インスタグラムの通報機能「報告する」とは? 相手にバレる可能性、間違って通報した場合なども解説

インスタグラムの通報機能「報告する」とは? 相手にバレる可能性、間違って通報した場合なども解説

インスタグラムで芸能人の投稿や、おしゃれな写真・動画、ストーリーズ、リールなどを見るのが日課になっている人も多いはず。いつもは楽しく使っていても、不快な投稿やストーリーズに遭遇したり、不適切なコメント、嫌がらせメッセージが送られてきたりしたとき、どうしたらよいでしょうか。

対策の一つとして、インスタでは「報告する」という機能が用意されています。著作権侵害や悪質なスパム行為なども、Instagramの運営に通報することが可能です。

本記事では、インスタグラムにおける「報告」の意味はもちろん、報告すると相手にバレるのか、間違えて通報した場合はどうなるのか、そして実際に各機能から報告する手順などについて解説します。

インスタグラムにおける「報告」とは?

インスタグラムの「報告する」機能では、不快・不適切な投稿、コメント、ストーリーズ、ダイレクトメッセージ(DM)などをInstagram運営側に通報することができます。

著作権侵害やスパムなど各種トラブルを通報できる

Instagramにおいて報告を検討するケースとして多いのが、投稿画像や動画などに関する著作権侵害、スパム(迷惑行為)、嫌がらせの被害でしょう。

知的財産権の侵害に関するガイドライン

著作権侵害などを報告するための画面

著作権侵害は、自分がSNSやネット上に公開していたコンテンツを第三者に無断で転載されていたり、加工して投稿されていたりした場合などが当てはまります。

著作権侵害を報告できるのは、著作権の所有者(投稿主など)またはその公式代理人のみです。Instagram上のコンテンツが第三者の著作権を侵害していると思われる場合は、権利所有者にその旨を連絡してください。なお、著作権侵害に関する詳細は、公式ヘルプセンターを参照してください。

著作権 | Instagramヘルプセンター

スパムを報告する画面

スパムとは、SNS、メールなどでの迷惑行為を指します。インスタでのスパム行為は、たとえば人気アカウントの投稿対して内容とまったく関係ない商品のPRコメントをしたり、海外の知らないアカウントから急にフォローやタグ付けされたりすることなどが該当します。

著作権侵害やスパムも含めて、さまざまなトラブルが起きたときの対処法の一つとして「報告」の機能があります。インスタグラムで報告する理由はたいていの場合、以下の10項目が表示されます。理由を1つ選んだら、画面の案内に従って報告用のフォームを作成・送信する流れです。

報告するときに提示される主な理由
  1. ヌードまたは性的行為
  2. ヘイトスピーチまたは差別的なシンボル
  3. 暴力または危険な団体
  4. 違法または規制対象商品の販売
  5. いじめまたは嫌がらせ
  6. 知的財産権の侵害
  7. 自殺、自傷行為、摂食障害
  8. 詐欺・欺瞞
  9. 虚偽の情報
  10. 単に気に入らない

どういった投稿が不適切と判断されるかについては、下記インスタグラムのコミュニティガイドラインや利用規約を参考にしてください。

コミュニティガイドライン | Instagramヘルプセンター
利用規約 | Instagramヘルプセンター

インスタの「報告する」「ブロック」「制限する」の違い

報告、制限、ブロックの違い

「報告する」はインスタグラム側への通報行為です。インスタグラム側の判断によっては、相手の投稿やコメントなどが削除される可能性は大いにあります。ただし、通報しただけではこれまでと何ら変わりはなく、お互いに投稿が見られたり、メッセージのやりとりができたりと、再び不快な思いをする可能性があります。

報告をするだけでなく、その相手を「ブロック」することで、相手とのすべての接触を拒絶できます。報告した後は、相手をブロックすることで自分の投稿した写真や動画、ストーリーズなどを相手に見られないようにしておくことをおすすめします。

また、アカウントを「制限する」機能は、相手とのコメント、ダイレクトメッセージ(DM)にのみ作用します。ブロックまではしたくない場合、制限の機能を使って相手をシャットアウトする方法もあります。

インスタで報告するとどうなる? 気になる点を確認

インスタグラムで報告したらどうなるのでしょうか。相手に通知されてしまうのか、報告は取り消せるのか、報告後にインスタ側からどう反応が返ってくるかについても紹介します。

インスタグラムで報告すると相手にバレる?

