Androidスマホの機種変更「アプリ」と「アプリデータ」を一括で移行するには?

アプリの再インストールは必要?

Androidスマホの機種変更をおこなう際、特に気になるのが「アプリ」関連のデータ移行でしょう。「ひとつずつアプリをインストールしなければならないのか」「元通りにアプリを復元できるのか」「有料アプリは再購入が必要なのか」など、疑問点は多いはず。

そこで本記事では、Androidスマホの機種変更におけるアプリおよびアプリ内データの移行の仕組みについて詳しく解説します。その上で実際の移行手順も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

Androidスマホの機種変更における「アプリ」のデータ移行の仕組み

まずは、Androidスマホの機種変更における「アプリ」の移行システムについてざっくり理解しましょう。

なお、キャリアによって手順や仕様が変わるわけではありません。ドコモで買ったスマホでも、ソフトバンクで買ったスマホでも、SIMフリーのスマホでも同様の仕組みでアプリデータを移行できます。

アプリ自体はセットアップ中に一括移行できる

アプリデータの移行

最新のAndroidスマホはには、機種を問わず、セットアップ中に旧スマホから新スマホに直接データを転送できる機能が搭載されています(詳しい手順は後述)。

この機能を使えば、古いスマホにインストールしていたアプリは有料・無料問わず新スマホに一括で移行できます。新しいスマホで1つひとつ手動でアプリをインストールしたり、購入し直したりする必要はありません。

セットアップ時に移行できるデータ
  • 画像/写真(.JPEG/.PNG/.GIF)
  • 動画(.MP4/.MOV)
  • 音楽/音声ファイル(MP3/MPEG/WAV)
  • Adobeファイル(.PDF)
  • Microsoft関連ファイル(.XLS/.XLSX/PPT/.PPTX/.DOC/.DOCX)
  • インストールしていたアプリ
  • アプリ内のデータ(一部アプリのみ)
  • ホーム画面のアプリ配置(一部機種のみ)
  • ホーム画面の壁紙(一部機種のみ)
  • 日付と日時
  • 連絡先(電話帳)
  • 通話履歴
  • SMSメッセージ送受信履歴
  • Wi-Fiネットワークとパスワード
  • Bluetoothの接続設定

なお、このAndroidに備わったデータ転送システムの対象は「アプリ」だけではありません。画像や動画、音楽などのメディアファイルをはじめ、連絡先や一部設定などもまとめて新スマホに移行できます。

全アプリのアプリ内データを一括で移行する方法はない

前述したAndroidスマホの移行システムを利用すれば、アプリ自体に保存されているデータ(アプリ内データ)も、一部は新スマホに引き継がれます。

アプリ内データ

筆者が試した際は、メモ帳アプリに書いたテキスト、時計アプリで設定したアラーム、お絵かきアプリで描いたイラスト、MacroDroidに設定したタスク、オフラインゲームアプリのセーブデータ・スコアなどが引き継がれました。

ただし、アプリデータの一括移行に対応しているのは、一部のみ。全てのアプリが対象というわけではありません。アプリデータを一括で移行できない場合は、アプリごとに手動で引き継ぎ作業をおこなう必要があります(詳しくは後述)。

注意

残念ながら、現時点ですべてのアプリをアプリ内データごと一括で新スマホに移行する手段はありません。パソコンや外部のアプリ・ツールなどを使っても、すべてのアプリデータを完璧な状態で一括移行するのは難しいでしょう。

また、こういったアプリデータの完全移行を謳うツールのなかには、詐欺まがいのものもあるので注意が必要です。「有料で購入したのにほとんど何も出来なかった」というトラブルも起きかねません。

アプリデータを一括移行できるアプリとできないアプリの見分け方
アプリ「Googleドライブ」をダウンロード

まずは「Googleドライブ」アプリを開きます。

バックアップ
バックアップ

左上のメニューボタン​からバックアップに進みます。デバイスのバックアップデータがあれば[〇〇(機種名)のバックアップ]を選択してください。

バックアップデータが表示されない場合は、Google Oneの自動バックアップシステムが無効化されています。端末の「設定」からGoogleに進み、Googleバックアップのスイッチをオンにしてください(詳しい手順は以下の記事参照)。

