どっちがおすすめ? Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)を徹底比較する

どっちがおすすめ? 動画配信サービス「Hulu(フールー)」と「Netflix(ネットフリックス)」を徹底比較する

「話題のドラマやアニメを見まくりたい!」。こんな願いを叶えてくれる定額制の動画配信サービスですが、いくつもあるサービスの中からどれを選ぶべきか迷ってしまうところ。

本記事では、知名度の高い「Hulu(フールー)」と「Netflix(ネットフリックス)」を様々な視点から比較してみたいと思います。どちらの動画配信サービスが自分に合っているか、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの配信タイトルで比較する

Hulu人気の作品 Netflix人気の作品

左:Huluで人気の作品右:Netflixで人気の作品

動画配信サービスで一番気になるのが、ラインナップです。つまり、自分の見たい作品があるかどうかということ。どのサービスでも同じタイトルが見られると思うのは大間違いで、ジャンルごとに各サービスの得手不得手が現れやすいところです。そのため、見たい作品に合わせてサービスを選ぶ必要があります。

5万本の作品が完全見放題のHulu

Hulu海外ドラマのラインナップ
Huluの特色は、海外ドラマや日本のTV番組に強いことと、リアルタイム放送があることです。作品数が5万本以上と桁違いに多く、国内外の番組を広く楽しむことができます。

数ある動画配信サービスの中でも、Huluの海外ドラマのラインナップは充実しています。『ウォーキング・デッド』や『ウェントワース女子刑務所』『クリミナル・マインド』といった人気ドラマが勢揃い。『ゲーム・オブ・スローンズ』を筆頭に、シーズン1から見放題で楽しめるのはHuluだけ、といった作品が数多くあります。

Huluプレミア 作品一覧

「Huluプレミア」ではHuluでしか観られない良質な作品が豊富に揃う。

特に注目したいのが、最新ドラマを国内最速配信する「Huluプレミア」。アメリカ、アジア、ヨーロッパなど海外の注目ドラマを日本で初放映するHuluならではの試みです。UNIVERSAL製作『ゴーン』、『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』、MARVEL製作『ランナウェイズ』など、ドラマのセレクトもよくハズレが少ないという印象。観たことのないドラマも第1話から楽しめるのが嬉しいポイントです。

リアルタイム配信が観られるのも大きな特徴。リアルタイム配信では、海外ドラマやドキュメンタリー、スポーツ、ニュース、音楽チャンネルなどを配信しています。スマホで観ることもでき、魅力的なコンテンツが多数揃っています。

たとえばFOXチャンネルでは、2019年秋に『ウォーキング・デッド』シーズン10のリアルタイム配信がスタートします。直前であるシーズン9の見逃し配信も日本最速。ケーブルテレビで放送されるのと同じタイミングで、いち早く見ることができるのはHuluユーザーならではの特権です。

定額制の動画配信サービスではアジア初のリアルタイム配信となった、音楽&エンターテインメントチャンネル「MTV MIX」にも注目です。オリジナルのプレイリストやヒットチャートに加え、人気のリアリティ番組などが24時間楽しめます。

Huluリアルタイム配信内容

Huluでは、スポーツ中継や音楽、ニュース、ドキュメンタリーなど13のチャンネルでコンテンツをリアルタイム配信している

さて、海外ドラマと同じくらい充実しているのが日本のテレビ番組です。Huluは日本テレビ系列ということもあり、日テレオンデマンドの番組が見逃し配信や過去の作品も含めて見放題です。TBSやWOWOWなど、日テレ以外の各テレビ局とも提携しており、ドラマだけでなくアニメやバラエティなど、様々なジャンルの番組を配信しています。過去のドラマを観返したい人などには非常に嬉しい特徴です。

レベルの高い独自コンテンツが魅力のNetflix

Huluオリジナル作品

一方、Netflixが得意とするのも海外ドラマです。ただしHuluと違って、Netflixの特色は質の高いオリジナルのコンテンツにあります。Netflixが配信・供給を手がけたオリジナル映画『ROMA/ローマ』が、ストリーミングサービスのオリジナル作品として初めてアカデミー賞の作品賞候補に挙げられたニュースは記憶に新しいところ。

オリジナルコンテンツを製作している動画配信サービスはHuluを含め多いのですが、Netflixは頭一つ飛び抜けています。何より予算が大きいのです。2016年には50億ドル(約5500億円)、2017年は60億ドル(約6600億円)と年々増加し、2018年には120億ドルから130億ドル(約1.4兆円)の予算のうち、85%をオリジナルコンテンツに投じると発表。NHKの年間予算約7300億円(2019年度)と比較してみるとその規模の大きさが伺えます。

デヴィッド・フィンチャー監督とケヴィン・スペイシーらが製作総指揮し、100億円もの予算を投じて制作された『ハウス・オブ・カード 野望の階段』、MARVELとの共同製作による『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』、各作の主人公が終結して悪と戦う『ザ・ディフェンダーズ』ほか、スティーブン・キング原作の『ザ・ミスト』、ある女子高生の死の真相に迫るダーク・ミステリー『13の理由』など、魅力的なタイトルが並んでいます。

