LINE「ノート」機能の使い方──編集・削除の方法や通知の仕様、タイムラインとの関係など

2018-12-12 18:59
記事タイトルとURLをコピーする

LINE「ノート」機能の使い方──編集・削除の方法や通知の仕様、タイムラインとの関係など

LINEで写真を保存・共有しておくには「アルバム」が便利ですが、友だちやグループとのトークルームにテキストから写真、動画、スタンプ、リンク、位置情報、音楽まで何でも残しておけるのが「ノート」機能です。ノートを投稿(作成)したり編集・削除したりする方法をはじめ、通知やコメントの仕組み、タイムラインとの関係性など使い方をまとめました。

【LINE】リレー機能って何? 基本的な使い方と2つの注意点、投稿の非表示化を解説

LINEの「ノート」機能とは

通常のトークルームでは、新しい発言があるたびに古いメッセージは上に流されてしまいます。話が盛り上がり、さらにスタンプをたくさん送り合ったりすると、出欠確認や待ち合わせといった大切な連絡がいつの間にか埋もれてしまうこともあります。

そんな時に便利に活用できるのが「ノート」機能。いわばトークルーム内の掲示板のようなもので、流れてしまっては困る内容、グループ全員で共有したい情報などを、トークの流れとは別に書きとめておくことが可能です。

LINE ノート とは

ノートに投稿された内容は、ノートを開けばいつでもすぐに確認でき、保存期限もありません。たとえばグループに途中から参加した場合、自分が参加する以前に投稿されたトーク内容は遡って見られませんが、ノートの投稿なら見ることが可能です。メンバー同士の情報共有もスムーズにおこなえます。

ノートにはテキストやスタンプ、画像、URLリンク、位置情報、音楽のほか、アルバムには追加できない「動画」も投稿して保存しておくことができます。ノートに投稿したり「いいね!」やコメントをしたりすると、相手に通知されます。投稿の作成時はトーク画面にも表示されます。

ノートに投稿する方法

それでは、実際にノートを使ってみましょう。投稿の方法はタイムライン(ホーム)のやり方とほとんど同じです。

トークルーム ノートのボタンノート 投稿ボタン

トークルームを開き、Android版なら画面右上のメモ帳ボタン、iPhone版なら右上の[V]ボタンから[ノート]もしくは左スワイプをするだけでノートの画面が表示されます。

ノートに投稿したい時は、右下にある鉛筆ボタンをタップすると、投稿作成に移ります。

投稿 カメラ リレーノート 実際の投稿画面

作成画面では、[投稿][カメラ][リレー]を選択することができます。[投稿]をタップすると、テキストや画像・動画、スタンプなどを投稿する画面に移行します。[カメラ]をタップすると、画面がそのままカメラモードに切り替わり、その場で撮影した画像を投稿することができます。

[リレー]とは、テーマに沿った画像やテキストなどをリレーのようにみんなで投稿しあうことができるLINEの新機能です。加工写真やGIFアニメを使って友だちやグループでオリジナルアルバムを作成することができます。

[投稿]をタップすると、写真やスタンプ、テキストのほか、メニュータブ[]を押して(上から順に)コミックメーカー・GIF・スライドショー・音楽(LINE MUSICから)・タイマー・位置情報を追加することができ、それぞれ併用することが可能です。

内容の入力が済んだら、iPhone版・Android版ともに右上の[投稿]をタップすると投稿されます。投稿した旨はトークルームにも反映され、通常のトークメッセージ同様に友だちへ通知されます。

GIFやスライドショーも投稿できる

ノートの投稿メニューからは、テキストや写真・動画、スタンプの他にこんなユニークなコンテンツも投稿できます。

コミックメーカー

コミックメーカーは、漫画の吹き出しにメッセージを入れて1コマ漫画を作ることができる機能。入力したセリフが当てられた1コマをノートに投稿することができます。

コミックメーカー 入力画面コミックメーカー 投稿した画面

メニュータブ[]から「コミックメーカー」を選択後、好きなセリフを入力して「鉛筆マーク」をタップすると、セリフが入った様々な漫画の一コマが表れます。

気に入ったコマを選んで投稿すると右のように表示されます。

GIF

gifの例
複数の画像をまとめて連続再生できる「GIF」の投稿も可能です。

ノートに投稿されたgif

メニュータブ[]から[GIF]を選択後、アルバムから好きな画像(写真のみ)を選んで[完了]をタップすればOK。2倍速から−(マイナス)3倍速まで、コマ送りのスピードとサイズを変更することができます。