アプリデータ
アプリデータ

アプリデータに進むと、バックアップ対象が一覧で表示されます。ここに記載されていないものは、アプリデータを引き継げないと考えておいたほうがよいでしょう。

アプリのログイン情報は引き継がれない

ログインイメージ

セキュリティ上、アプリのログイン情報は新スマホに引き継がれません。ログインを要するアプリは、すべてログアウトされた状態で新しいスマホにインストールされてしまうのです。

機種変更後は、それぞれのアプリに手作業でユーザーネームやパスワードを入力し、ログイン作業をおこなう必要があります。

ログインを要するアプリの一例
  • インスタグラム、Facebook、TwitterなどのSNSアプリ
  • メールアプリやメッセージアプリ
  • Amazonショッピングや楽天市場、メルカリなどの通販アプリ
  • マンガ配信アプリや電子書籍アプリ
  • PayPayや楽天ペイなどのスマホ決済アプリ
  • 銀行系のアプリ
  • SpotifyやYouTube Musicなどの音楽配信アプリ
  • NetflixやHuluなどの動画配信アプリ

Androidスマホの機種変更でアプリとアプリ内データを移行する方法

Androidスマホの機種変更で「アプリ」および「アプリ内データ」を引き継ぐ実際の手順を紹介します。

ここでは、一例としてXperia Ace Ⅲ(Android 12)の画面を使用しますが、Android 12を搭載していれば「Google Pixel」や「AQUOS」でも手順は同じです。Galaxyのデータ移行手順は以下の記事を参照してください。

新しいスマホを起動してWi-Fiに接続する

Xperia

まずは、新スマホ本体の電源を入れて起動しましょう。Xperiaスマホの場合を立ち上げると、「ようこそ」という画面が表示されるので開始するをタップします。

ネットワーク

画面に表示される案内手順に沿って操作し、Wi-Fiに接続してください。アプリの再インストールはインターネット経由でおこなわれるため、データ通信量が大きくなる可能性が高いです。モバイルネットワーク接続での作業はおすすめしません。

ご確認いただきたい事項

ソフトウェア使用許諾契約書やプライバシーポリシーを一読し、問題なければ承諾をタップします。

ケーブルもしくはワイヤレスでデバイス同士を接続

アプリとデータのコピー

「アプリとデータのコピー」画面が表示されたら次へをタップ。

以前のスマートフォン

「以前のスマートフォンをご用意ください」の画面で次へを押します。

ケーブル接続

続いて「ケーブルをご用意ください」と表示されます。以下いずれかの方法でデバイス同士を接続し、データ移行をおこなってください。

ケーブル接続のほうが素早くデータを移行できるメリットがありますが、ワイヤレス接続でも移行できるデータの種類や量は変わりません。

ケーブル接続での移行手順
ケーブル接続
ケーブル接続

「以前のスマートフォンのケーブルをご用意ください」の画面で次へを選択します。続く画面でも再び次へを押しましょう。

ケーブル接続

上の画像のように、USB Type-Cケーブルで旧スマホとXperiaをつなぎましょう。旧スマホに「新しい端末にデータをコピーしますか?」と表示されるのでコピーを押します。

このまま、コピーが終了するまで旧スマホと新スマホを接続した状態にしておきましょう。

ワイヤレスでの移行手順
ケーブルがない場合

「以前のスマートフォンのケーブルをご用意ください」の画面でケーブルがない場合を選択します。

ワイヤレス データ移行

「以前のデバイスを使用してワイヤレスでデータを転送」という画面が表示されるので次へをタップしてください。

ワイヤレス接続

「古いデバイスでGoogleアプリを開いてください」と表示されたら、デバイス同士を近く(0.5メートル以内)に置いて旧スマホで「Google」アプリを開きましょう。

検索欄に「デバイスのセットアップ」と入力し、検索結果に進みます(もしくは「OK Google、デバイスのセットアップ」と話しかける)。しばらくすると旧スマホにスタートガイドが表示されるので、問題なければ次へをタップしてください。

シェイプを確認

ペアリングが正しくできていれば、新旧スマホに同じシェイプ(模様と数字)が表示されます。シェイプが同じことが確認できたら、旧スマホで次へをタップしてください。

旧スマホから新スマホにアプリのデータを転送する

Xperia

デバイス同士が正常に接続されると、旧スマホから移行できるデータが一覧で表示されます。デフォルトではすべての項目にチェックが入っています。問題なければコピーボタンをタップしてください。

