LINEで写真(画像)が送れないときの対処法まとめ【iPhone/Android】

端末・アプリの再起動・アップデート、アクセス権限の設定見直しなど

LINE(ライン)で写真・画像を送ろうとしたものの、なぜか送信できない、選べない(出てこない)という事態に遭遇することはしばしばあります。そこで本記事では、LINEで「写真が送れない」「選択できない」ときに考えられる原因や対処法を紹介します。

実際のところ、画像が送信できない原因が何であるかを特定することは困難ですが、端末・アプリの再起動やプライバシー設定(ストレージへのアクセス許可)の見直し、通信環境の改善などにより問題を解決できる可能性は高いので、今回紹介する対処法を参考にしてください。

LINEアプリや端末の再起動を試みる

スマホのメモリやストレージ容量が不足しているなど原因はさまざまですが、LINEや端末の動作が不安定で写真がうまく送信できないこともあります。まずは、LINEアプリや端末の再起動を試してみてください。これだけで不具合を解消できることがあります。

LINEアプリを「再起動」する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

iPhoneの場合

【LINE】アプリを再起動(iPhone)

マルチタスク画面でLINEアプリを終了する

ホームボタンのないiPhone(iPhone X以降の機種)であれば画面最下部の横線を上にスワイプ、ホームボタンがあるiPhone(iPhone SE 第2世代やiPhone 8以下の機種)であればホームボタンを2度押しし、マルチタスク画面(アプリ一覧画面)を表示させます。

LINEアプリを上方向にスワイプして終了させ、LINEアプリをもう一度立ち上げて写真の送信を試してみましょう。

【LINE】端末を再起動(iPhone)

iPhoneの場合、一度電源をオフにしてから再度オンにする

iPhoneを再起動させるには、電源ボタンと音量ボタン(上または下)を同時に長押しし、画面をスライドしていったん電源を切ります。その後、再びiPhoneの電源ボタンを長押しして起動します。

端末を再起動後、LINEアプリを立ち上げて写真の送信を試してみてください。

iPhoneを強制的に再起動(リセット)する方法まとめ

Androidスマホの場合

【LINE】アプリを再起動(Android)

マルチタスク画面でLINEアプリを終了する

Androidスマホの場合、端末によってアプリの終了の仕方は多少変わります。基本的には、ホーム画面下部のナビゲーションバーからマルチタスク画面を立ち上げ、上方向にスワイプまたは[×]ボタンをタップするなどして、LINEアプリを閉じます。

LINEアプリをもう一度立ち上げてから、写真の送信をあらためて試してみましょう。

【LINE】端末を再起動(Android)

電源ボタンを長押しし、[再起動]をタップして端末を再起動する

端末の再起動方法も機種により違いがありますが、基本は電源ボタンの長押しです。[再起動]が表示される場合はそれを選択し、いったん電源オフした後にもう一度電源ボタンを長押しして起動するという流れです。

端末を再起動させたら、あらためてLINEアプリを起動して写真送信を試みてください。

Androidスマホを再起動・強制再起動する方法

LINEアプリを最新版にアップデートする

古いバージョンのLINEアプリを使っている場合は、アプリを最新版にアップデートすることで改善する可能性があります。

LINEアプリをアップデートする方法 2022最新版【iPhone/Android】

iPhoneの場合

【LINE】アプリをアップデート(iPhone)
【LINE】アプリをアップデート(iPhone)

「App Store」アプリを開き、画面右上の人型ボタンをタップ。アップデートが配信されているアプリ一覧にLINEが表示されている場合、アップデートの必要があります。

LINEアプリの右横に表示された[アップデート]をタップ。アップデートが完了すると、LINEアプリがリストから消えます。LINEアプリを起動して、写真を送信して正常に機能しているか確認してください。

Androidスマホの場合

【LINE】アプリをアップデート(Android)
【LINE】アプリをアップデート(Android)
【LINE】アプリをアップデート(Android)

「Google Play」アプリを開き、画面右上のプロフィールアイコン→[アプリとデバイスの管理]と進みます。

「利用可能なアップデートがあります」から[詳細を表示]をタップし、「保留中のダウンロード」からLINEの右横にある[更新]をタップしてください。アップデートが完了するとリストから消えるので、その後LINEアプリを起動して写真を送れるか試してみましょう。

端末のプライバシー設定を見直す(ストレージへのアクセス許可)

【LINE】ストレージへのアクセス許可
【LINE】ストレージへのアクセス許可

LINEアプリに対して、写真が保存されているストレージ(アルバムなど)へのアクセス権限を許可してない状態では画像を選択できず、送信できません。設定を確認して、必要に応じて許可しましょう。

【LINE】写真へのアクセス許可が何度も表示され、画像を選べないときの対処法

iPhoneの場合

【LINE】ストレージへのアクセス許可(iPhone)
【LINE】ストレージへのアクセス許可(iPhone)
【LINE】ストレージへのアクセス許可(iPhone)

iPhoneの「設定」アプリを開き、[LINE]→[写真]と進みます。「写真のアクセスを許可」から[すべての写真]を選択しましょう。

アクセスを許可しておらず写真を送れない場合、[なし]または[選択した写真]が選択されているはずです。[選択した写真]だと、あらかじめ指定した写真しかLINE上で送信できなくなってしまいます。

Androidスマホの場合

【LINE】ストレージへのアクセス許可(Android)
【LINE】ストレージへのアクセス許可(Android)
【LINE】ストレージへのアクセス許可(Android)

端末の設定アプリを開き、[アプリと通知]または[アプリ]からアプリ一覧を表示させてLINEを選択。[権限]または[許可]へ進みます。

【LINE】ストレージへのアクセス許可(Android)
【LINE】ストレージへのアクセス許可(Android)

