Amazonプライムの家族会員に登録する方法と注意点

プライムビデオは共有できない

アマゾンが提供する「Amazonプライム」には、1人が登録すればプライム特典をその家族で共有できるサービスがあります。

本記事では、Amazonプライムの家族会員に登録できる人数や料金の有無、受けられる特典などを紹介。そのうえで、家族会員への登録・解除方法も解説します。

Amazonプライム家族会員とは?

Amazonプライムの家族会員とはどのようなサービスなのか、最低限押さえておきたい点をチェックしましょう。

家族会員に登録できる人数・条件

家族会員の利用例

家族会員の利用例

Amazonプライムの家族会員とは、プライム会員と同居する家族が、一部の会員特典を共有できるサービスです。たとえば、家族の中で父親がプライム会員に登録していれば、母親と娘を家族会員に追加でき、特典を家族全員で使えます。

家族会員に登録できるのは同居する家族2人までで、共有する家族会員もAmazonのアカウントを持っている必要があります。

現在は2人まで追加できますが、今後は1人までしか登録できなくなる見込みです。ただし、この案内が掲載されてから3年近く変更はなく、今後のAmazonによる詳細発表が気になるところです。

2019年11月7日又はそれ以降の日付にて、Amazonの家族会員プログラムがより充実した内容へと変更されます。変更にあたっては、ご登録できる家族会員の人数は2名から1名となりますのでご留意ください。詳細については、後日発表いたします。

また、学生向けに提供されている「Prime Student」を利用している人は、家族会員に登録できません。すでに家族会員になっている人がPrime Student会員に切り替えた場合は、家族会員の登録からは外れ、家族会員の特典は利用できなくなります。

家族会員が利用できる特典

Amazonプライムの家族会員が利用できる特典は以下の通りです。

Amazonプライムの家族会員が利用できる特典
お急ぎ便が無料 最短翌日に商品を届ける配送オプションが無料になる
お届け日時指定便が無料 商品を届ける日時を指定できる配送オプションが無料になる
特別取扱商品の取扱手数料が無料 サイズの大きな商品や重量の重い商品などの取扱手数料が無料になる
プライム会員限定の先行タイムセールへ参加できる Amazonプライム会員限定で、早い者勝ちのタイムセールに通常より30分早く参加できる
ライフまたはバローの利用 Amazon提携の食品スーパー「ライフ」「成城石井」、ネットスーパー「バロー」での買い物が可能になる
Amazonフレッシュの利用 生鮮食品、日用品、雑貨などを最短2時間で当日配送する「Amazonフレッシュ」の利用が可能になる

配送オプションが無料になったり、プライム会員限定の先行タイムセールへ参加できたりと、Amazonでの買い物がよりお得で便利になる特典がついてきます。

ただし、通常のAmazonプライム会員が利用できる特典のすべてが開放されるわけではなく、中身は限定的です。映画やドラマが見放題になる「Amazonプライム・ビデオ」や、音楽が聴き放題の「Amazon Music Prime」などは家族会員の特典には含まれないので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

なお、プライムビデオは本アカウントを家族で共有して見る方法があります。プライム会員である夫のアカウント(本アカウント)で、妻のiPad内のAmazonプライム・ビデオアプリにログインするといった具合です。プロフィールを作成して使えば、履歴などは個別に管理できます。

家族会員の料金

Amazonプライム会員に登録している家族がいれば、家族会員に料金は一切かかりません。無料で特典を利用できるので、登録しても損はないでしょう。

閲覧履歴や購入履歴、支払い方法は共有されない

家族会員になっても、お互いの閲覧履歴や購入履歴、支払い方法などは共有されないので安心してください。履歴や支払い方法は、各アカウントごとに記録されます。

家族会員に登録する方法(スマホでも可能)

同居する家族を、Amazonプライムの家族会員に登録する方法を紹介します。現在プライム会員になっている人を「親アカウント」、これから家族会員になる人を「子アカウント」として、それぞれの操作方法を説明します。