報告が削除に値するなど、特別な措置をとるべきだとインスタ側が判断すると、相手(通報されたユーザー)に詳細を尋ねるための連絡がなされる可能性があります。また、インスタ側が不適切と判断した場合、削除する旨を伝えるメールが相手に届くようになっています。

しかし、インスタグラムで「報告」しても一部の例外を除いて(後述)、誰が・いつ報告したといった通知が相手に届くことはないので安心してください。

著作権侵害を報告するとバレる可能性も

ただし、Instagram側に著作権侵害の報告をおこなう際は注意が必要です。

報告内容がInstagramに認められ、該当するコンテンツを削除してもらうことになったら、著作権侵害で報告(通報)されたユーザー宛てに権利所有者の名前などが通知される仕組みになっています。

コンテンツが削除された利用者に提供される情報の内容 | Instagramヘルプセンター

間違って通報してしまった場合は取り消せる?

報告完了画面

間違って報告してしまった、報告の理由を間違えてしまったなど、意図しない報告をしてしまうときもあるでしょう。インスタグラムには「報告をやめる」といった機能はなく、一度報告すると取り消すことはできません。

ただし、報告を一度しただけで即座に相手のアカウントが削除される、といったことにはならないと考えられます。そのアカウントや投稿を削除する必要があるか否かをインスタ側も判断しているため、間違えて報告してしまっても内容に害がないとみなされれば特に措置は取られません。

相手にも通報した事実が知られることもないため、さほど心配する必要はないでしょう。

インスタ運営側からはどのような返答がある?

「報告」をおこなうと、そのコンテンツが非表示になる場合もあります。しかし、これは報告した側の端末でのみコンテンツが非表示になっただけで、別の端末では同じコンテンツを表示させることができました。

その後、インスタ側がコンテンツを「不適切ではない」と判断する場合もあれば、詳細内容を報告者に求めるメールを送ってくるケースもあります。

インスタ側に投稿やストーリーズ、コメントを不適切だと判断された場合、そのコンテンツが削除されます。コンテンツを投稿して報告された当事者は、問題のコンテンツがインスタグラムの運営側によって削除されたとダイレクトメッセージ(DM)で通知されるようになっています。

報告した内容が問題ないとインスタ側から返信が届いたケース

実際に「報告」したフィード投稿の写真について、その数時間後にインスタ側から以下のような通知がDMに届きました(報告の理由によっては、こうした返信は来ない場合もあるようです)。

インスタ側からの通知画面 アカウントに対するフォロー解除などができる

インスタグラムのコミュニティガイドラインには違反していないため、投稿写真を削除しないといった内容です。それでも報告したアカウントを見たくない場合は、フォローをやめる、ミュート・ブロックなどをするように促されています。

下にある[他のオプション]をタップすると、アカウントのブロックや制限などがおこなえます。

インスタで報告・通報する方法

インスタグラムにおける報告は、フィードやストーリーズ、DMなど利用している機能ごとに仕様が異なります。それぞれ見ていきましょう。

投稿写真・動画を報告する

フィードの投稿(写真・動画)を報告する方法です。

メニューボタンをタップ 「報告する」をタップ

報告したい投稿の右上にあるメニューボタン[]をタップし、次の画面で[報告する]をタップします。

報告する理由を選ぶ

報告する理由を[スパムである][不適切である]のどちらか選んでください。

「スパムである」を選択した場合

報告が完了した

[スパムである]を選択するとすぐに報告が完了し、「ご報告ありがとうございました」という画面に切り替わります。

「不適切である」を選択した場合

報告する理由を10項目から選ぶ

[不適切である]では、報告する具体的な理由を10項目から選びます。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。

