Kindleで読み上げ機能を使う方法、止まるときの対処法も紹介

耳で聴く読書で効率アップ

Amazonが提供する電子書籍サービスのKindle(キンドル)。iPhoneやAndroid端末、Fireタブレットなどさまざまなデバイスで、Kindle本を楽しめます。 いつでもどこでも好きな電子書籍を読めるKindleですが、読み上げ機能を活用すればKindleでの読書がさらにはかどります。

本記事では、Kindle本を読み上げる方法について解説。iPhoneやAndroid端末に備わっている補助機能による方法をはじめ、Alexa(アレクサ)アプリを使用した方法、また読み上げが止まってしまったときの対処法についても紹介します。

Kindle本の音声読み上げをするには?

Kindleアプリに読み上げ機能は備わっていないので、iOSやAndroidの補助機能を活用して読み上げをしてもらいます。 AlexaアプリでもKindle本の読み上げができ、オーディオブックのような感覚でKindle本での「耳読」が可能になります。

読み上げ機能を使うメリット

読み上げ機能を使うメリット
  • 通勤中や家事をしながらでも読書を楽しめる
  • 音声を流しておくだけなので目が疲れにくい
  • 効率よく読めて読書スピードが上がりやすい

耳で聴いてKindle本を読み進められることが読み上げ機能の大きなメリットです。椅子に座って、手を使ってページをめくり、目で文字を追うといった手間がすべて省けるので、何かをしながらでもスキマ時間を使って効率よく読書ができます。

もっとたくさん本を読みたいけれどなかなか時間を作れない、途中で読み疲れて読書が長続きしないという人は、読み上げ機能を活用してみましょう。

また、毎月多くの本を読むのであれば、月額980円でKindle本が読み放題になるサービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」を利用したり、定期的に開催されるKindle本のセールから本を買うようにしたりすると、よりお得に読書を楽しめるのでおすすめです。

読み上げ機能の注意点

読み上げ機能を使う際の注意点
  • 読み上げるときの音声が機械的
  • 端末の補助機能で操作感が変わることも
  • 雑誌やマンガなどは読み上げできない

Amazonには本の内容をプロの声優や俳優が朗読してくれる「Audible(オーディブル)」というサービスがあります。Kindle本の読み上げはAudibleと異なり、読み上げの音声は機械的で感情がこもっていないように聞こえます。慣れるまでは違和感があったり、小説などでは感情移入しにくいというデメリットがあります。

読み上げにiOSやAndroid端末のユーザー補助機能を使った場合は、端末が今までと異なる操作感になることがあるので慣れるまでは使いにくくなります。

また、雑誌やマンガなどは画像・イラストが中心になるため、読み上げに対応していません。読み上げ機能は、小説やビジネス書といったテキスト中心のKindle本でおこなうのに向いています。

iPhoneでKindleの読み上げをする方法

iPhoneでKindle本を読み上げるには、iOSの設定アプリで「読み上げコンテンツ」または「VoiceOver(ボイスオーバー)」の項目を有効にするという方法があります。

方法1:「読み上げコンテンツ」を使う

iPhoneの読み上げコンテンツを使ってKindle本を読み上げる方法を紹介します。

読み上げコンテンツの設定方法

読み上げコンテンツの機能を使う前に、iPhoneで設定が必要です。

iPhoneの設定アプリを開き、[アクセシビリティ]の項目をタップしてください。次の画面で[読み上げコンテンツ]を選択します。

「読み上げコンテンツ」の設定画面で、「画面の読み上げ」を有効(オン)にします。iPhoneの設定は以上で完了です。

同じ画面で読み上げ速度や声の種類(女性・男性など)も変更できます。読み上げ速度は左のカメマークにバーの値をずらすと遅くなり、ウサギマークのほうにずらすと速くなります。Kindleアプリで読み上げてもらいながら速度調整することも可能です。

日本語以外の言語にも対応

声質を選べる

音声は日本語以外の言語にも対応しており、リスニングの勉強にも役立ちます。日本語については、女性・男性の声ともに3種類ずつ計6種類から好きな音声を選べます。

読み上げコンテンツの使い方

画面上部から下に2本指でスワイプ

コントローラーが起動して読み上げがスタート

Kindleアプリを起動して、ライブラリから読み上げて欲しいKindle本を選択します。

ビューワー上部を2本指で下にスワイプすると、コントローラーが起動して読み上げが開始。読み上げの一時停止やページ送り、読み上げ速度の変更といった操作もコントローラーでおこなうことができ、[×]ボタンをタップすると読み上げが終了します。

Siriで「画面読み上げて」と話しかける

2本指を使ったスワイプでコントローラーが表示されず、読み上げが始まらない時はSiriを使うとよいでしょう。

Kindle本を開いた状態でSiriに「画面を読み上げて」と話しかければ、コントローラーが起動して読み上げを開始してくれます。

方法2:「VoiceOver」を使う

「VoiceOver(ボイスオーバー)」は、目の不自由な人でも画面に表示された内容を音声で知ることができる機能ですが、Kindle本やWebサイトの記事を読み上げてほしいときにも便利です。