親アカウント側(プライム会員)の操作

登録するには、AmazonのPCサイトから設定します。Amazonアプリからは登録できません。

スマホで操作したい場合は、SafariやChromeなどのブラウザでAmazonのサイトを開き、画面をデスクトップ版に切り替えましょう。

Amazon safari 共有ボタン
Amazon safari PC版サイトをリクエスト

iPhone(Safari)では画面右上の「共有マーク」をタップし、PC版サイトをリクエストを選ぶと、PCサイト版に切り替わります。

Amazon Android メニュー
Amazon Android PC版サイト

Androidスマホ(Chrome)では、画面右上のメニューボタン​をタップし、[PC版サイト]にチェックを入れると、PCサイトの画面になります。

Amazonプライム PC版サイト アカウント&リスト

ここからはスマホもPCも同じ操作になります。画面右上の[アカウントリスト]から[Amazonプライム会員情報]を選びます。

 Amazonプライム 家族会員に登録

画面を一番下にスクロールして[プライム会員特典を共有する]をタップし、家族会員にしたい人の名前とメールアドレスを入力。[登録案内を送る]を押します。

Amazonプライム 家族会員 登録案内

無事に送信できたら、親アカウント側のメールアドレス宛てに登録案内が送信できたことを知らせるメールが届きます。

これで、親アカウント側の操作は終わりです。

子アカウント側(家族会員になる人)の操作

続いて、家族会員になる人の操作に移ります。

Amazonプライム 家族会員 登録案内

子アカウント側のメールアドレス宛てに登録案内が届いたら、メールに記載のリンクをタップします。

ログインが求められたら、家族会員になるAmazonアカウント(子アカウント)のパスワードを入力し、ログインしましょう。

Amazonプライム 家族会員に登録

続いて、家族会員への招待案内画面が表示されます。

内容を確認して[家族会員に無料で登録する]を押せば、家族会員の登録が完了です。

家族会員を削除(解除)する方法

家族会員の削除はいつでも簡単におこなえます。操作するのはAmazonプライムの本会員である親アカウント側のみでOKです。

Amazon PC版サイト アカウント&リスト

登録の時と同じように、AmazonのPCサイトで[Amazonプライム会員情報]を開きます。

Amazonプライム 登録済みの家族会員 取り消す

画面を一番下にスクロールし、[プライム会員特典を共有する]をタップします。「登録済みの家族会員」から削除する会員にチェックを入れ、[取り消す]をタップしましょう。

これで、家族会員の削除ができました。

Amazonプライム 家族会員削除 子アカウントに届くメール
Amazonプライム 家族会員削除 親アカウントに届くメール

家族会員の削除が完了すると、親アカウント側には会員を削除したことを知らせるメールが、子アカウント側(家族会員だった人)にはプライム会員資格が無効になったことを知らせるメールが届きます。

Amazonプライム家族会員に関するよくある疑問と答え

Amazonプライムの家族会員について、よく挙がる質問と答えをまとめています。

Amazonプライム家族会員に登録できない

Amazonプライム家族会員に登録できない場合は、まずAmazonのPC(デスクトップ)版ページから操作をおこなっているかどうか確認しましょう。

Amazonアプリからは家族会員に登録できません。ブラウザでAmazonのPC版サイトにアクセスする必要があります。

Amazonプライム家族会員になっているか確認したい

親アカウントではAmazonサイト内「Amazonプライム会員情報」から、子アカウントでは「アカウント設定」から登録状況が確認できます。

Amazonプライム 家族会員 確認 親アカウントから

親アカウント(プライム会員)の場合

親アカウントが子アカウントの登録状況を確認する場合、「Amazonプライム会員情報」からプライム特典を共有するを選択します。「登録済みの家族会員」に子アカウントの名前が表示されていれば、正常に登録されています。
 

Amazonプライム 家族会員 子アカウントから確認

子アカウント(家族会員になる人)の場合

子アカウントの場合、Amazonサイトやアプリの「アカウント設定」から自身の登録状況が確認できます。

プライム会員情報の設定・変更をタップし、アカウント名の上に、プライムマークが付いていれば正常に登録されています。

家族会員になったのにAmazonプライムビデオが使えない

家族会員が利用できる特典にプライムビデオは含まれません(詳細)。

家族会員が利用できるプライム特典は以下の通りです。内容を確認した上で登録手続きをしましょう。

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定の先行タイムセールへ参加できる
  • ライフや成城石井、バローの利用
  • Amazonフレッシュの利用
EDITED BY
MIKAN
SORA