LINE「通報」機能とは? 通報したらどうなるか、仕組みと実際の方法を解説

LINE「通報」機能とは? 通報したらどうなるか、仕組みと実際の方法を解説

身に覚えのないアカウントからの出会い系スパム、商品やサービスの広告の迷惑メッセージなどがLINE(ライン)で送られてくると、「自分のアカウントが悪用されるのでは」と不安になるでしょう。不快なスパムや嫌がらせアカウントからの迷惑行為には、「通報」機能や「ブロック」を上手に使いましょう。

本記事では、安全にLINEを利用するために知っておきたい「通報」の仕組みや方法を解説。通報したことが相手に知られないのか、実際に通報したりされたりした場合にどうなるのか、といった疑問点についても答えます。

LINEの「通報」とは? 通報するとどうなるか

LINEでは、不審なメールやアカウントをLINEの運営側に報告できる「通報」機能があります。ブロックに加えて、通報をするとどうなるのか、通報したことが相手に知られる可能性はあるのかといった点を解説します。なお、実際に通報する手順は後述しています。

「通報」と「ブロック」の合わせワザが有効

LINE 通報

不快なアカウントやスパムメッセージをただちに「通報」するのと同時に、アカウントの「ブロック」をしておきましょう。通報とブロックでは以下のような違いがあります。

  • 通報:LINEの運営側に不審なアカウントやメッセージを報告できる。運営側の判断により通報された相手は、アカウントを停止される可能性がある
  • ブロック:メッセージや通話着信をはじめ、あらゆるLNE上での相手とのコミュニケーションを遮断する機能

注意したいのは、「通報」だけでは相手から再びメッセージなどが届く可能性があるという点です。上述のとおり、通報後にきちんと相手を「ブロック」しておかないと、相手からのコミュニケーションを遮断できません。

とはいえブロックだけでは、悪質なスパムや出会い系目的による被害がもっと拡大してしまう恐れがあります。「通報した相手をブロックする」「ブロックした相手を通報する」といったように、通報とブロックを一緒におこなうことが重要になります。

通報によりLINEの運営側に提出される内容

通報を実行することで、LINEの運営側に通知される内容は以下になります。

  • 通報した相手のユーザー情報
  • 直近のトークメッセージ10件
  • タイムラインの投稿
  • 通報したメッセージと、その前後9件の受信メッセージ

ただし通報後、すぐに相手のアカウントが凍結されるといったことはありません。LINEの運営側は、通報された情報をもとに当該アカウント(の行為)が利用規約に抵触しているかなどを調査し、適切な処置をおこなう必要があるため、その判断に時間を要します。

通報するアカウントはまずブロックし、これ以上被害に合わないようにとりあえず自分で対策をおこなっておきましょう。

通報した事実が相手に知られることはない

自分が通報した事実が相手にバレるのではないかと不安になりますが、安心してください。

通報された本人に、通報者の情報が共有されてしまうことや、通報したことが伝わることはありません。LINE公式ヘルプ等でもそのように案内しています。

LINEで相手やトーク・投稿・コメント等を通報する方法

LINEで相手を通報する手段は、その迷惑行為が発生している場所(トーク・タイムラインなどの機能)や問題の種類などにより異なります。具体的に7つの通報方法を紹介します。

方法1:迷惑メッセージから通報(相手にのみ友だち追加されている状態)

見知らぬアカウントから、急に宣伝や交際目的などのメッセージが届くことがあります。

1. 迷惑メッセージから通報(相手にのみ友だち追加されている状態)

友だちではないアカウントからのメッセージの場合、トーク画面の上部に[追加][ブロック][通報]が表示されます。メッセージ上のURLなどは決して開かず、まずは[ブロック]を選択します。

1. 迷惑メッセージから通報(相手にのみ友だち追加されている状態) 1. 迷惑メッセージから通報(相手にのみ友だち追加されている状態)

続いて[通報]をタップします。次の画面では、通報する理由として適切なものを選択します。その後[同意して送信]をタップしてください。

ブロックをしておけばメッセージのやりとりは物理的に不可能ですが、「通報のみ」だとメッセージは送られてきてしまいます。間違ってメッセージを送らないためにも、相手を「ブロック」をしておきましょう。

今後、知らないアカウント(友だちではないアカウント)からの迷惑メッセージを受信しないようにするには、メッセージの受信拒否設定がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。

方法2:トークから通報(友だちになっている状態)

すでに友だちになっている場合、トーク画面からも通報ができます。しつこく着信がかかってくる、交際目的のメッセージが送られ続けるなど、明らかに不快だと感じた場合、ブロックはもちろん通報をおこなってください。

2. トークから通報(友だちになっている状態) 2. トークから通報(友だちになっている状態)

該当の友だちのトーク画面上部のメニューボタン[]を開き、[その他]をタップします。

2. トークから通報(友だちになっている状態) 2. トークから通報(友だちになっている状態)

続いて、画面最下部の[通報]を選択したら、次の画面で当てはまる通報理由にチェックを入れて[同意して送信]をタップすれば完了です。

2. トークから通報(友だちになっている状態)