Googleサービス

「データをコピーしています」と数秒間表示された後、「Googleサービス」という画面が表示されます。一読して問題なければ、すべてにチェックを入れて同意するを押しましょう。

特に「Googleドライブへのバックアップ」はオンにしておくのがおすすめです。新しいスマホで蓄積されたさまざまなデータが自動的にクラウド(Google One)にバックアップされるので、端末の故障や紛失対策として有用です。

セットアップ

あとは、スマホの案内に従って画面ロックの設定(PINコードやパスワード、指紋認証)、Googleアシスタント設定などのセットアップを進めましょう。なお、これらの設定は、すべて後から変更可能です。

「セットアップを続行しますか?」の画面が表示されたら、中断しリマインダーを受け取るをタップしても構いません。

データをコピーしています

セットアップが終わり次第、再び「データをコピーしています」と表示されます。ケーブルやワイヤレスで端末同士を接続したまま、終了まで待ちましょう。

データをコピーしています

「コピーが完了しました」と表示されたら完了をタップ。旧スマホと新スマホからの接続を解除してOKです。

アプリのインストールが開始される

アプリダウンロード

デバイスのデータコピーが完了し次第、ホーム画面が立ち上がりアプリが順次インストールされはじめます。

すべてのアプリがダウンロードし終えるまでは時間がかかります。Wi-Fiに接続したまま、しばらく待ってください。

各アプリにログインする

すべてのアプリがインストールできたら、それぞれの中身をチェックしましょう。

ログイン

先に述べたように、基本的にアプリはログアウトされた状態で新しいスマホにインストールされます。旧スマホ側でユーザーネームやパスワードを確認しつつ、新しいスマホで各アプリのログインを進めてください。

アプリ内データを個別に引き継ぐ

アプリデータ移行

前述したように、アプリ内データを一括移行できるのは一部のアプリだけです。アプリデータを引き継げなかったものは、それぞれ手動で移行作業をおこなう必要があります。

以下、一例として個別にデータ引き継ぎ機能が備わっているアプリを紹介します。

LINEアプリ

アプリ「LINE」をダウンロード

LINEアプリのデータは、Androidのデータ移行システムでは移行できません。別途、引き継ぎ作業をおこなう必要があります。ざっくりとした流れは以下の通りです。

LINEの引き継ぎイメージ

旧スマホで表示したQRコードを新スマホで読み取れば、LINEアカウント自体の引き継ぎは完了します。

あとはトーク履歴をバックアップ・復元すると、元通りにLINEを復元できる仕組みです。LINEアプリの詳しいデータ移行手順は、以下の記事を参照してください。

オンラインゲームアプリ

オンラインゲームのアプリにも、独自のデータバックアップ・引き継ぎ機能が搭載されているケースが多いです。各アプリの案内に従って、アイテムやセーブデータなどの引き継ぎをおこないましょう。

以下、本サイトでもいくつかゲームアプリの引き継ぎ方法を記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

電子マネーアプリ

おサイフケータイデータ移行

“かざして支払う”タイプの電子マネーアプリのデータはセキュリティ上、一括移行することはできません。

機種変更の際は、(1)旧スマホで登録した会員情報やチャージ残高などのデータをサービス事業者のサーバーに預ける、(2)新スマホでIDやパスワードでログインしてサーバからデータを受け取る、という個別作業が必要です。

なお、データの移行作業は「おサイフケータイ」アプリや「Google Pay」アプリからはおこなえません。データを預けたり、受け取ったりするのは各サービスの個別アプリからおこなう必要があります。

必要に応じてSIMカードの入れ替えやネットワーク設定をおこなう

SIMカード

アプリ内データの移行作業が一通り終わったら、必要に応じてSIMカードの入れ替えやネットワークの設定をおこないましょう。

旧スマホからSIMカードを抜いても、旧スマホが操作不能になったり初期化したりすることはありません。SIMカードを抜いた後も旧スマホは問題なく使えますし、Wi-Fiに接続されていればアプリ操作やWebサイトのアクセスなども可能です。

EDITED BY
MOEGI