの定期券発行に対応していない定期券発売事業者もあります。詳細はPASMO公式サイトを確認してください。

定期券発売事業者

定期券の継続購入はクレジットカード決済のみ

Apple PayのPASMOに移行後、定期券の継続購入はクレジットカード決済のみとなります。

検証端末:iPhone SE 第2世代(iOS 14.0.1)

検証したモバイルPASMOアプリのバージョン:1.0.1

EDITED BY AO