ここではiPhoneの設定アプリからVoiceOverを有効にしますが、iPhoneの操作感が一気に変わるので注意してください。

VoiceOverの設定方法

設定アプリを開き[アクセシビリティ]の項目をタップ。[VoiceOver]を選択します。

次に「VoiceOver」の項目を有効にすれば、設定は完了です。

変更すると今までの操作方法と変わり、項目を選択するには「1回タップ」、選択した項目の決定は「ダブルタップ」、スクロールは「3本指でスワイプ」というやり方になります。慣れるまでは操作に手こずるかもしれません。

読み上げ速度は、カメとウサギのマークが描かれたバーを調整して変更します。[読み上げ]を選択すると、次の画面で声の種類とピッチを変更できます。

VoiceOverの使い方

Kindle本を開くと読み上げスタート

KindleアプリでKindle本を開くと読み上げが始まります。

3本指で左にスワイプすると次のページをめくり、右にスワイプすると前のページに戻ります。 3本指でダブルタップすると読み上げが停止します。なお、VoiceOverでの読み上げはページごとの読み上げとなるので、続けて読みたい時は注意が必要です。

AndroidスマホでKindleの読み上げをする方法

AndroidスマホでKindle本を読み上げるには、Android OS標準の「Talkback(トークバック)」を使用します。

機種やOSバージョンによってはTalkbackを使えないこともあるので、「Android ユーザー補助設定ツール」をGoogle Playからインストールしておきましょう。

アプリ「Android ユーザー補助設定ツール」をダウンロード

端末の設定で「Talkback」を有効にする

端末の設定を開き、[ユーザー補助]をタップ。ユーザー補助メニュー内の[TalkBack]を選択します。

次に[サービスの使用](または[TalkBackを使用])のスライダーバーをオンにし、コントロールの内容を確認したら[許可]をタップしましょう。

Talkbackの初回有効時は、チュートリアルがはじまります。

Talkbackを有効にすることで、スワイプやタップなど、端末の操作感が変わるので注意。必ずチュートリアルを最後までおこない、操作方法を覚えるようにしましょう。 チュートリアルが終了すれば、Kindle本を読み上げるための設定は完了です。

「Talkback」でKindle本を読み上げる

Talkbackを有効にしたら、Kindleアプリを起動。ライブラリから読み上げて欲しいKindle本をダブルタップして選択します。

右にスワイプしてダブルタップすると通し読みが開始され、ページ送りも自動でおこなってくれます。 読み上げを停止するには、ページの中心部分をタップしてください。

単一ページを読み上げるには、読み上げてもらいたいページの中心をタップ。読み上げが終わったら、2本指で右方向へスワイプしてページをめくり、次の画面で中央をタップすると読み上げが再開します。

TalkBackの設定画面

読み上げ速度が早すぎるときは、Talkbackの設定画面で速度の変更が可能。声の高さを変更すると、声質の変更もできます。

なお読み上げ速度を遅くした場合、他のナビゲーション音声も同時に遅くなります。

Talkbackを終了するには、端末の設定からTalkbackを無効にします。[サービスの使用](または[TalkBackを使用])のスライダーバーをオフにし、[停止]を押せばOKです。

端末によっては音量ボタンの「▲」と「▼」を同時に長押しすることで、Talkbackのオン・オフを切り替えられます。

Alexa(アレクサ)アプリも読み上げに便利

AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」のアプリでも、Kindle本の読み上げができます。スマートスピーカー「Echo」といったAlexa対応端末を持っていなくても、iPhoneやAndroid端末のAlexaアプリでKindle本の読み上げが可能です。

今回はiOS版でセットアップやKindle本の読み上げをおこないますが、Android版でも操作はほぼ同様です。

アプリ「Amazon Alexa」をダウンロード

Alexaアプリの設定(セットアップ)方法

Alexaアプリを起動したら、Amazonで利用しているメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。

セットアップ画面が表示されたら、利用するユーザーを選択。続けて名前の入力画面が表示された場合、再度名前を入力してください。

連絡先のアップロードを許可するか選択します。 アップロードしたくないときは、[後で]を選んでもOKです。

Alexaで通話する際の電話番号を入力し、[続行]を押します。ここで登録せず、[スキップ]をして次に進めてもかまいません。

アレクサアプリのホーム画面

ホーム画面が表示されたら、[タップしてAlexaに話しかけてください]のボタンをタップ。マイクと位置情報を許可します。

Alexaに「アレクサ、今日の天気は?」など、試しに話しかけてみて認識されればセットアップは完了です。

AlexaアプリでKindle本を読み上げる

画面上のマークをタップするか「アレクサ」と話しかける

Alexaアプリの認識画面が表示される

Alexaアプリのホーム画面で、「アレクサ」と声をかけるか画面上部の青いマークをタップすると、Alexaの認識画面が表示されるので「◯◯(本のタイトル)を読んで」と話しかけてみましょう。 音声が認識されると、KindleのライブラリにあるKindle本を読み上げてくれます。