通報完了後、まだ相手をブロックしていない場合は「○○をブロックしますか?」と表示されるので[ブロック]を選びましょう。

方法3:特定のメッセージから通報

1つのメッセージに限定して、通報をおこなうことができます。

3. 特定のメッセージから通報

通報したいメッセージを長押ししたら、[通報]をタップします。

3. 特定のメッセージから通報 3. 特定のメッセージから通報

当てはまる通報理由を選び、[同意して送信]をタップすると通報が完了します。相手をまだブロックしていない場合は、「○○をブロックしますか?」の確認画面で[ブロック]を選択しましょう。

こんなときにも「通報」は使える
友だちのアカウントが乗っ取られ、そこから迷惑メッセージが来たとき

LINEで友だちのアカウントが乗っ取られた疑いがある場合、「通報」を利用する手もあります。LINE側に乗っ取りの事実を報告することで、被害拡大の抑制が期待できます。

ただし通報する前に、LINE以外の方法(メールや電話)で本人に乗っ取りの事実を知らせてあげます。その際に「LINE側に通報していいか」を確認し、問題なければトークメッセージから「通報」することも検討しましょう。

LINE「乗っ取り」の手口と対処/予防法まとめ

方法4:相手のアカウントプロフィールから

すでに「友だち」になっている場合、相手のプロフィールから通報できます。

4. 相手のアカウントプロフィールから 4. 相手のアカウントプロフィールから

相手のプロフィール右上のメニューボタン[]をタップし[通報]を選択します。続いて、当てはまる通報理由を選び[同意して送信]でOKです。

ただし、プロフィール画面の通報設定後、相手をブロックするためのリマインド画面が表示されないので、通報後は自分でブロックをおこなってください。

方法5:タイムライン投稿から通報

タイムラインには、友だちの投稿はもちろん、友だちがシェアしたりいいねをした第三者の投稿や、自分がフォローだけしているアカウントの投稿(全体公開投稿)も流れてきます。また「ディスカバー」にはさまざまな全体公開設定の投稿があふれています。

これらに不適切な投稿がある場合、タイムライン上から「通報」をすることが可能です。

5. タイムライン投稿から通報 5. タイムライン投稿から通報

「タイムライン」タブを開き、投稿の右上にあるメニューボタン[]をタップしたら、[通報]を選択します。続いて、通報理由を選び[同意して送信]をタップすればOKです。

LINE 通報 LINE 通報 LINE 通報

自分や他人のタイムライン投稿に付けられた、中傷などのコメントも通報できます。コメントをタップし、さらに左スワイプまたは長押しすると表示される[通報]を選択します。あとは、通報理由を選んで[同意して送信]をタップして完了です。

タイムラインで通報すると、対象のユーザー情報と、タイムライン投稿、コメント内容がLINE運営側に送信されるようです。

方法6:「知り合いかも?」から通報

「知り合いかも?」は、LINEの友だちリストに存在する項目です。複数のアカウントから一方的に友達追加された際などに、迷惑アカウントが並ぶことがあります。

「知り合いかも」に表示される条件
  • 相手が自分の電話番号を保有している(自分は相手の番号を保有していない)
  • 自分のIDを相手が検索して友だち追加した
  • QRコードから相手が友だち追加した
  • グループや複数人トークから友だち追加された
  • 自分の友だちが連絡先をトーク内で相手に教えて、相手が友だち追加した

明らかに不審なアカウントなどがある場合は、「知り合いかも」のアカウントリストから通報が可能です。

6.「知り合いかも?」から通報 6.「知り合いかも?」から通報

「知り合いかも?」をタップすると、アカウント一覧が表示されるので、通報するプロフィールを表示させ[通報]をタップしてください。

6.「知り合いかも?」から通報 6.「知り合いかも?」から通報

続いて通報理由を決定し[同意して送信]をタップします。通報前にブロックしていない場合、相手をブロックするかどうか問われるので、[ブロック]しておきましょう。

方法7:グループ・複数人トークから通報

不審なアカウントから勝手に複数人トークに追加されていたり、参加しているグループで不快な行動があったりする場合は、グループ・複数人トークから直接「通報」できます。

7. グループ・複数人トークから通報 7. グループ・複数人トークから通報

トーク右上のメニューボタン[]から[その他]を選択します。続いて、画面を一番下までスクロールし[通報]をタップしてください。

7. グループ・複数人トークから通報

通報理由を選択してから[同意して送信]すれば通報が完了します。

なお、通報後はグループ/複数人トークから退会しておきましょう。メンバーリストにアカウントが表示されてしまうのを防げます。

通報の取り消し・キャンセルはできるのか

LINE 通報

「通報」を誤って押してしまった、後々考えると通報するほどでもなかったなど、通報を取り消したい場面に直面することもあるでしょう。しかし通報ボタンを押した後、「取り消し画面」や「元に戻す」といった選択肢はなく、原則として通報の取り消しはできません。

ただ、迷惑行為の内容にもよりますが、単発の通報で相手のアカウントが即座に凍結・削除されることは考えにくいでしょう。通報後すぐに措置が取られるわけではないため、ブロックやグループの退出など、そのアカウントやグループから離れる対策を取りましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.14.0、Android版10.16.0

EDITED BY BOTAN