「アプリの権限」から[ストレージ]または[ファイルとメディア]を選択し、「許可」あるいは「メディアへのアクセスのみを許可」を選択してください。

「許可しない」が選択されていると、写真送信時に端末内の写真を選択できなくなってしまいます。

通信(Wi-Fiやモバイル通信)をリフレッシュしてみる

電波が届きづらい環境で通信状況が不安定だったり、何らかの原因で一時的に通信が滞っていたりすると、写真が送れないケースもみられます。

この場合、通信環境のよい場所に移動するほか、一度Wi-Fiやモバイル通信をリフレッシュすることで改善できる可能性があります。通信のリフレッシュには、機内モードを活用する方法が便利です。

iPhoneの場合

【LINE】機内モードの切り替え(iPhone)
【LINE】機内モードの切り替え(iPhone)

ホーム画面をスワイプしてコントロールセンターを表示し、飛行機アイコン​をタップして機内モードをオン(オレンジ色)に切り替えて再びオフに戻します。

これにより通信がリフレッシュされ、問題が解消される場合があります。LINEでもう一度、写真送信を試してみてください。

Androidスマホの場合

【LINE】機内モードの切り替え(Android)

クイック設定パネルで機内モードを切り替え

【LINE】機内モードの切り替え(Android)

設定画面で機内モードを切り替え

通知バーからクイック設定パネルを呼び出し、飛行機アイコン​をタップして機内モードをオン→オフします。

もしくは、「設定」アプリから[ネットワークとインターネット](あるいは[ネットワーク]などの項目)に進み、「機内モード」をオンに切り替え、すぐにオフに戻します。

これにより通信がリフレッシュされ、問題が解消される場合があります。LINEでもう一度、写真送信を試してみてください。

LINEアプリのキャッシュを削除する

LINEは頻繁に使うアプリです。長く使っていればキャッシュをはじめ不要データが蓄積され、動作不良の原因になることもあります。キャッシュを削除して、写真を送れない不具合も改善できないか試してみましょう。

なお、キャッシュを消してもトーク履歴、写真、ボイスメッセージ、ファイルのデータも消えませんが、トーク内で一度も開くことなく保存期間が経過した写真や動画などは閲覧できなくなるので注意が必要です。

iPhoneの場合

LINE キャッシュ削除
LINE キャッシュ削除

iOS版LINEでは、「ホーム」タブの設定ボタン​→トークデータの削除と進みます。

あとは「キャッシュデータ」を選んだ状態で[選択したデータを削除]をタップ。これでLINEアプリのキャッシュを削除できます。

Androidスマホの場合

LINE キャッシュ削除
LINE キャッシュ削除

Android版LINEの場合、端末の「設定」からキャッシュ削除をおこなうのがスムーズ。端末の設定でアプリなどの項目から[LINE]→[ストレージとキャッシュ]と進み、[キャッシュを削除]で完了です。

LINEのキャッシュ削除については下記記事でも詳しく紹介しています。注意点も含めて、参照してください。

LINEの容量を減らす、キャッシュの削除や書類とデータを軽減する方法【iPhone/Android】

LINEで写真を送れないその他の原因と対処法

上記で紹介したケース以外に、LINEで写真を送れないときに考えられる原因や対処法などをピックアップしました。

LINEに何らかの不具合・障害が発生している

上記の方法を試しても相変わらず写真が送れない場合、LINE側で何らかの不具合が生じている可能性もあります。

大規模な障害などが発生している場合は、LINEの公式Twitterアカウントなどで状況が案内されることもあるので、確認してみましょう。

LINEが「送れない」原因と7つの対処法まとめ【iPhone/Android】
LINEで動画が送れないときの対処法 時間・容量サイズなどの制限と注意点

送信後に矢印マークが表示されている(容量・通信の問題など)

【LINE】矢印マーク

矢印マークが表示されたら、送信に失敗したことを意味している

写真送信後に矢印マークが表示された場合、画像のサイズが大きすぎる、あるいは通信環境が悪いため送信に失敗したことを意味しています。

画像のサイズが大きくて送れなければ、「ファイル」として送る手があります。以下の記事を参考にしてください。サイズの大きい動画を送る方法を解説していますが、画像にも応用可能です。

LINEで動画を送ると画質が落ちる? オリジナルサイズで送る方法とは

写真のファイル形式によっては画像選択メニューに表示されない

【LINE】ファイル形式

ファイル形式によっては開けなかったり特殊なビューワーが必要だったりする

LINEで写真を送信する際、画像選択画面に表示されるのはjpeg、png、gif、heicなどのファイル形式の画像データです。

ai、psd、svgなどのファイル形式だと画像選択画面に表示されず、通常の画像送信手順で送れません。また、PCからaiやsvgなどのファイル形式で送られてきた場合、ファイルを開くには特殊なビューワーアプリが必要になることもあります。

書類ファイルなどをLINEで送る手段などで相手に送信すること自体は可能ですが、ファイル形式や環境によっては受信側が開けない場合があります。

ブロックされていても写真は送れたように見える

【LINE】ブロックしたらどうなるか
【LINE】ブロックしたらどうなるか

LINEで写真を送れない原因として「相手にブロックされているから」と考える人がいるようですが、仮にブロックされていても写真を送る操作は実行できます(自分のトーク画面では問題なく送れたように見えます)。

ただし、ブロックされている側が送信した写真は、ブロックしている側のトーク画面に表示される(届く)ことはありません。

LINE「ブロック」とは──したら/されたらどうなるか、確認方法など気になる疑問を全解説 

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
12.1.0
LINE
Android
12.1.0
iPhone XR
iOS
15.3
AQUOS sense 5G
Android
11
Pixel 3a
Android
12
Galaxy S21
Android
11
EDITED BY
AO