LINEで友達を「自動追加」できないときの原因と対処法

LINEで友達を「自動追加」できないときの原因と対処法

LINEの「友だち自動追加機能」をオンにすると、アドレス帳に電話番号が登録されている知人と瞬時に「友だち」になれます。しかし、なぜか友だちを自動追加できないという場合があります。

本記事では自動で友だち追加ができない原因とその対処法を詳しく紹介します。

LINEで友だちを「自動追加」する手順

友だち自動追加はアドレス帳に電話番号が登録されている知人を自動的にLINE友だちに追加する機能です。

LINE IDやQRコード交換なしで多くの知人とつながれる便利な機能です。疎遠になっていた友だちや元恋人などと再びコミュニケーションを取りたい場合などに活用する人もいるかもしれません。

「友だち自動追加」の設定方法

LINE ホーム画面 LINE 設定 友だち LINE 設定 友だち

友だち自動追加の設定はいたって簡単。LINEの設定ボタン[]から[友だち]と進み、[友だち自動追加]の項目をオン(緑)(Androidの場合はチェックマーク)にすれば完了です。

LINE 知り合いかも? LINE 友だち 追加  

追加された友だちは「友だち追加」画面の「知り合いかも?」または「新しい友だち」欄に表示されます。追加したいユーザーを選んで[追加]アイコンをタップすると、相手にメッセージを送れるようになります。

相手にも友だちになった旨が通知される

LINE 電話番号で友だちに追加しました

少し時間が経つと、相手のスマホに「◯◯があなたを電話番号で友だちに追加しました。」と通知されます。

オンにしたのに、友だちを自動追加できない原因と対処法

友だち追加機能をオンにしたのに「知り合いかも?」や「新しい友だち」に相手のアカウントがリストアップされないケースもあります。その場合は、次の原因が考えられますので確認してみてください。

相手がLINEに電話番号を登録していない(Facebook認証で登録しているなど)

LINEには電話番号のほか、メールアドレスやFacebookのログイン情報でも登録できます。相手が電話番号を登録していない場合は、機能をオンにしても「知り合いかも?」や「新しい友だち」に相手のアカウントはリストアップされません。

この場合は、相手に連絡をとり、電話番号の登録またはLINE IDやQRコードを送信してもらう、共通の友人・知人による協力でグループトーク等を作成し、そこから相手と友だちになる等の方法が有効です。

相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしている

LINE 設定 友だちへの追加を許可

相手が電話番号を使ってLINEに登録していても「友だちへの追加を許可」をオフにしていれば「知り合いかも?」に相手のアカウントは表示されません。

相手に連絡をとって状況を確認して設定がオフならオンにしてもらうのも手ですが、迷惑メッセージ対策などであえてオフにしていることも考えられます。LINE IDやQRコードを送ってもらうのが無難かもしれません。

アドレス帳にLINEがアクセスする許可がされていない

相手がLINEに電話番号を登録、かつ「友だちへの追加を許可」をオンにしているにもかかわらず「知り合いかも?」に表示されない原因の一つとして、あなたのアドレス帳にLINEがアクセスする許可がされていないことも考えられます。

アクセスの許可は端末の設定から変更します。
 
iPhone 設定 プライバシー iPhone 設定 プライバシー iPhone 設定 プライバシー

iPhoneの場合、端末の「設定」から[プライバシー]→[連絡先]と進み、[LINE]の項目をオン(緑)にします。

Android 設定 アプリ Android 設定 アプリ

Androidの場合、端末の「設定」から[アプリ]→[LINE]→[権限](または「許可」)と進み、[連絡先]の項目をオン(緑)にします。

Android 設定 アプリ 許可 Android 設定 アプリ 連絡先

アドレス帳に登録した電話番号が間違っている

それでも解消しない場合、アドレス帳に登録した電話番号が間違っていることも考えられます。相手や共通の友人などに連絡をとって番号を確認してみてください。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.12.0、Android版9.14.1

EDITED BY CK