なおAlexaでの読み上げについても、マンガや雑誌といった一部のKindle本は対応していません。

本のタイトルが思い出せないときや、Alexaに話しかけられないときなどは、Alexaアプリの「再生」タブを開きます。

「Kindleライブラリ」の項目から目的のKindle本を選択すると、読み上げがスタートします。

再生画面では30秒ずつ早送りと巻き戻しができます。

「アレクサ、読み上げ速度を早くして」「アレクサ、通常の速度で読んで」と話しかけると、読み上げ速度の調節も可能です。 読み上げを止める時は、Alexaアプリを終了するか、「アレクサ、読み上げ止めて」と話しかけてください。

Kindleアプリの画面

Kindleアプリを起動して読み上げていたKindle本を選択すると、最後に読み上げられていたページまで移動することができます。「移動しますか?」の表示に対して[はい]をタップしましょう。

逆に、KindleアプリでKindle本を読んでいた場合、読んでいたページの冒頭から読み上げを開始してくれます。 たとえば通勤中の電車でAlexaに読み上げてもらって、帰宅してからKindleアプリで続きを読むといった使い分けも可能です。

「その他」タブから定型アクションを追加する

定型アクションの例

「その他」タブの[定型アクション]では、Alexaに実行してもらいたいアクションを文字で入力して登録ができます。

たとえば、読み上げ速度を早くしたり、遅くしたりなどを定型アクションに登録。Alexaに話しかけられない状況でも、読み上げ速度の変更ができて便利です。

Kindle読み上げ向け「定型アクション」のフレーズ例
  • 読み上げ速度を下げる:(アレクサ)読み上げをゆっくり
  • 読み上げ速度を上げる:(アレクサ)読み上げを早くして
  • 読み上げ停止:(アレクサ)読むのを一時停止して

※「アレクサ」の部分は自動で入力されます。

Kindleの読み上げが止まるときの対処法

Kindle本を読み上げていると、ときどき途中で読み上げが止まってしまうことがあります。 読み上げ中のKindle本に挿絵が入っているときや端末の動作が重くなったときなど、考えられる原因はさまざまです。

読み上げが止まってしまうときには、以下の方法で改善することがあります。

手動でページをめくって再スタート

手動でページをめくって再スタート

読み上げが途中で止まったら、Kindleアプリのライブラリから再生中のKindle本のページを手動でめくってみてください。

Alexaアプリで読み上げが止まり、再開できなくなったときも、KindleアプリでページをめくってからAlexaアプリに戻って再生し直してみましょう。

声の種類を変更してみる(iPhone)

iPhoneの「読み上げコンテンツ」で読み上げが止まる時は、端末の設定アプリで声の種類を変えて読み上げを再開してみてください。

「読み上げコンテンツ」のメニュー内にある[声]をタップして[日本語]を選択すると、声の種類が変えられます。 「Otoya」などの追加ボイスは、300MB程度のダウンロードが必要なので、Wi-Fi環境でダウンロードを推奨します。

アプリと端末を再起動

アプリを終了して再起動する

端末の電源を切って再起動する

端末の動作が重いと読み上げが停止することがあります。 まずは、iOS版のアプリを再起動あるいはAndroid版アプリを再起動してみてください。

iPhoneの再起動またはAndroidスマホの再起動で不具合が解消される可能性もあります。 端末を再起動する際は、他のアプリで未保存のデータなどがないか、アプリ一覧で起動しているアプリを確認してからおこなってください。

アプリと端末を最新版にアップデート

アプリを最新版にアップデート

端末を最新版にアップデート

AlexaアプリやKindleアプリ、iOS、Androidバージョンが最新版なのかも確認しておきましょう。 バージョンが古いままだと、不具合が発生しやすくなります。アプリやOSアップデートは大容量の通信が発生するため、Wi-Fi環境でおこなうことを推奨します。

AlexaアプリとKindleアプリのアップデートは、以下のボタンから各ストアでおこなえます。

アプリ「Amazon Alexa」をダウンロード
アプリ「Kindle」をダウンロード
検証バージョン
Kindle
iOS
6.47.1
Kindle
Android
8.47.0.100(1.3.249875.0)
Amazon Alexa
iOS
2.2.443692.0
Amazon Alexa
Android
2.2.427576.0
Android ユーザー補助設定ツール
Android
12.1.0.397273305
iPhone XS
iOS
15.0.1
AQUOS sense plus SH-M07
Android
10
HUAWEI nova3
Android
9
EDITED BY
MIKAN