スライドショー

好きな画像を選び、音楽やフィルター、エフェクト、トリミングなど、様々な効果を追加して再生できるのが「スライドショー」です。

スライドショー エフェクト効果スライドショー 加工後の画像

メニュータブ[]から[スライドショー]を選択後、、アルバムから好きな画像(写真のみ)を3枚以上選んで[次へ]をタップすると加工画面に移行します。

ゆっくり映像が流れる落ち着いた雰囲気の「Mood」、画面いっぱいに紙吹雪が散るお祝いモードの「Congratulations」など、選べるスライドショーのテーマは全部で12種類。画像ごとのエフェクトやトリミングなどの加工も可能で、編集によって様々な演出ができます。

音楽

LINE MUSICで配信している楽曲をノートに投稿することもできます。LINE MUSICは、ダウンロードして通信量を気にせず視聴できるオフライン再生や着信音の設定、プロフィールのBGM設定など様々な方法で4700万曲以上(2018年12月現在)の楽曲を楽しむことができるアプリです。

3ヶ月の無料体験終了後は960円(税込・学生は480円)の使用量がかかります。

LINE MUSICの無料期間と使える機能──料金プラン、有料チケットの買い方、学割(認証)の方法も解説
LINEで好きな音楽(BGM)を無料でプロフィールに設定する方法【iPhone/Android対応】

LINEMUSIC トップ画像LINEMUSIC 投稿画面

左:LINE MUSIC右:ノートに投稿された音楽

メニュータブ[]から[音楽]を選択後、LINE MUSICから好きな楽曲を選んで[投稿]をタップすればOK。あらかじめLINE MUSICのアプリをインストールしておけばスムーズです。


タイマー

タイマーは、一度投稿した内容を指定した時間(1時間後・6時間後・24時間後)に自動的に削除することができる機能です。
ノート タイマー

メニュータブ[]から[タイマー]を選択後、好きな時間を選択します。投稿が削除されると、コメントやスタンプなども同時に削除されます。

位置情報

待ち合わせの場所やイベント会場など、位置情報を投稿することができます。

位置情報ノートに位置情報が投稿された画面

メニュータブ[]から[位置情報]を選択後、現在地などを選択して「この位置を送信」をタップします。検索窓から任意の場所の名前や住所を検索することもできます。

トーク内容をそのままノートに保存

さらに、LINEノートの便利な点の一つが、トークに送信されたメッセージや写真、動画などを簡単にノートに移して取っておけることです。たとえば、待ち合わせの日程などをノートに投稿しておけば、あとで確認するのが楽になります。

メッセージをノートに移して取っておけるノートに投稿された画面

ノートに保存しておきたいメッセージや写真などを長押しし、表示されるメニューから[ノート](Android版では[ノートに保存])をタップします。

メッセージや写真が追加された状態のノート作成画面に移るので、あとは通常と同じように保存すればOKです。

ノートに「いいね」やコメントを付ける

ノートの投稿にも、「いいね」やコメントを付けることができます。友だちの投稿に対して簡潔に気持ちを示したり、とりあえず投稿を見たよというリアクションとしても使えます。

ノート 投稿 顔マークいろいろな表情のいいねスタンプ

ノートの投稿にある「顔マーク」をタップすると、いろいろな表情のいいねスタンプが表示されます。自分の気持ちに合ったものを選べば「いいね」完了です。

ノート 投稿 コメントマークスタンプやコミックメーカーも投稿できる投稿されたコメント

同じ画面で「コメントマーク」をタップすれば、ノートにコメントを付けられます。テキストやスタンプの他、前述のコミックメーカーを使った投稿も可能です。

コメントを削除するには

iPhone ノート コメント 削除方法Android ノート コメント 削除方法

左:iPhoneは左にスワイプ右:Androidは長押しで削除できる

もしコメントを消したい場合は、iPhone版なら左へスワイプ、Android版ならコメントを長押しで削除できます(投稿主およびコメント主のみ可能)。コメントの修正はできません。