投稿内のコメントを報告する

フィード投稿内のコメントを報告する方法です。

iPhoneの場合

報告したいコメントをタップ 「!」をタップ

iPhoneの場合、投稿内のコメントをタップして詳細表示し、そのコメントを左にスワイプして、[!]をタップします。

「このコメントを報告」をタップ 報告する理由をタップ

[このコメントを報告]を選択→コメントの報告理由を[スパムである]または[不適切である]から選びます。選んだら次へ進んでください。

Androidの場合

コメントをタップ コメントを長押しして「!」をタップ

Androidの場合、投稿内のコメントをタップして表示した後、そのコメントを長押しすると右上に出てくる[!]マークをタップします。

「このコメントを報告」をタップ 報告する理由をタップ

[このコメントを報告]を選択→コメントの報告理由を[スパムである]または[不適切である]から選びます。選んだら次へ進みます。

報告理由を選んだら(iPhone・Android共通)

報告する理由を8項目から選ぶ

[不適切である]では、報告する具体的な理由をさらに8項目の中から選ぶことになります。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。[スパムである]にした場合は、報告理由を選ぶ画面は表示されず、すぐに報告されます。

注意
報告したコメントが削除された?

投稿へのコメントを「報告」すると、そのコメントが消える仕様になっています。

他の端末から同じコメントを確認すると、削除されずに残っていました。報告した本人のインスタグラム上でのみ消えてしまうだけで、完全に削除されたわけではありません。

コメントのフィルター機能を利用して、自分が指定したワード、あるいはインスタグラム側で定めたワードがコメントに表示されないようにする「コメントコントロール」があります。詳しい設定方法については下記記事を参考にしてください。

ストーリーズ(ハイライトを含む)を報告する

ストーリーズ ハイライト

左:ストーリーズ右:ストーリーズハイライト

ストーリーズ、またはストーリーズハイライトを報告する方法です。

メニューボタンをタップ 「報告する」をタップ

ストーリーズまたはハイライトの画面を開き、画面右上のメニューボタン[]→[報告する]をタップします。

ここで注意したいのが、ストーリーズには閲覧履歴(足跡)が付くということです。相手はストーリーズを投稿してから24時間以内であれば、閲覧履歴を確認できる仕様になっています。

報告理由を選ぶ 具体的な報告理由を選択

次の表示で[不適切である]を選択した場合は、10項目のうち1つ具体的な報告理由を選びます。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。[スパムである]にした場合は、報告理由の画面は表示されず、すぐに報告が完了します。

報告したストーリーズが消えた

報告をすると、自分のインスタ上で相手のストーリーズが見られなくなります。相手のプロフィール画面→プロフィールアイコンからも、ストーリーズは再生できません。

これは報告した本人にだけに起こる現象で、他の端末から確認すると通常どおり相手のストーリーズは残ったままになっています。

リールを報告する

リール

リール(Reels)は最大15秒のショートムービーを作成・編集・投稿できます。リールを報告する手順を説明します。

投稿をタップ メニューボタンをタップ

報告したいリールをタップし、メニューボタン[]をタップします。

「報告する」をタップ 報告理由をタップ

[報告する]をタップし、報告する理由を[スパムである]または[不適切である]から選んでください。

具体的な報告理由を選ぶ

[不適切である]を選択した場合は、さらに具体的な報告理由を選ぶ画面に移動し、10項目の中から1つ理由を選びます。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。[スパムである]にした場合は、報告理由の画面は表示されず、すぐに報告が完了します。

インスタライブを報告する

インスタグラムのストーリーズに搭載されているライブ機能「インスタライブ」。このライブ配信も報告できます。

インスタライブを配信中のアカウントをタップ メニューボタンをタップ

フィード画面を開いて上部のストーリーズ欄(トレイ)を見ると、現在ライブ中のアカウントには「ライブ動画」と表示されています。これをタップすれば、フォロー中アカウントのライブ配信が視聴できます。配信画面のメニューボタン[]をタップしてください。

「報告する」をタップ 報告理由を選ぶ

[報告する]をタップし、報告する理由を[スパムである]、[不適切である]のどちらかから選びます。

具体的な報告理由を選択

[不適切である]を選択した場合は、さらに具体的な報告理由を選ぶ画面に移動し、10項目の中から1つ理由を選びます。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。[スパムである]にした場合は、報告理由の画面は表示されず、すぐに報告が完了します。

