PC(パソコン)版LINEでトーク履歴・アカウントのバックアップ/復元はできるのか?

PC(パソコン)版LINEでバックアップ/復元はできるのか?

スマホの紛失/故障などが原因でスマホのLINEを起動できなくなったとき、PC版/iPad版LINEからバックアップしてデータを復元しようと考える人は多いはず。

しかし、残念ながらPC版LINEでは、トーク履歴を含めLINEのデータをバックアップすることも、復元することもできません。とはいえ、一定の状況下ではPC版LINEを利用していることで、LINEデータが救済されるケースもあります。

本記事では、パソコン版LINEでバックアップができない仕組みについて解説した上で、スマホが使えない緊急時にPC版LINEでできることを紹介します。

PC版LINEでトーク履歴やLINEアカウントのバックアップ・復元はできない

PC版LINEでトーク履歴やLINEアカウントのバックアップ・復元はできない

LINEはパソコン(Windows PC/Mac)、iPadやWEBブラウザ(Chrome)と複数の端末で利用できますが、あくまで中核となるのはスマホ版LINEです。

そのため、LINEアカウントの引き継ぎに必要な電話番号、パスワード、メールアドレスなどの登録や再設定は、スマホ版LINEでしかおこなえません。トーク履歴のバックアップと復元機能も、現状はスマホ版LINEにのみ備わっています。

ただ、紛失/故障などによりスマホが一切使用できない状況下でも、新しい端末でLINEアカウントを復旧できる可能性は十分にあります。

どこまでデータを引き継げるのかは、以下の記事ですぐに診断できます。事前準備なしでLINEアカウントを引き継ぎ・復元する手順も解説しているので、スマホの故障/紛失時にはまずこちらの記事を参照してください。

引き継ぎに関してPC版LINEでおこなえること

先に述べた通り、スマホ版LINE以外でLINEアカウントやトーク履歴のバックアップ・復元などはおこなえません。

とはいえ、スマホが一切使えない状況下では、PC版LINEが唯一の連絡手段になることも考えられます。また、PC版LINEを利用していたことで大事なデータが救済されるケースもあるので、緊急時に備えて一度はPC版、iPad版、Chrome版LINEのいずれかにログインしておくのがおすすめです。

ただし、これらの初回ログインには、スマホ版LINEと連動させた本人確認が必要となります。詳しいログイン方法は以下の記事を参照してください。

スマホが使えなくても連絡手段が確保できる

スマホ版LINEとPC版LINEはトーク履歴やメッセージの既読、友だちリストなどのデータがほぼリアルタイムで同期され、いつでも同じ状態で使えるようになっています。スマホ版LINEでもPC版LINEでも、メッセージの送受信に時差などはありません。

もしスマホが操作できず電話やSMSが使えない事態に陥ったときには、「PC版LINE」は重要な連絡手段となります。持ち歩きは難しそうですが、ひとまずスマホが使えない状況は伝えられるでしょう。

LINEのトークが確認できる

また、旧スマホが手元にない状況では、新スマホへの引き継ぎに失敗してデータが消えてしまうことも僅かですが考えられます。そこで、頻繁に連絡する友だちには、事前に友だち追加用のQRコード画像(スクショ)をLINEのトークで送ってもらうといいでしょう。

PC版LINEで受けったQRコードをそのままPC内のフォルダに保存しておけば、万が一LINEアカウントが初期化しても、最低限連絡を取りたい人はすぐに友だち追加ができます。

QRコード画像の保存や送信の仕方は、以下の記事で解説しています。

緊急時でも引き継ぎの本人確認ができる

旧端末から新端末にLINEアカウントを引き継ぐ際には、事前に「アカウント引き継ぎ設定」をオンに切り替えておく必要があります。

このアカウント引き継ぎ設定がオフのまま新端末で復元作業をおこなうと、状況次第ではLINEアカウントが引き継げないことにもなりかねません。

緊急時でも引き継ぎの本人確認ができる

アカウント引き継ぎがオフのまま新端末で復元作業をおこなうと、「アカウントの引き継ぎを続けるためには?」の画面が表示される

しかし、スマホ版LINEが操作できない状況では、アカウント引き継ぎ設定をオンにするのは難しいでしょう。そこで救済ルートの1つとなるのが、PC版LINEまたはiPad版LINEによる「引き継ぎ認証番号」の受け取りです。

引き継ぎ番号はLINEのトークとSMSに届きますが、旧端末でLINEアプリを操作できず、なおかつ電話番号変更によりSMSが受け取れない場合は、PC版LINE・iPad版LINEのトークだけが「引き継ぎ認証番号」を受け取れる手段となるのです。

引き継ぎ認証の詳細や対処法は、以下の記事で解説しています。もし同様の状況に陥ったら、こちらを参照してみてください。

テキストベースでトーク履歴を保存できる

PC版LINEではトーク履歴のバックアップはできませんが、LINEのメッセージのやりとりをテキストファイルとしてパソコンに保存できます。

ただしテキストファイルのため、LINE上で元通りに復元することはできません。あくまでも大事なトークの内容をテキストデータに落とし込めるだけです。

テキストベースでトーク履歴を保存できる

PC版LINEでトークルームを開き、右上にあるメニューボタン[]をクリックし、トークを保存を選択してください。

確認画面が表示されるので[確認]をクリックし、トーク履歴のtxtファイルを保存する場所を選びます。これでトーク履歴の保存は完了です。

テキストベースでトーク履歴を保存できる

この方法では、上の画像のようにやりとりしたスタンプ・絵文字や写真・動画・音声ファイルなどは再現できず、該当部分に「スタンプ」「写真」などと表示されるのみ。実質、テキストメッセージが残せるだけとなります。

トーク履歴を完全なかたちでバックアップ・復元したい場合には、スマホ版LINEでこまめにバックアップしておく必要があります。

EDITED BY MOEGI