LINEグループに参加前のトークは見られない、対処法は?

LINEグループに参加前のトークは見られない、対処法は?

既存のLINEグループに招待されて途中から参加したユーザーは、参加後のトーク内容しか閲覧できません。そのため、話題の前提となる情報を共有できておらず、困ってしまった経験のある人は少なくないでしょう。

そこで本記事では、LINEのグループトークに途中参加した場合でも、参加前のトーク内容を把握するための対処法を考えます。参加前のグループトークを遡って確認できる裏技はありませんが、代替策として参考にしてください。

LINEグループに参加する前のトーク内容は閲覧できない

LINEグループ 参加する前 LINEグループ 参加する前

グループに途中参加すると、参加前のメッセージは閲覧できない

前述のとおり大前提として、LINEグループに途中から参加したユーザーは参加する前のトークを自力で確認することはできません。そのため当然「LINEグループに招待してもらったけど、参加前にどんなメッセージのやりとりがあったのかわからない」という問題が生じます。

そこで次章では、自分が参加する前のグルートークの内容を少しでも把握するための対処法を紹介していきます。ただし、いずれも自分ひとりでは実現できないため、自分より前にグループに参加している友だちに協力してもらう必要があります。

LINEグループ機能 完全ガイド

オープンチャットなら参加前のメッセージも閲覧できる

LINEグループ 参加する前 オープンチャット LINEグループ 参加する前 オープンチャット

オープンチャットなら途中参加でも前のメッセージを確認できる

LINEの「オープンチャット」であれば、途中からグループに参加しても参加前のメッセージを確認できます。オープンチャットは、友だち以外のLINEユーザーも参加できる交流型のグループ機能ですが、管理者による招待制のグループにすれば友だち以外のユーザーは参加できません。

すでに作成されている通常のLINEグループをオープンチャットのグループに変更することはできませんが、途中参加の友だちも参加前のメッセージを確認できるようにしたければ、あらかじめオープンチャットによるグループを作成するのがいいでしょう。

LINEオープンチャットでトークルームを作成する方法──公開範囲の設定や招待の方法まとめ

LINEグループに参加前のトーク内容を知るための方法

LINEに備わっている「トークスクショ」「ノート」「アルバム」「トーク履歴のメール送信」などを駆使すれば、グループ参加前のトーク内容を多少なりとも共有してもらえます。

1. トークスクショ機能を使う(協力者がiPhoneの場合のみ)

1つ目は「トークスクショ」機能を使う方法です。トークスクショは、LINEのトークルームをそのまま縦長にキャプチャし、画像として保存できる機能です。iOS版LINEのみに対応しているため、協力してもらう友だちがiPhoneユーザーである場合のみ有効です(依頼する側はAndroidスマホでも可)。

LINEグループ トークスクショ LINEグループ トークスクショ

左:トークスクショに投稿された場合右:トークスクショを閲覧した場合

自分が参加する前のグループトークを、協力者にトークスクショで保存・転送してもらいましょう。あまりにトークが長い場合はスクショできる範囲に限界がありますが、必要な部分のやりとりを共有してもらえば、誰がどのようなメッセージを投稿したのか内容は一目瞭然です。

トークスクショ機能の使い方については、下記記事で詳しく解説しています。

2. ノートやアルバム機能を使う

LINEグループに途中参加したユーザーは、参加前のメッセージは閲覧できませんが、参加前に作成された「ノート」や「アルバム」は確認できます。

LINEグループ ノート LINEグループ ノート

左:LINEノート機能右:LINEアルバム機能

元からいるグループメンバーが、大事な内容や写真・動画などをノートに投稿したりアルバムに保存したりしていれば、あとから参加するユーザーも確認できるというわけです。途中から友だちが参加した際に「詳しくはノートを参照」と伝えておけば、繰り返し同じ内容を説明せずに済みます。

LINEのノートやアルバムの使い方については、下記記事で詳しく解説しています。

3. トーク履歴のメール転送機能を使う

LINEのトーク履歴は、テキスト(txt)ファイル形式でメール送信することが可能です。以前からグループに参加している友だちに、グループのトーク履歴をメールで送ってもらいましょう。LINEのメッセージでテキストファイルを転送してもらうことも可能です。

LINEグループ メール転送 LINEグループ メール転送

左:メール転送機能でテキストファイルを転送右:転送されたテキストファイルを開いた場合

ただ、txtファイルのため、かなりシンプルな形式でしかトークの内容を確認できません。写真やスタンプは「写真」「スタンプ」などのように表記されてしまいます。

トーク履歴のメール送信なら、協力者がiPhoneでもAndroidスマホでも利用できますが、見やすさという点ではトークスクショ機能やノート機能には劣ります。同機能の詳しい使い方は、下記記事を参照してください。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.1.1、Android版10.1.1

EDITED BY AO