IGTVを報告する

「IGTV(アイジーティーヴィー)」は、最大10〜60分の動画をフィードやストーリーに投稿できる機能です。IGTVを報告する方法は以下の通りです。

IGTVの投稿を見る メニューボタンをタップ

報告したいIGTVの画面を開き、メニューボタン[]をタップしてください。

「報告する」をタップ 報告理由をタップ

[報告する]をタップし、報告する理由を[スパムである]または[不適切である]のどちらかを選んでください。

具体的な報告理由を選ぶ

[不適切である]を選択した場合は、さらに具体的な報告理由を選ぶ画面に移動し、10項目の中から1つ理由を選びます。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。[スパムである]にした場合は、報告理由の画面は表示されず、すぐに報告が完了します。

ダイレクトメッセージ(写真・動画含む)を報告する

ダイレクトメッセージを報告する方法を説明します。

紙飛行機マークをタップ

画面右上の紙飛行機マークからダイレクトメッセージ(DM)が見られる

チャットをまるごと、またはアカウント自体を報告する

報告したいダイレクトメッセージのチャットを開く 「i」をタップ

相手とのトークルームを開き、右上にある[i]マークをタップします。

「報告する」をタップ 報告する理由をタップ

[報告する]をタップしてください。[スパムである]を選択した場合、タップするだけで報告が完了します。

何を報告するか選択

[不敵切である]を選択すると、何を報告するか選択する画面が表示されます。[チャットを報告]または[アカウントを報告]から選んでタップしてください。

報告するカテゴリを選択 アカウントを報告する理由をタップ

左:「チャットを報告」を選んだ場合右:「アカウントを報告」を選んだ場合

[チャットを報告]を選ぶと、報告するカテゴリを10項目から選ぶ画面になるため、それぞれの流れに従って報告します。[アカウントを報告]を選ぶと、報告する理由を3つから表示されるので、いずれかを選んで案内に沿って報告を送信します。

チャット内の一部メッセージ・写真・動画を報告する

メッセージを長押しして、「報告する」をタップ 報告する理由を選ぶ

チャットを開いて、報告したいメッセージや写真・動画を長押し→[報告する]をタップします。報告する理由を10項目の中から選び、指示に従って報告を完了させます。

一部のメッセージや写真・動画を報告しても、チャット内で消えることはありません。

プロフィール(相手のアカウント)を報告する

相手のアカウントをプロフィール画面から報告する方法です。

メニューボタンをタップ 「報告する」をタップ

相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[]から[報告する]をタップします。

報告する理由をタップ アカウントを報告する理由をタップ

報告する理由を[スパムである][不適切である]のどちらかを選びます。[スパムである]にした場合は、報告理由の画面は表示されず、すぐに報告が完了します。

[不適切である]を選んだ場合は、アカウントを報告する理由をさらに細かく選択します。[投稿、メッセージ、コメントの報告]または[アカウントを報告する]をタップして、案内に従って報告をしてください。選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。

インスタグラム広告を報告する

インスタグラムのフィードやストーリーで流れてくるインスタグラム広告ですが、広告の内容によっては不快な思いをしたり、表示頻度の多さにうっとうしいと感じたりすることもあるでしょう。インスタグラム広告についても、報告することが可能です。

メニューボタンをタップ 「広告を報告」をタップ

報告したい広告のメニューボタン[]をタップし、[広告を報告]をタップします。

報告する理由を選ぶ 報告が完了した

広告を報告する理由を7つから選んでタップしてください。選んだ理由によってその後の報告フォームが異なります。

「ショップ」内の商品を報告する

ショップをタップ ショップの画面

インスタグラムはネット通販のプラットフォームのような役割も果たしています。インスタの「検索」タブにある[ショップ]を開くと、ファッションやコスメ、フードなどさまざまな商品画像を一覧で見ることができます。そこから商品購入ページへアクセスできる便利な機能です。

ショップ内の商品の中に、もしインスタグラムの運営に通報したい商品があれば、報告することも可能です。

メニューボタンをタップ

まずは報告したい商品の投稿をタップします。次に画面右上のメニューボタン[]をタップします。

「商品を報告」をタップ 報告する理由をタップ

[商品を報告]をタップし、表示された11の報告理由から1つを選んでください。選んだ理由によってその後の報告フォームが異なります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版164.0、Android版164.0.0.46.123

EDITED BY MIKAN