また、国内のニーズに合わせた作品も製作されています。2016年には、又吉直樹氏が発表した芥川賞受賞作の映像化作品『火花』が全10話配信され、世界中に公開されています。この他にも、複数の男女がひとつ屋根の下に暮らす人間模様が注目を集めたリアリティー番組『テラスハウス』新シリーズのほか、人気コミックをドラマ化した『深夜食堂 -Tokyo Stories-』、地上波では観られないオリジナルバラエティなど、話題性のあるコンテンツが揃っています。

Huluオリジナル作品 アニメ作品

Netflixのオリジナル作品は海外のものが多いが、日本のアニメやコミックを原作にした作品も増えている

さらに、Netflixが配信するアニメ作品からも目が離せません。Netflixは日本のアニメに注力しており、現在650作品以上が配信されています。最近では、神山健治監督と荒牧伸志監督による人気コミックのアニメ化作品『ULTRAMAN』や、劇場版を含む『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ、人気ウェブ漫画のリメイク版『One Punch-Man/ワンパンマン』が配信されたりしています。

今後も『リラックマとカオルさん』『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』『7SEEDS』『Levius』などを続々と配信予定。さらにNetflixオリジナル作品では、結末の映像化が不可能と言われてきた『デビルマン』、中澤一登原作のクライムファンタジー『B:The Beginning』、弐瓶勉によるSFアクションの劇場版アニメ『BLAME!』や人気ゲームが原作の『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』など、話題に事欠きません。

オリジナルコンテンツは2019年4月現在、約840本あります。ドラマから映画、アニメ、さらにバラエティなど多数のタイトルが生まれていて、それが会員増加への呼び水となっています。Netflixは190カ国以上で1億3900万人のユーザーを抱えており、この人気を支えているのがNetflixが提供するオリジナルコンテンツです。Netflixならではの作品を楽しみたい、という人にはたまらない魅力です。

どちらのサービスもお試し期間を用意

Hulu 2週間無料トライアル

ラインナップについて一例を挙げましたが、Huluにも話題のオリジナルコンテンツやアニメは多数ありますし、Netflixでも海外ドラマや映画以外の豊富なテレビ番組を楽しめます。観たい作品があるかどうかは、実際にサービスを利用してみなければわからない点が多いと思います。

HuluもNetflixも無料のお試し期間を設けているので、不安を感じることはありません。Huluは2週間、Netflixでは30日間のお試し期間がそれぞれ用意されています。この期間にじっくり検討すればよいのです。

詳しくはこちら
詳しくはこちら

料金プランで比較する

定額制の動画配信サービスでは、毎月利用料金がかかります。どこも同じようなものかと思いきや、サービスごとに違いがあります。単純に安い高いで比べられるわけでもなく、独自の会員サービスや画質、対応機器の数などで差別化されています。

Huluの月額料金は933円(税別)です。料金プランは1つだけ、と分かりやすくシンプル。悩む必要がありません。画質は最高フルHD(1080p)で、4Kには非対応です。また、注意したいのは同時に視聴できる端末の数が1つに限られていることです。2か所以上で再生できないことはありませんが、規約に違反することになります。家族で同時に使いたい場合には不自由を感じるかもしれません。

一方のNetflixは、ベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3種類から選ぶことができ(下表)、画質や同時にストリーミングできる端末の数が異なります。

Netflixの料金プラン
月額料金(税別) 画質 同時再生
ベーシックプラン 800円 SD(480p) 1台まで可能
スタンダードプラン 1200円 HD(1080p) 2台まで可能
プレミアムプラン 1800円 HD/UHD 4K(2160p) 4台まで可能

最安値だけで比較するとNetflixですが、ベーシックプラン(SD画質)はスマホ専用と考えたほうがよいでしょう。テレビで見ると粗く感じます。スマホ以外で見るなら、Huluと比べて割高になるものの1200円のスタンダードプラン(HD画質)がおすすめ。

Netflixの場合、スタンダードプランでも2カ所で同時再生ができますので、家族とシェアするのに便利です。また4K映像も見たいなら超高解像度に対応したプレミアムプランというように、自分に合ったコースを選べるのがポイントです。

スマホアプリの使い勝手で比較する

時間や場所にとらわれないで好きなコンテンツを楽しめるのが、動画配信サービスのよいところです。HuluとNetflixはどちらもスマホ版アプリを公開しています。使ってみると分かりますが、お互いによく似ています。基本的にトップ画面でおすすめのコンテンツを探し、そのほかのコンテンツはキーワード検索やジャンル別に探します。各タイトルを開いてみると、あらすじやキャスト、関連したおすすめ作品などが表示され、ドラマなら再生可能なエピソードが表示されるといった具合です。

また、どちらのアプリも再生中はシークバーをスライドするとサムネイルが表示されます。ドラマなどで毎回流れるオープニングを飛ばしたい時など、ぴたっと目的の場所に合わせやすいのが使いやすいです。ウェブ版とも連携しており、パソコンやテレビで見た続きをスマホで楽しむということも簡単におこなえます。