また、いいねスタンプ自体は一度付けると削除できませんが、いいねスタンプの種類の変更はおこなえます。

ノートの投稿を編集・削除する

ノートでは、自分が投稿したものなら編集したり削除したりできます。まずは、トークルームかノート一覧から、編集・削除したい投稿を選びます。

投稿を修正・削除

画面右上の3点マーク[]をタップすると、修正(編集)や削除ができます。ノートの内容に変更があったり、詳細が決まったりした時には便利な機能です。

ただし、ノートに修正や削除があったことは相手側には通知されないので要注意。確実に伝えたい内容はトークメッセージで連絡するなど、上手に活用しましょう。

メッセージの削除

また、ノートの削除と混同しやすいのが、トークルームにおけるノートを投稿したというメッセージを削除することです。トークルームでメッセージを長押しすると投稿したメッセージを削除できますが、ノート自体は削除されません

ノートを削除したい場合は、必ず上述のステップでおこないましょう。

ノートの内容はタイムラインに流れる

ノートに投稿をおこなうと、その内容が自動的にタイムラインにも流れます。といっても、それがノートを共有した友だちの範囲を超えて他人に見られてしまう、ということはないので心配無用です。

ノート タイムライン

つまり、1対1トークにおけるノートならその2人にのみ、グループでのノートならそのグループのメンバーのタイムラインにのみ、ノートの内容が表示されているというわけです。

なお、ノート投稿が自動的にタイムラインに流れる機能をオフにする設定は、現在のところ用意されていません。

ノートに関する通知のオン・オフ

ノート 通知オフ

ノート投稿があった際の通知をオフにしたい場合、各トークルーム右上の[V]→[通知オフ]を選べば、トークメッセージやノート、アルバムなど、当該トークにおけるすべてのプッシュ通知が届かなくなります(ノートのみ通知を切ることはできません)。

LINEの通知を個別に「オフ」する設定まとめ──友達・グループ別/サービス別/機能別オフなどの方法

しかし、ノート投稿に対して「いいね」やコメントが付いた際の通知だけなら、オフにすることは可能です。Android版とiPhone版では少し設定の仕方が異なります。

ノート 歯車ボタンタイムライン通知 オフ

Android版LINEでの通知設定

まずAndroid版では、該当トークからノート一覧画面に遷移し、右の歯車ボタン[]をタップ。

[タイムライン通知]のチェックをはずせば、ノートへのいいね/コメントについての通知が受信されなくなります。

トークルーム 設定投稿の通知 オフ

iPhone版LINEでの通知設定

iPhone版では、該当トークルームで[V]→[設定]と進み、[投稿の通知]をオフにすればOKです。

ノートを使って動画を保存・共有する

ノートの投稿ではテキストや写真などのほかスタンプ、画像、動画、位置情報、GIF、音楽などが投稿できますが、中でも注目したいのが「動画」が投稿できるという点です。

LINEには写真を友だち同士やグループで保存・共有しておける「アルバム」機能がありますが、アルバムには動画を追加することができません。トークに動画を投稿するという方法もあるものの、一定期間を過ぎれば再生・保存できなくなってしまいます。そこで、活用したいのがノートの動画投稿機能です。

ノート 投稿 カメラ動画撮影画面

投稿の仕方はいたってシンプル。ノート投稿画面で、[カメラ]をタップ。その場で動画を撮影するなら「動画」を、GIFを投稿するなら「GIF」を選びましょう。

投稿できる動画の長さは最大5分までとなっています。詳しくは、下記の特集を参照。

LINEのアルバムには動画を追加・保存できない問題、「ノート」機能なら友だちと共有しつづけられる

検証したLINEのバージョン:iOS版8.18.0、Android版8.18.1

EDITED BY SORA