LINEで友達を「追加できない」原因とは? ケース別に対処法を解説

LINEで友達を「追加できない」原因とは? ケース別に対処法を解説

LINE(ライン)で友だち追加しようとしたものの、うまく追加できず困っている人が少なくないようです。

そこで本記事では、LINEで友だち追加が「できない」ときに考えられる原因と対処法について、「QRコード」「ID/電話番号検索」「自動追加」など手段ごとに解説します。

連絡先の同期による「友だち自動追加」ができないケース

LINEの「友だち自動追加」は、端末のアドレス帳(連絡先・電話帳)に登録している友人・知人と瞬時にLINE上で「友だち」になれる便利な機能です。

しかし、連絡先に登録しているすべてのユーザーが友だち追加されるわけではない点に注意が必要。友だち自動追加の対象となるには、一定の条件を満たす必要があります。

相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしている

「友だちへの追加を許可」は、文字どおり「友だち自動追加」をオンにしているLINEユーザーに対して、友だち追加を許可する設定です。

LINE 友だち追加 できない

電話番号を保有していたとしても、相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしていれば、友だちに自動追加されません。この場合、相手に連絡をとって状況を確認し、「友だちへの追加を許可」をオンに切り替えてもらうのも手です。

しかし、迷惑メッセージ対策などであえてオフにしていることも考えられます。LINE IDやQRコード(URL)など、他の友だち追加方法を検討するのが賢明でしょう。

端末の設定で電話帳(アドレス帳・連絡先)へのアクセス許可がされていない

端末の設定で電話帳(アドレス帳・連絡先)へのアクセス権限が許可されていないと、LINEアプリが電話番号など連絡先データを取得できないため、友だち自動追加機能も利用できません。

LINE 友だち追加 できない

アクセスが許可しない状態で「友だち自動追加」のスイッチをオンに切り替えようとすると、上のエラーメッセージが表示されます。

LINE 友だち追加 できない LINE 友だち追加 できない

iPhoneでは「設定」アプリから[LINE]→「連絡先」をオン(緑)に、Androidスマホでは「設定」アプリから[アプリ]→[LINE]→[権限]と進み「連絡先」をオンにすることで(機種により多少手順が異なります)、LINEによる電話帳へのアクセスが許可されます。

アドレス帳に登録の電話番号とLINEに登録されている電話番号が不一致

そもそも友だち自動追加の機能は、電話帳に登録されている(相手の)電話番号と、実際に(相手が)LINEアカウントに登録している電話番号が一致した場合に働くものです。

LINE 友だち追加 できない

アドレス帳に登録した電話番号が間違っていたり、すでに解約済みの電話番号になっていたり、といったことも考えられます。相手や共通の友人などに連絡をとって、LINEに登録されている電話番号を確認してみましょう。

「QRコード」「URLの送付」で友だち追加できないケース

「QRコード」による友だち追加は、友達追加される側が自身のQRコードを表示し、追加する側がそれをLINEのリーダーで読み取っておこないます。この方法では、同時にお互いが友だち追加されない点に注意しなければなりません。

また、遠方にいる相手にQRコードの画像や友だち追加のURLを送信した際には、QRコードを「更新」するのはしばらく避けましょう。

QRコードを表示しただけで読み取っていない

QRコードによる友だち追加をする際は、あくまでQRコードを読み込んだ側にのみ、友だち追加されるという点に注意が必要です。

LINE 友だち追加 できない

上の図のように、QRコードを読み取った時点ではBがAを一方的に友だち追加したにすぎません。

QRコードを表示して読み取らせた側(A)の友だちリストには、読み取った側のBが自動的に友だち追加されるわけではないのです。

LINE 友だち追加 できない LINE 友だち追加 できない

この場合、表示した側(A)の友だちリスト内の「知り合いかも?」欄には、読み取った側(B)のアカウントが表示されているはずです。ここで人型ボタンを押すことで、正式に友だち追加ができます。

もしくは、読み取った側(B)がAに何かしらのメッセージを送り、そのトーク画面から[追加]ボタンを押すというやり方もおすすめです。

QRコードを更新した

マイQRコード画面からおこなえる更新ボタンをタップすると、友だち追加に必要なQRコードが新しいものに変わり、それに伴ってURLも自動で変更されます。

LINE 友だち追加 できない

更新をおこなうと、そのURLやQRコードの画像は無効となり、読み込んでも友だち追加はできません。

迷惑メッセージが届いた場合などの対策としては有効ですが、友だち追加してもらいたい人がいるときには、追加の操作が終わるまでQRコードの更新は待ちましょう。

「LINE ID検索」「電話番号検索」で友だち追加できないケース

電話番号やLINE IDによる検索は、遠方にいる知り合い同士で友だちに追加する手段として便利な機能です。ただ、利用には年齢確認をはじめさまざまな制約が設定されており、自分側と相手側双方にとってハードルの高い方法といえるでしょう。

検索する側の年齢確認が済んでいない

LINE 友だち追加 できない

青少年保護の観点から「18歳未満」のユーザーは、ID検索・電話番号検索の機能が使えないようになっています。

初回利用時には、必ず各携帯電話会社の年齢判定サービス(年齢確認)が実施され、ユーザーが18歳以上かどうかを判定します。これをクリアしなければ、ID・電話番号による検索、また検索の対象になることも不可能です。

また、LINEモバイル以外の格安SIMを利用している場合も、携帯電話会社による年齢認証をおこなえないため、LINEのID検索・電話番号検索は利用できません。

検索される側が「IDによる友だち追加許可」もしくは「友だちへの追加を許可」の設定をオフにしている

適当な英数字を入れて検索すれば該当するアカウントが表示される仕組みなので、LINE ID検索や電話番号検索ではまったく知らない人から友だち追加されてしまう可能性があります。

そうしたリスクを回避するためにあるのが、「IDによる友だち追加許可」「友だち追加を許可」の両設定です。

LINE 友だち追加 できない LINE 友だち追加 できない

ID検索では「IDによる友だち追加許可」設定を、電話番号検索では「友だち追加を許可」設定を(相手が)オフにしている場合、検索してもその相手のアカウントはヒットしません。

相手は考えがあってこれらの設定をオフにしているはずなので、無理にお願いしてオンに切り替えてもらうのは避けたほうがよいでしょう。特に「友だち追加を許可」をオンにすると、電話番号を知っている相手に友だち自動追加されてしまう可能性があるので注意が必要です。

検索の回数上限を超えた

電話番号による検索ができる回数には制限があり、連続で5回ほど電話番号による検索をおこなうと、一時的に使えなくなります。

LINE 友だち追加 できない

この制限は1時間ほどの経過で解除されるようですが、立て続けに何回も検索をおこなうのは避けましょう。

検索される側がそもそも「LINE ID」や「電話番号」を登録していない

そもそも相手がLINE IDや電話番号をLINEに登録していないのであれば、当然ですが検索による友だち追加はできません。

LINE 友だち追加 できない

電話番号とLINE IDは「ホーム」タブの設定ボタン[]から「プロフィール」へ進むと確認できる

LINE IDは必須のものではないため、登録していないという人も少なくないでしょう。

一方、電話番号は多くの人がLINEアカウント作成時に登録しているはずですが、Facebookログインを利用している場合もあります(2020年5月にFacebookによるアカウント作成機能は提供終了)。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.11.0、Android版10.12.0

EDITED BY MOEGI