Huluアプリのトップ画面 Netflixアプリのトップ画面

左:Hulu、右:Netflix。どちらも見やすく操作しやすいのが特徴

Huluのアプリは、タテ画面で見られるのが特徴です。手に持つ時はタテ持ちで操作したい、という人には嬉しいはず。またジャンル検索では、サブジャンルや年代別に並べ替えることができるので、より細かい絞り込みが可能です。Huluは作品数が多いので、こうした絞り込み検索は必須でしょう。このほか前述したように、リアルタイム配信がアプリで楽しめるのが便利です。「MTV MIX」などの音楽番組やスポーツ中継、「BBC」や「CNN」などのニュース番組や「ナショナルジオグラフィック」など、人気の高いコンテンツをいつでも生放送で楽しむことができます。

Hulu 年代 ジャンル 絞り込み Netflix 評価

左:ウェブ版と同じように年代やサブジャンルで絞り込むことができるHuluアプリ右:動画の視聴履歴や評価でトップページのおすすめがどんどん変わっていくNetflixアプリ

一方Netflixアプリは、コンテンツの評価機能を備えています。動画が気に入れば「評価」ボタンをタップしてサムズアップのアイコンを、気に入らなければサムズダウンのアイコンをタップしておきます。こうすることで、トップ画面に自分好みの作品が並んで表示されます。

レコメンデーション機能では特定の好みの傾向が強く出やすいのですが、Netflixでは55〜100%の値で「パーセントマッチ」を作品ごとに表示しています。これによって、ある程度多様な作品がトップ画面に並ぶような工夫が施されています。

英語の字幕表示はHuluもNetflixも対応しています。ただ、Netflixのほうが英語字幕を表示できる作品が多く、また英語以外の字幕表示にも対応しています。外国語の習得を目指している人には重宝しそうです。

Netflix 音声 字幕 変更

英語以外にも中国語やポルトガル語で字幕を表示できるNetflix

このほか、ダウンロード機能はHuluとNetflixのいずれでも利用可能。あらかじめ端末にコンテンツを保存してオフラインで再生できるので、通信量を気にしなくて済みます。電波の不安定な場所はもちろん、機内などでも活躍するでしょう。

Hulu 再生画面 設定ボタン 変更 Hulu 画質ごとに通信量が表示される

Huluは視聴画面の設定ボタン[]で画質を設定できる。目安の通信量も表示されている

ダウンロードしていない動画をストリーミングで再生する場合、画質を選ぶことで通信量を節約できます。Huluでは画質ごとに目安の通信量が表示されるので、状況に応じて利用できます。Netflixでは、設定画面でスタンダード/高画質の2種類から画質を事前に設定できます。

ペアレンタルコントロールで比較する

動画配信サービスを家族で使う時、ペアレンタルコントロールの有無も気になります。HuluとNetflixではプロフィールの切り替え機能があり、全年齢を対象にしたコンテンツと子ども向けのコンテンツを分けて表示することができます。

たとえば、Huluでは「Huluキッズ」というチャンネルがあり、切り替えると、インターフェイスがひらがなになり、アンパンマンやウルトラマンといったお馴染みのシリーズをすばやく見つけられるなど、小さなお子さんが操作しやすい環境になります。また、プロフィール設定で吹き替え再生を標準設定にすることもできます。

Hulu キッズコンテンツ

Huluキッズに切り替えて子ども向けのコンテンツを探せる

Netflixでは、スマホで大人向けのコンテンツやR指定のあるコンテンツ、事前に設定した特定の作品を見る際にパスワードを設定することができます。未就学児から中高生まで年齢に合わせて細かく指定できるのが便利です。複数端末での同時再生が可能なNetflixならではの機能と言えるでしょう。

Netflix ペアレンタルコントロール

Netflixでは年齢制限や特定のコンテンツを視聴するためにパスワードをかけられる

Netflix キッズコンテンツ

Netflixでは、小学生や未就学児童を対象にした動画のみを表示するキッズプロフィールも用意。年齢に合わせた使い方ができる

まとめ

以上、HuluとNetflixを比較してきましたが、最後に各サービスのおすすめユーザーをまとめたいと思います。

まずHuluですが、人気の海外ドラマを一通り楽しみたいならHuluを選んでおいて間違いありません。Huluはドラマのセレクトが秀逸で、過去の名作から最新の話題作まで満遍なく楽しめます。ハマるドラマがきっと見つかるはずです。リアルタイム配信や見逃し配信作品も豊富で、Huluでしか見られない番組が多数あります。海外ドラマを含めて、いろいろなジャンルの番組を楽しみたいという人には魅力が尽きません。

Netflixは、何と言ってもオリジナルのコンテンツが強力です。「みんなが見ているドラマが見たい」というのではなく、よりコアな映像体験を楽しみたいという人におすすめです。特にMARVELファンならNetflix一択でしょう。MARVELファンでなくても、話題作が目白押しなので気になるタイトルがあれば、迷わず見るべきです。ペアレンタルコントロールがしっかりしているので、家族で使いたいという人にもぴったりです。

詳しくはこちら
詳しくはこちら
EDITED BY SORA